2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.09.14 (Wed)

ココア&シナモン米粉クッキー(小麦・卵・乳・大豆不使用)

私の誕生日にたくさんの「おめでとう!」とメッセージをお寄せいただき、ほんとうにありがとうございました!
ブログを通じてみなさんと出会うことができ、温かい言葉をかけていただきながら歳を重ねていけることを、とても幸せに感じます。
ほんとうに、ありがとうございます。

今、ちょっとバタバタしていまして……。
いつものことながらコメントのお返事が遅くなってしまっており申し訳ありません。
もう少しお待ちいただけたら嬉しいです。

誕生日とは関係ないのですが、弟夫婦からムスコが食べられるものをあれこれもらいました。
いろいろともらったのですが、その中から「米製品」をピックアップ♪

有名な酒蔵「八海山」の麹だけでつくった「あまさけ」
市販されている甘酒はもち米、またはうるち米と麹で発酵させたものが多いですが、これは麹だけ。

お酒の原料として使う麹はアルコール度を高めるために糖度が高くならなくてはならないためなのか、八海山の蔵つきの麹、クセがなくて、ものすごく甘い!
麹によって風味も味も変わるというのを実感しました。

甘酒なのでアルコール分が生じるような発酵のさせ方はしないので、さっぱりと甘くて、冷やして飲むと最高です♪

110914_0616~01

長野の郷土食の凍りもち

私の実家の福島でも同じように凍らせた「しみもち」というのがあり、我が家ではしみもちは水で戻して焼いて砂糖と醤油を混ぜた甘辛味にして食べたり、油で揚げて塩をかけておかきにして食べたりするのですが、長野の凍りもちは熱湯をかけてグルグル混ぜてとろとろにして食べたりするらしいです。
なるほどー。

見た目は同じような保存食なのに、食べ方は違うんですね。
米文化というのは地域に根ざしたものであり、食文化というのは地域の財産なのだなぁ、としみじみ思います。

110908_0859~01

これは、義妹のイチオシのアレルギ―対応食品、巻かせて!たまご料理の素

「これ、すごくおいしいんです! オムライスにしたら、子どもたちが大歓びでした~。クレープにしてもいいし、使い勝手がいいですよ。材料は米とさつまいもとカボチャだし」とニコニコして教えてくれました。

原材料にベーキングパウダーが入っているので、ベチャッとしないのかもしれないですねー。
まだ食べていないのですが、作ってみるのが楽しみです♪

110908_0858~01

こっちはコンビニで見つけたものです。
これは以前からムスコが気にいっていたホクホク黒豆
「甘さひかえめ」と書いてありますが、アレっ子&アレ母的には充分に甘いですよ。
指でつまんで食べても汚れないので、お出かけに便利です♪

110910_1212~02

ムスコが「ぺろぺろキャンディー、たべたい!」とよく言うようになり、それなりに香料などの添加物を口にしても大丈夫になったので、買ってみました。
アンパンマンペロペロキャンディで、味は6種類。
パッケージにいろいろなキャラクターの絵が書いてあるのでキャンディのかたちもさまざまなのだと思っていたら、どの袋をあけてもアンパンマンの顔になっていました。

110910_1213~03

こちらは、「そりゃあ、おいしくないハズがない!」と叫びたくなるようなコンビネーションのおかし、メープルマロン
しっかりと甘さがあるので、ムスコのミニ誕生会用のトッピングにしようかな、と思っています♪

110910_1212~01

最近、ムスコが食べられるものが格段に増えたので、スーパーに連れて行くとお菓子売場に行きたがって大変。
「ボク、おにいちゃんになったから、たべられるおかし、うってるかもしれないよ!」と主張し、棚からムスコが取ったお菓子すべての原材料表示の確認を求められます(汗)
いくら食べられるものが増えたといっても、生鮮食品が食べられるようになるのと、加工食品&お菓子が食べられるようになるのは話が違うわけで……。

スーパーの棚をチェックするのはムスコの「たべられるものがあるかもしれない」という希望であり、自分が成長したことを確認する作業でもあるのだと思うので、それにつきあうのはいいのですが、「これは○○が入っていてちょっと難しいかな。じゃあ、あっちのおせんべいか甘栗、ドライフルーツにしようか?」と聞くのも、ちょっと切ない気持ちになったりします。

市販品が食べられるのが必ずしもいいとは思わないのですが、選べることができるお菓子を自分でレジに持って行って買うという楽しみは、ちょっとずつでも経験させてあげたいなー、と思うのでした。

*******************************

110901_0912~03

米粉なのに、さっくりクッキーの食感が気に入り、大人っぽくアレンジしました♪

私、シナモンとココアとくるみが大好き♡
ケーキでもクッキーでも最強の組み合わせだと思うんですよねー。

ほわ~んとシナモンの甘い香りとココアの香ばしい香りが漂い、口に入れるとサクッとしたクッキーの中にカリッとくるみの味と食感がたまりません!

シナモンがあまり得意でないムスコもめちゃめちゃ気に入ったらしく、「もう1コだけ、もう1コだけ、たべていい? ねえねえ、いいでしょ?」と私のそばから離れませんでした(笑い)。

優しい味もおいしいけど、メリハリのある味もおいしいですもんね。

<材料>
♡マイベイクフラワー    55グラム
♡三温糖          10グラム
♡ココアパウダー      4グラム
♡シナモン         2グラム
*お好みで増減してください。
♡塩            ふたつまみ
☆ショートニング      24グラム
☆メープルシロップ     23グラム

くるみ           30グラム
*入れなくてもおいしいです。


<作り方>
1)♡の粉類をボウルに入れ、泡立て器で混ぜ合わせる。くるみを荒く刻む。
2)1に☆を入れ、なめらかになるまでボウルの中で手でこね混ぜて生地を作る。
3)2の生地にくるみを混ぜ、なじませる。
4)まな板の上のラップを敷いて片方の生地を乗せ、その上にラップをかふせてから麺棒で5~7ミリほどの厚さに伸ばし、お好みの型で抜く。もう片方の生地も同様に作業をする。
4)160度に予熱しておいたオーブンで19分ほど焼く。焼き上がったクッキーは天板の上でそのまま冷ます。
*オーブンによってクセがありますので、様子を見て、焦げそうだったら、温度を下げてくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコが食べられる市販品/レストラン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

たまご料理の素、すごい!
今はこんなのがあるんですねー!
材料もシンプルで体によさそうだし、わかってるね~って感じですよね(笑)

近くに売ってたらいいのになぁ…

メープルマロンもおいしそう!
全部おいしそうで、見てるだけで楽しくなりますね♪

食べられる市販品が増えると、いろんな市販品が気になりだすんですね
これ食べたい!と思って表示見て、食べられないと切なくなりますね

もっともっと、こんな体に優しい商品が増えてほしいなぁ
まみ |  2011.09.15(木) 23:19 | URL |  【編集】

まみさんへ

> たまご料理の素、すごい!
> 今はこんなのがあるんですねー!
> 材料もシンプルで体によさそうだし、わかってるね~って感じですよね(笑)

この商品、すごいですよね!
さすがアレルギ―対応食品を販売している会社だわ♡と感動しました!!

材料を見ると自分で作ることもできそうな気がしますが、でも、常備しておけて、パパッといろいろな用途に使えるっていうのは、コピー弁当の強い味方ですよね♪
あ、別にコピーじゃなくてもいいんですけど(笑い)

> メープルマロンもおいしそう!
> 全部おいしそうで、見てるだけで楽しくなりますね♪

「食べられる!」って思いながら見ると、なんでこんなに楽しいんでしょうね!

メープルマロン、ほんのりメープル味でたまりませんよ~
甘栗そのものもおいしいし、栗好きな我が家の常備食材になりそうです♪

先週、栗ごはんをしました。
甘栗もおいしいですが、旬の栗の香りの良さはないですものね。
いも・くり・かぼちゃの季節を楽しみたいと思います♪

> 食べられる市販品が増えると、いろんな市販品が気になりだすんですね
> これ食べたい!と思って表示見て、食べられないと切なくなりますね

そうなんですよねー、赤ちゃんの頃は食べられるのが当たり前で市販品を見ることなんてなかったけど、大きくなって食べられるのが増えてくると「もしかしたら」って思うようになりますね。

それに私、「少しは楽したいなぁ」とか「自分の作ったものばかりだと同じ味で飽きるなぁ」なんて思うから、ムスコと一緒にスーパーの商品棚に行っちゃうんですよね(汗)
実際に市販のおかしを買っても、あんまり食べさせたくないから残っちゃって結局、私が処分することになったりするんですが(笑い)

> もっともっと、こんな体に優しい商品が増えてほしいなぁ

ほんと、ほんと!
利益がでないといけないし、長期保存ができないと大量生産することができないし、全国流通もできないということもあるのでしょうし、でも、子どもがメインで食べるものは少しでも身体にやさしいものであってほしいですよね。
もっと、もっと、もーーっと、社会全体が子どもの身体を健康に育てる食べ物に目を向けるようになってくれるといいですね。
えららん |  2011.09.22(木) 07:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1025-33e4d451

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |