2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.10.07 (Fri)

くるみと紅茶のケーキ&麻の実とチョコのケーキ(小麦・卵・乳製品不使用)

今日は航空機モニタリングのことと、くるみと紅茶のケーキ&麻の実とチョコのケーキのレシピです。
ご興味の記事にスクロールをお願いします。

************************************

文部科学省の航空機モニタリングという計画があり、東北地方と関東地方だけではなく、広域の空中モニタリングが行われています(リンクを張ったサイトの「参考」に県名が列挙されています)。

すでに発表された山形県、福島県西部、群馬県、新潟県、秋田県、岩手県、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県をはじめ、現在、モニタリングを終えて測定結果の公表を待つだけのところも含め、愛知県、青森県、石川県、岐阜県、静岡県、富山県、長野県、福井県、山梨県などがあります。
航空機モニタリングの測定結果については、関東全県が出そろいました。

昨日、文部科学省による東京都及び神奈川県の 航空機モニタリングの測定結果について公表され、東京都であっても放射線管理区域(40000ベクレル以上)に匹敵する土壌汚染のある地域が見つかりました。
ちなみに、汚染度として記載されている「K」ですが、これは「1000」を意味します。
なので、「4K」とあれば「4000ベクレル」ですし、「40K」とあれば「40000ベクレル」です。

各県の航空機モニタリングを結果を見ていただくと、茨城県南部や千葉県北西部はもとより、これまでは汚染度がそれほど高くないとされてきた群馬県、栃木県、東京都でもホットスポットがあることがわかります。
原発事故からすでに半年以上も経過していますので、その間には風に飛ばされた放射性物質が薄く広範囲に広がったでしょうし、台風や雨などで土壌にあった多くの放射性物質が下水・川・海などにも流されたと思うので、事故直後の深刻さのあり方とは変化してきているとは思いますが、時間が経ったことによって地形や気象条件などの影響で逆に蓄積量が多くなった場所もあると推測されます。

このモニタリングに関して早川由紀夫先生がツイッターでこう書いてらっしゃいます。

「言い直し。文科省航空機モニタリング。山は高く出て、平野は低く出る傾向があると思う(これは地形効果を指摘)。都会は、コンクリートジャングルのため、雨で流れた効果が加わってさらに低く出ているようだ」(10/6)

「『今回のモニタリングの飛行高度は対地高度で150m~300mであり、 ○今回のモニタリングにおける航空機の軌跡幅は、3km程度である。』 じゃあ、9割くらいは測れないということ?それにしちゃあ、足立区、葛飾区、江戸川区あたりで微妙な境界線引いてるけど、どゆわけ?」(10/6)

航空機モニタリングは2~3キロに区切った中の1点のみで行われており、かなり粗いです。
なので、たとえ今回のマップで放射性物質の高濃度の蓄積があると色分けされていなくても、測定ポイントからもれた地域にそミニホットスポットが存在する可能性がありますので、地域ごとにさらに細かな計測が必要です。
計測したからといって放射性物質が減るわけではないですが、それを避けることができますから。

これまで、日本人の年間被曝量は1ミリシーベルトと定められており、それに基づき政府は年間1ミリシーベルトを超える地域の除染を行うとしていました。
しかし、放射能汚染の現実がわかってくるにしたがい、年間1ミリシーベルト以下にするための対処は経済的にも科学的にもムリだと諦めたのか、被ばく限度:原発復旧期「年1~20ミリシーベルト」に変える方向で政府内の議論が進められています。
今は議論の段階ですが、もし変更してしまったら「20ミリシーベルト以下」という点だけが一人歩きするでしょうし、国も自治体も対策を行っていくことになってしまうのでしょうし、やはり変更はあってはならないものだと私は思います。

年間20ミリシーベルトというのは放射線管理区域に匹敵するほどの場所です。
みなさんがご存知のとおり、放射線管理区域には子どもや妊婦が立ち入ることはできないのはもちろんのこと、内部被曝を避けるためにその区域内での飲み食いは禁じられ、放射性物質をまきちらすのを避けるためにその区域内にあるものを外部に持ち出すことも禁じられています。

ICRP(国際放射線防護委員会)の提言では、「参考レベルは安全と危険の境界を表すものではなく、1~20ミリシーベルトの低い値を選ぶべきだ」と言っているわけで、決して緊急時には20ミリシーベルトまで許容すると言ったわけではないことをきちんと政府はふまえ、国民の年間被曝量を1ミリシーベルト以下にするという責任を逃れるための方便に使わないでほしいと強く願います。

どうやって子どものことを守っていけるのかと考えると目の前が真っ暗になるような気持ちですが、でも、子どもを守れるのは大人だけ。
子どもが「今」の一瞬一瞬を信じて輝きながら生きているように、大人は子どもの来るべき「未来」を信じて、真っすぐに現実を見つめながら歩いていかなくてはならないですよね。

愛することと信じることは同じことですから、子どもの心とからだを、そして子どもの未来を心から信じていきたいと思います。

**********************************

昨日、いつもいろいろといただいている同僚へのお礼にケーキを焼いて持っていったら、「私だけが持って帰るのは申し訳ないから、みんなで食べようよ」とのことだったので、2ホールを半分こにしました♪

会社では、いつもこんな感じ。
2種類1度に焼いていった時には、小さめにカットして両方食べられるようにしています。
ケーキかすがいっぱいですみません(汗)

右半分はくるみと紅茶のケーキで、左半分は麻の実とチョコのケーキです。

111006_1225~01

米粉にコーンスターチを加えるとふわっと空気を含んで高さが出て、トウモロコシを加えるとほろりと小麦粉のケーキのような食感になります。
画像のぽろぽろとこぼれているケーキかすから、そのほろりとした感じが伝わるのではないかと思うのですが(笑い)

甘いものが大好きな夫に味見をしてもらったら、「お店屋さんのケーキみたいだね。でも、いつものよりものすごく甘いね」と言われました。
そりゃあ、当然ですよ。
だって、ムスコ用のレシピの3倍近い砂糖と油を使ってるんですもん。
市販のケーキのおいしさって、砂糖と油の味なのかもしれないですね……。
生地の水分調整に豆乳を使っても、砂糖と油を入れるのをためらうと、「お店屋さんのケーキみたい」にはなりませんから(汗)

さて、くるみと紅茶のケーキと麻の実とチョコのケーキのベースとなっている生地は同じなので、両方いっぺんに焼き上げられます。
手間は一回で2ホール焼き上がるって、かなりおトクな感じがしますよね~。

しかも、私の持っているクグロフ型とシフォン型は熱伝導率が似通っているため、同じ量の生地を流し入れると焼き上がり時間もほぼ同じです。

ざっくりですが、レシピはこんなでした。
生地は同じで、具(?)が違うだけです。

=基本の生地=
<材料>
♡米の粉       60グラム
♡コーンフラワー   60グラム
♡コーンスターチ   60グラム
♡三温糖       100グラム
♡ベーキングパウダー 8グラム
☆菜種油       80グラム
☆豆乳        適量
*ホットケーキの生地くらいの固さになるようにします。

=くるみと紅茶のケーキ=
基本のケーキの生地に下記を加える。

紅茶        9グラム
*すり鉢で細かくする。
くるみ       50グラム
*粗く刻む。


=麻の実とチョコのケーキ=
基本のケーキの生地に下記を加える。

チョコ       40グラム
*粗く刻む。
麻の実       30グラム


<作り方>
1)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせ、そこに☆の菜種油と豆乳を入れてホットケーキの生地の固さにして、お好みの具を入れます。
2)出来上がった生地を油を塗った型に流し入れ、170度で20分焼き、その後、150度に温度を下げてアルミホイルをふんわりかぶせ15分焼きます。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

はじめまして。

studio r (スタジオアール)という食写真専門のギャラリーウエブサイトを主宰しているReikoといいます。

studio r (スタジオアール)は、ビジュアルに重点をおいた新しい形の食サイトです。一般の皆さん(主にブロガーさん)から投稿される美味しそうな写真を毎日掲載。よかったら一度ご覧くださいね。

http://www.studiorfood.com

もし既にご連絡させていただいていたら失礼いたしました。
Reiko |  2011.10.08(土) 12:49 | URL |  【編集】

Reikoさんへ

> はじめまして。
>
> studio r (スタジオアール)という食写真専門のギャラリーウエブサイトを主宰しているReikoといいます。
>
> studio r (スタジオアール)は、ビジュアルに重点をおいた新しい形の食サイトです。一般の皆さん(主にブロガーさん)から投稿される美味しそうな写真を毎日掲載。よかったら一度ご覧くださいね。
>
> http://www.studiorfood.com
>
> もし既にご連絡させていただいていたら失礼いたしました。

はじめまして。
ご連絡ありがとうございます。

あとで、お知らせいただいたサイトを拝見してみます。
えららん |  2011.10.10(月) 20:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1055-439d3e61

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |