2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.09.16 (Fri)

チョコがけ バナナ米粉ケーキ(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

今回はヨウ素が検出されたニュースと、チョコバナナ米粉ケーキの記事です。
ご興味のあるほうにスクロールをお願いします。

*************************************

微量の放射性ヨウ素検出 柏崎刈羽、定検中の7号機というニュースがありました。
外部環境や作業員への影響はないとのことでひとまず安心しましたが、根本的にトラブルの大小ではなく、放射性物質をきちんととじこめることができていない状態というのは非常に問題ではないでしょうか。
原発にとっては小さな事故でも致命的な事態を引き起こすことになるのですから。

東電、15年度以降の賞与回復を検討という報道で、賠償するお金が足りないとかあれこれ言っているのに「ボーナスが出てたんだ!?」とビックリ。
「東京電力は、定期点検中の柏崎刈羽原発が3年以内に再稼働して収益が上がることを前提に、現在半分に減っている社員の賞与を2015年度以降に元に戻す方向で検討していることがわかりました。
さらに東電は15%程度の電気料金の値上げも検討していますが、枝野経済産業大臣は東電のコスト削減努力は十分でないという認識のため、実現するかは難しい情勢です」

って、ひどくないですか!?
原発は会社の収益を上げ、ボーナスを上げるための「道具」ってことですか??

ボーナスを出していて「経費削減の削減努力をしている」っていう経営陣の説明も納得がいかないし、原発再稼働を前提としてボーナスを戻す話をしているっていうのもおかしいし、そもそも原発事故による賠償や除染など莫大な金額を一企業で背負うのはムリだからとか国からお金を出してもらうのに(つまり税金ですよね)、社員は半分であれボーナスが出ているという状況も普通はヘンじゃないでしょうか?
収益があがらなければボーナスが出ないのは当たり前ですよね(←私の会社がそうです)。

……とブツブツひとりごとを言っていたら、7月末~8月中旬、福島第一原発で再臨界が起きていた?という記事が出て、やっぱり……と思いました。

「東京都と神奈川県の「下水脱水汚泥」から高い数値の放射性ヨウ素131が検出され始めたのも7月後半から。ヨウ素131の半減期は8日間なので、3月の臨界で発生したものが7月以降になってから検出されることはありえない。また8月には、都内各区の数十ヶ所の砂場で安全基準値を大幅に上回る放射線量が測定され、砂を全交換するまで使用禁止の措置がとられた。だが、その砂場のほとんどが7月以前の計測では基準値以下だったのだ」とのこと。

だって、先週、東京で大異変…ヨウ素が急上昇!何が起きているのかを読んで、政府発表はないけど、放射性ヨウ素は原発からしか発生しないし、何かあったんだろう、と素人の私も思ってましたよ。

根本的に、事故がないことはありえないし、ベント失敗で致死量の被ばく 保安院試算と震災翌日に推測していたくらい大変な事態になるのですから、多くの命をはかりにかけて“原子力村”の利益のための原発運用はやめにしてほしいです。

岩手県奥州市の下水道汚泥からヨウ素検出についてという記事の中でいろいろな見解が書かれており、各地での状況にも触れていますが、ヨウ素の上昇、一体どういうことだったんだろう?
何もなかったならそれに越したことはないけど、だとしたらヨウ素の発生が謎だし、これまでのように遅出しジャンケン的に重要な情報が出てくるようだとイヤだなぁ……。

*************************************

110824_0814~02

砂糖不使用クイックバナナブレッドのレシピを微調整して、プレゼント用に乳不使用チョコレートをかけました♪

プレゼント相手は小学校1年生。
赤ちゃんの頃は卵アレルギ―があった子だからなのか、アレルギ―対応スイーツのような素材の味が活きたお菓子が好きなんだそうです。
牛乳もアレルギ―はないけど苦手らしく、甘さと油控えめの米粉のお菓子が大好きとのこと。

アレっ子には砂糖不使用でも充分甘いけど、普通の子にはちょっと物足りないかも?
でも、アレルギ―対応スイーツが好きな子なら、ちょびっとだけ甘さを足そうかな。
ふんわりした食感のほうが好みだというから、ベーキングパウダーを使ってケーキっぽくしようっと♪

ということで、ケーキらしい甘さを出すためにレーズンを甜菜糖30グラムに置き換え、重曹をベーキングパウダー5グラムに変え、大さじ1杯ほどの水分を加えました。
水分が多すぎるとウイロウになっちゃいますが、適度に水分を足すとふわっと焼き上がりますから。
でも、バナナの水分によって加える水分量が変わるので、ホットケーキの生地より気持ち固いくらいになるように要調整です。

重曹を使うとどっしりと焼き上がって「バナナブレッド」という感じになりますが、ベーキングパウダーを使うと高さが出てふわっとするので「バナナケーキ」という風情になります。
甘味料をレーズンから甜菜糖に置き換えると、素朴でコクがある甘さで幸せな味になりますねぇ♡

甜菜糖を使い始めた頃は、「なんて甘くない砂糖なんだ!」と逆ギレして入れまくっていたものだけど、今は白砂糖の精製して作られる強烈な甘さが尋常じゃないと感じられるようになりました。
精製した砂糖の甘さって、中毒のようになってどんどんエスカレートしていきますよね(汗)

乳不使用チョコレートは刻んでレンジでとかし、スプーンでとろ~んとかけただけ。
お好みでもっとたっぷりかけてもいいですよー。

気温が高くて固まりにくいので、1時間ほど冷蔵庫に入れて固めました。
入れすぎるとケーキに固さが出ますので、チョコレートが固まったら取り出してくださいね。

チョコ味×バナナという無敵のコンビネーションだったためか、とっても喜んでもらえました♪
お子さんも気に入ってくれたのですが、ダイエット中だったというママに大受け♪
「あっさりしているから、これならワンホールでもいける。それにスイーツを食べている罪悪感がないのが最高!」とお褒めの言葉をいただきました~

「おいしい+ヘルシー=アレルギ―対応食」ってもっとたくさんの人たちに知ってほしいな♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1028-357d151d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |