2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.02.03 (Fri)

ムスコのための勇気もりもりクッキー(米・小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

今日は節分ですね。

ムスコの保育園では、節分には鬼に扮した大人が各教室をまわり、子どもたちは新聞紙を丸めた紙で作った“豆ボール”で鬼を退治します。
鬼を演じる先生は毎年違うのですが、もじゃもじゃのかつらをかぶり、鬼の衣裳を来て、紙でできた金棒を持って歩き(←私が見ても「ええっ?」って思うくらい上手)、それを見た子どもたちが「きゃー!!」と逃げ出したり、大泣きする、というのが毎年恒例です。

この節分、ムスコが1年で一番嫌いな日です(汗)

去年の節分の当日も嫌がるムスコをひきずるようにして保育園に連れて行ったのですが、もうびびりまくりで泣きそうになって私から離れず。
もちろん、鬼がきたら先生が心配するほど号泣しまくり(汗)
終わったら終わったで、「おに、いる? おにって、こわい? せつぶん、いつ?」。
鬼が怖くて、節分が近づくのが怖くて、節分が終わると次の節分が怖くて、お正月になった途端、「せつぶん、また、くる? いやだな、おしょうがつ」と嘆いていました。

何が怖いのかを聞くと、鬼の姿そのものも、とげごげした金棒もなにもかも怖いらしく……(汗)
とにかく、日中もしょっちゅう「おに、こわい?」と聞き、一旦、「鬼」というキーワードが頭に浮かんでしまうと、夜もろくろく眠れなくなるほど恐がっています。

でもね、そうした空想上の存在に対する怯え方は尋常じゃないので、何かが心の中にあって、それが反応しているんじゃないかとは思うんですよね。
なので、「怖くなんかないでしょ! 男の子なんだから、しっかりしなさい!」と叱るのも違うよねぇ。

だって、たとえ、叱られて「怖い」と言わなくなったとしても、心の中にある恐怖が消え失せるわけでないし。
むしろ、心の奥に感情が抑え込まれてしまうので、あまりよろしくないように思います。

かといって、あまりに怖がってばかりだと、この先、心配……。
少しでもいいから、自分が怖いなぁ、とためらうようなことに対しても、立ち向かおうとする勇気を持ってもらいたいし。

今年の節分が、勇気のはじめの一歩になってほしいなぁ。

ゆうべは夜の11時近くまで、ムスコは鬼について話していました。
鬼とはどんなものなのか、鬼はどこから来るのか、鬼の何が嫌なのか、どんな鬼なら友達になれそうか等々。

ムスコが自分で納得して話し終わるまで聞いていたら、最後には、「○○くん(←ムスコの仲良し)といっしょに、おににまめボール、ぶつけておいはらおう、ってそうだんしたの。いっしょにちからあわせるんだ」というポジティブな気持ちが出てきて、ホッ。
途中で「いいかげんに寝なさい!」って叱らなくてよかった♪

今朝は保育園に持たせるためのクッキーを作りました。

昨夜、サクサク粉がたくさんあったことを思い出し、お気に入りのタピオカ粉&サクサク粉の紫いもクッキーにしようと考えていました……。

ムスコだって頑張るんだから、私も何か、勇気を後押ししてあげられるものはないかしら?

うーん。
ムスコの大好きなもの……やっぱり電車。
それも、早く走る新幹線や特急だよね♪

……と思いついたけれど、列車の型なんてないし(汗)

むちゃを承知で、手持ちの自動車の型を無理やり変形させ、「これ、新幹線だから。これ、特急だから。ほーら、そう見えてきたでしょ?」と自分に暗示をかけてみました(笑い)

で、できあがったのが、こんな代物です。
「どれが新幹線なの?」とか「それ、なんの特急?」とか、そういう質問はナシですよ!(汗)

120203_0820~01

ムスコにクッキーを見せると、「うわ~」と目がキラキラ☆
試食して「また、つくってね♪」コールが出ました!

よかった! もう、その言葉だけで、苦労した甲斐があった!!!!
実はクッキー制作に2時間もかかった(汗)

自分で気に入ったものを選んでもらってお弁当用にし、一緒に保育園へ。

保育園に到着してクラスに入ると、「こわくなってきちゃった……」と顔色が真っ青。
隠し球に持っていた大好きなAちゃんママからもらったラムネを「ほら、Aちゃんラムネだよ、元気もりもりだよ!」と口にポン♪
やっと小さな笑顔が出ました。

そして、「うん。ちょっとないちゃうかもしれないけど、でも、おにに、まめボールぶつける」と言い、一緒に豆ボールをぶつける約束をしていたお友達のところに走っていきました。
ふたりで真剣な顔で作戦会議をしていましたよ(笑い)

その姿を見て、とても嬉しく、そして逞しく感じたのでした。
帰ってきてから話を聞くのが楽しみです♪

<材料>
♡タピオカ粉     80グラム
♡サクサク粉     20グラム
♡三温糖       30グラム
*甜菜糖だと溶けにくいため、生地に甘味がつきにくく、サクサクしにくいです。
♡塩         ふたつまみ

菜種油        30グラム
熱湯         25~30グラムくらい
*最初は25グラムで入れ、様子を見て加えてください。

カボチャパウダー   10グラム
紫いもパウダー    3グラム
ほうれん草パウダー  1グラム
*列車のパーツなどが不要な場合には、生地の全量にカボチャパウダーだけを15グラム入れてくださいね。

<作り方>
1)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器でかき混ぜる。
2)1に菜種油を入れて手のひらですりあわせてサラサラするまでなじませる。
3)2に熱湯を入れ、よくこねる。
*入れてすぐにはなじみにくいですが、数分こねているとなめらかで扱いやすい固さになります。
4)できあがった生地を6等分にして、そのうちの4つ分にカボチャパウダー、1.5個分に紫いもパウダー、0.5個分にほうれん草パウダーを加えてよくこね、それぞれの生地に色と風味をつける。
5)まな板の上にラップを敷き、3の生地をのせ、その上にラップを重ねて麺棒で3ミリほどの厚さに伸ばし、お好みの型で抜く。必要に応じて各パーツを成形して上から押さえて貼付ける。もろい生地なので優しく、優しく。
6)160度に予熱しておいたオーブンに入れ、20分ほど焼く。10分ほどの時に天板を180度くるりと返し、火がまんべんなく入るようにする。
*家庭のオーブンによってクセがありますので、焦げそうな時には温度を下げて焼いてください。水分をしっかりと飛ばすとサクサクになります。
7)焼き上がったクッキーは天板の上で裏返し、そのまま冷ます。


このクッキーは、私のケーキのレシピの油脂量くらいで作れます♪(←粉100グラムに油30グラム)
ですが、熱湯を使ってまとめるため、ちょっとコツがいるかもしれません。
コツさえわかれば難しくないので、「ショートニングは気になるなぁ」とか「油脂量を減らしたクッキーにしたいなぁ」と思う方は、お試しくださいね。

そうそう、今回は列車のパーツなどが必要なため、3色にしました。
そんなふうに色分けするのは面倒なので、生地全量にカボチャパウダーまたは紫いもパウダー15グラム、または生地全量にほうれん草パウダー10グラム+三温糖5グラムの割合でもOKです♪
ほうれん草パウダーには苦みがあるので、生地を作る時に三温糖を加えたほうがおいしいです。

野菜パウダーを入れるのは風味アップと、サクサクした食感を高めるためなので、入れないで作ると少し固めの食感に変わります。

しっかりと粗熱をとってから密封袋に入れておくと数日はサクサクです。
できたら乾燥剤も入れてくださいね♪


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

ハイ、お久しぶりです。
節分。。。確か、昨年は、これがきっかけで、ずいぶん長い間、登園拒否になっちゃったんですよね?子どもにとっては重大問題で。それを思うと、今年はすごい進歩です。

今、ふと思ったんだけど、このブログも息長く続いてますよね。ムスコさん、はじめのころは、まだおXXい飲んでいたんですよね。うーむ、これでは、わたしも歳を取るわけだ。

アケミ |  2012.02.03(金) 14:49 | URL |  【編集】

うちの長男(末っ子)も、やたらとびびりで、四月から幼稚園大丈夫なんかいなと思うんやけど、何が怖いか、どう怖いのか、じぃ~っくり、聴いてあげること、大事やね♪

結果はどうやったんやろ?おに退治は出来たんかな?

えららんさんのこの、タピオカ粉とサクサク粉のクッキーを作ってみたくて。レシピも保存してあるから、近いうちに必ず作るぞ~!!

二時間かけた愛情は、バッチリ伝わってるね(^-^)vお疲れ様♪



chika |  2012.02.03(金) 21:59 | URL |  【編集】

えーと、リクエストです。お忙しいでしょうけど、ヒマのあるときを見て、これまでのベストレシピを、別のページにひとまとめにして載せてもらえると(あるいは、そのレシピが載っているもとの記事へのリンク集でも)、とても便利なのですが。このブログ、長く続いていて、これまでずいぶんたくさんのレシピがあるので、そうやって整理してもらえると、ありがたいです。例えば、「ケーキのベスト10」「クッキーのベスト10」「和風菓子ベスト10」とか
アケミ |  2012.02.04(土) 11:41 | URL |  【編集】

アケミさんへ

おひさしぶりです!!!
アケミさんはどうなさっているのかなぁ、と思っていましたので、コメントを残していただき、とても嬉しいです♪

> 節分。。。確か、昨年は、これがきっかけで、ずいぶん長い間、登園拒否になっちゃったんですよね?子どもにとっては重大問題で。それを思うと、今年はすごい進歩です。

アケミさんの記憶力はすごいですね!!
そうなんです、ムスコにとっては節分は単なる行事じゃなくて、自分の日常生活の中に、日常とは相容れない異形の者が入り込んでくる恐怖の日なんです。

ムスコは自と他とか、内と外とか、そういう精神的な境界線が弱いようで、すぐに他人の影響も受けるし、外からの影響も受けます。

また、夢と空想と妄想と現実もごちゃごちゃになりやすいですしね。
子どもらしいといえば子どもらしいのですが、自我の殻が弱すぎるとのちのち心配だと思っていたので、少し殻が固くなってきてホッとしました。

> 今、ふと思ったんだけど、このブログも息長く続いてますよね。ムスコさん、はじめのころは、まだおXXい飲んでいたんですよね。うーむ、これでは、わたしも歳を取るわけだ。

そうですねー、かれこれ3年続いてますね。びっくり。
年月の経つのは早いですね。
不老長寿は果てしない夢としても、その過ぎた年月の分、幸せな思いも、楽しい思いも、おいしい思いも増えて心が豊かになっていくのだとしたら、それはそれで素敵なことですよね。

えららん |  2012.02.05(日) 09:16 | URL |  【編集】

chikaさんへ

> うちの長男(末っ子)も、やたらとびびりで、四月から幼稚園大丈夫なんかいなと思うんやけど、何が怖いか、どう怖いのか、じぃ~っくり、聴いてあげること、大事やね♪

あっちゅくん、感受性豊かですものね。
4月から幼稚園が始まると、お友だちといろいろとやった話をしてくれて、おもしろいでしょうね!
来年の節分、あっちゅくんがどんなふうに乗り越えて行くのか、先のことだけど楽しみですね♪

今回、子どもの思いをじっくり聞く、ということは大切なんだな、と改めて思いました。

私は、忙しいとついつい「ちょっと待ってて」と言ってしまい、待たせた挙げ句に「時間がなくなっちゃったから、また後でね」みたいなことをしちゃうことが多いんです。
けれど、よくよく考えてみたら、その場しのぎの約束をし、その挙げ句にその約束を果たさずにいると、ムスコの心には「怖い」+「話を聞いてほしい」+「おかあが約束をやぶった」というもやもやした気持ちがうずまいて、余計に心がそこに留まっちゃって、その恐怖と不満と不信感が心の中に根付いてしまうのではないかと感じました。
ほんの少し手をとめて、目を見て、数分でも子どもの話を真剣に聞いてあげれば、子どもの気持ちは晴れて、そこにこだわらずに通り過ぎていけるかもしれないのに、と。

> 結果はどうやったんやろ?おに退治は出来たんかな?

かなり泣いたらしいのですが、鬼に豆ボールをぶつけようと努力はし、鬼がいなくなったら気持ちをすぐに切り替て泣き続けることはなかったと担任の先生から聞きました。
これももしかしたら、ムスコが納得するまで話を聞き、本人が本人なりの解決策を考え出すのを待ったから、気持ちのこだわりが溶けたのかなぁ。
楽しいことも、怖いことも、悲しいことも、幸せも、すべてその本人の心の中から生まれるものですから、それを得ることも、乗り越えることも、その本人にしかできないんですものね。

> えららんさんのこの、タピオカ粉とサクサク粉のクッキーを作ってみたくて。レシピも保存してあるから、近いうちに必ず作るぞ~!!

うわーい、嬉しい♪
ぜひ、作ってみてください♪
米粉とショートニングとメープルシロップで作ったクッキーとはまた違った味わいです。
カボチャパウダーを入れ、塩をちょっと多めにすると、私にはリッ○そのものの味!
アレっ子ライフ、長いからねぇ(笑い)
えららん |  2012.02.05(日) 09:32 | URL |  【編集】

アケミさんへ

> えーと、リクエストです。お忙しいでしょうけど、ヒマのあるときを見て、これまでのベストレシピを、別のページにひとまとめにして載せてもらえると(あるいは、そのレシピが載っているもとの記事へのリンク集でも)、とても便利なのですが。このブログ、長く続いていて、これまでずいぶんたくさんのレシピがあるので、そうやって整理してもらえると、ありがたいです。例えば、「ケーキのベスト10」「クッキーのベスト10」「和風菓子ベスト10」とか

うわっ、なんと、リクエストをいただいてしまって、光栄でございます。
でも、難しいリクエストですね(汗、汗)

米粉は今は入手できなくなってしまった製品などもあるので、基本的に新しいもののほうがおすすめですが、その時々で、「油を控えめにしよう」とか「アレっ子じゃない人に食べてもらうプレゼントに」とか考えて作ってるため、ひとくくりだとなぁ……うーむ。

今度、「プレゼントにおすすめ」とか「ムスコのお気に入り」とか「私がよく作るレシピ」とか、そういうくくりで記事にしてみますね。

かなりお待たせすることになるかと思いますが、どうぞ気長にお待ちいただけたら嬉しいです。
えららん |  2012.02.05(日) 09:36 | URL |  【編集】

レス、ありがとう。その後、更新がないので、ムスコさんどうしてるかなー、と心配しています。

もし、まだビビリのようだったら、お護りを身につける、っていうのはどうでしょうね。おまもりって、要は何でもいいんですけど、ネックレスかブレスレット状で身につけられるものが、なくさなくていいですよね。なにか、「こわいときは、これが守ってくれる」と思えるもの。よくいく神社があれば、そこのお札でもいいし、そうでなくて、見ていて勇気とか希望を感じさせてくれるものでもいい。太陽の顔のネックレスとか、子どもにもわかるような言葉の書いてあるブレスとか。

要は、いつも味方になってくれるものがいることを思い出せればいいわけです。お護りって、そういう先人の知恵だと思います。
アケミ |  2012.02.06(月) 02:34 | URL |  【編集】

アケミさんへ

> レス、ありがとう。その後、更新がないので、ムスコさんどうしてるかなー、と心配しています。

ムスコのことを心配してくださってありがとうございます。
ムスコは元気いっぱいにしています♪

私は今、毎日更新していないんですよ。
基本的に、月・水・金の更新です。
気にかけてくださって、ありがとうございます!

> もし、まだビビリのようだったら、お護りを身につける、っていうのはどうでしょうね。おまもりって、要は何でもいいんですけど、ネックレスかブレスレット状で身につけられるものが、なくさなくていいですよね。なにか、「こわいときは、これが守ってくれる」と思えるもの。よくいく神社があれば、そこのお札でもいいし、そうでなくて、見ていて勇気とか希望を感じさせてくれるものでもいい。太陽の顔のネックレスとか、子どもにもわかるような言葉の書いてあるブレスとか。

お守りはつけていますよー。
アケミさんが書いてくださったとおり、持っていると勇気や希望を感じるもの、大切に思うものを身近にいつも感じられることというのは大切ですよね。

子どもってとても柔軟で「これがお守りだよ」というとそれがお守りになりますよね。
その物事に優劣をつけず、偏見なく見られるというのは素晴らしいなぁ、と思います。

いかにも力がありそうだと思い、「ホルスの眼」を見せたら、「それ、なに? そんなのいらな~い」と言われてしまいました(汗)
私にとっては、とても効力がありそうな気がするんだけどなぁ。
大人は頭で納得しないと「お守り」って思えないですけどね(笑い)
アニミズム的な精神があるのかもしれないですね。

> 要は、いつも味方になってくれるものがいることを思い出せればいいわけです。お護りって、そういう先人の知恵だと思います。

ほんとうに、素晴らしい知恵ですよね。
先人の知恵を大切に受け継いでいきたいですね。

えららん |  2012.02.07(火) 19:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1139-3da375fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |