2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.11.21 (Mon)

九州の旅<前編>

帰ってきてからずいぶん日が経ってしまいましたが、九州の旅のレポートです♪

羽田空港から阿蘇熊本空港へ飛びました。
熊本では夫の仕事の間、ムスコと熊本市電(路面電車)に乗りながら待っていて、九州新幹線で夫と合流して鹿児島へ。

JR九州の電車は、国際鉄道デザイン賞、JR九州に審査員賞 日本初、車両部門はN700系というくらい高い評価を国内外から受けています。
インダストリアルデザイナー水戸岡鋭治さんのインタビューでも話してらっしゃいますが、水戸岡さんがデザインしたJR九州の新幹線も特急も木を基調にしたデザインで温かみがあり、遊び心もちりばめれていて、とってもオシャレ♪

九州新幹線は椅子が木というだけでなく、窓にかかるブライドは木のすだれで、なんとゴミ箱は竹かご!!!
キレイなフォルムの竹かごにゴミを捨てるなんて……ゴミ箱が汚れないようにするよねぇ。
美しいものって、使う側の意識も美しくするのかもしれないですね。

さらに、特急によっては、乗っている間に読書ができるスペースがあったり(←九州関連の本がいろいろある。子ども用の本も)、外の景色を見るための子ども専用の椅子と赤ちゃんがたっちしていられるように木のサークルが設置されているものもあり、かなり感動的です!

初日に宿泊したのは、鹿児島県・指宿の山の中にあるメディポリス指宿 天珠の館
メディポリスの「メディ」は「医学」、「ポリス」は「都市」を意味しており、メディポリス医学研究財団というガンの先進医療、臨床研究、ホリスティック医療などを行う医療関連施設が設置されており、予防医学の一環として多様な温泉施設があり、非常に気を配った食事を出すメディポリス指宿 天珠の館があるのかなぁ、と感じました(←あくまでも私の個人的な印象です)。

ホテルの入口には自由に飲めるようにコップなども置いてあります。
さらりと身体に入る、やわらかいお水です。

111104_0806~01

ホテルの内観。
指宿といえば温泉のイメージだったのですが……シャープなラインで金属や白を多用したモダンなデザインでした。
もちろん、このホテルにも何種類もの温泉があります。

111104_0659~01

ホームーページを見ていただくとわかるのですが、とにかく部屋も食事も素晴らしい!

私たちの泊まった部屋の窓の向こうには壮大な山の緑と海の青が広がり、内装は木の板張り。
寝具はムスコに合わせて動物性素材を使わないもの。
人間の身体だけでなく、心も健やかな状態が調和がとれた状態を「健康」と考えるホリスティック医療が土台にあるため、アレルギ―のみならず、かなり幅広い対応が可能なようです。

そして、なんといっても夕飯のメニューがすごかった!

想像したよりもずっとずっと素晴らしく、かつ、自宅ではほとんど食卓にのぼらない洋食メニューだったので、目の前に並べられた途端、すぐに食べはじめてしまいました(←食いしん坊すぎる。恥)
あまりにおいしかったので食べ切ってしまった後、「あっ、撮るの忘れた!」(汗)

夕食のメニューだけ記載しますね。

前菜:キビナゴとイワシのオイル漬け ニース風サラダ仕立て
造り:鹿児島近海産 青鯛、メバチマグロ、水鳥賊、白海老、天珠産クレソン、焼き椎茸
煮物:桜島鳥味噌すき焼き(桜島鶏、切り干し大根、葱、白菜、ニラ、豆腐、しめじ)、とろろ
魚料理:鹿児島近海産 甘鯛のポワレ ドレボンソース ラタトゥイユ じゃがいも添え
肉料理:鹿児島産 豚フィレ肉の黄金焼 赤ワインソース 人参 ブロッコリー 薩摩芋添え
御飯:薩摩芋と薄揚げの炊き込み御飯
留汁:味噌汁(大根、人参、蒟蒻、蓮根、牛蒡、葱)、山椒
香の物:赤蕪漬け、大根の味噌漬け、野沢菜の鰹節和え、
デザート:季節のフルーツ盛り合わせ

どうぞ、想像してくださいませ。

これ、全部、ムスコのアレルゲンを除去して作ってくれています。
とろろや山椒など、アレルゲンではないけれど気になるから食べさせなかったというものも若干ありますが、見た目も美しく、とてもおいしく、ムスコととりわけて食べようと思っていたのに、大人のひとり分をムスコがほとんど食べてしまったくらいの感じでした(汗)

「おいしいねー、おいしいねー、もっとたべる!」とムスコは大歓びでパクパク食べ、夫も私も「家以外でこんなに食べるの見たことないね」と驚くほどでした。

「あー、おいしかった!」と言いながらレストランを後にし、部屋に戻ろうとしたら……。

スタッフの方が慌てて追いかけてきました。
「すみません! 調理時の手違いでお肉にほんの少しだけ小麦が混じっていたようです。体調は大丈夫でしょうか?」
食事中にムスコのホッペにポチッとひとつだけ蕁麻疹が出ていたので不思議だと思っていたのですが、それ以外に症状があったわけではないことを伝えました。

部屋についてすぐ、ピンポーン!
何かと思って出てみると、飲食部門の責任者とスタッフの方が立っておられ、何度も何度もお詫びの言葉を言ってくださり、私たちが翌日チェックアウトする時にもフロントにいて、申し訳なかったとムスコの体調をとても心配してくださっていました。

アレルギ―対応食にミスがあったことは残念ですが、万一、ミスがあったらすぐに気づくように管理を厳格にしていたこと、ミスがあったら隠さずにすぐに知らせて対応策を講じることを実践してくださっていたのだなぁ、と感じました。
アレルギ―対応を売りにしているホテルではないのに、ここまでしてくださっていたら、私としてはとても嬉しいし、安心できると感じました。

そして、飲食部門の責任者の方が、私たちが帰る時にこんなふうに言ってくださり、とてもありがたかったです。

私たちは訪れたみなさまに等しく楽しみ、気持ち良く過ごしていただくことを何よりも大切に思っているので、食物アレルギーがあることもまたお客さまの個性のひとつと思っていますし、できる限りのことをさせていただきたいと思っています。
次にいらしていただく時には今回のようなことがないようにさらに配慮いたしますので、ぜひまたいらしてください、と。

食物&環境アレルギ―があるムスコをお客さんとして迎えることを「手間がかかる大変なこと」とはとらえておらず、たくさんいるお客さんのひとりとして、ムスコがおいしそうにもりもり食べて、ニコニコとスタッフの方々に挨拶するのを喜んでくださっていたらしいのです。
それをうかがい、「ムスコが泊まることでお手数をかけて申し訳ない」という気持ちも吹き飛び、心から楽しめました。
次回は、ぜひ、長期滞在で行きたいです!!!!(←場所が指宿の山の中だから、1泊で行き帰りするのはもったいない)

そして、翌日は鹿児島県・隼人のホテルに宿泊したのですが……。
ここは説明しても「アレルギ―って、何のこと?」的な対応でした(涙)

予約時にアレルギ―があることを事細かに伝えていましたが、チェックイン時にフロントの方に再度、アレルギ―があるので小麦・卵・乳製品などを使ってない食事ができることがないかと聞くと、キョトンとした顔をされ、「ホテルの中にレストランがありますが」。
「アレルギ―対応は可能ですか?」と聞くと、「わかりませんが」。
それをレストランに確認して、客に予約するかどうかを聞くのもフロントの仕事だと思うんだけどなぁ……。
フロントの「あー、忙しいのに、面倒だな」みたいな対応に、ホテルのスタッフへの信頼感はまったく芽生えず、不安で外で食べました(←私の被害妄想かもしれないですけど。汗)

予約したのはツインの部屋。
部屋に入ると、ムスコと私が寝るベッドにはアクリル毛布がかけてあったけど、隣りの夫の布団は羽根布団のまま。
うぎゃーーーーー!!(絶叫)

慌てて、羽根布団はクローゼットに押し込み、窓を開けて換気。
近隣には、床にカーペットが敷いてあるホテルしかなかったので、ここがマシかと思って選んだのに……(号泣)

ええ、ええ、もちろん、ムスコは寝る時に血がにじむほど引っ掻きまくり、「かゆい、かゆいよぉ」と泣いていました。
しばらくしたら、「ぐえぇー、ごほごほごほ」と咳き込んでいて、どうなることかとヒヤヒヤものでした(←大事には到りませんでした。涙)

某有名精密機器メーカーの名前を冠したホテルでしたが、おそらくこれまでに宿泊環境に関するアレルギ―対応をしたこともなかったのではないかと思われます。
食事の対応は最初から頼まなかったので、どうなのかわかりません。

「あーあ、可哀想なことしちゃったな」と思いつつ、チェックアウトをすると、宿泊料金は前日に泊まって大満足したホテルよりも高い!(驚愕)
ええええー、食事もついてないのにぃ~~~~。

やっぱり、アレっ子との宿泊では「妥協」してはいけないのですね。
激しく反省。
こんなことなら、移動が大変でも指宿に2泊したほうがずっとよかったなぁ……。

隼人に泊まった記憶は即リセット(笑い)
気を取り直して宮崎へ。

宮崎のホテルは、もうね、そのまま住みたいと思うくらい素晴らしかったですよ~。
スタッフの方々が家族のように、友人のように、ほんとうにムスコのことを気にかけてくださったのでしたよ。

長くなりましたので、次回の記事へと続きます。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  旅行  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

Comment

車内に本が置いてあるとか、すごいですねー!
これなら楽しく過ごせますよね♪

食事はものすっごい豪華じゃないですかー!!
みそ汁も具だくさんだし、体によくておいしいものがたくさん!って伝わります♪
息子くんも、特別なご飯に食欲増進されたんでしょうね(^^)

対応も、素晴らしいです!
満点以上です!!
読んでいて、心があったかくなりました(^ω^)

でも次のホテルの対応は、雲泥の差で絶句です…
せっかくの楽しい宿泊なのに、辛い思いしちゃいましたね

アレルギーについての意識って、低いんですよね
昔よりアレルギーのあるこどもも大人も増えてるんだから、もっと理解されるといいなぁ
まみ |  2011.11.21(月) 12:31 | URL |  【編集】

行きたい!!!

はあ~
ため息ですねえ(うれしいため息ですよ)
旅行行ける気がしてきました
長男が生まれてから旅行は
ダンナさんの実家に一度行ったきり
もともといろんな所で
イロイロなもの食べるのが好きだったのに
食物アレルギーの事を考えると
億劫になってしまい
すっかり出不精になってましたが
やっぱり旅はいいですよねえ
ホテルのご飯おいしそうです
宮崎はダンナさんの大学時代をすごした土地です
宮崎レポ待ってますよー
ばるまよ |  2011.11.21(月) 14:18 | URL |  【編集】

旅行のレポート楽しみに待っていました♪

HPもみたのですが、すっごくステキな料理に温泉に・・・えららんさんの書いたメニューをみてさらにゴクリ。アレルギーに対応しますとかなんとか書いていないのに・・・言葉を失いました。
隼人のホテルの対応は本当に残念ですね・・・。
宿選びに妥協してはいけない・・・その言葉にドキリとしました。年末に初旅行を計画しているのですが、なんせすでに予約がいっぱいのところばかりで、宿泊できることを優先したためこれから食べ物の確認メールをやり取りするんです・・・。なんかいやーーーーな予感しているのです(汗)。

宮崎のレポートもすっごくすごーく楽しみです。
世の中にはこんなすばらしい宿があるなんて!と期待満載な内容になりそうですね♪
そよら |  2011.11.21(月) 22:11 | URL |  【編集】

まみさんへ

> 車内に本が置いてあるとか、すごいですねー!
> これなら楽しく過ごせますよね♪

そうなんですよ~
JR九州の特急って古い電車をリフォームして使っているため、かなり革新的なアイディアも取り入れられるのではないかと思います。
指宿のたまて箱っていう列車があるのですが、全席指定なのですが、指定席の倍の座席があるんですよー。
なので、必ずしもずっと自分の席にいる必要がなく、本を読みに行ったり、景色を観に行ったりできるのが嬉しいです♪
いつか、九州に行かれる機会があったら、ぜひ、九州の列車に乗ってみてください♪

> 食事はものすっごい豪華じゃないですかー!!

こんな食事、夢のようですよね~。
さすがプロ、これぞプロって思いました!
食のプロだからこそ、おいしく安全に食べてほしいと思って一生懸命作ってくださったのを感じ、ほんとうに感動しました♪

> 対応も、素晴らしいです!
> 満点以上です!!
> 読んでいて、心があったかくなりました(^ω^)

ほんとうに嬉しかったです。
混入がありましたが、でも、そのミスをおぎなってあまりある対応だったと思います。
こういう素晴らしい対応をしてもらえると、他の場所に行っても「あそこではここまでしてくれたのになぁ」と思うハードルが高くなってしまいました♪(笑い)

> アレルギーについての意識って、低いんですよね
> 昔よりアレルギーのあるこどもも大人も増えてるんだから、もっと理解されるといいなぁ

アレルギーという言葉は知っていても、どういうものかを知っている人はまだまだ少ないですね。
言葉だけが一人歩きしているというのか……。
アレルギーのことをきちんと理解してくれる人たちが増えたら、アレルギーっ子たちもママたちももっともっと行動範囲も広がりますし、楽しさも、おいしさも、みんなと共有できますよね。
少しずつでも理解が広がっていくといいですよね。
えららん |  2011.11.26(土) 16:01 | URL |  【編集】

ばるまよさんへ

お返事が遅くなって、すみません!

> 旅行行ける気がしてきました

私も行く前は不安で不安で仕方がなかったのですし、人のやることだから誤食があるものと思って出かけたのですが、旅先で出会った方々のおかげで、「旅に出かけてよかったぁ」と思いました♪
ムスコのアレルギー反応が強く出ていた時期だったらこれほど楽しめなかったのかもしれませんが、大きくなって胃腸も成長し、免疫系のバランスもとれるようになってきたからか、移動などで疲れがたまってもアレルギー反応が過敏になりすぎず、助かりました。

> イロイロなもの食べるのが好きだったのに
> 食物アレルギーの事を考えると
> 億劫になってしまい
> すっかり出不精になってましたが
> やっぱり旅はいいですよねえ

私も同じです!
いろいろな可能性を考えて、そこに起こるかもしれないことをシミュレーションしていると、ほんとうに億劫になっちゃいますよねぇ。
食べ歩きと旅が大好きだったので、ムスコのアレルギーがあることで好きなことができなくなって悲しい気持ちにもなりましたが、今回、初めて本格的な旅に出かけてみて、ムスコが小さい頃に大丈夫だろうかとハラハラしながら旅に出るより、なんとかなるやと思えるようになってから出かけてよかった、と思いました。
ハラハラしながらだと、私が楽しめないですから~。
せっかく旅に出かけるなら、一緒に楽しめたほうがいいですものね♪

ばるまよさん、もう少し、もう少しですよー。
きっと、行けるようになりますよ♪

まずは、我が家への旅だと短すぎてダメでしょうかねぇ?(笑い)

ホテルのご飯もそうですが、九州の食べ物はとってもおいしかったです!
宮崎のホテルのレポート、来週にはアップしますね♪
えららん |  2011.11.26(土) 16:14 | URL |  【編集】

そよらさんへ

お返事がとても遅くなってしまい、すみませんでした。
昨日、3回、このお返事を書いたのですが、なぜか消えてしまって……(涙)
少しでも早くお返事したかったのに(泣)

旅のレポート、楽しみにしてくださっていてありがとうございます♪

> HPもみたのですが、すっごくステキな料理に温泉に・・・えららんさんの書いたメニューをみてさらにゴクリ。アレルギーに対応しますとかなんとか書いていないのに・・・言葉を失いました。

かーなーり、すごいですよね。
施設だけがすごいところだったらあると思うんですよ。
でもここは、施設がよかったのに加え、スタッフの方々が素晴らしかった!
ホテルを訪れる人たちみんなに楽しんでほしい、という気持ちが、ほんとうに伝わってきました~。
ムスコの初めての本格的な旅行で、このようなホテルがあると知ることができたことは大きな収穫だったと思います。

でも、この先、旅に出かける時には、いつも「九州の時には○○をしてもらったのになぁ」って、期待するハードルが高くなっちゃいそうです(笑い)

> 宿選びに妥協してはいけない・・・その言葉にドキリとしました。年末に初旅行を計画しているのですが、なんせすでに予約がいっぱいのところばかりで、宿泊できることを優先したためこれから食べ物の確認メールをやり取りするんです・・・。なんかいやーーーーな予感しているのです(汗)。

うわー、年末に旅行のお出かけになるんですか~。
楽しみですね!!!

たしかに、そよらさんがおっしゃるとおり、年末年始って、宿泊施設の最大の繁忙期のひとつですし、バタバタしていますよね。
私の知り合いの宿泊施設の人に聞いたのですが、年末年始は市場が休みになるから、基本は冷凍のものや入手することが容易なもの、鮮度の落ちにくいものでメニューを組み立てることが多いそうです(←あくまで私の知り合いの宿の話ですが)。

いずれにせよ、たくさんのお客さんが泊まりにくることはわかっているため、事前準備を早めにはじめるハズです。
アレルギ―対応にその場で柔軟に対応してもらうことは難しいかもしれませんが、宿が大忙しになる前にしっかりと連絡をとりあっておけば、多量なりともリスクは減るのではないかと想像されます。
ただ、厨房で作っている人はアレルゲンのことを把握していても、それを運ぶ人が間違ってしまうなどが生じるといけないので、やはりスタッフみんなが「アレルギ―のあるお客さんの泊まるので、念入りに確認する」という情報共有をしてくれているといいですね。

万一、そよらさんが現地についてから、「なんかいやーーーーな予感」というのがつきまとうようでしたら、レトルト食品などを準備して行っておいてそれを食べさせる、という選択肢もあるのかなぁ、と思います。
私もたくさんの「保険」を持って行きましたよ(笑い)

そよらさんのイヤな予感って、まさかペットが同伴できる宿で、犬がいたり、動物がいるっていうほうのアレルゲンじゃないですよね???

思い出に残る楽しい旅になりますように☆

宮崎のレポートは今週中にアップしますね♪
えららん |  2011.11.27(日) 14:07 | URL |  【編集】

勇気100倍

えららんさんにもう少しですよ~
って言っていただいて勇気100倍です
ありがとうございます

増えた勇気減らないうちに
近くのファミレスに冒険してきました
アンパンマンプレートがTV画面に出るたびに
「あんぱんごはん」
「あんぱんごはん」と
気にしていた長男
ごはんに立てられた旗が嬉しそうでした

えららんさんのおうちに小旅行!?
いいんですか!?
本気にしますよおお
 
今日も公園から150mほどギャーギャー
まだ遊ぶ!!
とわめかれげんなりした私
えららんさんの行動力頭が下がります




ばるまよ |  2011.11.28(月) 14:42 | URL |  【編集】

ばるまよさんへ

ばるまよさん、勇気凛々状態継続中でしょうか?
ファミレスの旅へとまずおでかけになったのですね!

> 増えた勇気減らないうちに
> 近くのファミレスに冒険してきました
> アンパンマンプレートがTV画面に出るたびに
> 「あんぱんごはん」
> 「あんぱんごはん」と
> 気にしていた長男
> ごはんに立てられた旗が嬉しそうでした

うわー、嬉しそうな顔が目に浮かびます♪
そうなんですよねー、ファミレスは食べ物そのものっていうか、そのメニュー全体のイメージがたまらないですよね~
食べる楽しみとワクワク感がありますもん。

ムスコはファミレスに連れて行ったとき、そこでいただいたアンパンマンシールと旗とゼリーに首ったけで、カレーはあまり食べず、でした。
食事を彩る小物類がいいらしい。
私が食事をして、デザートが楽しみなのと同じかなー、なんて思いました。

外食に出かけて、メニューを見て頼むっていうのは、大人も子どもも楽しいものですよね♪

> えららんさんのおうちに小旅行!?
> いいんですか!?
> 本気にしますよおお

旅先は我が家、っていうの、もちろんアリですよ~。
「姐さんに二言はないわよ」みたいな(笑い)

> 今日も公園から150mほどギャーギャー
> まだ遊ぶ!!

子どもって、なんでそんなにパワフルなんでしょうね。
温かい季節だったらまだつき合えますが、寒くなってきた今、私、長時間の外遊び、とってもつらいです……。
外遊びが子どもの元気な身体を作ると考え、自分の身体にムチ打って屋外にいたら、寒すぎて身体が縮こまっていたのか、腰痛肩こりになりました……。
コリの緩和のために長湯をし、湯たんぽを抱えて眠った夜(汗)
ああ、情けなや(涙)

ばるまよさん、どうぞ、めいっぱい鬼ごっこをしたり、走り回ってくださいませ。
そして、冬は風邪知らずな丈夫な身体をゲット!です。
えららん |  2011.12.02(金) 09:04 | URL |  【編集】

九州の旅後編もステキでした~。
心から想って対応してくださっていることの素晴らしさにジンワリ・・・。
できるできないじゃなくって、その心意気なんですよねぇ。
どんな仕事でも、どうすれば相手が笑顔になれるかって思いが大事なんですもんね。

ペット同伴OKの宿は一番最初に選択肢除外しました!
ある意味食べ物よりも怖くて・・・食べ物は最悪そこのものを食べなければ良いけれど、寝る場所だけはそうもいかないと思って・・・。
でもね、今回は大冒険して・・・なんとサファリパーク(和歌山のアドベンチャーワールド)に行ってみるんです。遠くからでも、多少かゆいかゆいになっても動物大好きになってきている息子に見せてあげたくて・・・宿の次に冒険なんです(汗)。

以前えららんさんが書いていた旅行シリーズも読んで、電話じゃなくて記録のしっかり残るメールでホテルとやり取りをしました。
朝食は和食ビュッフェでアレルギー表示もあり、アレルゲンの確認も気軽にして下さいと言って下さいました♪

場所も漁港などが近いうえに私達一般人が食べにいける市場もあり、見切り発車気味だけれど「なんとかなるさ~」という空気になってきています。
保険の食事に薬に近くの病院チェックも準備して、またえららんさんに「なんとかなりました~」って報告しにお邪魔します♪
そよら |  2011.12.02(金) 15:00 | URL |  【編集】

そよらさんへ

体調いかがですか?
今、そよらさんもたろすけくんもいろいろな転換期にあるのですね。
転換期の渦中だと大変なことも多いと思いますが、そこを越えると、きっと素晴しい何かが待っていてくれるのではないかと感じます。
頑張りすぎず、時々、息抜きしながらお過ごしになってくださいね。

> できるできないじゃなくって、その心意気なんですよねぇ。
> どんな仕事でも、どうすれば相手が笑顔になれるかって思いが大事なんですもんね。

そうなんです! まさにそうなんですよね!
できるかできないかということ自体よりも、なんとか一緒に問題を乗り越えられないかを考えてくださる態度ですよね。
相手のことを真剣に考えてくれる思いやりというのか。
どんな仕事であれ、プロフェッショナルというのはおしつけがましく、「私、頑張ってるのよ!」とアピールすることなく、でも、ふと気付くとお客さんの笑顔を引き出してくれる方のことですよね。
ほんとうに感動的でした。

> でもね、今回は大冒険して・・・なんとサファリパーク(和歌山のアドベンチャーワールド)に行ってみるんです。遠くからでも、多少かゆいかゆいになっても動物大好きになってきている息子に見せてあげたくて・・・宿の次に冒険なんです(汗)。

おおおおおー、アドベンチャーワールド!!
たろすけくん、大喜びするでしょうね♪
その笑顔が見られることを想像したら、ちょっとくらい(?)の困難は乗り越えられますよね。

宿泊先では和食ブッフェでアレルギー表示をしてあり、その場でのアレルゲン確認も可能だというのは心強いですね。
宿でもたろすけくんの笑顔がたくさん見られますように♪

> 場所も漁港などが近いうえに私達一般人が食べにいける市場もあり、見切り発車気味だけれど「なんとかなるさ~」という空気になってきています。

「なんとかなるさ~」のゆるーい気持ち、とっても重要だと思います!
だって、「こうであらねばならぬ」と思ったら、現実がそうじゃなかった時にガーンって目の前が真っ暗になって立ち直れなくなるけど、「ま、これでもいいか」と思えるゆとりがあったら、ちっちゃなトラブル(?)はぴょんとスキップするみたいに飛べますから。
たとえが悪いけど、私、「病院にいかないくらいですめば大成功」って思っていましたから。

旅のお話をうかがえるのを楽しみにしています♪
えららん |  2011.12.08(木) 13:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1083-f65b5a2b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |