2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.23 (Mon)

やっぱり米粉パンが好き!

みなさん、台風は大丈夫でしたか?

私が住んでいる地域でも暴風雨でとても外出できる状態ではありませんでしたが、今はすっきり青空が広がり、あの荒れた天気がまるでウソのようです……。

週末にあるはずだったムスメの運動会は悪天候のためになくなり、今日の朝はムスコの学校が登校時間を遅らせて1、2時間目の授業をナシにする、といった台風対応でした。

空を見上げながら、「土曜日にこの晴れ間だったら、ムスメの運動会をさせてあげられたのになぁ」なんて思いました。
運動会前日まで、「がんばるぞ〜、えいえいおー!」なんて小さなこぶしをふりあげて練習していたんですけどねー

週末は外出できず、子どもたちが退屈していので、お昼ごはんにおいなりさんの皮を私が煮て、子どもたちに詰めてもらいました!
子どもたちが作ってくれたおいなりさんは、とってもとってもおいしくて、幸せでした。

でもね、でもね、夫はね、「皮がやぶれてる」「ごはん粒があちこちにくっついてる」とか言っていたんですよ。
オイオイ!!!
信じられなーーーーーい!

子どもたちが一生懸命作ってくれている姿を見ていて、「この子たちの小さな手でにぎって、心を込めて作ってくれてるんだなぁ」って、幸せを感じないなんて、不思議すぎる。
私、皮がやぶれてたって、ごはん粒がつきまくってたって、ものすごくおいしそうに見えたけどなぁ。
こういうのって、父親と母親のメンタリティの違いなんでしょうかねぇ。

さてさて、米粉パンです。
このところ、ずっと米粉のご機嫌が悪く、ふんわりおいしい米粉食パンが焼けませんでした。

とはいえ、子どもたちは米粉食パンが大好きで、朝食はほとんどパンなので、うまく焼けないとか、そんなことを言ってはいられず、なにがなんでも焼かなくてはなりません(苦笑)

私は米粉パンでも、型のサイズによって使う米粉を変えています。
大きい一斤型の時には、グルテンフリ―のパン用米粉。
小さいパウンド型の時には、製菓用米粉。

私のレシピの場合、たとえば、一斤パン用のレシピでパウンド型のパンを焼いても焼けますが、味も食感もパウンド型用に作ったレシピのほうがおいしくできます。
型に合わせたレシピなので、米粉のごきげんが悪くなると、とっても困ります(涙)

夏から、なのですが、子どもたちが毎朝食べている一斤パンの気泡が大きくて食感が良くなく、焼くたびに、「今回も良くない……」と泣きそうになりながら焼いていました。

主な材料はパン用米粉とでんぷんなので、でんぷんの量を変えてみたり、発酵時間や発酵の回数を変えてみたり。
もちろん、水分量や油脂量を変えてみたりもしましたよ。
でも、焼き上がりが不安定で、イマイチ。

170826_1005~01

味はまずいわけではないのですが、一番良い食感を知っているだけに、どうにも残念でなりません……。

何キロも焼いてみては「うーん……」という状態だったので、レシピを大幅にいじってみることにしました。

焼き上がっても米粉に水分が余分に残っているような重さがあるため、それを解消すべく、パン用米粉と製菓用米粉とコーンスターチとタピオカ粉を入れてみました!
すると、パンの間に空気の層がまんべんなく入っていて、ふんわり、やわらか〜〜〜

171023_1036~01

食べてみると、「そうそう、これこれ!」という感じでした。

これが以前は、パン用米粉とでんぷんでできたのに、米粉2種類ミックスしないとうまくいかないっていうのは、どういうことなのかなぁ。
米粉自体の吸水量が変わっているっていうことなのかなぁ。

ああ、米粉の物理性などを実験・検証する研究施設がほしい(笑い)

米粉って、どんなに仲良しになったつもりでも、ちょっとしたことでうまくいかなくなってしまうことがありますよね。
でも、ちょっとくらい失敗したと思っても、それはそれでおいしいんですよねー
米粉って、すごいなぁ、って思います。

米粉で作ったものはおいしいから、子どもたちの笑顔が見られるし、やっぱり頑張っちゃいますよね!

秋はお米の収穫の時期ですね。
米粉の原料米もおいしく育っていることでしょうね。

新しい原料米を使った米粉はまだ流通していませんが、今年の米粉で作ってみる日が楽しみです。

お互いに、米粉ライフがますます楽しく、おいしくしていきたいですよね!


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

































スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  コメント(0)

2017.10.11 (Wed)

お知らせが2つです!

ちょっと前に、ゆるゆるアレルギーっ子育て、時々あたふたが更新されました。
よろしければご覧になってください。

あと、もうひとつのお知らせはレッスンについて、です。

ハロウィーンも近いので、新しいレッスンはハロウィーンスイーツです。
ハロウィーンといえば、カボチャですよね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ヘルシーで簡単なハロウィーンスイーツ講座
(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ・ココナツ・ショートニング不使用)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カボチャチョコタルト(小さい)カボチャケーキ(ハロウィン)
抹茶クッキー(小さい)

ハロウィーンスイーツでは、タルトとデコレーションケーキとクッキーを作ります。
しかも、小さいカボチャなら2分の1個、大きめのカボチャなら4分の1個も使います。
手作りならではの野菜たっぷり、栄養たっぷりのデコレーションケーキですよ〜

今回もボウルや泡立て器は使いません。

チョコカボチャタルト(直径16センチ)、カボチャクリームのデコレーションケーキ(直径12センチのスポンジケーキの上にクリームを塗るので、もう少し大きいです)、抹茶クッキーのマシュマロサンドを作ります。
デコレーションケーキはスポンジケーキを冷まさないとデコレーションできないため、私が焼いておいたものを使ってデコレーションしていただきます。

カボチャタルトはチョコ味のクラストとフィリングのカボチャを飾っていて、濃厚な味わい。
ショートニングを使わないので、ちょっとクラストを型に敷き込む時にコツがいりますが、一緒にやっていただければすぐにできるかと思います。

スポンジケーキの生地はボウルや泡立て器を使わず、ポリ袋で作って行きます。
作るのも簡単、洗い物も少なくて便利ですよ〜

デコレーションはカボチャたっぷりのクリームの上に、カボチャの皮を型抜きして飾ります。

ご自分で焼いたスポンジはお持ち帰りいただきますので、おうちでそのまま召し上がっていただいても、デコレーションケーキの復習をしていただいてもよいかと思います。

抹茶クッキーはショートニングを使いません。
抹茶の緑にマシュマロの白い色があると可愛いですよね!
もしマシュマロやゼラチンが苦手な方は、マシュマロをはさまないで召し上がってもおいしいですよ。


<日程>
2017年9月13日(水曜日) 11:00〜13:00
2017年9月14日(木曜日) 11:00〜13:00
2017年9月15日(金曜日) 11:00〜13:00
2017年9月22日(金曜日) 10:30〜12:30 
2017年9月27日(水曜日) 11:00〜13:00
2017年10月4日(水曜日) 10:30〜12:30 
2017年10月5日(木曜日) 10:30〜12:30 
2017年10月6日(金曜日) 11:00〜13:00 
2017年10月12日(木曜日) 11:00〜13:00
2017年10月13日(金曜日) 10:30〜12:30
2017年10月20日(金曜日) 11:00〜13:00
*所要時間2時間程度。作業の進み具合によって、多少、前後することがあります。 

<参加費>
おひとり 6500円
*お子様連れでのご参加も大歓迎です。

<持ち物>
エプロン、お持ち帰り用の袋や容器、筆記用具

<会場>
JR山手線・京浜東北線「田町駅」または、都営三田線・浅草線「三田駅」から徒歩10分ほどの場所になります。
お申し込みが確定いたしましたら、詳しい場所をお知らせいたします。

<お願い>
会場はアレルギー専用キッチンではありませんので、調理器具や食器に小麦・グルテン・卵・乳・大豆・ナッツ・甲殻類などのアレルゲンの付着があります。
食材はアレルゲンを含まないものを準備いたしますが、製造や流通過程でのアレルゲンのコンタミネーション(微量混入)の可能性もあります。
参加をご検討くださる際には、コンタミネーションがあるという点も含めてご確認をお願いいたします。

<問い合わせ・申込先>
komekomekitchen@gmail.com

お申し込みに際しては、ご希望のレッスン名と日時、お名前、ご連絡先(メールアドレス & 日中ご連絡がつくお電話番号)・参加人数・アレルゲン(あれば)をお知らせください。
日によって開催時間帯が変わりますので、再度、ご確認ののち、お申し込みをお願いいたします。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
パウンド型でふんわりミニ食パン講座
(小麦・卵・乳・大豆・グルテン・増粘剤・ナッツ不使用)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ポリ袋で作る米粉食パン(ブログ)むね肉の包み焼き(ブログ)乳不使用チョコトリュフ(ブログ)

ポリ袋を使ってパンの生地を作るので、ボウルや泡立て器は不要。
製菓用米粉を使い、パウンド型で焼き上げる小型のパンなので、フタ付きのパン型がなくても大丈夫。

主菜は、ハニーマスタードチキンのカルトッチョ(紙包み焼き)、サイドディッシュはメープル風味のコールスロー。
パンと一緒に焼き上げるので、時間も手間も短縮できるお手軽料理です。

デザートは乳製品を使わない小豆のベジトリュフ。
「簡単なのに、洋風の味!」「食べる罪悪感がまったくない」と好評です(笑)

個別のメニューの詳細はこちらの記事に書いてありますのでご覧になってください。

<日程>
2017年9月1日(金曜日) 10:30〜13:00
2017年9月6日(水曜日) 10:30〜13:00
2017年9月7日(木曜日) 10:30〜13:00
2017年9月8日(金曜日) 10:30〜13:00
2017年9月20日(水曜日) 10:30〜13:00
2017年9月21日(木曜日) 10:30〜13:00
2017年9月26日(火曜日) 10:30〜13:00
2017年10月10日(火曜日) 10:30〜13:00
2017年10月19日(木曜日) 12:00〜14:30
2017年10月24日(月曜日) 11:30〜14:00
2017年10月27日(金曜日) 13:00〜15:30 

*所要時間2時間半程度。作業の進み具合によって、多少、前後することがあります。 

<参加費>
おひとり 6000円
*お子様連れでのご参加も大歓迎です。

<持ち物>
エプロン、お持ち帰り用の袋や容器、筆記用具

<会場>
JR山手線・京浜東北線「田町駅」または、都営三田線・浅草線「三田駅」から徒歩10分ほどの場所になります。
お申し込みが確定いたしましたら、詳しい場所をお知らせいたします。

<お願い>
会場はアレルギー専用キッチンではありませんので、調理器具や食器に小麦・グルテン・卵・乳・大豆・ナッツ・甲殻類などのアレルゲンの付着があります。
食材はアレルゲンを含まないものを準備いたしますが、製造や流通過程でのアレルゲンのコンタミネーション(微量混入)の可能性もあります。
参加をご検討くださる際には、コンタミネーションがあるという点も含めてご確認をお願いいたします。

<問い合わせ・申込先>
komekomekitchen@gmail.com

お申し込みに際しては、ご希望のレッスン名と日時、お名前、ご連絡先(メールアドレス & 日中ご連絡がつくお電話番号)・参加人数・アレルゲン(あれば)をお知らせください。
日によって開催時間帯が変わりますので、再度、ご確認ののち、お申し込みをお願いいたします。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
小麦・グルテン・卵・乳・大豆・増粘剤を使わないバーガー講座
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

バーガーサラダ161007_0729~02

米粉のバンズは、ボウルや泡立て器不要。
ポリ袋を使って生地作りをしますので、洗いものが少なくラクチンです!

米粉の型を使った成型パンは、蒸してから焼き色をつけると軟らかいのですがもちもち感が強くなります。
また、蒸し器を用意する手間もかかりますので、今回は「蒸す」という工程はなしで、焼き上げて作ります。
焼くとふわっと膨らむため、バンズにはひびがはいってしまいますが、おいしいですよ〜

161006_1052~01

写真撮影が間に合わなかったために、蒸してから焼き色を付けたバーガーの画像を掲載していますが(←申し訳ありません!!)、味と食感を優先してヒビが入っても焼き上げる作り方のバーガーになりますので、ご了承ください。
蒸して色をしっかり出すためのやり方はレッスン時にお伝えします。

バンズの型がないとおうちで作るのに不便なので、レシピの分量に合わせて、型も2個プレゼントいたします。

バーガーのパテは豚肉です。
パテの味に合わせてトマトソースも簡単に手作りしちゃいます。

サラダには、甘辛いそぼろを乗せます。
そのままごはんにかけても、お弁当にもぴったりで、作り置きしておくと便利です。

ケーキは使い捨てのアルミ型で作るので、とっても手軽です。

レッスンのメニューの詳しい説明はこちらの記事でご確認をお願いします。

<日程>
2017年9月11日(月曜日) 10:30〜13:00
2017年9月25日(月曜日) 10:30〜13:00
2017年10月11日(水曜日) 10:30〜13:00
2017年10月16日(月曜日) 10:30〜13:00
2017年10月17日(火曜日) 11:30〜14:00
2017年10月18日(水曜日) 10:30〜13:00
2017年10月25日(水曜日) 10:30〜13:00
2017年10月26日(木曜日) 10:30〜13:00 
*所要時間は2時間半程度を予定していますが、作業の進み具合によって時間がのびる可能性があります。

<参加費>
おひとり 6000円
*お子様連れでのご参加も大歓迎です。

<持ち物>
エプロン、お持ち帰り用の袋や容器、筆記用具

<会場>
JR山手線・京浜東北線「田町駅」または、都営三田線・浅草線「三田駅」から徒歩10分ほどの場所になります。
お申し込みが確定いたしましたら、詳しい場所をお知らせいたします。

<お願い>
会場はアレルギー専用キッチンではありませんので、調理器具や食器に小麦・グルテン・卵・乳・大豆・ナッツ・甲殻類などのアレルゲンの付着があります。
食材はアレルゲンを含まないものを準備いたしますが、製造や流通過程でのアレルゲンのコンタミネーション(微量混入)の可能性もあります。
参加をご検討くださる際には、コンタミネーションがあるという点も含めてご確認をお願いいたします。

<問い合わせ・申込先>
komekomekitchen@gmail.com

お申し込みに際しては、ご希望のレッスン名と日時、お名前、ご連絡先(メールアドレス & 日中ご連絡がつくお電話番号)・参加人数・アレルゲン(あれば)をお知らせください。

日によって開催時間帯が変わりますので、再度、ご確認ののち、お申し込みをお願いいたします。

2日以内のお返事を心がけておりますが、こちらからの返信がない場合には、メールの不着の可能性もありますので、お手数ですが、再度ご連絡くださいますようお願い申し上げます。



160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  旅行  |  コメント(0)

2017.10.10 (Tue)

ちょっと切なく、悩ましい

先日、ムスコの学校の先生とお話をしてきました。
ちょっと切なくなって、もやもやしてしまいました。

「教えていただいたお菓子、食べられましたので、工場見学は大丈夫です!」とご報告して喜んでいただいたのはいいのですが……。

先生はムスコの学校の様子をとても心配していた、と聞いて、ビックリ。

先生曰く、2学期になってから、ぼんやりしていたり、授業中に勝手なことをしていることが目立つようになってきた、言われたこともやらないことがある、などなど。
でも、そう話した後に、「テストの成績も悪くないし、授業をまったく聞いていないか、と言えば、そうじゃないと思うんですけど」と補足してらっしゃいました。

学校にいる時の様子はよくわからないので、先生が具体的に教えてくれたことがらに関して、ムスコに「やったかやらないか」「やったとしたら、その理由は」とひとつづつ質問してみたのですよ。

すると、「それはやっていたけど、別に理由はない」ということもあれば、「そんなこと、やってないってば!」と真剣な顔で否定することもありました。

たとえば、先生が「図工の時間に仕上げをしていた作品にバーッと色を塗ってしまって驚いた」とおっしゃっていたのですが、ムスコに聞いたら、「ドアの部分を塗っていた時のことでしょ? 別に適当にとか、なげやりにやっていたわけじゃない」と説明していました。

ムスコは子どもだから、自分の都合の悪いこと、叱られそうなことは隠すことがあるかもしれませんが、この図工のlことに関しては説明に筋が通っていたし、今度学校に行った時に確認すればわかることなので、あえてウソを言うとは思えないんですよねぇ。
うーん……。

そうやってあれこれ考えていた時に、先生とムスコのどっちが正しいということではなく、立場によってそう見える、ということなのかなぁ、と思ったのですよ。

ちょっと話は横道にそれます。

私はムスコの離乳食をはじめた時、何を食べさせても、何をしていても、アレルギー反応に結びつけて考えていました。
ちょっと赤くなったら「あれ、この野菜もダメなの?」、ムスコがかゆがったら「何食べさせたっけ? 大丈夫かな? 食べさせない方がいいかな?」と悩んだものでした。
食物アレルギー歴が短いうちはどんなことも過剰に不安になっていました。

今だったら、ムスコに蕁麻疹が出ても、赤くなっても、ポリポリひっかいていても、「まあ、仕方ないか。でも、このくらいだったら食べられるんだね。ムスコの身体がここまでだよ、って言ってるんだもんね」みたいなおおらかな気持ちで見ていられます。
いわば、ムスコの身体の個性というか、個体差というか、十人十色というか……。

強いアレルギ―反応が出たら、薬を飲ませて安静にする。
喘息の発作が出たら、発作を止める薬を飲ませて治療する。
明らかで重篤な症状が出る場合には薬に助けてもらう、というのは大切なことだと思っています。

けれども、どこまでが子どもの個性なのか、という判断は、とても主観的なものですよね。
同じ物事であっても見る角度によって良い面と悪い面の両方があるように、見る人によって、判断がわかれる場合も多いと思うのです。

ついこの間までヨチヨチ歩きをして、二語から三語と言葉が増えて、ひとり遊びから友だちと遊ぶことができるようになった小学生の子どもには、人生経験がまだ数年しかありません。
子どもには、できることとできないことが、好きなこと嫌いなことがあるのは当然のことですし、そうしたものの兼ね合いで多彩な個性が生まれるのではないかと私は思っています。
その度合いの問題、というのはあるかとは思いますが。

主治医にも聞いてみたのですが、発達障害にのみ関して言えば、専門に診ている医師が診断を下すけれど、それもあくまで「そういう傾向があるね」ということで、生活面で特別な配慮が必要なのか、投薬治療が必要なのかといったことは、また別な話です、と教えていただきました。
専門家の判断によっても、その線引きは変わり、非常にデリケートで難しい、と聞いたこともあります。

先生がムスコを心配してくださっているのはありがたいことですが、先生が思い描いている理想の児童像にムスコを当てはめるのはムリです〜(涙)

たぶん、先生の理想像はこんな感じ。
いつも元気で、遊びも、勉強もしっかりやるし、スポーツもしっかりやる。
授業中もしっかり聞いて、手をあげてハキハキ発言する。

一方ムスコは、といえば、マイペースでおっとり。
好きなことには集中するけど、嫌いなことはどうでもいい。
優しくて、スポーツおんち。

マイペースなのは、ネガティブに見たら、まわりのスピードに合わせられない、集団行動が苦手、となるのかもしれないですし、好きなことだけに集中するというのは、自分勝手ということになるのかもしれません。
競争心や闘争心がないのに、スポーツが上達する、なんてこともないですよね(汗)

だけど、スポーツができる子もできない子も、授業中にずっと集中力を保てる子も保つのが難しい子も、いろいろあって、それがその子なりの個性なのではないかと感じるのは、忙しい教育の現場ではなく、親だから、なんでしょうかねぇ……。

学校という集団生活では、その子らしさや個性よりも、集団の中でいかにまわりと合わせてスムーズに生活できるか、という価値観のほうが重視されるのでしょうね。
それを訓練するために行く、というのか……。

ムスコが赤ちゃんの頃は、食物アレルギーは「あのお母さん、神経質すぎるから」「好き嫌いじゃないの?」みたいなトーンで語られることがあり、ものすごく切なかったものです。
アレルギーを理解していない人にどんなに説明しようとしても、着地点が違っていて、わかってほしいのに、わかりあえないもどかしさがありました。

今は、ムスコの学校での態度です……。
専門家や専門機関に相談に行くことを検討しなくてはならないほどの問題行動なのかなぁ……。
子どものこれからの人生や、私の子育てにも深く関係していることだけに、簡単に結論が出そうにありません。

いろいろもやもやしてはいるのですが、確かに、授業に集中していないムスコの態度は良くないので、ムスコにはっぱをかけました!
「授業は集中して聞くこと! そしてノートは読みやすい字で書くこと! どれだけ頑張ってきたか、毎日、夕飯の時にじっくり聞くよ」と言ったら、「わかった〜」と気の抜けた声で返事をして学校に行きました。

ここで、「わかった! 頑張ってくるよ、お母さん!!」みたいに気合いバリバリで言える子だったら、先生にも心配をかけなくてすむんでしょうけどね(苦笑)
でも、そうなっちゃったら、それ、ムスコじゃないですから(笑い)

いつでも、誰に何を言われても、「ムスコはムスコです。このままで愛しい存在なので、ご心配くださったお気持ちだけありがたくいただきます」とニッコリ笑顔で言える母でありたいものです。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡









































テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT