2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2012.01.18 (Wed)

米粉のちょこちょこおやつ

たくさんのコメントをいただき、ほんとうにありがとうございます。
とても嬉しく拝見しています。
読ませていただいていると、お料理教室で楽しかったシーン、嬉しかったシーン、心がほっこりしたシーン、可愛かったシーン……いろいろな場面が脳裏に甦ってきます。

コメントへのお返事に時間がかかっており、すみません。
もうしばらくお待ちください。
いつもありがとうございます。

今回は以前ちょこちょこ作った米粉のおやつあれこれと、インターネットで公開されている放射性物質の状況についてです。
ご興味のある記事にスクロールをお願いいたします。

************************************
野田総理の収束宣言の後、もう原発は大丈夫なんでしょう的なムードになってきているように感じますが……

包括的核実験禁止条約(CTBT)に基づき、地下での核実験によって大気中に洩れ出す放射性物質の監視のため高崎に設置されたCTBT放射性核種探知観測所における放射性核種探知状況 (2012年1月9日時点)が公開されています。

このデータに「国外での核兵器の地下爆発的実験によって大気中に漏れ出す極々微量の放射性核種の種類とその濃度を検出することを目的としており、その検出能力は、今般の福島原発の事故によって生じた放射性核種の濃度の水準の何桁も下のレベルの放射性核種を検出することが可能な極めて感度の高いものである」という説明書きがありますが、福島第一原発事故以前の数値は非常に低いわけですし……関係がないとはいえないと思うのですが……。

文部科学省の定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第20報)では、1月2日には前後の日にちと比べて急激に数値が上がっています。
私がいつもラジオでお話を聞いている原子力の専門家は「新たな事故などが起こったとは思わないが、気象条件、測定条件などさまざまなことによって数値の上下は今後も起こる。新たな事故の可能性もゼロになったわけではない」という主旨のことをおっしゃっており、実際に、1月2日は風が強い日で測定器内のほこりなども舞い上がっていたという情報もありました。
これまでに放出されて土壌に落ちた放射性物質は、今でも、風が強い日には舞い上がっていると思われます。

また、原発から飛散した放射性物質が海に落ちたり、汚染水が洩れたり、放出されたり、山などに積もった放射性物質が雨で川をとおり海に流れ込んでいったり……海の汚染状況や魚介類への影響が心配されますが、農林水産省が水産物の種類毎の放射性物質の検査結果についてを発表しました。

ここでは魚介類の種類によってサンプル検査をし、その数値を産地ごとに公開しています。
さすがに「骨と内臓を抜いて測定しても意味がない!」という批判を受け止めたのか、丸ごと計測したのか、そうではないのかも記載してあります。

一覧になっているので、ざっとスクロールしながら見ると、放射性物質を体内にためこみやすい種類などがイメージできます。
海産物が気になっている方は、こちらをご覧になっていただくと参考になるかと思います。

子どもたちの内部被曝に関しては、まだまだ気をつけて過ごしたほうがよさそうです。

*************************************

こちらは、米粉クッキーです。
保育園のおやつはホームメイドクッキーだったので、「よーし、負けないもんね」と思って作りました(笑い)

111128_0750~01

船と自動車に色を混ぜたら可愛くなるかと思ったら……かなり微妙な出来(汗)
ムスコには「こっちの、きいろ、みどり、ちゃいろ、1こずつ、もってく!」とはっきりと拒否されてしまいました(涙)

帰ってきてからムスコに感想を聞くと、「みんなのはきいろクッキーだったよ。ボクのおさらに、3つ、のってたの~~~~!!!」と、味や形よりも、みんなよりも数が多かったことが嬉しかったらしい(←みんなは2個だったらしい)。
一応、ムスコの軍配は私にあがりました(笑い)

レシピは米粉なのに、さっくりクッキーを使いました。
黄はカボチャパウダー、緑はほうれん草パウダー、茶はキャロブパウダーです。

こっちはビスコッティ風。
イメージはビスコッティだったのですが、出来上がったのは厚焼きクッキーでした(汗)

111121_0831~01

使ったレシピは2種類の米粉スコーン
レーズンとココナツファインとクルミも入れました。

味のアクセントがあり、ビスコッティのような堅焼きにはならなかったけれど、おいしかったです♪
○ターバックスのカフェラテが飲みたくなるような味でした。

それで、なんだかふらふらとテイクアウトのコーヒーを買ってきたのですが、飲んでみると、苦い、苦い。
「コーヒーは刺激物」っていうのがわかりました。
以前は平気で何杯も飲んでいたのに、味覚は変わるものですねぇ。

そうそう、味覚ですが。
「食は三代」と言われますが、ある有名和食料理人によると、味覚というのは不変なものではなく、1週間もあれば変わるそうです。
たとえば、いつもインスタントのダシばかり使っている人であっても、本格的なダシの味がわからなくても1週間飲みつづければ、舌の表面にある味蕾がうまみを感じるようになるそうです。
おいしさの感じ方というのは食べたものの経験値によって変動するのですね。

最初はアレルギ―対応食やスイーツが物足りなく感じた私ですが、ずっと食べ続けているうちに、アレルギ―対応のほうが食材の味がしっかりとわかっておいしいな、と感じるようになりました。
米粉ベースのおやつは大量の糖分や油脂分がなくてもおいしいですし、味蕾が敏感になるのかもしれないですね。

食べることは生きるためのエネルギーを身体に補給するだけではなく、「感じ方」や「価値観」も変えるのですね。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

三色クッキー

三色クッキー渋い色がステキなのに
息子君拒否だったんですね 
喜びそう!ってやったことがイマイチ
うけなかったり
なんでもないことにハマったり
子供って不思議ですよね

お料理教室お疲れ様でした
楽しそうな雰囲気コメントらんから
ビシビシ伝わってきました
スイーツもとっても美味しそうですね
食べたかったなー

原発 放射能まだまだまだまだ心配ですよね
NHKの番組で海の汚染を取り上げているのを
見ました
一人一人が関心を持ちつづけることが大事
だと思います
色んな情報いつも感謝です
ばるまよ |  2012.01.18(水) 13:55 | URL |  【編集】

3月で震災から1年になるけど、まだまだ問題は山積みですよね

台風が来たら、地上に下りた放射性物質がまた舞い上がるんですよね?
そして遠い場所にも運ばれて…
恐ろしい事ですよね
人間はなんという恐ろしい物を作ってしまったんでしょうか

安心して暮らせる未来を、こども達に残してあげたいなぁ…


ビスコッティ、おいしそうですねー♪
あたしも前にスコーン作りましたが、厚焼きクッキーでした(笑)
それはそれでおいしかったんですけどね~

息子くんは、みんなより量が多くて「いいなー!」って言われたんでしょうね(笑)
たまにはそんな優越感もいいですよね(^ω^)
まみ |  2012.01.18(水) 22:43 | URL |  【編集】

大人っぽいわ♡

普段からのコメントも スイーツの好みも 大人っぽい 息子くん☆。
3色ミックスのクッキー、すごく可愛いのにね!わたし好みよ♪。

わたしも今では、ノンアレのスイーツは、正直、苦手な程。
特に、スーパーマーケットやコンビニで、プリンやケーキなんかを買うことは、全くなくなりました!!
だって、「こんな美味しくないの食べて太るの嫌だもーーん」と思います。

ようやく、息子(小2)が、お魚を食べられるようになってきたというのに、海の汚染…。
ニュースを見るのも怖いですが、心臓バクバクしながら、見ています。
えららんさん、これからもまた教えてくださいね!!


桃うさぎ |  2012.01.19(木) 11:55 | URL |  【編集】

お久しぶりです♪

原発のニュース、テレビだけの情報じゃなんか収束している雰囲気で(涙)。武田先生のブログで数値が上がっていること知って、報道のズレをすっごく感じてました。
狭い日本にいる限り、決して他人ごとじゃないのにーなんて思います。

味覚のお話も、ちょうど旦那が・・・
先週実家に一人で法事のために行ったんですけど、そのときにご飯にハマグリのお吸い物を用意してもらったそうで・・・・「味がね、よくわかるんさ。化学調味料?ダシの素って使うとあかんな、色んな味がするわー。」って帰って早々言いました。
うちはいつもハマグリにはダシは昆布で酒と天然塩と醤油。シンプルな方がずっと美味しいって・・・味覚は敏感に変化するんですね。
年末からお正月で外食が続いて胃腸を壊した旦那は、家で私が作ったごはんには胃腸を壊さず「甘みアッサリで食べやすい」なんて言ってて、アレっ子生活万歳やなーーなんて思いました^^

先日のお料理教室の記事を読んでてもうウズウズ。本当に羨ましいーー!私も参加したいなぁーーーーって指をくわえていたのですが、・・・・・
旦那が息子の新幹線狂にどっぷりハマリ(笑)「E6系がデビューしたら見に行きたいなぁ」って言葉が何度も出ています。
これはシメシメ。そのうち東京に行けることもあるかなぁーなんてたくらんでます^^
あっっ!でもその前に、元気に生むことを考えないとですね(汗)。
そよら |  2012.01.19(木) 21:01 | URL |  【編集】

ばるまよさんへ

お返事が遅くなって、すみませんでした。

> 三色クッキー渋い色がステキなのに
> 息子君拒否だったんですね 
> 喜びそう!ってやったことがイマイチ
> うけなかったり
> なんでもないことにハマったり
> 子供って不思議ですよね

そうなんです、きっぱり、はっきり拒否(涙)
ムスコは目新しいものが好きで、見たことがないものを作ると必ずそれを選ぶのですが……。
完全にコンセプト倒れでした~(涙)
まあ、実際に食べてみると見た目同様、しぶい味でした(笑い)

子どもの感性はすばらしいですよね。
大人にとってはなんでもないことであっても、そこに喜びや面白さを発見して、繰り返し、繰り返し楽しんでいたりしますものね。

ムスコは5歳になっても、いまだに「いない、いない、ばあ」とか「一本橋こちょこちょ」みたいな赤ちゃん遊びも楽しく感じるようです。
子どもにとって、遊びや楽しさ嬉しさというのは、単純だけど、そこに心の触れ合いがあったりスキンシップがあったりするものが基本なのかもしれないなぁ、と感じます。
なので、母がムスコの気持ちよりもコンセプトを優先して作ったものは拒否みたいな(←ムスコの拒否を分析中。笑い)

大人から見て「不思議だな、新鮮だな」と感じ、大人に何かを気付かせてくれるのが子どもという存在なのでしょうね。
いつまでもそうした感性の柔軟さ、純粋な瞳を持った「不思議な子ども」でいてくれたらいいな、と思います。

> お料理教室お疲れ様でした
> 楽しそうな雰囲気コメントらんから
> ビシビシ伝わってきました
> スイーツもとっても美味しそうですね
> 食べたかったなー

ありがとうございます!
お料理教室、ほんとうに楽しかったですぅ~
スイーツは私がブログ上で公開しているものの集大成みたいな感じなので、味のトーンは似ていると思いますけれども。
一緒に作って、一緒に笑って、一緒に食べる、というのが最高でございましたよ♪

> 原発 放射能まだまだまだまだ心配ですよね
> NHKの番組で海の汚染を取り上げているのを
> 見ました
> 一人一人が関心を持ちつづけることが大事
> だと思います

私も同感です。
原発の状況はまだ収束とほど遠い状態だと私の信頼する原子力の専門家たちは口をそろえて言っていますし、放射能による汚染状況およびその影響は、わかっていることのほうが少ないくらいだとも言います。
私は素人なので実際にどうかという判断はできないのですが、専門家たちの意見や報道、NHKの特番、本などから情報を得て、自分の生活に照らし合わせ、自分の気持ちが危険だ、とか、安全ではない、と直感で感じることは避けたいと思っています。

たとえば、同じNHKでもニュースで報道されるトーンと、特番で感じるトーンでは大きな開きがありますよね。
私は放射能汚染に関しては特番で感じるトーンを尊重して考えることが多いです。
同じ物事であっても、同じ事象であっても、見方によっていかようにも見えますし、いかようにも意味付けできるので、一方的に報道される情報を鵜呑みにするのではなく、「自分はどう思うのか」と立ち止まって考えてみることも大切なのではないかと思います。
情報に対して受け身になっていると、その中で知らず知らずのうちに流されていて、気付いた時には自分が思いもよらなかった場所にいる、ということもありうると思いますので。

ばるまよさんがおっしゃるとおり「一人一人が関心を持ちつづけることが大事 」だと私も感じています。
「心配だ」と不安を心に抱え、不安を回避するために選び続けることはストレスがかかることであり、続けることは疲れますよね。
けれども、私が放射能汚染の情報を集め、その情報の中から選びとり、私が良いと信じることを積み重ねていくことだけが、私が子どもの未来のためにできることだと思っています。

お互いに、関心を持ちつづけながら丁寧に暮らしていきたいですね。

えららん |  2012.01.23(月) 08:28 | URL |  【編集】

まみさんへ

お返事、ずっとお待たせしてしまい、すみません!!

> 3月で震災から1年になるけど、まだまだ問題は山積みですよね

ほんとうに、そうですよね。
そもそも放射性物質がいかなる影響を与えるものかがよくわかっていないし、それの対処法も確立されているわけではないですしね。
なんといっても、一旦出てしまった放射性物質は長い時間を経ない限り、なくならないのですものね……。

> 台風が来たら、地上に下りた放射性物質がまた舞い上がるんですよね?
> そして遠い場所にも運ばれて…
> 恐ろしい事ですよね
> 人間はなんという恐ろしい物を作ってしまったんでしょうか

かつては「未来のエネルギー」といわれ、夢のエネルギーだったのですものね。
放射能が見つかったばかりの頃、「ウラニウム・アイスクリーム」なんていう広告もあったそうですよ。
実際にウランが入っていたのか、それともウランが発見されたばかりの頃で、その期待を込めて名付けたのかはわからないのですが。

飽くことない好奇心が科学を進歩させるのだとは思いますが、人間に与えられた能力を超えたものを実験室以外で用いられるようにするためには、いくつもの壁を乗り越えていかなくてはならないですよね。
原子力の場合は、政治利用もされているわけですし……。
電気の代償は大きすぎますよね。

> 安心して暮らせる未来を、こども達に残してあげたいなぁ…

まさに、まさに、まさに(涙)
もうその言葉しかないですね。
私たちができることをしていかなくては子どもたちに申し訳ないですよね。

> ビスコッティ、おいしそうですねー♪
> あたしも前にスコーン作りましたが、厚焼きクッキーでした(笑)
> それはそれでおいしかったんですけどね~

私も厚焼きクッキー、好きです!
ガレットみたいのも、ソフトクッキーみたいのも、両方とも好き♪
お菓子作りは楽しいし、おいしいし、子どもたちの笑顔も見られるし、いいですよねー。
えららん |  2012.01.27(金) 20:12 | URL |  【編集】

桃うさぎさんへ

いつもお返事が遅くて、ごめんね~

> 普段からのコメントも スイーツの好みも 大人っぽい 息子くん☆。
> 3色ミックスのクッキー、すごく可愛いのにね!わたし好みよ♪。

お気に召してくださって、嬉しいわ♪
でもね、味はイマイチなのよ(汗)

味にはバランスっちゅーものが必要じゃない?
混ぜたからいいっちゅーもんじゃなかろうよ、ってな感じの味で(汗)

ココアパウダーとカボチャパウダーと紫芋パウダーとかだったらおいしかったと思うんだけど(←今さらながら気付いた)

> わたしも今では、ノンアレのスイーツは、正直、苦手な程。
> 特に、スーパーマーケットやコンビニで、プリンやケーキなんかを買うことは、全くなくなりました!!
> だって、「こんな美味しくないの食べて太るの嫌だもーーん」と思います。

そうなのよっ! それよ、それ!!
「これ1個食べるカロリーで、アレっ子ケーキが1ホール食べられるよ」とか思っちゃう(笑い)

以前は生クリームをスプーンですくって食べられるくらい好きだったのに、人の好みは変わるものよね。
素材の味を楽しむことを覚えると、市販のスイーツは物足りなく感じることもあって。

でも、時々、パティスリーのカスタードプリンとチーズケーキは「食べてみたいなぁ」と思うことがあります。
特定のお店のなんだけどね。

> ようやく、息子(小2)が、お魚を食べられるようになってきたというのに、海の汚染…。
> ニュースを見るのも怖いですが、心臓バクバクしながら、見ています。
> えららんさん、これからもまた教えてくださいね!!

息子くん、お魚が食べられるようになったのだから、安心して食べさせてあげたいですよね~
ちゃんと詳細な海洋汚染を調査してほしいわ。
どんどん海藻→小魚→大型の魚と濃縮されていくから、出ている数値、気を失いそうになるものもあるもんね(←市場には出ていないけど)

お互いに汚染状況などにも留意しながら、子どもたちにはできるだけ汚染度の低いものを食べさせてあげたいですね。
えららん |  2012.01.27(金) 20:20 | URL |  【編集】

そよらさんへ

お返事が大変遅くなってすみません!!
おひさしぶりです♪

旅のお話、ものすごーーーーく興味深く、かつムスコと一緒に拝見しました。
そよらさんのブログを読んで(←私が音読する。笑い)、楽しげにしているたろすけくんを見て、「こんど、いこうね。ここね」と指切りげんまんでした♪
動物園も行ったみたくなったそうです。
なんだか知りませんが、「イルカにあいにいきたい」と言っています(←動物園にはイルカ、いないし。汗)

> 原発のニュース、テレビだけの情報じゃなんか収束している雰囲気で(涙)。武田先生のブログで数値が上がっていること知って、報道のズレをすっごく感じてました。
> 狭い日本にいる限り、決して他人ごとじゃないのにーなんて思います。

原発のことは自分から積極的に知ろうとして情報をあちこち読む時と、受け身でニュースだけから情報を得ているのとではまったく印象が違いますよね……。

昨日、近所の大きなお米屋さん(業務用のお米を卸すお店)の入口を見たら、張り紙がしてあり、「暫定基準値よりも低い米を扱っているので安心です。基準値を超えたものは市場には出回りません。基準値500ベクレル/キロ」という内容のことが書いてあり、頭がクラクラしました。
暫定基準値だったら0ベクレルから499ベクレルまで同じ扱いっていうのが、もう、なんとも……私には納得いかないです(涙)
汚染されてしまった現実は仕方がないけれど、せめて、個別にベクレル表示をしてほしい、と願っています。

それと同時に、これから何十年もかかるのだから、放射性物質のこと、風が強い日には放射背物質が舞い上がるとか、道ばたにはたまりやすいとか、そういうことを子どもに教えるのが家庭教育の一環として必要になるのかなぁ、と思ったりもしています。

> 味覚のお話も、ちょうど旦那が・・・
> 先週実家に一人で法事のために行ったんですけど、そのときにご飯にハマグリのお吸い物を用意してもらったそうで・・・・「味がね、よくわかるんさ。化学調味料?ダシの素って使うとあかんな、色んな味がするわー。」って帰って早々言いました。
> うちはいつもハマグリにはダシは昆布で酒と天然塩と醤油。シンプルな方がずっと美味しいって・・・味覚は敏感に変化するんですね。
> 年末からお正月で外食が続いて胃腸を壊した旦那は、家で私が作ったごはんには胃腸を壊さず「甘みアッサリで食べやすい」なんて言ってて、アレっ子生活万歳やなーーなんて思いました^^

旦那さん、おいしいもの、食べてらっしゃる♪
昆布と酒と塩と天然塩と醤油で風味をつけたハマグリのお吸い物、食べたーい!!

たしかにねぇ、化学調味料は「おいしい」というのか「いろんな味」がしますよね(笑い)
日本人は「うまみ」が好きな国民だそうで、化学調味料の味に慣れている人は、たくさん加えられた精製されたうまみを「おいしい」と感じてしまうんだそうです。
でも、ダシをとって食材を味を舌が経験している人だと、おおすぎるうまみは「ヘンな感じ」「バランスがくずれた味」と感じるらしい。

旦那さんの舌は、いつも食材の味を経験しているから、センサーのように繊細なおいしさを感じられるんですねー。
アレルギーっ子食、バンザイ♪
外食はパワフルですよね(笑い)

> 先日のお料理教室の記事を読んでてもうウズウズ。本当に羨ましいーー!私も参加したいなぁーーーーって指をくわえていたのですが、・・・・・
> 旦那が息子の新幹線狂にどっぷりハマリ(笑)「E6系がデビューしたら見に行きたいなぁ」って言葉が何度も出ています。
> これはシメシメ。そのうち東京に行けることもあるかなぁーなんてたくらんでます^^
> あっっ!でもその前に、元気に生むことを考えないとですね(汗)。

そうです、そうです、まずは無事に出産なさってくださいね。
そして、そして、ぜひ、東京へ!!!
E6系が走り始めるのは、そよらさんが出産を無事に終えてからですから(笑い)

今は新幹線のリニューアルの時期で、東北新幹線ははやぶさの本数が増えて雰囲気が変わっていますし♪
ムスコと私が西日本の電車に憧れるように、東日本の電車は西日本の電車とデザインが違うのでローカルなものでも楽しめると思いますよ~
旦那さんと息子くん、まる1日でも2日でも、電車散歩を楽しめると思います♪

そよらさんは、ぜひ、我が家に遊びに来てください!!
それにお料理教室にも参加していただいて♪ 赤ちゃん、大歓迎ですから~~~~
だとすると、東京滞在は数日ないと、ですね(笑い)

ほんとうに、いつかお会いしたいです!
えららん |  2012.01.28(土) 06:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1124-87d2faeb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |