2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.08.22 (Mon)

簡単・おいしい・便利なトマトソース

先週の金曜日の記事で被災支援アレルギ―対応お料理教室の告知をしましたところ、非常に驚き、嬉しいことに、すでに定員を超えるお申し込みをいただきました。
ほんとうに、ありがとうございます。

つきましては、お料理教室は締め切りとさせていただきます。
参加申し込みのご連絡をいただきました方々には、こちらからご連絡をさせていただきますので、少しお待ちください。
みなさんに心から感謝申し上げます。

*******************************

週末、買い物にも出かけずにムスコと遊んでいました。
土曜日には新幹線の車両基地を見に行ってヘトヘトになったので、日曜日に買い物の予定だったのですが……。
だって、雨具を持って出かけるの、面倒なんですもん(汗)

そんなこともあり、あれこれお料理教室に向けて試作三昧。

ムスコから「さいきん、メロンパン、たべてないからたべたいなぁ」とリクエスト。
いつも蒸して火を通した米粉パンにクッキー生地をつけて焼く米粉メロンパンを、一次発酵させたパン生地にクッキー生地をつけて二次発酵さえて焼き上げてみたら、中は発酵不足で粉っぽい(泣)

ムスコに「なに、しっぱいなの? どれどれ。うーん、うえのところ(←クッキー生地のこと)、おいしいよ! パンはおいしくないっていうか、かたいっていうことじゃない。かたいところに、かたいパンだから、かたいどうしでダイジョウブだよ」と慰められました(涙)

クッキー生地の重さでパンの発酵ば妨げられるうえ、焼き上げる際にクッキー生地があって余分な水分が抜けず、食感が良くないんですねぇ。
やっぱり、米粉メロンパンは、食パンの生地を型に入れて蒸したところにクッキー生地をつけるほうが格段においしいわー。

*******************************

そして気を取り直し、冷蔵庫の中にあったミニトマトとタマネギでお昼ご飯。
トマトが残るとよく作るのですが、10分ほどでできる簡単なトマトソースです♪

110821_1050~01

本格的なトマトソースというと、たっぷりのオリーブオイルとニンニク、ローレルなどなど、あれこれ材料が必要ですし、湯むきしたり、種をとったり、タマネギをみじん切りにしたりと手間がかかりますよね。
材料を揃えるのも、手間も面倒くさい……。

私のトマトソースは、トマトの皮はむかず、タマネギはスライスするだけで、加える調味料も生姜・塩・オリーブオイルなので、材料も作る方もシンプルです(←ニンニクじゃなく生姜を入れるのがトマトの風味を活かすポイントなのです)。

タマネギをみじん切りするとトマトソース全体にタマネギ風味がありますが、スライスして入れると、トマトの味もタマネギの味もそれぞれわかりますし、それぞれの甘味が鯵に奥深さを出し、手間をかけたソースよりもむしろ、フレッシュな素材の味が活きていておいしい気がします(←私って、安上がりですねー。笑い)

「トマトソースを作る時には皮をむいたり、種をとらないほうがおいしいの。そして、隠し味にひとつまみの砂糖よ」と教えてくれたのがイギリスにいた時にお世話になっていたお料理上手なホストマザー。
それ以来、ずっと彼女が教えてくれた「おいしくするコツ」をいろいろなトマト料理に応用しています♪

<材料>
ミニトマト     350グラムくらい
*1パック半くらいでした。量はおおよそで大丈夫です
タマネギ      4分の1個
塩         小さじ半分
オリーブオイル   小さじ1
生姜すりおろし   小さじ半分
*入れなくてもいいですが、入ったほうが味にアクセントがついておいしいと思います。お好みで量を加減してください。
甜菜糖       ひとつまみ

<作り方>
1)ミニトマトをよく洗い、へたをとって半分に切る。タマネギは薄くスライスする。生姜はすりおろす。
2)鍋に1を入れ、残りの材料をすべて加え、トマトの水分が出てくるまでは弱めの中火で加熱。水分が出てきたら、強めの中火。こげつかないように、時々かきまぜながら水分を飛ばす。

以上です!
パスタソースなら、底に「の」の字が書けるくらいに、ピザソースなら水分がほとんどないくらいまで煮詰めてできあがりです。

こっちがトマトソースをかけたライスパスタ。
ライスパスタにかける時には、ちょっと塩とこしょうをぱらりとして、大葉の千切りを添えると爽やかです♪
冷製パスタして食べてもいいですよー。

110821_1055~01

こっちがトマトソースのピザトースト。
上にとろーりとかかっているのは、我が家の定番、ゆうあんみいさんの豆乳モチーズです。
アレルギ―っ子が食べられる「おいしいチーズ」の革命です♪

110821_1156~02

以前は大きいトマトを使っていたのですが、ミニトマトのほうが甘味も旨味も強くて、煮込む時間も短くていいですし、ラクチンですね~。
このトマトソースを焼いたチキンやポークソテーにかけてもおいしいので、使い勝手がとてもいいです。

トマトの皮も入っているので、小さい子だと口に残る感じがするかもしれないです。
ムスコはミニトマトが好きなので、皮よりもむしろ、存在感のあるタマネギに目が釘付けで「タマネギがいっぱい……」とつぶやいていました(←カレーに入って溶けていれば食べますが、色の白っぽいタマネギは苦手。笑い)

マメ知識なのですが……。
トマトとミニトマトを比べると、含まれる栄養成分は同じですが、ミニトマトのほうが栄養価が高いそうです。
抗酸化作用のあるβ-カロテンは約1.5、ビタミンCも2倍ぐらいあるらしいので、旬の時期においしく食べたいですね♪。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

ピザトースト、めちゃめちゃおいしそう♪

皮も種もあった方がおいしくできるんですねー!
ズボラなあたしに向いてるかも(笑)
まみ |  2011.08.23(火) 22:14 | URL |  【編集】

まみさんへ

> ピザトースト、めちゃめちゃおいしそう♪
>
> 皮も種もあった方がおいしくできるんですねー!
> ズボラなあたしに向いてるかも(笑)

そもそも米粉食パンはトーストすると香ばしくておいしいし、モチーズはおいしいし、トマトソースはおいしいし、ピザトースト、おいしくないはずがないですぅ~(笑い)

そうなんですよ、皮も種も入ったほうがおいしいんですよ。
ただ、大きなトマトだと、果肉の水分がプチトマトよりも多いために味が薄まるため、皮が気になるかもしれないです。

洗って切って煮るだけで使いまわしができるので、かーなーり、便利に使っています♪
バラ肉と炒めてお醤油や塩で味付けしてもおいしいんですよ(←このところ、私のお弁当の定番です)。
疲れに豚肉のビタミンB1がいいですし、トマトも疲労回復効果が期待できるみたいですし。
どうやら、私の身体が欲しているようです~。

まみさん、プチトマトが冷蔵庫に残った時にはお試しくださいね♪
えららん |  2011.08.27(土) 20:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://atopiclife.blog22.fc2.com/tb.php/1007-1d6aa46e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |