2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.12.21 (Wed)

市販の飴、いろいろ♪

今回はお気に入りの飴のことと、放射能に関することです。
ご興味のある記事へスクロールをお願いします。

コメントへのお返事を週末中にさせていただくとお伝えしていたのに、遅れていてすみません。
まとまった時間がとれず、おひとりおひとりへのお返事が書き上げられず。
なるべく早くお返事させていただきますので、もう少しだけお待ちいただきたくお願いいたします。
いつもありがとうございます♪

********************************

111210_1458~01

去年からの私のお気に入りは、プレミアムコーンフレーク 最上質プレーン
そのまま食べるだけじゃなく、おやつにしたり、焼きカツの衣など便利に使えるため、いつも買い置きしています。

ずっと食材の産地が気になっていて原材料の生産地はどこなのだろうと思って調べていたら、コーンフレーク3社の中に私が買ったコーンフレークの原産地を調べて書いておられる方がいました。

日食プレミアムコーンフレーク最上質プレーン
原材料:有機とうもろこし(アルゼンチン)、有機砂糖(ブラジル)、食塩(赤穂の塩)

この情報が掲載されていた小児科医の医の放射性物質に関する覚え書きを運営なさっているのは仙台在住の小児科の先生です。
ご自身の2歳のお子さんの食卓でゼロベクレルをめざし、パパとママは地産地消に励んでおられるそうです。
放射線の専門家ではないとのことですが、ブログでは、小児科医として放射能というものがいかに人体に影響を及ぼしうるかをさまざまな点から考察なさっており、非常に興味深いです。

子どもを持つ親なら気になることがカテゴリー別になっており、子どもを守るために正しい放射能の知識を得られるようになっています。
さらに、子どもがよく口にする食品からの内部被曝量をできるだけ抑えるため、食品メーカーのHPのみならず、電話をして情報収集なさっておられ、頭が下がる思いです。

また、医師としての専門知識を活かした甲状腺の触診についての図解入りの記事や、海外の論文を訳出した小児の各臓器における慢性的なセシウム137の取り込みなど、とても勉強になる記事がいろいろと掲載されています。
とてもいいサイトです。

原発事故以前は、私は放射能についてまったく考えたこともなく、「病院で精密検査に使うものだよね?」くらいの認識でした。
でも、日に日に強くなる「放射能って、一体、どういうものなんだろう? 人の身体にどういう影響を与えるのだろう?」という疑問。
それを少しでも解消したいと思い、新装版 人間と放射線―医療用X線から原発まで―(著:ジョン W・ゴフマン )を読みました。

111221_0712~01

この本を読んで、放射能はまだまだ未知なものであり、ましてや人体への影響はほとんどわかっていないも同然なのではないか、という印象を持ちました。

胎児や乳児や幼児は放射能への感受性が高く、年齢があがるにつれて感度は下がっていく傾向にあるとはいえ、少なくとも、子どもにとってはリスクが大きいことにはわかっています。
子どもの食品などによる内部被曝など、無用な被曝はできるだけ避けたいという気持ちを新たにしました。

放射性セシウム:乳児用食品は50ベクレル 厚労省、新規制値案が出ました。
「新設する粉ミルクなどの「乳児用食品」は1キロあたり50ベクレル」ということですが、粉ミルクは乳幼児しか飲まないものなのですから、せめてこれだけでも「0ベクレル」にすべきなのではないかと思います。
お母さんの内部被曝が母乳から子どもに移行することを懸念して、粉ミルクを飲ませるようにした方だっているのではないかと私には思えて……。

放射性セシウムには、放射性ストロンチウムが10分の1の割合で含まれているといわれていますし、セシウム以外の放射性核種もセシウムの基準値内で管理するというのですから、乳児用・幼児用食品は50ベクレルでは高すぎるのではないかと私は感じます(←「他の核種も一括管理されているから安全」とおっしゃる「専門家」もいますが)。
だって、たとえば、セシウム49ベクレルのものを食べたら、自動的にストロンチウム4.9ベクレルがおまけでついてくる、みたいなものですよ……。

まだ「新規制値案」ということなので、子どもたちへのリスクなど最終的な見直しがなされ、来春からの適用となるようにと願っています。
それに、「給食40ベクレル」のドタバタも納得いかないし……。

**************************************

秋口から、ムスコの空咳が出やすくなっているので、あれこれ飴を買っています。
空咳が出続けているうちに喘息の発作になんてなったら、切ないですから。
普段は「舐めすぎちゃダメよ!」と言うけれど、今は舐め放題です(笑い)

スーパーの棚にある飴は「乳」が含まれているのが多いですよねぇ。
あと、香料が強い!
なんで、なんだろうなぁ……。

我が家の定番は、喉に良いといわれるれんこんの粉が入ったれんこん飴と、強力な殺菌効果がある梅肉エキスが入った古式梅肉エキスドロップです。

111203_1256~01
111203_1256~02

飴は持ち運びにも便利ですし、ムスコも大歓びで舐めるのでそれはそれでいいのですが、食養生としても摂取できるよう、れんこん粉と梅肉エキス自体も常備しています。

この間、デパ地下をふらふらしていたら、榮太樓總本鋪の新しいブランドあめや えいたろうがありました。

これは、有平糖を1粒ずつ小袋に入れたもの。
三角形のパッケージがとっても可愛い♡

111203_1255~01

エコな視点だと個別包装なんて資源のムダ以外のなにものでもないですが、母としては1個ずつになっていたほうが持ち運びに便利だし、子どもに必要以上に渡さなくても済むし、ありがたいんですよねぇ。
大人用には、普通の平べったい丸い缶に入っているもののほうがゴミが出なくていいですけど。

上の画像の有平糖は「うめぼ志あめ」「くろあめ」「まっちゃあめ」「こうちゃあめ」の4つの味。
どれも素朴な味でおいしいです。

原材料は:砂糖、水飴、黒砂糖(沖縄産)、紅茶、生クリーム、抹茶、桂皮末、着色料(野菜色素)

私が子どもの頃は榮太樓總本鋪の「紅茶飴」には乳製品が含まれていなかったような気がしますが、今の有平糖の「紅茶飴」には生クリームが入っていますのでご注意くださいね。

今度は、えいたろうのキャンディ「果汁あめ 太陽のウインク」。
上が「熊本さがほのか」(原材料:水飴、砂糖、苺<熊本県産さがほのか>、酸味料)、下が「大長レモン」(原材料:水飴、砂糖、レモン<広島県産>、酸味料)です。

この飴の良いところは、キレイな色にもかかわらず果物そのものの色素のみ使用で、香料も不使用なこと。
食べた後の後味もとてもいいです。

111203_1255~02
111203_1255~03

あめや えいたろうのショップは新宿伊勢丹と銀座三越にあります。
私は買って来なかったのですが、もう身悶えするほど可愛い飴たちがいっぱいあるんですよ~。
その愛らしさはホームページでも見られます

虹色のぺろぺろキャンディー風、メッセージを作れるもの、薄いサクッと割れて口の中でしゅっと溶けるような飴とか、デザインも非常におしゃれだし、味もいいです♪
ただね、かーなーり、お値段がはります……(汗)
「たかが、飴」なんて思って見くびってはいけないですよ。
チューブに入った飴なんて、リップグロスみたいな美しさですから。

みなさんはどんな飴をお買いになってらっしゃいます?
アレルギ―っ子はアレルゲンだけでなく、添加物などにも敏感なことが多いから、シンプルな材料で作られている飴はいいですよね。

ここにご紹介した飴はムスコのアレルゲンのみ考慮して購入しているものです。
ご購入なさる際には、必ず原材料の確認をなさってくださいね。
原料の変更などが生じている場合もありますから。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡








スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコが食べられる市販品/レストラン  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

飴ちゃんはお出かけに必須(笑)

ムスコ君大丈夫?

空気が乾燥するこの季節、私の鞄には必ず飴ちゃんが入ってるよ(笑)
買い物とかで店内に入ったらなめさせる。
口呼吸やからね(^^;

個包装は確かに勿体ないし、ムダやけど、たまにはええよね(^-^)

私は龍角散のど飴とか、同じサイズの梅のど飴が多いかな?

喉を潤して、風邪に負けないでいたいね!!
chika |  2011.12.21(水) 22:15 | URL |  【編集】

放射性物質について、よくよく勉強されていて凄いなあ・・・と思って読んでいます。私は、なかなか時間が取れないのと、本は読めなくて・・・。ネットでの活字は読みやすく、こうしてリンクを貼っていただくと助かります。色々と思うところはあるのですが、勉強不足、行動にも移せていません。我が家の食べるものを選ぶだけです。そうですね、私も乳児用ミルクの規制値は、ゼロベクレルにすべきだと思います。何が影響するかワカラナイですから。と言っても他の化学物質もあるだろう?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが50は高いと思うんです。なんですが、仙台在住の小児科の先生のブログを見ると、粉ミルクって、殆ど外国産の乳を使っているんですね!!!そんでもって、既製品?って言うのかな?コーンスープとか、総菜などは中国産が多かったり。アレルギーがないと、思わず買ってしまっていたであろう簡単に調理できる数々の品ですが、アレルギーにより、市販モノを買うことが少なくて、結果的に子どもを化学物質から守れている気がします。購入すつ食材も、できるだけ無農薬、できるだけ有機栽培にしていて、少しでもイイかも。でも何でも食べられたら、やっぱり、どんどん慣れていって気にしなくなっていたかもしれません。
あめちゃん、チョ~~~カワイイですね!!!パソコンが壊れて、アメちゃんの画像は見れませんが、このパッケージだけでもカワイイ!
そうだ。我が家は氷砂糖か黄金飴です。あまり飴は買わなくて。でも、自分で作ってあげたらイイんですよね(←やる時間、あるのか~~~!^^;)
kofuyu |  2011.12.21(水) 22:50 | URL |  【編集】

今日は。
飴美味しそう♪水あめって?って心配で、手が出なかったのですが
こちらで紹介しているってことは、大丈夫ってことですよね♪
宝石?ガラス?みたいできれい♪
うちも、咳が出る風邪?パパだけ長くかかっていて、
レンコン飴とか粉を注文しているのですが、年末のため、まだ届きません~
パパだけいつもプロポリス飲んでもらってるんですが・・・

コーンフレークもいけそうです。小麦負荷で8センチのうどんで駄目でしたが、
コンタミはOKみたいなのでほっとしています。
小麦は、慣れるらしいので、今1cmのうどんから試してます。
(お医者さんが、どうしますか?食べさせない方向ですか?と質問された
みたいですが・・・乳とか卵の時は言われなかった…なぜ?)

次男は、ミルクアレルギー心配なので、母乳あげています。
放射能心配になってきましたが粉ミルクを飲ませるのも…
目に見えない分不安です(;_;)
山はる |  2011.12.22(木) 15:34 | URL |  【編集】

かぜっぴき

あめまだ食べさせたことないんですが
のどに詰まらせるんじゃないかと思って
何歳くらいであげてましたか?
もちも白玉極小にしたものしかあげてないんですがそろそろあげてみようかしら

ケーキ作りました
かぼちゃの味がやさしくて美味しかったです
ごちそうさまでした

そして長男がまた風邪ひいてしまいました
鼻ズルズル咳ゴホゴホ
いまさらながらローズヒップティに
かりんあめ入れてのませました
おいしい~とご機嫌でしたが
見てる方がつらいような咳で
あした悪化してませんように

そんな中次男は離乳食食べ始めました
まだおかゆだけ
もうちょっと進んだら
お留守番してもらって
長男とえららんさんのおうちに
小旅行行ってもいいですか?

そうそうチキンはその後試せずに
もうクリスマスです
ケーキは作る予定ですが
まだなににするかは決めてません
おいし~ってけっこうなんでも
言ってくれるんですよ
いまだけなのかしら~
ばるまよ |  2011.12.22(木) 23:00 | URL |  【編集】

chikaさんへ

メリー・クリスマス♪
お返事が遅くなり、ごめなさい。

> 空気が乾燥するこの季節、私の鞄には必ず飴ちゃんが入ってるよ(笑)
> 買い物とかで店内に入ったらなめさせる。
> 口呼吸やからね(^^;

やっぱり、「飴ちゃん」なのね~。
可愛い呼び名だよね。
いつも、飴を連れてあるくから、仲良しさんということで「飴ちゃん」なのかしら(笑い)

そうそう、乾燥した場所や人ごみだと飴パワー必須よね。
口呼吸の時って、すぐにほこりとかにも反応してゴホゴホってなるし。

> 個包装は確かに勿体ないし、ムダやけど、たまにはええよね(^-^)

持ち歩きの時には個別包装になっていないと、くっついちゃったりしたり、手が汚れていたりすることもあるからねぇ。
ゴミが出ちゃうのはイヤなんだけど、子ども用のだけは必ず個別包装にしているわ。
衛生面を天秤にかけて、って感じで。

> 私は龍角散のど飴とか、同じサイズの梅のど飴が多いかな?

おおおー、成分がいろいろと入って効きそうだね~~~。
私はムスコが飽きた飴ばかり舐めているけど、今、ネットで見てみたら良さそうだし、自分用に買おうかな。

飴を舐めて喉を潤しておくことで風邪菌が流れやすくしておきたいもんね。

みんなで元気に、楽しいクリスマスをお過ごしくださいね♪
えららん |  2011.12.24(土) 10:17 | URL |  【編集】

kofuyuさんへ

お返事が遅くなって、すみません。

メリー・クリスマスです♪

> 放射性物質について、よくよく勉強されていて凄いなあ・・・と思って読んでいます。私は、なかなか時間が取れないのと、本は読めなくて・・・。ネットでの活字は読みやすく、こうしてリンクを貼っていただくと助かります。色々と思うところはあるのですが、勉強不足、行動にも移せていません。我が家の食べるものを選ぶだけです。

本を読もうとすると読む時間は限られてしまいますよね。
私も基本的な情報収集はネットです。
ネットの情報は断片的なものが多く、きちんと調べないといけないものもありますが、リアルタイムの貴重な情報などもあり、ほんとうにありがたいと思います。
kofuyuさんのおっしゃるとおり、母としては家族が健やかに過ごせるように食べ物のことを考えるのが大きな仕事のひとつですが、食べ物を選ぶときなども頼りになりますよね。

>そうですね、私も乳児用ミルクの規制値は、ゼロベクレルにすべきだと思います。何が影響するかワカラナイですから。と言っても他の化学物質もあるだろう?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが50は高いと思うんです。

私もまったく同じ意見です。
放射性物質による汚染に関しては、たとえば、空気線量でも食品の暫定基準値でも、「タバコの害よりも低い」とか「飛行機に乗って外国に移動するよりも低い」とか、比較級で語られることが多いですが、でも、放射能の人体に与える害というのはまだまだ未知のものですし、どんなに少量であっても「安全」とはいえないものですから、身体に入れないに越したことはないですよね。
特に赤ちゃんや小さな子どもに関しては。

タバコとか飛行機とかはそれを使う・使わないを選択することができるけれど、空気を吸うこと、基準値以下だから「安全」だと言われて具体的に検出された数値を記されずに売られているものなどは、選びたくても選ぶことができない状況になってしまっていると私は思うんです。
子どもの健康のために選びたいのに選べない状況がこの先もしばらくの間続くのであれば、やはり、子どもが口にするものは可能な限り、ゼロベクレルに近づけてほしいと思います。

>仙台在住の小児科の先生のブログを見ると、粉ミルクって、殆ど外国産の乳を使っているんですね!!!そんでもって、既製品?って言うのかな?コーンスープとか、総菜などは中国産が多かったり。アレルギーがないと、思わず買ってしまっていたであろう簡単に調理できる数々の品ですが、アレルギーにより、市販モノを買うことが少なくて、結果的に子どもを化学物質から守れている気がします。

原材料を知ると驚きますよね!
たしかに、kofuyuさんがおっしゃるとおり、アレルギ―がなかったら当たり前のように買い与えていたでしょうし、それほど原材料の質には気を配らなかったかもしれないですよね……。
食物アレルギーがあると不便ではありますが、子どもの身体に入る食べ物がどのようなものであるかをいつも考えているということは素晴らしいことなのだな、と改めて感じました。

> あめちゃん、チョ~~~カワイイですね!!!パソコンが壊れて、アメちゃんの画像は見れませんが、このパッケージだけでもカワイイ!
> そうだ。我が家は氷砂糖か黄金飴です。あまり飴は買わなくて。でも、自分で作ってあげたらイイんですよね(←やる時間、あるのか~~~!^^;)

可愛いでしょ♡
パソコンが直ったら、ぜひご覧になってください。
そして、手づくりでチョー可愛い飴を開発なさってくださいませ、ませ、ませよ~。

私、べっこう飴を作ろうと思っただけで挫折したでございますよ(汗)
えららん |  2011.12.24(土) 13:31 | URL |  【編集】

山はるさんへ

お返事が遅くなって、すみません。
メリー・クリスマス♪

> 飴美味しそう♪水あめって?って心配で、手が出なかったのですが
> こちらで紹介しているってことは、大丈夫ってことですよね♪

いろいろな飴があると楽しいですよね~。

「水あめ」って気になりますよね。
基本的に、水飴というのは澱粉を糖化させて作られています。
昔ながらのやり方だと玄米を糖化させていますが、最近では、トウモロコシやサツマイモなどの澱粉を原料にして、酸を加えて化学的に糖化させることが多いようです。
原材料が特定されていない場合、または、安価な水飴の場合には、化学的に糖化させたものと思われます。
また、澱粉が混合されている可能性もあります。

自然食品屋さんで売っている水飴は「玄米水飴」とか「米水飴」とか、原材料が特定されていて、かつ、糖化するために大麦などの麦芽を使っていることが多いようです。
小麦麦芽も使うことがないとはいえないようですが、比較的、大麦麦芽のほうが甘味が強くなるため、大麦麦芽が重用されているようです。

水飴に関して、詳しくはこちらをご覧ください(http://ja.wikipedia.org/wiki/水飴)

私がご紹介したからとはいえ、小麦・乳・卵などを完全に除去してあるかとメーカーにアレルゲンを確認しているわけではないので、ぜひ、ご自身でご確認くださいね。

> うちも、咳が出る風邪?パパだけ長くかかっていて、
> レンコン飴とか粉を注文しているのですが、年末のため、まだ届きません~
> パパだけいつもプロポリス飲んでもらってるんですが・・・

パパは咳が長く出ているのですね。
プロポリスはいいですよね~
咳があまりに続く時には病院で検査をしてもらったほうがいいのではないでしょうか。

脅かすわけではないのですが、私の父はずっと咳をしていて風邪薬を病院でもらって飲んでいたのですが、あまりに長くておかしいということで総合病院に行き、精密検査をしたら心臓の病気のせいでした(汗、汗)
私の父のようなことはまれかもしれないのですが、大人の続く咳はさまざまな原因が考えられるようです。

季節柄、蓮根飴やコーレンが売り切れになっていることも多いみたいですね。

> コーンフレークもいけそうです。小麦負荷で8センチのうどんで駄目でしたが、
> コンタミはOKみたいなのでほっとしています。

よかったですね!
コーンフレークが食べられると、カツの衣などにも使えますし、便利ですよね。

> 小麦は、慣れるらしいので、今1cmのうどんから試してます。
> (お医者さんが、どうしますか?食べさせない方向ですか?と質問された
> みたいですが・・・乳とか卵の時は言われなかった…なぜ?)

小麦は慣れる、ですか?
どういう意味でお医者さんがおっしゃったのかわかりませんが、山はるさんに小麦の減感作をお勧めになったということでしょうか???
アレルギ―専門医で減感作にも精通したお医者さんの指導のもと、少しずつ摂取量を増やしていくと身体が受け入れられるようになることが多いようですね。

> 次男は、ミルクアレルギー心配なので、母乳あげています。
> 放射能心配になってきましたが粉ミルクを飲ませるのも…
> 目に見えない分不安です(;_;)

母乳が何より、といいますよね!!
ミルクアレルギ―でなくても、山はるさんが母乳育児をできるような状況でしたら、そのほうがよいのではないでしょうか。
おっしゃるとおり、山はるさんが口にしたもので母乳は作られますから、安全性も高いですよね♪
えららん |  2011.12.24(土) 13:46 | URL |  【編集】

ばるまよさんへ

お返事が遅くなり、すみません!
メリー、メリー、クリスマス♪

> あめまだ食べさせたことないんですが
> のどに詰まらせるんじゃないかと思って
> 何歳くらいであげてましたか?
> もちも白玉極小にしたものしかあげてないんですがそろそろあげてみようかしら

確かに、飴もおもちも白玉も喉につまらせそうで怖いですよね~。

ウチでいつからだったかな?と思い、ムスコに聞いてみたら、「2さいだよ~」と適当なことを言われました(笑い)
あれこれ記憶をさかのぼってみたら、2歳半ばに氷砂糖を時々舐めさせ(←添加物が含まれないことと、形が丸じゃないから喉につまって気道を塞ぐことがないだろうと思って)、3歳前後になってから無印商品の昔ながらのべっこう飴という棒付きの飴を舐めさせてたみたいです。
いわゆる、普通の飴は3歳半ばかなぁ。

おもちや白玉も、「ちゃんと噛んで食べるんだよ。噛まないと喉につまって苦しくなっちゃうからね」という私の言葉をムスコがきちんと理解するようになってから普通サイズのものを食べさせています。
それ以前は、おもちは極小サイズにして、白玉は平べったくて大きいサイズでかじりながらじゃないと食べられない大きさにしていました。
丸くてスポッと気道に入らなければいいかなー、と思って。

初めて食べさせる時、ドキドキしますよね~

> ケーキ作りました
> かぼちゃの味がやさしくて美味しかったです
> ごちそうさまでした

作ってくださって、ありがとうございます。
洋菓子っていうよりも、和菓子みたいな味ですよね(笑い)

> そして長男がまた風邪ひいてしまいました
> 鼻ズルズル咳ゴホゴホ
> いまさらながらローズヒップティに
> かりんあめ入れてのませました
> おいしい~とご機嫌でしたが
> 見てる方がつらいような咳で
> あした悪化してませんように

長男くんの風邪、いかがですか?
かりんやローズヒップが効いてくれるといいですよね。
子どもが苦しそうだと見ていてつらいですよね。
クリスマスを楽しく過ごせますように。

> そんな中次男は離乳食食べ始めました
> まだおかゆだけ
> もうちょっと進んだら
> お留守番してもらって
> 長男とえららんさんのおうちに
> 小旅行行ってもいいですか?

次男くん、離乳食デビュー、おめでとうございます♪
はーい、お待ちしていますよ!!

> おいし~ってけっこうなんでも
> 言ってくれるんですよ
> いまだけなのかしら~

「おいしい」って食べてくれるの、うれしいですよね♪
ずっとおいしいってニコニコと食べてくれるといいですね。

ムスコは、食卓に好きなものだけを出すと、「きょうのごはん、ごちそうだね~、どれもみーんなおいしいね」と喜びます。
おかかごはんとか、油揚に納豆を入れて焼いたものだったり、ごちそうとは言えないものなんですけどねぇ(笑い)

むしろ、工夫して作っているつもりのお菓子に関しては、「めずらしいもの、たべたい」とか、厳しい条件がつきます(汗)

長男くんの咳が少しでも楽になり、ばるまよさんのケーキをニコニコ笑顔で食べられますように☆

えららん |  2011.12.24(土) 14:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1102-29f69db1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |