2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011.12.19 (Mon)

ボウロのような口溶けのカボチャクッキー(小麦・米・卵・乳・大豆不使用)

今回はタピオカ粉とサクサク粉を使ったさらりと口溶けのいいサクサクなクッキーのレシピと、原発の国民投票を実現しようという活動について、です。
ご興味のある記事へのスクロールをお願いします。

****************************

「原発賛否、住民投票で」 条例制定へ直接請求の動きという報道がありました。
「東電と関西電力の大株主である東京都と大阪市で、原発への賛否を問う住民投票条例制定の直接請求を目指す動きが始まった。大株主の自治体を通じて、市民の視点に立つ原発政策を電力会社に迫る異例の試み」ということです。

この活動を行っているのは市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」です。
ホームページには、このように書かれています。

「原発」をどうするのか。この極めて重大な案件は、行政府や立法府が勝手に決めることではなく、主権者である私たち一人ひとりの国民が決定権を握るべきではないでしょうか。……市民グループ《みんなで決めよう「原発」国民投票》は、「脱原発」あるいは「原発推進」を呼び掛けるグループではありません。主権者が、原発の将来をどうするのかについて、直接の決定権を握るための国民投票を実現させることを目的として活動するグループです。

私がたまたま週末に渋谷駅のハチ公前を通りかかったら、署名を集めていましたので、署名と募金をしてきました。
その街頭署名の場所にいたのは、制服を着た高校生やママたち、若い男性や女性といった、いわば「普通のひとたち」でした。

ひとりのママがメガホンを持って、緊張した面持ちでお話なさっていました。
「私は毎日『おいしいね』と言いながら子どもたちと一緒に食事をしています。でも、心の中では、これを食べさせても大丈夫なのかしら、とも思っています。こんな気持ちで暮らさなくてはいけないのは、やはりおかしいと思うんです。原発をやめたいのか、これからも使っていきたいのか、国民ひとりひとりの意見を聞いてほしいので、『国民投票』を実現したいと思います」
一緒にいた友人も私も強く、強く共感しました。

同じ街頭署名の場所でのこと。
ついつい、微笑ましくて笑ってしまったのですが、私が「チラシをください」と言うと、ひとりの男の子(たぶん20代前半)がすぐに渡してくれたのですが、もうひとりの男の子(たぶん10代後半)が「ボクが渡そうと思ったのに!」と軽く抗議の声をあげました。
すると、渡してくれたほうの男の子が「だってさ、早いほうがいいと思って。早い者勝ちだよ、うふふ」と飛び切りの笑顔で応じ、ふたりで顔を見合わせてニコニコして、ゲームを楽しんでいるかのようでした。
帰り際に友人と私が「頑張ってくださいね」と声をかけると、ふたりとも「は~い」と元気な声で答えて、新たに署名に来た方の対応のため、飛んで行きました。
まるで「部活動」のように、日常生活の延長線上で活動に参加しているような気負いのない様子にも非常に好感が持てました。

原発のことは、良いか悪いかは別として、ある意味、もう日常生活の一部分になってしまいましたよね。
だからこそ、政治や経済といった視点からのみ原発のことを決めてしまうのではなく、普通に暮らす私たちひとりひとりの声を反映してほしいです。
だって、国の将来と子どもたちの未来にかかわる重要なことなのですから。
イタリアやドイツなど諸外国で民意を問うたように、日本に住む私たち国民ひとりひとりの意見を聞くべく、「原発の国民投票」が実現するようにと願っています。

ちょっと話がそれますが、今日の午後、野田首相の演説会場で揉み合いにというニュースがあり、「へぇ、そうなんだ」と何気なく読んでいたのです。
その後、あちこち、ツイッターを見ていたら、野田街頭演説は急遽中止。新橋駅前SL広場、原発いらないの怒号と写真付きで掲載されていました。

前述のニュースでは「脱原発」という言葉はひとことも出てこず、メディアで報道されている印象と現実に起きていたことでは、ずいぶんと印象が違うなぁ、と感じます。
……こういうのを報道規制というのか、情報統制というのでしょうかねぇ。

市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」の署名活動は12月10日からスタートし、目標として掲げているのは東京都30万筆、大阪市6万筆。
署名を集める期限は東京都は2か月間、大阪市は1か月。

東京で街頭署名が行われている場所のほんの一部ですが、渋谷駅(ハチ公前またはモヤイ像前)、新宿駅(西口小田急ハルク前)、立川駅(デッキ上またはデッキ下)で12/25まで毎日。
秋葉原駅では12/24と25、銀座(数寄屋橋交差点前)で12/24、銀座(マリオン前)で12/25と予定されているようです(予定は変わる可能性がありますので、必ず、最新情報をご確認ください)。

市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」のサイトには、署名ができる店舗や施設、街頭署名のスケジュールなどの情報を知ることができますので、ご興味を持っていただけるようでしたら、ぜひ。

***********************************

111218_0926~02

週末にムスコのお友だちとおでかけすることになっていたので、クッキーを作りました。
2歳の女の子もいるので軽い食感で食べやすいクッキーに。

タピオカ粉&サクサク粉の紫いもクッキーを少しアレンジし、カボチャパウダーを増やすことで、ボウロのような口溶けになりました♪

<材料>
♡タピオカ粉     30グラム
♡サクサク粉     17グラム
♡三温糖       12グラム
*甜菜糖だと熱で溶けにくいため、生地に甘味がつきにくいです。
♡カボチャパウダー   5グラム
*他の野菜パウダーでも大丈夫です。きなこでもおいしいです。
♡塩         ひとつまみ

菜種油        15グラム
熱湯         13~15グラムくらい
*最初は13グラムで入れ、様子を見て加えてください。水分が少ないほうがサクサクします。

<作り方>
1)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器でかき混ぜる。
2)1に菜種油を入れて手のひらですりあわせてサラサラするまでなじませる。
3)2に熱湯を入れ、よくこねる。
*入れてすぐにはなじみにくいですが、数分こねているとなめらかで扱いやすい固さになります。
4)まな板の上にラップを敷き、3の生地をのせ、その上にラップを重ねて麺棒で3ミリほどの厚さに伸ばし、お好みの型で抜く。もろい生地なので優しく、優しく。
5)160度に予熱しておいたオーブンに入れ、20~25分ほど焼く。10分ほどの時に天板を180度くるりと返し、火がまんべんなく入るようにする。
*家庭のオーブンによってクセがありますので、焦げそうな時には温度を下げて焼いてください。水分をしっかりと飛ばすとサクサクになります。
6)焼き上がったクッキーは天板の上で裏返し、そのまま冷ます。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

事故以来、産地を見て買うようになりました
以前は国産かそうでないかを見てたけど、今は国産じゃない方が安全じゃないかと思ったり…

おいしいね!って喜んで食べてるこどもを見て不安な気持ちになるのは切ないですよね

前に東京の学校で、芝生の養生シートから高濃度の放射性物質が検出された時、「細かくして他のものと混ぜれば数値が下がるから問題ない」って言ってましたが、すごく怖い事じゃないですか?
そのmixiニュースについての日記で「そのうち汚染米もブレンドすれば基準値内になるから大丈夫ってなりそうだ」って言ってる方がいました
混ぜて全体の数値は下がっても、お米だったら一粒の線量は高いままなのに…

こどもには特に、安心安全なものを食べさせてあげたいですよね!

このクッキー、形もかわいくておいしそうです(^ω^)
冬休みはちび達いるから、型抜きさせようかな♪


あ、委託のお菓子の話ですが…
オリジナルで作ってみると、なかなかうまくいかないですね(;><)
当日はおいしくても、次の日に手にくっついたり固くなってたり…

賞味期限も決めなきゃいけないんですけど、えららんさんはどのくらいを目安にしてますか?
小麦のパウンドケーキみたいにバターも砂糖もたっぷりなら日持ちするんでしょうけど…
作った翌日まででしょうか?
だとすると、パン屋さんのように当日早起きするしかないですよねぇ(^_^;)
まみ |  2011.12.20(火) 10:33 | URL |  【編集】

まみさんへ

お返事が遅くなり、すみません。
メリー・クリスマス♪

> 以前は国産かそうでないかを見てたけど、今は国産じゃない方が安全じゃないかと思ったり…
> おいしいね!って喜んで食べてるこどもを見て不安な気持ちになるのは切ないですよね

ほんとうに、産地のことも、せっかくおいしいと食べてくれるのに不安な気持ちになるのは切ないことですよね。
原発事故が起こってしまったという現実を受け止めないといけないとは思うのですが、自分の気持ちの中で、まだまだ折り合いがつけられない部分があります。

人間は食べることで命をつないでいるので、食べ物に対する大きな不安があるということは非常に悲しいことですよね。

> 前に東京の学校で、芝生の養生シートから高濃度の放射性物質が検出された時、「細かくして他のものと混ぜれば数値が下がるから問題ない」って言ってましたが、すごく怖い事じゃないですか?
> そのmixiニュースについての日記で「そのうち汚染米もブレンドすれば基準値内になるから大丈夫ってなりそうだ」って言ってる方がいました
> 混ぜて全体の数値は下がっても、お米だったら一粒の線量は高いままなのに…

恐ろしいことです……。
国や行政といった管理する側と子どもを育てる親との間で、特に放射性物質に対する温度差がありすぎますよね。
すでにまみさんが書いてくださっているようなことが起こっているかどうかを確認する術もないですし……。

たとえ、放射性物質に汚染されたものを細かくして混ぜて全体として放射線量を低くしたとしても、もしそれを燃やしたりしたら、再び、放射性物質が空気中に飛散してしまうわけですね。
高濃度に汚染されたものの処分方法というのは、実験室内では可能であっても、それを日本全国で使えるようにするのは今の技術ではどうしようもないのでしょうかね。

> このクッキー、形もかわいくておいしそうです(^ω^)
> 冬休みはちび達いるから、型抜きさせようかな♪

クッキーはいいですよね♪
まみさんのお宅はお姉ちゃんもいるし、丁寧に上手にやってくれそうですよね。
男の子もクッキーの型抜きだと楽しめそうですしね。

> あ、委託のお菓子の話ですが…
> オリジナルで作ってみると、なかなかうまくいかないですね(;><)
> 当日はおいしくても、次の日に手にくっついたり固くなってたり…

糖分も油脂分も減らしたお菓子というのは当日はおいしくても、日持ちがしないから販売するとなると難しいですよね。
まずは、やはり日持ちがしやすいクッキーから、でしょうか。
乾燥剤を入れれば、1週間近く持ちますしね。

お子さんたちに手伝ってもらったクッキーを置いておいてみて、何日くらいまでだったら風味が落ちず、おいしく召し上がれるかの実験をしてみると、まみさんもお子さんたちも楽しいかもしれませんね♪
えららん |  2011.12.24(土) 10:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1105-063ef908

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |