2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011.09.23 (Fri)

油・砂糖不使用のバナナ&ハチミツ米粉ケーキ(小麦・卵・乳・大豆不使用)

ムスコの体調をご心配いただき、ありがとうございます。

相変わらず咳が出ているので、喘息の気配も濃厚です……。
アレルギー体質なんだから、原因が気候か食べ物かにかかわらず、呼吸器に症状が出始めると続くんでしょうねぇ。
連休なので、ゆっくり家で遊ばせて発作を起こすほど悪化させないようにしたいと思います。

今回は、私なりの食品調達法と油・砂糖不使用のバナナ&ハチミツ米粉ケーキのレシピです。
ご興味のある記事にスクロールしてください。

*********************************

時々、「子どもが食べる食材、どうやって選んでいますか?」と質問されることがあります。

放射性物質のリスクがわからず、15歳以下の体内での影響は大人の10倍にものぼる可能性があるといわれていることから、私は月に1回くらい大地を守る会「子どもたちへの安心野菜セット」をウェブショップで購入しています(←ネット上で個人情報を入力すれば入会金などはいりません)。

大地を守る会では特に東北・東関東の農業・漁業を応援しており、そうした地域の食べ物の放射能汚染を危惧して消費者が買い控えしないよう、独自に放射能の検査をして結果を公開しています。
また、「放射能不検出商品」というカテゴリーを設け、震災以前の食べ物も販売しています。

私は日常的には、魚介類は築地市場の仲卸の方が経営しているお店で買い、野菜や果物は近所のスーパーで買っています。

そうそう、いつも行っている築地市場の場内の海苔問屋さんと乾物問屋さんが「商品はね、1年分まとめて入札して買っているんだよ。だから、今、売っているのは去年のもの。今年のものが出てくるのは11月くらいからかな」と教えてくれました。
そういうものなんだ~、初めて知りましたよ!!

場内のお店はお寿司屋さんや魚屋さん、レストランなどの食のプロが行くから、商品を吟味していると同時に、商品知識も豊富です。
私のような「素人」が行くと、最初はものすごく怪訝な顔をされますが(←冷やかしの観光客が多いため)、顔見知りになるととても親切にいろいろと教えてくれ、「ほんとうに食を大切に考えているのだなぁ」と実感します。

そういえば、私が気に入って使っている米粉も11月頃から新米を使ったものが出てくるようですよ。

良い方法かどうかはわかりませんが、私なりに内部被曝を減らせるかなぁと思ってやっていることですが……。

ひとつは、産地を選ぶこと。
もうひとつは、同じ産地の特定の食べ物ばかり食べ続けないこと。

これが最善の方法と思っているわけではないのですが、ほかに思いつかないのでこんなふうにしています。

まず、産地を選ぶのは土壌汚染の度合いによって食べ物への放射性物質の移行の度合いが違うと推測されるからです。
でも、もっと細かく食品のモニタリングが行われ、商品に具体的なベクレル数などを表示されるようになれば同じ産地内でも放射性物質の濃淡が出るはずですし、子どもが食べても大丈夫なものもあると思われます。

放射線検査機器購入に半額補助 文科省、給食不安に対応という記事がありましたが、子どもたちの食の安全を守ろうとする世論の流れが政府を動かしましたね。
食品を調理する現場で食の安全を確認できることはもちろん大切ですが、その食べ物を食べるかどうかの判断を消費者に押し付けるのではなく、国民を守る義務を持つ政府が流通に乗る前に生産地でのきめ細やかなモニタリングの仕組みを作ることも重要ですよね。

政府が「風評被害をなくそう」と言葉で言うだけでなく、食の安全を確認できる仕組みづくりをすることが、消費者の購入を促し、生産者の方々を守ることにもつながるのではないかと私は思います。
私、生産者の方々は信じられるけど、政府の今の検査体制や発表は正直言って、素直に信じられないので……。

2番目に挙げた産地や食べ物にバリエーションを持たせるというのは、同じ土地や同じ食べ物ばかりだと特定の物質や栄養素のかたよりが出ると想像されるからです。
作物の成長は気象条件はもちろんのこと、地理的要因によっても大きく左右されます。
たとえば、それぞれの土地の土壌にはさまざまな成分が含まれており、そうした成分の違いが作物の味や栄養に影響し、私たちが作物を通じて摂取する栄養価も多少、変動します。

具体的な例を挙げると、植物が成長するためにはカリウムが必要です。
しかし、カリウムには非放射性と放射性のものがあります。
ずっと昔から天然のカリウムの中にはカリウム40という放射性のものが一定レベルで含まれていましたし、原発事故によってセシウム134と137が放出され、カリウムと似た化学組成を持つセシウムは植物に取り込まれやすいと言われています。
さらに、天然のカリウムが少ない土地で育つ作物は、飛んできたセシウムを大切な養分だと思い込んで保持してしまう傾向があります。

植物にカリウムが必要なように、人体にとってもカリウムは不可欠なものであり、食べ物の中に含まれる天然カリウム(非放射性)・カリウム40(放射性)・セシウム(放射性)の別なく体内に取り込まれていきます。

そもそも人体の中には放射性のカリウム40が入り込んでいます。
なので、これからムスコの身体に取り込む放射性物質を減らしたいとは切望していますが、かといってゼロにできるわけではありません。
「放射性物質をゼロにしたい」と思うことで生じるストレスを常時感じていたら、私は自分の精神状態が不安定になるのが目に見えているので、「できる範囲で、できるだけ低く」と考えています。

いろいろと思いをめぐらせていると不安でたまらなくなりますが、できるだけストレスをためず、バランスよく食べ、健康な心身を培うことで、自然治癒力が高まり、病気にかかりにくいに違いない。
子どもにとっては、食べ物はもちろんだけど、母の笑顔も大切な“栄養”のひとつ。
そう考え、日々、過ごしています(←でも、イライラして怒っちゃうこと多し。汗)

*********************************

110923_0909~01
110923_0906~02


買ってきたバナナを熟させようと思って置いておいたら、皮にびっしりとシュガースポット(黒い斑点)。
慌てて皮をむいたらあちこち茶色になっていました。
「明日には腐るよ!」くらいまで熟していたけど、ギリギリセーフな感じ(汗)

ものすごく甘くてねっとりとしたバナナなので、試してみたかった油・砂糖不使用でケーキを焼いてみることにしました。
バナナは糖度が高いし、保湿作用もあるし。
だめ押しで保湿性の高いハチミツを少し入れたら、油なしでもパサつきなしで焼き上がるのではないかと期待満々♪

ちなみに、レシピはこんな感じです。

<材料(16センチタルト皿)>
♡米の粉      130グラム
♡コーンスターチ   70グラム
♡重曹        5グラム
♡塩        ふたつまみ

完熟バナナ     250グラム(2本半くらいでした)
ハチミツ       30グラム
*甘味というよりも保湿のために入れています。入れないで作ることもできます。入れた時よりも少し固めに焼き上がります。

リンゴ酢       10グラム

くるみ        40グラム+かざり5個
*入れなくてもいいのですが、食感に変化があったほうがよいかもしれません。レーズンはもちろん合いますし、甘納豆やチョコチップなどでもおいしいです♪

<作り方>
1)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器でよく混ぜる。飾り分に5個取り分けて、残りのくるみを刻んでおく。
2)1に皮をむいて手でつぶしながら完熟バナナを入れ、ヘラなどでなめらかになるまで混ぜる。
*バナナの塊が残っても大丈夫です。
3)2にハチミツと刻んだくるみを入れて混ぜてから、リンゴ酢を加えてよく混ぜ合わせ、分量外の油を塗った型に流し入れ、生地の上にくるみを飾る。
4)170度に予熱しておいたオーブンで20分焼き、ふんわりとアルミホイルをかけて150度に下げて15分ほど焼く。焼き上がったらケーキにボウルなどをかぶせ乾燥しないように粗熱をとる。
*油が入っていないので乾燥を防ぐため、ボウルをかぶせてケーキ内の水分の蒸発をおさえます。ボウルの内側についた水滴がケーキにつかないようにご注意ください。


焼き込んだケーキのような仕上がりになるかなぁ、と想像していたら、バナナが多かったためか、ふんわりして、少しモチモチしていました。

私にはモチモチすぎるように感じましたが、ムスコにとっては食べやすく、とても気に入ったらしい。
朝ご飯がわりに食べていたのですが、「もっとたべちゃダメ?」といいながら、2分の1ホール近く食べちゃいました!
別に、米とバナナだからいくら食べてもいいけどね(笑い)

ほうじ茶と一緒に食べるとよさそうな素朴な味です♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

難しいね…

東北を応援したい気持ちはもちろんあるんやけど、子供達に食べさせるものは選びたい。
別に選ぶのがアカン訳ちゃうし、東北やから危険って訳でもなくて、もう、日本全国安全な場所ってないし。
シビアに考えると、めっちゃしんどくなるけど、ゆるく考えたら、そうでもないんかな。

でも、今までがいかに安心して買い物出来てたか、思い知る事になったわ。

バナナ、あっちゅが食べないし、調べてないけど、微妙~なんよね
砂糖を使わないで自然の甘味だけで作ったケーキ、美味しそう

プロのお話がいろいろ聞けるって、イイね~
chika |  2011.09.23(金) 14:32 | URL |  【編集】

東北地方の商品を消費して応援を!ってあちこちでやっていますが、放射能の安全性をまず出してもらわないと買えないです…
風評被害を払拭したいのなら、まずは安全性を訴えないといけないですよね

市の骨密度検査で、微量の放射能を使いますってその場で初めて聞いたんですが、えーってなりましたもん…
係りの人がりんかを離してくれましたが、不安になりました(;><)

もっと政府が積極的にリアルタイムの測定結果を公表するようになるといいですね
「実はこうでした」が多すぎる…

内職始めてから、ケーキとか焼いてなかったなぁー
自分の決めたノルマは終わったし、明日はのんびりお菓子作りでもしたいと思います♪
まみ |  2011.09.25(日) 00:44 | URL |  【編集】

ドキドキ

お久しぶりです!
時々遊びに来ているのですが、なかなかコメント残せなくてごめんなさい><

今こちらのレシピのケーキを焼いているところです^^
えららんさんみたいに、美味しそうに焼きあがるか、ドキドキです…。

またゆっくりメールさせてください^^ひとまずご報告まで♪

焼き上がりが楽しみだぁ~!
えららんさんのおかげで、ちょっとずつですが、スィーツ作り頑張ってます^^

ありがとう!!
ではまた♪
まる |  2011.09.27(火) 20:40 | URL |  【編集】

chikaさんへ

コメントのお返事が遅くなって、ごめんなさい!

> 東北を応援したい気持ちはもちろんあるんやけど、子供達に食べさせるものは選びたい。
> 別に選ぶのがアカン訳ちゃうし、東北やから危険って訳でもなくて、もう、日本全国安全な場所ってないし。
> シビアに考えると、めっちゃしんどくなるけど、ゆるく考えたら、そうでもないんかな。

そうなんですよね、chikaさんがおっしゃるように、私も東日本を応援したいです。
今、東日本の農業や漁業を支えないと、子どもたちが大きくなった時に食べる良質なものが減ってしまうと思うから。
でも、現状のような政府のモニタリングだけでは「本当なんだろうか?」と疑念が生じないと言ったらウソになるし……。

チェルノブイリ原発事故後にロシアでもドイツでも市民による放射能検査所ができて自分たちの口に入るものを自分たちの手で調べ、食べられるように市民が率先して「食の安全」のために頑張ってきましたよね。
日本がそういうふうになるにはまだ長い時間がかかるでしょうけれど、福島県内をはじめ、少しずつ増えているので、そうした活動に協力していきたいと思います。
検査所で自分で調べられれば、産地のイメージだけでなく、実際にどうかを確認して口にできますから。

もう日本全国に放射性物質が飛散してしまっている状態なので、それぞれがどうやって放射性物質に向き合いっていくか、という問題なのかもしれないですね。
難しいですが、逃れようとしても逃れられるわけではないですし、自分がもっとも良いと思うことを選択したいですね。
食は安全なのが当たり前だと思っていましたが、食の安全は自分で選ぶものなのだと、最近思うようになりました。

> バナナ、あっちゅが食べないし、調べてないけど、微妙~なんよね
> 砂糖を使わないで自然の甘味だけで作ったケーキ、美味しそう

バナナはアレルゲン度高いですよね~。
あっちゅくんが食べないんだとしたら、身体が求めていないんでしょうね。

chikaさんが作ってらした砂糖を使わないマフィン同様、砂糖を使わなくてもおいしく食べられるというのは楽しみの幅が広がっていいですよね♪

> プロのお話がいろいろ聞けるって、イイね~

プロのお話って、ほんとうにおもしろいんです!
長年、その食べ物を見続けてきているし、築地は日本全国からいろいろな食のプロがやってくるから、経験値も高いし、知識も深いし、目からウロコがぼろぼろ落ちます(笑い)
スーパーで買うのは便利だけど、プロから買う時にはお金では買えないような知識をいっぱい、いーーっぱい与えてもらえてありがたいなぁ、と思います♪
えららん |  2011.10.01(土) 20:19 | URL |  【編集】

まみさんへ

お返事が遅くなって、ほんとうにごめんなさい!!

> 東北地方の商品を消費して応援を!ってあちこちでやっていますが、放射能の安全性をまず出してもらわないと買えないです…
> 風評被害を払拭したいのなら、まずは安全性を訴えないといけないですよね

まみさんのおっしゃるとおり、流通している食べ物の放射能がどうなっているかを細かく出してもらい、消費者が安全だと感じられるようにならないと買えないですよね。

そうなんですよね、言葉でただ「応援しよう」「安全だ」と言うだけじゃなく、目に見えるような状態で消費者に対して安全性を訴えることが先決ですよね。

> 市の骨密度検査で、微量の放射能を使いますってその場で初めて聞いたんですが、えーってなりましたもん… > 係りの人がりんかを離してくれましたが、不安になりました(;><)

ほんと、ほんと、ほーーーーーんとに、びっくりしますよね!
精密検査って、放射性物質を使ったり、放射線を使ったりすること、多いんですよね。

私、ずっと知らなかったのですが、放射能関係の本を読んでいて、日本の医療被曝は世界で1位で、患者もそうですし、医者や医療従事者の被曝も大きな問題になっているということを知りました。
たしかに、目に見えない病気を見つけ出すことができるというメリットはあるのでしょうけれども……。
医療とはいえ、余計な被曝は避けたいですよね。

> もっと政府が積極的にリアルタイムの測定結果を公表するようになるといいですね
> 「実はこうでした」が多すぎる…

そこですよね! そこ! そこです!
重要な情報はほとんどと言っていいほど、「実はこうでした」ですものね。
これで政府の言うことを信用しろと言われても、なかなか信じられないです。
いつも後だしジャンケンみたいに情報が遅い政府の「安全だ」という言葉には重みも信頼感も私は感じられなくて……。
自分が生きている国だし、子どもの未来もかかっているし、国を信頼して生活していきたいのですが。

> 内職始めてから、ケーキとか焼いてなかったなぁー
> 自分の決めたノルマは終わったし、明日はのんびりお菓子作りでもしたいと思います♪

りんかちゃんの負荷試験やお兄ちゃんが一等賞になるなど、めまぐるしくお忙しい中で内職をノルマ通りに終えることができたこと、素晴らしいです!!
たまにはのんびりと気分転換ができるといいですね。

えららん |  2011.10.01(土) 20:57 | URL |  【編集】

まるさんへ

いただいたコメントへのお返事が遅くなってしまい、すみませんでした。
遊びに来てくださっているとうかがい、とても嬉しいです。

体調のほうは、いかがでしょうか??
ずいぶん近づいてきたので、動くのもつらいくらいではないかなぁ、と想像していたところでした。

> 今こちらのレシピのケーキを焼いているところです^^
> えららんさんみたいに、美味しそうに焼きあがるか、ドキドキです…。

うわぁ~、焼いてくださっているのですね!
嬉しいです♪
お料理上手な娘ちゃんと一緒に、でしょうか(←勝手にそう想像して、心がほっこりしています♡)

型によって焼き上がり時間が変わりますが、どっしりした感じのケーキなので、ごはんのかわりにもいいかなー、と思います。
楽しく、おいしく召し上がれますように。

> えららんさんのおかげで、ちょっとずつですが、スィーツ作り頑張ってます^^

そんなふうに言っていただき、とても光栄です♪
お菓子は作り始めるまでは面倒ですが、作ってみると簡単だったりしますよね。
それに気分転換にもなりますし。

あと少し、どうぞ、どうぞ、お大事になさってください。
季節の変わり目ですので、くれぐれも風邪などにもご注意なさってくださいね。
えららん |  2011.10.02(日) 08:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1038-cc9e19a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |