2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.01.25 (Wed)

はちみつレーズン米粉ケーキ(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

雪、ひどかったですね~。
我が家のあたりも雪が少し積もったのですが、雪そのものよりも、道路や歩道が凍結していて歩くのが怖いの何のって!

保育園に行く道順はどこもゆるやかな坂があるため、つるんつるん。
そもそも、雪が降ったっていうのにビジネスマンたちは革のビジネスシューズやハイヒールを履いてソロソロと歩いているし、車はスタッドレスじゃないし、チェーンもつけてないしでスリップしたり、タイヤが空回りしてるし……東北生まれ、東北育ちの私は見ているだけでもドキドキして怖かったです(汗)

凍結した道路でスリップによる接触事故が起きていたため、おまわりさんたちが土嚢などを運び、滑らないように注意しながら慎重に作業をしていました。

すると、ひとりのおまわりさんが、すてん!
それを見た通行人たちが「ぷっ」とふきだして、おまわりさんも照れたように頭をかいていました(笑い)
通行人が転んだらみんな心配するのに、おまわりさんだと笑いを誘っちゃうっていうのが、なんだかおもしろかったです。

さて、寒さといえば、インフルエンザ!
場所によっては学級閉鎖なども行われているようですね。

インフルエンザ関連で気になる記事がありました。
タミフル、インフルエンザ治療効果に疑問というもので、世界一のタミフル消費国の日本はどうするんでしょうか。

医療従事者用のメールニュースで読んだのですが、インフルエンザに関してだけでなく、日本人は「薬が好きな国民」といわれているそうですね。
薬をたくさんもらうと「もう、これで大丈夫」と安心するのだとか。

私は個人的な意見ですが、薬は必要なものですが、病気になって薬で治療するよりも、病気になりにくい健やかな身体をキープできるよう丁寧に身体と向き合っていることのほうが大切かな、と思います。
そうやって気遣っていても子どもたちは体調を崩したりしちゃうことがありますから、寝て静かにしていても回復することが難しいとか、緊急性の高い時に薬にお世話になる、という感じで私は病院や薬とつきあっています。

自然治癒力や免疫力が高く、健康的な身体であるために、良質の睡眠・ローオイル&ローシュガーのバランスのいい食事を意識し、毎日を過ごしたいですね
そして、うがいと手洗いでインフルエンザや風邪がバイバイしてくれるといいですね。

120124_0814~03

相変わらず、焼き菓子の多いムスコの保育園。
今朝もケーキを焼きました。

できるだけ油脂分を減らしたいと思い、今日はサツマイモの裏ごしとはちみつパワーを借りました。
はちみつの風味で、いつもとちょっと違った味わいになりました♪

<材料(フラワー型4個分)>
♡米の粉     70グラム
♡コーンスターチ 30グラム
♡甜菜糖     10グラム
*さまざまな糖分を使うと味に深みが出るため、少し入れました。入れなくてもいいです。
♡重曹        小さじ半分
♡クエン酸      小さじ4分の1
*重曹とクエン酸の分は、ベーキングパウダー5グラムに置き換えられます。
♡塩         ふたつまみ

サツマイモ裏ごし      40グラム

☆はちみつ          30グラム
☆菜種油           15グラム
☆水             55~60グラムくらい
*サツマイモとはちみつの水分量で変わりますので、微調整してください。

レーズン        30グラム


<作り方>
1)オーブンを170度に予熱しておく。
2)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器で混ぜる。
4)2にサツマイモの裏ごしと☆の液体を入れて混ぜ合わせ、レーズンを入れて混ぜる。
*ぽってりした感じの固さです。軟らかい白玉の生地くらいで、指で触っても生地がくっついてこないくらいの水分量になります。
5)型に分量外の油を塗って生地をスプーンですくって入れ、170度で20~25分焼く。


油を控え、膨張剤に重曹を使ったので、ふわふわの食感ではありません。
焼き込んだパウンドケーキみたいな感じです。
ふんわりした食感がお好みの場合は、油を倍量にして水を減らし、膨張剤はベーキングパウダーを使うと、もう少しふわっとします。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

岐阜も雪が降る方なので、いつもと変わらず革の靴やヒールで歩いて転ぶ人を見て、なんで?って疑問でした
車も、タクシーやトラックはスタッドレスかチェーンはつけるべきですよねぇ(^_^;)

だんなと、東北の人が見てたら対応の悪さに失笑だろうねって話してました


タミフルの記事は新聞で読みました!
長男がもらった薬はイナビルで、その場で先生に教えてもらいながら吸入し、後は解熱剤をもらっただけでした

インフルエンザになってから、和食(いつもですけど)にレンコンを心がけてます
旬の野菜もたくさん食べて免疫力あげたいですよね!


かわいいケーキですねー(*´∀`*)
女の子が食いつきそう♪
またまた巨峰のレーズンをもらったので、作ってみまーす(^^)
まみ |  2012.01.25(水) 12:28 | URL |  【編集】

確かに!!

「自然治癒力や免疫力が高く、健康的な身体」、大事ですよね!!

わたしも、先日 3~4年ぶりに風邪を引き、ちょっと胃のあたりがムカムカしましたよ(3時間で治りましたが)。
娘の お腹の風邪が移ったのだと思うのですが、久しぶりの風邪で、嫌~な、感じでした。
でも、息子は、全くかからないんですよね。
かなり、自己免疫が高いんだと思います(毎年、皆勤賞だった私が、負けたわ~)。

えららんさんの、ローシュガー・ローオイル スイーツは、毎日 焼き菓子をお持たせさせなければならない、息子くんへの愛なんですね~♡。
たまには、みかんなんかの果物と せんべいでいいでしょうにね~。


桃うさぎ |  2012.01.26(木) 14:14 | URL |  【編集】

凍結は怖かったやろうね(>_<)
雪がちらつくだけでもきゃっきゃなる、雪の少ないこちらとは、ちゃうんやねー。
って、県内北部はかなりの積雪みたいやけどね。

薬に関しては、私もえららんさんと同感で、基本、薬はなくても治る病気が殆どやろうに、やたらめったら薬を飲んで、これで大丈夫!!ってのは、ちょっと違うと思う。

緊急性の高いものとかは、必要な薬もあるやろうけど、基本は自分の身体を病原菌に負けないように元気をキープすることが一番かなと。
そんな風に思えるようになったのはここ数年やけど、ちょっとは勉強したって事やな(笑)

えららんさん、さつまいものペーストとかは、決まった量ずつラップして冷凍?
今日のも美味しそうやなぁ♪
米粉だけで焼くより、油も砂糖も抑えられてええんやろうけど、なかなか、さつまいもの冷凍がキープ出来なくて^^;

で、米粉だけで焼いてしまう私^^;
この型も可愛いなぁ(*^^*)
chika |  2012.01.26(木) 20:38 | URL |  【編集】

まみさんへ

お返事が遅くなって、すみません!

> 岐阜も雪が降る方なので、いつもと変わらず革の靴やヒールで歩いて転ぶ人を見て、なんで?って疑問でした

ふったばかりの雪の上ならまだ歩けるかもしれないですが、踏み固められた雪や溶けて凍った雪はすべりますもんね。
すべりどめがついていない靴や不安定なヒールの靴で外に出たら危ない、って思わないくらい、季節感や想像力が薄くなってきちゃっているのでしょうかね。
転んで大けがをすることもありますし、怖いですよね。

> 車も、タクシーやトラックはスタッドレスかチェーンはつけるべきですよねぇ(^_^;)

それは、絶対ですよね!
事故になりますからっ!!

普通のタイヤで緩やかな坂でスリップしている自動車がいて(保育園に子どもを送った帰りと思われる)、窓越しに運転しているママが顔色を変えて必死にハンドルをにぎっているのが見えたのですが、ご本人も恐怖を感じていたことと思います。
後ろからきたタクシーとバスの運転手さんが離れて止まって、スリップしている自動車を動かすのを手伝いに行ったのですが……。

雪に慣れていないというのは、怖さを知らないということでもありますね。
子どもには「怖さ」というのを教えたいですよね。

> タミフルの記事は新聞で読みました!
> 長男がもらった薬はイナビルで、その場で先生に教えてもらいながら吸入し、後は解熱剤をもらっただけでした

これまでもタミフルにはいろいろな噂がありましたが、気になる記事でしたよね。
長男くんの病院での治療はタミフルではなかったのですね。

> インフルエンザになってから、和食(いつもですけど)にレンコンを心がけてます
> 旬の野菜もたくさん食べて免疫力あげたいですよね!

和食がいいですよね~
バランスもいいですし、野菜もたっぷりとれますしね。
我が家も昨日は蓮根でした!!
蓮根、おいしいですし、身体にいいですし、いいですよねー。

また、贅沢な巨峰のレーズンを入手なさったのですね!!
ケーキに使ったらおいしいでしょうね♡
えららん |  2012.01.28(土) 07:47 | URL |  【編集】

桃うさぎさんへ

> 「自然治癒力や免疫力が高く、健康的な身体」、大事ですよね!!

ですよね、やっぱり!

体調が悪くなって病院に行って薬をもらってくる、ということ自体が悪いことではないと思うのですが、日常的にちょっと気にすることで病気になりにくい身体になれると思うんですよね。
私の中では、それがローオイル&ローシュガーで野菜中心の手づくりアレルギーっ子食(手づくりだと食品添加物も必要最小限だし)と良質の睡眠だと感じています。

つらくなっちゃうほど頑張るんじゃなくて、毎日の中でできる範囲で「ちょっと気にする」ことを積み重ねていけるといいですよね。

> わたしも、先日 3~4年ぶりに風邪を引き、ちょっと胃のあたりがムカムカしましたよ(3時間で治りましたが)。
> 娘の お腹の風邪が移ったのだと思うのですが、久しぶりの風邪で、嫌~な、感じでした。

風邪をひいて大変でしたね。
でも、「3時間で治った」というのがすごい!
日頃の成果ですね~、

風邪をひくと困っちゃいますが、でも、風邪をひいた後って、ちょっとすっきりしたりしませんか?(←私だけかな?)

私の場合は、「こんなことしてたらダメそうだな」と思いつつやっている時に調子を崩します。
おとといの夜、いただきもののメロンを「冬にメロンなんて食べたくないな」と思ったのに、熟しすぎていて早く食べないとと思って食べたらお腹がぎゅるぎゅるしていてピーピーになり、昨日一日、飲まず食わずで寝てました(汗)

しかし、おもしろいことに、お腹の中身がぜーんぶなくなって、逆にスッキリしました。
プチ断食みたいな感じ?(笑い)
メロンでお腹を壊したことはこれまでになかったので、今回、壊したってことは、私の身体がデトックスしてスッキリしたかったからかも!?と思ったのでした。

私は風邪をひいた後でも同じように感じたりします。
身体が必要としていたんだなー、って。

> でも、息子は、全くかからないんですよね。
> かなり、自己免疫が高いんだと思います(毎年、皆勤賞だった私が、負けたわ~)。

おおおおー、すごい!
息子くん、まったく風邪にかかりませんか。
身体が「バランスが狂ってきたぞ。熱を出してすっきりしたいな」とか「お腹の調子、一旦、下痢してリセットしよう」みたいに感じる(←あくまで私のイメージですけど。笑い)ことがなく、身体の免疫力が随時、バランス良く働く生活をしてるんですねー。
素敵♪
桃うさぎさんも毎年皆勤賞だった、っていうのがすごいわ~

> たまには、みかんなんかの果物と せんべいでいいでしょうにね~。

なんだか保育園では果物は昼食後のデザートで、3時のもう少しおやつっぽいもの、っていう区分けのようですわ。
3時のおやつに、たまにおにぎりがあるとホッとするんだけど、焼き芋とかせんべいでいいと思うのよねん。
献立を考えている栄養士さんの好みらしいです、ハイ。
えららん |  2012.01.29(日) 05:23 | URL |  【編集】

chikaさんへ

> 凍結は怖かったやろうね(>_

ご心配、ありがとう!
ほんと、凍結は怖かったわ~

でも、子どもたちは見ていて面白かったの。
雪をほとんど見たことがないし、こんなに大々的に凍っているのなんてめったに経験しないことだから、どんどん歩いて、どんどん転んで、ニコニコ笑顔なんだよね。

ムスコが転んでケガするのを想像してハラハラしたけど、自然ってこういうものなんだ、雪は凍るんだと身体で感じてもらうのはいいことだと思いました。

ムスコと保育園に行く途中で、「仲間探しクイズ、しよう」と言って、「雪と氷と雨、お友だちはどれですか?」と聞いたら、「ゆきとこおり! だって、ゆきはとけるとこおるもん。ゆきとこおりはつめたいから。あめはすべんないもん」と元気に説明してくれて、なんだか嬉しかったです。
次の段階は、「あめはすべんない」じゃなくて、「雨も場所によってはすべる」ということを理解してもらうことなのでありました(笑い)

言葉でどんなに言ってもわからないことでも、身体で経験するとストンと理解できることって、たくさんあるよね♪

えららん |  2012.01.29(日) 05:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1126-dc496cf3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |