2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.11.23 (Wed)

みかんの木:アレルギ―対応イチゴのムース

みかんの木のリエさんにムスコのバースディケーキを作っていただきました。

今年のムスコの誕生会にはね、すっと食べてみたいなぁ、と憧れていたイチゴのムースにしました♪(←本当に誕生日はもう過ぎているんですけど)
だってこのケーキ、ルビー色でほんとうにキレイなんです。
ブログで初めて見た時から、心をぎゅっとわしづかみにされていました(笑い)

でも、以前、リエさんにご相談したところ、「豆乳ホイップをムースに使っているので……ムスコくんは苦手でしたよね」と言っていただきました。
ムスコは大豆は食べられるのですが、豆乳を頻繁にとると蕁麻疹が出ますし、油脂+豆乳だとさらにアレルギ―反応が出やすくなります。
なので、ムスコが、たまにだったら豆乳をたくさんに食べても大丈夫になってからにしよう、と決めました。

もしもイチゴのムースをを見たら、ムスコは目をキラキラさせて、たくさん食べたがるに違いない。
「ちょっとだけしかダメよ。一口だけよ」と言って食べさせるよりも、「はい、どーぞ♪」と大きなピースを切り分けてあげたいですもん。
だって、私が食べたいからじゃなくて、ムスコの誕生日を祝うためですから(笑い)

そして、そして、今年、念願のイチゴのムース。
今の私には、ルビーの指輪よりもリエさんのケーキのほうが嬉しいわ♪

111122_0642~01

原材料:米粉、カボチャ、サツマイモ、甜菜上白糖、菜種油、重曹、クエン酸、さごやし澱粉、バニラビーンズ、有機イチゴ、レモン、豆乳ホイップクリーム、ゼラチン、コアントロー、アガー
*ムスコ用に使ってくださった食材です。ご注文なさる時には、必ず原材料を確認してください。

箱を開けて、解凍するためにお皿に載せてしばらくすると、ふわ~んとイチゴの香り。
溶けるにしたがい、どんどんイチゴの甘酸っぱい香りが強くなります。

香水はつけた瞬間のもっとも香りが強く鮮烈な状態をトップノート、その後、数時間の間漂うように続く香りをミドルノート、消えていくまでをベースノートといいますよね。

リエさんのこのイチゴのムースは香水とは逆で、凍った状態で届いた時にはほんのり香るベースノート程度ですが、時間が経って解凍が進むにつれて香りがどんどん高まっていきます。
そして、切り分けてスプーンですくい、口元まで持って行った時、香りはピークに達します。
その香りは口から鼻に抜け、喉へと広がり、なんとも幸せな気持ちにしてくれます♡

111123_0725~03

しっとりとしたスポンジケーキの上に乗ったムースは、口に入れるとシュッと溶けるような、気泡がふわふわと入った軟らかい口溶け。
豆乳ホイップをベースに使ったコクのある桜色のムースの中には、甘酸っぱいイチゴのコンポートがアクセントに入っています。
一番上にはイチゴをたっぷりと使ったジュレが。
イチゴを完全なビューレにするのではなく、少しイチゴの食感が残るように計算されています。

スポンジだけでも、ムースだけでも、ジュレだけでも、それぞれに個性があってとてもおいしいです。
3つのパートが一度に口に入るようにして味わうと、食材の香りがすべて重なり合い、響き合うようにして広がっていきます。
食べている間にスポンジ・ムース・ジュレの3つの味が重なり合って、口の中で味わいが完成するように味が組み立てられています。

見た時には「1ホールまるごとひとりで食べられるくらいかも」と思いましたが、実際に食べてみると、しっかりとしたケーキの味わいに満足して、1ピース食べたら「ああ、とってもおいしかったね」と心も身体も満たされました。
目で見て感動し、香りを嗅いで幸せになり、食べてうっとりする素晴らしいイチゴのムースでした。

食べながら、ふと思ったことがあります。

このイチゴのムースの鮮烈なイチゴの香りは、もしかすると小麦・卵・乳製品といった動物性のものを多用したら、弱められてしまうかもしれない。
消されてしまわないにしても、イチゴのデリケートな香りの奥行はなくなって、平坦な風味になってしまうのだろうなぁ。

小麦・卵・乳製品・ナッツなどの主張の強い食材ではなく、米・大豆・さつまいもなどといった他の食材を受け止めながら味わいに深みを出す食材を用い、食品添加物を極力控えているからだこそ、このイチゴのムースの感動が生まれるのではないか、と私は思うのです。
以前、アレルギー対応のイチゴのムースを食べたことがありますが、今回のような感動はありませんでしたから。

リエさんが、「アレルギ―対応だからこそ身体に優しく、おいしくて、安心して食べられるものを」と、食材選びから味の組み立てまで決して妥協することなく考えに考えて形になったのがこのイチゴのムース。
「特別な日に食べるものだからこそ、おいしいさだけでなく、華やかな気持ちも感じてほしい」というアレルギ―っ子を持つ母の気持ちへも最大限に配慮してくださったのを感じました。
母としての日常を大切に過ごしておられるパティシエとしてのリエさんの愛に触れることができました。

本当は今回、ムスコとばあばが同じ誕生日なので、ケーキを2つお願いするつもりでした。
でも、念願のケーキが食べられることになったので、リエさんのケーキだけでお祝い。

ムスコは「うわぁ~、すごい!はじめてのケーキだよ!リエさんが作ってくれたボクのケーキだよ。すごいねー!」
ばあばは「うんうん、リエさんのケーキ、ばあばも知ってるよ。すごいケーキだねぇ。普通の店で売ってるケーキを食べて、あまりうまいと思うこともあまりないけど、リエさんのケーキは、おいしいね」
主役たちがとても喜んでくれたし、じいじも夫も私も「おいしいね!!」

普通に母の手づくりだけの誕生会も楽しいけれど、美しいケーキがあるとテンションの上がり具合が違いますね~。
去年に引き続き、今年もリエさんのケーキで誕生日を祝うことができて、とても幸せでした。
リエさん、ほんとうにありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡













スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコが食べられる市販品/レストラン  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

やったねー!

リエさんのケーキ、テンションあがるわ~♪
ウチも大豆がオッケーになったら、ぜひ、お願いしたいケーキや(^O^)

リエさん、ホンマに素材も吟味してくれてはるし、組み合わせも、めっちゃ考えて研究してはるよね。
ほんで見た目もめっちゃ綺麗やし、アレルギー対応で、こんなに綺麗で美味しいケーキが食べれるなんて!って感動したもん。

美味しいねんな~。シャト○ーゼより、ずっとずっと。

リエさんの、『笑顔を』っていう愛情もたっぷり入ってて、それをいただけるから、美味しいんやろね♪

初めてのケーキで、ムスコ君も大満足やったやろなぁ。
お母さんも、喜んでもらえて良かったね!

素敵な時間で、良かった♪
おめでとう(*^▽^)/
chika |  2011.11.23(水) 20:25 | URL |  【編集】

ちょ、ちょっと!!!
なんですか、この美し過ぎるケーキは!!
着色料もなしでこの色が出せるって、凄すぎます!!

決めた!
3月のあたしの誕生日は、このムースにします!!

ピンク好きな娘も喜ぶし、女子のテンションは上がりまくりですよー!!

そうですよね
香りと味の強い小麦や乳製品、卵があると、素材の持ち味が出せないんでしょうね~

ほんと、リエさんは神様です!
まみ |  2011.11.23(水) 22:46 | URL |  【編集】

おめでとうございます☆ありがとうございます☆

ムスコさんのお誕生日とお母様のお誕生日おめでとうございます。
ムース、気に入っていただけてよかったです!

こんなに素敵な記事にしていただいて、私のお菓子やこのムースへの思いも酌んでくださって嬉しいです!
ムスコさんが成長されて、食べられるものが増えて。
その陰には、えららんさんやご家族みなさんのお力とムスコ君自身の頑張がたくさんたくさんおありになったでしょうね。
今年もお祝いに関わらせていただいて本当にうれしいです。
こちらこそ、ありがとうございました。

あ、ケーキに使ったさつまいもはウチの子供達が保育園の芋掘りで掘ってきたお芋です^^
同じ5歳児の男の子のご家族が無農薬で農業をされていて、保育園ではそちらの畑をお借りしているそうです。
子供達に「これでお友達にケーキを作ってあげたいけどいい?」ときいたら喜んで渡してくれました♪

私はケーキ屋さんで働いていた頃、ムース作りの上手な先輩に基本を教えていただいたんです。
その頃もイチゴのムースは油脂の入らない、小麦粉と卵と砂糖だけで作るフィンガーービスケットのような軽いビスキュイ生地と組み合わせていました。
バターやアーモンドの入ったリッチな生地は、イチゴのムースの味や香りを消してしまうのだと思います。


お菓子を作っていると、「美味しい」とはどういうことだろうとか
お店はどうあればいいのだろうかと考えます。
アレルギー対応のケーキ屋さんに一番大切なことは、お子さんやご家族のお気持ちに沿うことですね。
えららんさんとお知り合いになれて、えららんさんのブログを通じて他のかたとも知り合うことができて、段々にですけど、大切なことに気づかせていただいています。
いつもありがとうございます。
リエ |  2011.11.24(木) 14:14 | URL |  【編集】

chikaさんへ

お返事お待たせして、ごめんなさい。

> リエさんのケーキ、テンションあがるわ~♪
> ウチも大豆がオッケーになったら、ぜひ、お願いしたいケーキや(^O^)

ほんと、ほんと!
リエさんのケーキって、家族みんなでテンションあがりますよね~。

やっぱり、イチゴのムース、気になってました?
これ、キレイですよねー。

もちろん、リエさんのケーキだからおいしいに決まっているのですが、これまで食べたマロンケーキとか他のケーキよりも、もっと、お店で並んでいるケーキの味に近いような気がしました。
豆乳ホイップが入っている分、やっぱり洋風が味というのか……。
でも、他のリエさんのケーキもちゃんと洋風な味わいだしなぁ、ええと、なんて説明すればいいんだろう。
米粉の風味が前面に出ているケーキとは一線を画すような風味でした♪

> リエさん、ホンマに素材も吟味してくれてはるし、組み合わせも、めっちゃ考えて研究してはるよね。
> ほんで見た目もめっちゃ綺麗やし、アレルギー対応で、こんなに綺麗で美味しいケーキが食べれるなんて!って感動したもん。

私も初めて食べた時、とても感動しました!!
その後も「やっぱり、おいしいな」って思い続けているんですから、リエさんのたゆまぬ努力があるんですよね。
ありがたいことだと思います。

> 美味しいねんな~。シャト○ーゼより、ずっとずっと。

あっはっはっは(笑い)
このお店は店頭で冷凍のを置いていてくれるので、そういう意味ではありがたいよね♪
食物アレルギーがあっても家族みんなでケーキを食べる楽しみを与えてくれるお店だなー、と思います。

> リエさんの、『笑顔を』っていう愛情もたっぷり入ってて、それをいただけるから、美味しいんやろね♪

食べる子のアレルゲンのこと、その子にたっぷりの愛情をかけて育てているママたちのこと、家族みんなで食べる瞬間に笑顔になれるようにと、いろいろなことを考えて、「世界でたったひとつのケーキ」を作ってくれているんですものね。
ケーキはリエさんの愛そのものですよね。

chikaさんをはじめ、たくさんの方に「おめでとう」と言っていただけて、ほんとうに私って幸せだな、と思います。
えららん |  2011.11.27(日) 14:17 | URL |  【編集】

まみさんへ

> ちょ、ちょっと!!!
> なんですか、この美し過ぎるケーキは!!
> 着色料もなしでこの色が出せるって、凄すぎます!!

すごいでしょ、すごいでしょ、ほんとうに、すごいでしょ!!!
さすがリエさん、って感じですよね!

私も着色料も使わずにこんなにキレイな色を出せることに感動してリエさんにうかがったのですが、やはり丁寧に作業をなさることで色があせないようにしてらっしゃるんですよ。
ここに到るまでにたくさんの試作をなさって完成させたんだろうなぁ、と実物を見て改めて感動しました。

> 決めた!
> 3月のあたしの誕生日は、このムースにします!!
> ピンク好きな娘も喜ぶし、女子のテンションは上がりまくりですよー!!

おおっ、まみさんのお誕生日ケーキは決定ですか♪
たしかに、ママ向きの華やかなケーキですよね~。

リエさんが心配してくださったように豆乳ホイップが入っているのですが、ムスコは豆乳もそれなりに食べられるようになりましたし、油脂分もそこそこ大丈夫になったので、楽しめました~。
でも、ケーキの後、しばらく豆乳は控えないと、ですけどね(笑い)

> ほんと、リエさんは神様です!

同感です!
リエさんがいるおかげで、家族の誕生日もクリスマスも、イベントごとがとても楽しみになりますね♪


えららん |  2011.11.27(日) 14:41 | URL |  【編集】

リエさんへ

お返事とお礼が遅くなり、すみませんでした。
バースディパーティが華やかになりましたし、みんなで「うわー、おいしい!」と大騒ぎしながら食べ、とても幸せでした。
ほんとうにありがとうございました。

> あ、ケーキに使ったさつまいもはウチの子供達が保育園の芋掘りで掘ってきたお芋です^^
> 同じ5歳児の男の子のご家族が無農薬で農業をされていて、保育園ではそちらの畑をお借りしているそうです。
> 子供達に「これでお友達にケーキを作ってあげたいけどいい?」ときいたら喜んで渡してくれました♪

そうでしたか~、子どもたちが作ったサツマイモが我が家に来てくれたのですね♪
思いやりがつながりあって我が家のケーキになってくれたのだと思うと、ほんとうに嬉しいです!

> 私はケーキ屋さんで働いていた頃、ムース作りの上手な先輩に基本を教えていただいたんです。
> その頃もイチゴのムースは油脂の入らない、小麦粉と卵と砂糖だけで作るフィンガーービスケットのような軽いビスキュイ生地と組み合わせていました。
> バターやアーモンドの入ったリッチな生地は、イチゴのムースの味や香りを消してしまうのだと思います。

なるほどー、言われてみれば、フレッシュなイチゴのムースって、たいてい軽い味わいですね。
お店で売っているイチゴを使ったケーキで一番おいしいなと感じるのはイチゴのショートケーキだったりするのは、スポンジにそれほど主張がないからなんでしょうね~。
そういう作り手ならではの視点や、味の組み立てのコツをうかがうと、非常に興味深いです♪

> お菓子を作っていると、「美味しい」とはどういうことだろうとか
> お店はどうあればいいのだろうかと考えます。

おいしいというのは難しいことですね。
万人にとってのおいしさを求めていくと、味覚を画一化することになってしまいがちで、必ずしも特徴のある風味ではなくなってしまいますものね。
とはいえ、あまりに冒険的な味というのも受け入れられにくいものだと思いますし……。
そのさじ加減が「お菓子作りのセンス」というものなのでしょうね。

私はリエさんのケーキをいただくといつも思うのですが、やはり、食べ慣れた味がもっともおいしいんだと感じます。
米や野菜や果物といった私たちが先祖の代から食べてきた食物というのは、遺伝子に組み込まれているおいしさの指標のようなものになっているんじゃないかと思うんですよねぇ。
「これ、おいしい! ご飯に合う味♪」とかよくいいますし。

食物アレルギーがあると、いわゆる「西洋の食文化」というのは取り入れにくいですよね。
でも、それゆえに「受け継がれてきた食文化」を味わうセンサーは非常に敏感で、高脂肪&高タンパク&濃い味付けの食事を続けてセンサーがうまく働かなくなってしまった人たちよりも、繊細な味と香りを受け止めることができるように感じます。

リエさんの作るケーキは、そうした私たちが本来持っている味覚のセンサーを感動させ、食材のありのままの風味を経験する幸せを感じさせてくれるものだと思っています。

いつも幸せをありがとうございます。
えららん |  2011.11.27(日) 17:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1092-e3e04f55

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |