2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.10.21 (Fri)

杏仁豆腐風の米粉ケーキ(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

今回は放射線量等分布マップ拡大サイトのことと、杏仁豆腐風の米粉ケーキの記事です。
ご興味のあるほうにスクロールをお願いします。

**************************************

放射線量等分布マップ 拡大サイトが公開されました。
もう、ご覧になった方も多いと思います。

ご存知のとおり、拡大サイトには2種類あり、「電子国土版」と「PDF版」があります。
「電子国土版」では、確認したい地域の空間線量率や土壌汚染の度合いだけでなく、航空機モニタリングの軌跡を見ることができます。
パソコンでないと見られませんし、読み込むまでに多少、時間がかかることもあるのですが、「電子国土版」のほうが情報量が多いです。

私が「おおっ!」と思ったのが、航空機モニタリングでは航空機がどのような場所をどのように飛んだのかを確認することができること。
軌跡を見たい場合には、右側のボックスの「航空機軌跡」というところにチェックを入れます。
すると黒いマジックみたいな線が表示されます。
航空機なのでぐいーんと真っすぐに飛んで、くいっと曲がり、また逆方向に飛んでいく、という感じです。

サイトでは最初は空間線量率のところにチェックが入っていますが、自分が知りたい内容のボックスにチェックを入れ直すと、それらの情報が見られるので、わかりやすいです。
全項目にチェックを入れることもできますが、ボックスにチェックを入れる数が増えるほど、データの読み込みに時間がかかるような気がします。

ここで公開されているデータですが、文部科学省のサイトで「対地高度150mから300m における線量率を測定し、飛行終了後に線量率・放射能濃度解析用プログラムを用いて、地上1m における線量率・ 放射能濃度を解析により推定します」と説明されています。
ですので、ここに表示されている数値などはあくまで目安でしかありません。

とはいえ、「自分の家のまわりはどのくらいなんだろう?」ととても気になっていたので、さっそく、町名や番地がわかるまで地図を拡大して、航空機の軌跡を確認しました。
でも、残念ながら、我が家の上は通っていなかった……(涙)
一番近いところでも1キロ以上離れた場所。
もうちょっと近い場所で測定されていたらよかったのになぁ。
放射能はまだらに広がっているので、1キロも離れていたら自宅のそばの状況がどうなっているか実際のところはわかりませんけど、相対的にイメージできただけでもいいとしました。

そういえば、「市民に線量を測らせないようにしないといけない」と討論番組で言い放った某知事の息子がいましたね。
もし政治家がそういう見解でいるのなら、もっと市民の目線になって、密に測定してくれないと困りますよねぇ。

それに「市民の測定方法は間違っているから、正しい放射線量は測れない」とかなんとか、市民が一生懸命測定しているのを揶揄する「専門家」の声も聞こえますが、まずは、わからないんだから測らないことには何も始まらないですから!
政府も行政も「親が子を思うような気持ち」で放射能モニタリングや対策を推進していってくれれば、私たちはこれほど不安になることもないのになぁ。
「わからない」からこそ、疑心暗鬼で不安が増大するんですよね。

都内のホットスポットと噂されており、原発事故後にムスコを連れて遊びにいっていた皇居の数値も気になっていました。
でも、さすがに文部科学省がアレンジして飛ばした航空機、皇居の上は飛ばないのね。
そうだよね、やっぱり。

今までの政府の発表するデータは、省庁のサイトで公開していても、とてもデータが見つけにくいし、見にくいし、わかりにくいし、専門家ではない一般市民が見ることを前提にしていなかったですよね。
「大事なことはちゃんと公開してますよ」っていう姿勢を示すためにやっていただけ、っていうか。

なので、今回、見る人が自分の生活圏内の状況がどうなっているのかを確認しやすいよう、市町村レベルではなく、町内○丁目という小さな地域でもおおよその目安がつけられるようにしたのは、ちょっと進歩したといえるんじゃないでしょうかね。
願わくば、上空150~300メートルよりも低く、航空機の軌跡の間隔が2~3キロメートルよりも狭くなるといいなー、と思います。

今後、もっともっと積極的に市民が求める情報を収集し、市民によりそった方法で情報を提供してくれますように。

***************************************

111020_0805~01

私は杏仁豆腐が大好き♪
あの甘くてエキゾチックな香り、たまりませんよね~。

杏仁そのものの風味も大好きなので、よくケーキに使います。

私が使っているのは、cuoka杏仁霜です。
米粉よりも少しクリームがかったような色です。
粉ミルクみたいな色って言ったほうがわかりやすいでしょうかね。

111007_0812~01

この杏仁霜の原材料は「杏仁、ぶどう糖、でん粉、香料」。
ここに使われている「でん粉」が何から抽出したものなのかは確認していませんので、心配がある方は直接、cuokaに確認してくださいね。

また、スーパーなどでもいろいろなメーカーの杏仁霜が売られていますが、多くは乳製品が入っていますので、かならず原材料表示をご確認くださいね。


<材料(ミニクグロフ1個分/小さめのマフィン型2個分くらい>
♡米の粉     55グラム
♡タピオカ粉   5グラム
♡甜菜糖     20グラム
♡杏仁霜     5グラム
♡重曹      小さじ半分

☆菜種油     23グラム
☆水       32グラム

リンゴ酢    10グラム

缶詰の黄桃   2分の1個

<作り方>
1)缶詰の黄桃を5ミリ~1センチくらいの大きさに切っておく(あまり大きいと焼き上がって型から取り出す時にケーキが崩れます)。オーブンを170度に予熱しておく。
2)ボウルに♡の粉類を入れ、泡立て器で混ぜ合わせる。
3)2に☆の液体を入れて、よく混ぜる。生地の固さは持ち上げるとぽってり落ちるくらい(ホットケーキの生地よりも固いです)。
4)3にリンゴ酢を入れてよく混ぜる(ホットケーキの生地くらいの固さになります)。そこによく水分を切った桜桃を入れ、軽くかき混ぜ、分量外の油を塗った型に流し入れる。
5)170度のオーブンで20分焼く。


杏仁豆腐のような味のケーキ、ムスコは食べないだろうと思っていました。
ところが、「そのきいろいの、なに? おうとう? ももなの? じゃあ、そのきいろいももがいっぱいのとこ、たべる!」と主張するのでケーキを切り分けて渡すと、「おいしいね、もも♪」。
ニコニコして食べ終わった後、「これ、とっておいてね。またたべるから。ボク、きいろいところがいいから」。

うーむ、ムスコは単に黄桃が入っていることだけに反応しているのだろうか?
杏仁の味は好きなんだろうか?

聞いてみても、「ん? あんにん? ん? よくわかんないけど」だそうです。
そーかー、そもそも杏仁豆腐を食べたことがないんだから、杏仁霜の味だってこと自体がわからず、もしかしたら、この風味を桜桃の風味だと思ってる?(笑い)

そういえば、以前、こんな記事を書いたことがあります。
ムスコが3歳の時、テレビで食べ物を見ると、親子丼は「あっ、かぼちゃごはんだ!」、たこ焼きは「おだんごだ。あとでクシにさすのかな?」、カスタードプリンは「さつまいもカンテンかな? かぼちゃかな? りんごかな?」と、自分が知っている食材と自分が食べているものに照らし合わせて、未知の味がどんなものなのかを一生懸命想像していました。
その一生懸命さが可愛かった♪

もうすぐ5歳になるので、自分が食べられるもの、食べられないものを認識してきていて、テレビで親子丼が出てきても「あー、たまごだ。ボクとおかあはたべられないね。おとうはたべられるけど!」。
食べ物を客観的に見て分析するようになってきたんですね。
食物アレルギーがあるため、アレルゲンと向き合いながら、ムスコが食をどのように認識していくのか、食とどうかかわっていくのかが、大きくなるにつれて変わっていくのが感じられ、とても興味深いです。
そして、何年か前のムスコと比べると、驚くほど食べられるものが増えていることを、素晴らしいことだと感じます。

ムスコは食べたことがないもの、新しいもの、見たことがないかたちのものを食べるのが大好きです。
ムスコがよく知っていて大好きなお菓子と、これまでに見たことがないお菓子があったら、ムスコは必ず、見たことがないお菓子を選びます。

こういう食への好奇心の強さを伸ばしていきながら、アレルゲンの負荷をしたいなぁ、と思うんですが……。
負荷した後は、ものっすごく警戒心が強くなって、「それ、なに? ボクがたべられるもの? アレルギ―のものはダメだよ。はいってないこと、カクニンした?」と厳重注意が入ります(汗)
イヤな思いをしたことはしばらく忘れないんですよねぇ。

これまであまり集中的にやってこなかったけど、そろそろ小学校入学に向けて、アレルゲンがどのくらいまでだったら重篤なアレルギ―反応が出ないのか、確認しないといけないなぁ。
小学校の給食のことも調べないといけないし。

ちょっと前、ムスコと同じクラスに今年から入ったマルチアレルゲンの子のママと立ち話をしました。
「入院負荷試験をするんですけど、怖くてたまらない。小学校は、私の実家のある群馬県だと自校方式で、調理室の中にアレルギ―っ子専用キッチンがあるところがあって、そっちに転校しちゃおうか、とも考えちゃう。どうしよう? どうする?」
私もほんとうに「どうしよう? どうずる?」でグルグルですよ(涙)

アレルギ―っ子が小学生になる時が大きなターニングポイントですよねぇ。
できれば近所の小学校に通わせたいという思いがあるので、どこまでどう対応してもらえるのか、緊急時のことについてなど、まずは今現在の最新情報集めをして、そこから折衝を開始しないと。
保育園に入ってからあれこれと打合せを重ねてやっと到った今のスタイルは、小学校入学とともにゼロになるのねぇ(涙)

来年、年長さんにならなきゃいいのに、ずっと保育園に通いたいのに、なんて思っちゃう自分がいるくらい、気が重いです……。

アレルギ―っ子も増えていることだし、2年前に役所に聞いた「1つ、2つのアレルギーであれば給食から抜くことはできますが、たくさんあると抜いていくと食材がなくなるので、対応できません」とあっさり言われたような状態が改善されているといいなー。

また私が「先駆者」となって、「前例がありません」と言われまくるのを、話し合いを重ねて理解してもらい、乗り越えていかなくてはならないんだろうか???
もう「先駆者」とならなくてもいいんだけど(笑い)

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

パソコン開いたら見てみますね!
こういうのってなかなか自分では探せないから、いつも本当に助かりますー!
おやつもパンも、何もかもえららんさん頼みですから(笑)

素人が計っても正しい数値は出ないかもしれませんが…
放射性物質があるのかないのかは分かりますよね?
それだけでもやる価値はありますよね

床下から物凄い高濃度の放射性物質が検出された時、ニュースでは「1m離れただけで、格段に数値は下がります、安全です」ってやってましたが、ほんとかなー?って疑心暗鬼です

話は変わって…
あたしも杏仁豆腐大好き!
だんなはあの独特の香りが苦手みたいですが、ボウルいっぱい食べたいくらい好きです(笑)

杏仁豆腐みたいなケーキなんて、初めて見ましたよー!
桃が入って更においしそうですね♪

りんかも、息子くんのように理解してくれるでしょうか?
上二人は卵もパンも食べたいし、ミスドが食べたい!ってよく言います
りんか用を作ってからしか買いに行かないけど、選ぶ時に「りんちゃんコレがいい!」って言わないかビクビクしています

シリコンのチュロス型を見つけたから、それも買わないといけないかなぁ…

学校給食は不安ですよね
幼稚園はお弁当箱を預かって持参のようですが…

うちは牛乳は大丈夫だけど、うちの学校は飲み終わったパックを角を開いて畳んで集めます
給食参観の時に、あちこちで畳む時に牛乳がピュッと飛び出ていました(;><)

乳アレの子は危険ですよね(;><)

ご飯に牛乳は合わないし、こども達は、温いからマズイって言ってるんだから…
無くして欲しいですよねぇ
何も給食で飲まなくても、飲める人はいつでも家で飲めるんだから
まみ |  2011.10.21(金) 13:12 | URL |  【編集】

まみさんへ

> パソコン開いたら見てみますね!
> こういうのってなかなか自分では探せないから、いつも本当に助かりますー!
> おやつもパンも、何もかもえららんさん頼みですから(笑)

そんなふうに言ってくださり、ありがとうございます。
まみさんをはじめ、みなさんがいつも励ましてくださるので、「ひとりじゃないんだ」と感じられます。

> 素人が計っても正しい数値は出ないかもしれませんが…
> 放射性物質があるのかないのかは分かりますよね?
> それだけでもやる価値はありますよね

私もそう思います!
柏でものすごい高い線量の空き地が見つかり、当初は線量が高すぎるので世田谷の時のように原発由来ではないのではないかといわれていましたが、今は原発由来の可能性も高いということで分析が進められていますよね。
こういう場所が見つかるのも計測したからこそ、ですよね。
柏のこのあたり、航空機モニタリングではちゃんと高線量が確認されていたのでしょうかね???
航空機モニタリングではわからなかったとしたら、ちょっと、ですものね。

> あたしも杏仁豆腐大好き!
> だんなはあの独特の香りが苦手みたいですが、ボウルいっぱい食べたいくらい好きです(笑)

あっはっは(笑い)
ボウルいっぱいの杏仁豆腐ですか~。
私も気持ちは一緒です♪
杏仁風味の桜桃入りケーキ、なかなかですよ♡

> りんかも、息子くんのように理解してくれるでしょうか?
> 上二人は卵もパンも食べたいし、ミスドが食べたい!ってよく言います
> りんか用を作ってからしか買いに行かないけど、選ぶ時に「りんちゃんコレがいい!」って言わないかビクビクしています

兄弟がいると難しいですよね。
ムスコは一人っ子だから、私が行く場所で見かけなければわからないし、まだ保育園のクラスメイトはそれほど具体的な話はしないから、私が思うようにできるけれど……。
お兄ちゃんやお姉ちゃん、お友だちが「ミスド、おいしいよね!」と言っているのを聞いたら、「食べたいなぁ」って思うでしょうね。
「ほしい」と言うものを「食べられないんだよ」って説明するのって、切ないですよね……。

> ご飯に牛乳は合わないし、こども達は、温いからマズイって言ってるんだから…
> 無くして欲しいですよねぇ
> 何も給食で飲まなくても、飲める人はいつでも家で飲めるんだから

まさに、そのとおり!
どうして、牛乳は必須なんでしょうかねぇ。
牛乳じゃなくたってカルシウム補給はできるでしょうし、ご飯に牛乳なんておいしくないのにねぇ(汗)
そうそう、飲みたかったら家でいくらでも飲めますよねー。
毎日のように小麦粉製品(パンやうどん、パスタなど)と牛乳毎日って、そもそも、偏りすぎでしょ!?って思っちゃいます。
今の栄養学って、なんだか本質的なことからずれているような気がしてしかたがありません。
えららん |  2011.10.23(日) 19:37 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1067-4d5c507d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |