2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.07.20 (Thu)

お泊まり……心配です……。

小学校は今日が終業式。
明日から夏休みです。

つい、この間、新学期が始まったと思ったら、もう夏休み。
今年の夏休みは、正直言って、先延ばしにしたいくらいだったのですよ。

入学時からずっと気になっていた夏期学園に今年、ムスコは参加します。
5年生は夏期学園。
6年生になると、もっと長く泊まってきます。

ドキドキドキドキドキ……。
丸2日間、家族以外の誰かに任せたことなんてないので、かーなーり心配です。

夏期学園は2泊3日で出かけるので、その間の食事の内容について確認作業をしました。
どうやら持参するものはなさそう。
ありがたいことです。

今年は尋常じゃなく気温が高いから腐敗が心配だし、家庭で調理したものを持ち込むと食中毒などの可能性も高まるため、できるだけ現地で完結したい、という感じなのかもしれません。
初日はバスでの移動後に昼食になるため、みんなお弁当を持参するのかと思っていましたが、初日のお弁当も学校で用意してくれるということなので、たぶん。

登山もプログラムに組み込まれているのですが、登山前にスポーツドリンクを子どもたちに渡すので、アレルギーがあるようなら事前に知らせるように、と、参加者全員が言われました。

スポーツドリンクの銘柄指定、できるのかなぁ……。
いつも決まったものしか飲んでいないから、よくわからないなぁ。
まあ、スポーツドリンクでそんなにひどいアレルギー反応が出るとは思わないけど。

こうやって気にしているくらいなら、「飲んだことがない銘柄だったら飲ませるので、銘柄を教えてください」って言おう!
うん、そうしよう。

飲食するものだけでなく、ダニアレルギーだから寝具や室内のことも気になるけれど、でも、蕁麻疹が出て痒くて眠れなくなったって、今はもう呼吸器系のアレルギー反応は出なくなっているから、薬でなんとかなるよね。
うん、きっと大丈夫!!(←自分に言い聞かせています)

不安がいっぱいすぎてどうしたものやら、ですが、ひとつひとつ、気になる点を確認していけば、送り出すほうも、送り出される方も安心ですよね。

今年の夏休みは、夏期学園が無事に終わるまで気が重いです……。

実家に戻った時にいとこたちとキャンプをする2日後に夏期学園になっちゃって、疲れている時に参加することになってしまったことも心配が大きくなっている理由です。
アレッ子は疲れと環境の変化でアレルギー反応が出やすくなること、ありますよね。

いろいろ考えはじめると、「参加しない」という選択をしたくなっちゃうのですが、でも、ムスコにとってはいい経験になると思うので、それじゃなくても忙しい先生方には申し訳ないですが、いろいろとご相談させていただこうと思います。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




















スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

2017.07.14 (Fri)

ブクブク……もう、できた!

梅シロップを作っているのですが、今年は、とっても元気に発酵してしまいました(苦笑)

今年の梅は水分が多くて軟らかかったし、完熟だったので、梅の水分が出るほうが氷砂糖が溶ける早さよりも早かったんでしょうね。
底のほうに溶け残っている氷砂糖があるので、毎日、逆さにして混ぜていましたが、混ぜ足りなかったようで。

氷砂糖がある底のほうは糖分濃度が高いけれど、上のほうはどんどん梅から水分が出てきて薄まっていくため、それで発酵してしまったのだろうと思われます。

フタをして上下を逆さにして混ぜたら、透明なシロップの中に酵母からの気泡が白い泡のように出てあがってきて、まるでビールみたいになりました(笑い)

発酵中

念のためにお伝えすると、発酵してしまっても、梅シロップは問題なく飲めます。
多少は発酵するものですから、「あ、発酵しちゃった!」とびっくりして捨てちゃったりしないでくださいね。

ただ、ここに掲載した画像のようにブクブクと発酵したものをそのまま置いておくとアルコール臭が出てきたり、酸味が出たりして味が落ちてしまいます。
なので、できるだけ早く、梅の実をとりだし、シロップを鍋に入れて弱火で加熱することが必要です。

酵母は生き物なので、熱を加えると働きを止めるので、加熱したシロップをしっかりと冷ましてから、煮沸した瓶などに入れて保存します。
こうして冷暗所に置いておけば長期保存が可能になるんですよ。
我が家では去年仕込んだ梅シロップを今年も飲んでいます。

取り出した梅の実は、種をとってから刻んでケーキなどに入れてもおいしいです。
今回は、まだ梅シロップとして漬け込んでおいたのは10日ほどで日が浅く、香りも風味も水分も残っている梅だったので、皮をむいて甜菜グラニュー糖と水を少し加えてコトコト煮ました。
オレンジ色のキレイな梅ジャムになりました〜

梅ジャム

子どもたちはトーストした米粉食パンにたっぷりのせて朝ごはんに。
梅ジャムタルトにしてもおいしそう。

梅シロップは甘酸っぱい味がすっきり、さっぱりで、体を内側から元気にしてくれます。
味良し、香り良し、で、梅シロップは、夏の暑さを爽やかななおいしさで乗り切るエネルギー補給に役立ってくれそうです!

もうひとつの梅仕事。
梅干しのほうも、できあがりが楽しみです。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  コメント(0)

2017.07.11 (Tue)

効いているのかな?

しばらく前に書きましたが、このところ、ムスコの起立性調節障害の症状がまた出てきています(涙)

親の私から見て、気になる症状といえば、朝、とにかく起きらないことと、夜、スムーズに眠れないこと。
血圧がちゃんと頭までまわらないために上体を起こせないようなのですが、それに伴って気力や集中力の低下もあるような感じがするし、むくみもあるし……。
あああー、あれもこれもそれも、ぜーんぶ気になる(泣)

ムスコの場合、投薬治療が必要なほどひどい起立性調節障害ではないので、経過観察しながら、生活のリズムを整えて治していこう、ということになっています。

症状には波があるし、季節によってひどくなったり、軽くなったりするし、季節の変わり目や低気圧がくるとまったくダメというのは、食物アレルギーのアレルギ―反応が生じる波とも似ている気がします。
ムスコの体の中のバランスが狂っているんだろうなぁ……。

ストレスとか、子どもなりの悩みとかかもなぁ……思春期に入るし。
って、わからないことは何でも思春期のせいにしてたら、なにも解決しないけど(笑い)

アレルギー体質は免疫の過剰によって起こるし、起立性調節障害は自律神経の働きの崩れによって起こりますよね。
バランス調整がしにくいということは、体を支える根っこのところが弱いということなのでしょうから、体を冷やしすぎず、血液循環が良くなるような食生活や生活パターンを整えることがまず必要なのかな、と思っています。

最初に起立性調節障害の診断が下った時、漢方のエキス剤を飲んでいたことがあるのですが、ムスコには飲みにくかったようで、続けることができませんでした。
私も舐めてみましたが、味自体は苦いとか、そういうことはありませんでした。
なので、ムスコにとっては、味そのものが苦手だったのではなく、粉剤を朝晩、何か月も飲み続ける(←私も「ちゃんと飲んだ?」と声かけができなかった)という根気がなかった、ということなのですが。

その後はホメオパシーで体質改善をしていて、ちょっと良くなってきたな、と思っていたのですが……。
体の中で何かが不調を起こして症状として出ているのですから、そんなにすぐに治らないですよね。

ムスコは軽い睡眠障害になっているのか、夜はなかなか寝付けません。
もちろん、朝、起きられるハズもなし。
毎日のように学校に遅刻して行くので、「別に遅刻したっていいや」と思って諦めているのか聞いてみたところ、ムスコも「起きたいけど、起きられない」とつらそうだったので、バッチフラワーレメディのエッセンスを使ってみることにしました。

バッチフラワーレメディというのは、花やハーブのエネルギーが詰まったエッセンスを利用する自然療法です。
乱暴なたとえですが、ホメオパシーの親戚みたいなものかな、と私は思っています。
けれども、ホメオパシーとはカバー範囲も若干異なるような印象があります。

また、ハーブ療法の一種ではありますが、ハーブティやアロマセラピーのように香りの効果によって不調を改善しようというのとは、また違った経過をたどります。

バッチフラワーレメディには、38種類のフラワーエッセンスがあり、その組み合わせでさまざまな不調を改善することができます。

170711_0748~02

ムスコには、ホーンビームというセイヨウシデから作られたフラワーレメディを使ってみました。

170711_0752~01

『バッチフラワーエッセンス事典』によると、「ホーンビームは、日常生活を滞りなく送るためのエッセンスです。(中略)朝、働く意欲が出ず、何もかも面倒に思えるという状態が時間が経つにつれて和らいでいくような人に効きます」とあり、ほかの特徴を読んでみても、ムスコの症状やメンタリティに合うところが多いようです。

今回は、ムスコが学校に行く時に持って行く500ミリリットル入りの水筒に水を入れ、ホーンビームのエッセンス4滴をたらして、様子を見ています。

とりはじめて1週間。
なんとなく、効いているような気がします。

1)これまでは朝、起き上がるまでに最低でも30分くらいごろごろしていて、それでも「目をあけられないくらいダルい」と言っていたのに、「7時だよ」と声をかけると、目をあけて「わかった」というようにうなづくようになりました。

2)起き上がってきても、そのまま洗面所で洗顔と歯磨きをする気力もなかったのに、起きてすぐに洗面所に行けました〜

3)学校に遅刻しない時間に、朝ごはんをちゃんと食べられるようになりました!

「えええー、そんなことすらできなかったの!?」といわれてしまいそうな低レベルのことなのですが……スミマセン。
起立性調節障害は朝だるそうにしていても午後になると元気いっぱいになるので、仮病みたいに思われてしまうことがあります。
身近にいて知っている家族でも、ムスコが感じている体の不調のつらさはわからないところがありますし……。

今朝は画期的な変化がありました!!
声をかけて15分後には起き上がって洗顔と歯磨きを済ませ、ソファでごろごろすることなく朝食を食べ、身支度をして学校に遅刻しないように出かけて行きました。
ジーン、感動(涙)

明日も今日のようにできるといいな。
笑顔でおはようが言えるって、素晴らしいことですね!

食事に気をつけているからかもしれないし、雨が降っていないからかもしれないし(←雨の日は特に起きられないから)、いろいろな要因があるので、バッチフラワーレメディの効果とは断言できないのですが、ムスコには相性のいい自然療法かも?

病院での治療が必要な病気には薬が欠かせませんので、自己判断で自然療法だけに頼るのは危険を伴います。
薬を飲むほどではないけど、でも、なんとなく調子が悪くてつらい、という時には自然療法を使うのも選択肢のひとつかな、と私は思っています。

一番いいのは、何にも頼らなくても、おいしく食べて、ぐっすり眠って、楽しく過ごせる、健康な体ですよね!!!

暑い夏、体を冷やしすぎず、元気に過ごしたいですね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡













テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT