2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.06.13 (Sat)

冷たい食べ物と免疫力

先日、生まれて2回目の外食をした時、これまた生まれて初めて冷たい水を飲み、目を輝かせて「これ、もっと!」と叫んだムスコ。

初めて経験する冷蔵庫でキンキンに冷えた水の味は、水筒に入れられた生ぬるいリンゴジュースよりも鮮烈においしかったらしい。
こちらの制止も聞かず、ぐびぐび飲んでいました(←当然、お腹を壊しました)。
こうしてムスコの頭の中には、「冷たいものはおいしい」という情報が刻まれていったのでした。

【More・・・】

私はムスコには、冷蔵庫から出したばかりの飲み物も食べ物も与えません。

それは、ムスコの主治医のひとり代替医療のKA先生に「お腹を冷やすのは非常に良くない。冷蔵庫から出したばかりの冷たい飲み物も良くない。温めるのは万病のクスリ。冷えがなくなると、病気をしにくくなりますよ。アレルギー体質も改善するし、西洋医学の治療で目覚ましい効果が見えないガンだって小さくなっていった経験もあるよ」と言われたから。

ちなみに、KA先生は漢方・ホメオパシー・アロマテラピーなどの代替医療を治療に取り入れていますが、本来は西洋医学の先生です。
大学病院にいるので、代替医療の治療効果を西洋医学に照らし合わせることができ、検査データの変化などでも効果を推し量ることができます。
代替医療と西洋医学のいい点を取り入れて、相補関係をもった医療を目指しています。

先生曰く、「不自然に冷たい食べ物を体に入れると内臓が冷え、それがさまざまな不調を引き起こす要因になる。ゆえに、冷たいものはたま~に食べるくらいにし、暑い日でもクーラーに頼るのは止める。入浴や湯たんぽで日常的に体を温めるように」。

その理由は、太い血管が通っている肩・お腹・太もものあたりを外側から42度で温めると、体内の温度が1度上昇し、もっとも免疫力が活性化するから。
この「1度アップ」というのが非常に大切だそうで、あまり熱すぎても、低すぎでも効果が薄いのだそうです。

先生から聞いた話から、体温に興味がわき、ちょっと調べてみました。

健康な時の体温は36.5~37度。
大人でも子どもも同じです。
35度台になると低体温と言われ、自律神経失調症やアレルギー症状が出やすくなります。
それは、体温が下がることによって血液の流れが悪くなったり、内臓機能の働きが悪くなったりして、動脈硬化や心筋梗塞なども起こりやすくなるから。

34度以下になると体中の筋肉が硬直して意識が遠のき、緊急処置をほどこさないといけないくらいになってしまいます。
筋肉というと外側から見える腕や脚の筋肉を思い浮かべがちですが、内臓も筋肉によって動いているので、筋肉を動かすエネルギーを体が作り出せないほどの低い体温というのは、大変な事態です。

健康な体温から、たった3度下がっただけで「死」が目前に迫るほど、体の機能の働きが阻害されるって、なんだか怖くないですか?

裸で水温20度のところに6時間ほどいると、約半数が死亡するというデータもあるそうです。
これを知って、夏場のクーラーの設定温度を20度以下にすることさえ怖くなった小心者の私でした。

冷たい水と、冷たい空気では、体の深部が冷える度合いは格段に違いますよ~、念のため。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

11:00  |  セルフケア  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

代替卵といいくず白玉と言い、勉強になります。
すっかり手抜きルーティンワークに入った子育て終期(?!)母の私にとって、えららんさんはじめ皆さんのいろいろな挑戦は、刺激になり勉強になります。ありがとうございます。

上の子のピカリンが小さい頃、低体温でいつも35度台しかありませんでした。
当時から「低体温児が増えている」と問題にされてはいたのですが、どうしてそれが良くないのか、ということについては、案外触れられていなかったりしました。免疫力との関係を知ったのは、ピカリンが普通の体温に戻った後でした。
わかりやすい説明を、ありがとうございます。
KA先生の存在も魅力的ですね。

これからも、楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。
タケ |  2009.06.13(土) 12:10 | URL |  【編集】

私も基本常温の水分を摂って、チビにもそれを与えています。
冷たい飲み物は体を錆びさせるみたいなことを聞いてから、アルコールと時々すっきりしないときにパパの冷蔵庫の水を飲む以外は常温のお茶、水を飲んでいます。
チビが時々飲むジュースも基本常温(笑)

うちはファミレスが意外と大丈夫だったので時々利用していますが、そのときチビもグビグビお冷のみます。
止めてももう無理です。
冷たいっておいしいんでしょうね。

チビの平熱体温計嫌がるから図れないんですよね。
前は結構高かったけど、今はどうなんだろう。
高くあってほしいな。

とうこmama |  2009.06.13(土) 22:19 | URL |  【編集】

タケさんへ

コメントありがとうございます♪
ウチではムスコが2歳ということもあり、おやつは死活問題(?)なので必死になって作っていますが、「手抜きルーティンワークに入った子育て終期」という言葉に、ものすごく頑張ってこられたタケさんの達成感というか、充実感というか、そういうものを感じました。

実は私、2年以上も前からタケさんのブログを拝読していたのですが(自分がブログを始めるまで、恥ずかしくてコメントが残せませんでした、すみません)、タケさんの苦心談だけでなくタケ夫さんが餃子を作っているレポートがあったりして、みんなで食アレに楽しみながら向かい合っていることに、とても影響を受けました。
せっかく食べるんだったら、おいしく、楽しくね♪みたいな。
おいしく食べると、体ぜーんぶに栄養が運ばれて行く感じがしますよねー。

ほんとうに、ほんとうに素晴らしいブログ、ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

KA先生、めちゃめちゃ忙しくて予約がとれないのが玉に傷ですが、「薬頼み」ではなく「自然治癒力」を重視するいい先生です。
タケさんの地元だと、食物アレルギーの権威K先生がおられますよね?
本はとてもいいですが、人柄はどうなのでしょう?
いつも本を見ながら、「いい先生だったら行ってみたいなー」と思うのですが。
えららん |  2009.06.14(日) 07:54 | URL |  【編集】

とうこmamaさんへ

とうこmama家でもそうですか!
ちびちゃんは常温で、パパは冷たい飲み物なのですね。
ウチとまったく同じ! びっくりです。

そうなんですよねー、冷たい水はおいしいけど、お腹がバリバリに冷えますねー。
私も冷たい水を飲むとお腹の調子が悪くなるので、ムスコだって良くないに違いないと確信しちゃったりして(笑い)

ちびちゃんは体温を測るのがイヤなのですか?
でもまあ、とうこmamaさんが脇の下に指をはさんだり、額を触れたりして「あちっ!」って思わなければ、日常的には大丈夫じゃないでしょうか。
平熱を把握していないと病院などで聞かれた時に不便だから、たまにちびちゃんに頑張ってもらうくらいで。

子どもは体温を保持する力が大人よりも弱いから、37度前後で「元気だけど、ちょっと高いかな?」くらいがいいみたいですよー。
ムスコはいっつも体が暑くて、頭から汗をだらだら流して体温調整しているためか、いつ測っても37度くらいになっています。
さすがに体調が悪くなると40度を超すことがあり、かなりビビりますけど……。
えららん |  2009.06.14(日) 08:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/106-e682261e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |