2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.29 (Thu)

子どもたちの成長にウルウル

昨日のことなのですが、ひどく頭痛がして寝込んでいました。

もともと私は頭痛持ちで、独身時代はいつもバックに鎮痛剤を入れて持ち歩き、しょっちゅう飲んでいた反省から、今はできるだけ横になって休んで治すようにしています。

昔はあまり気にせず飲んでいました。
ところが、鎮痛剤を飲み続ける、頻繁にとる、などすると副作用があるようで、「あれ、私の不調、鎮痛剤のせいだったのかな?」みたいのが結構あったんですよねぇ。
以前は、薬の副作用だと知らず、さらに別な不調があるからと市販薬をいろいろと飲むようになリ、いつも何種類もの薬を持ち歩いていました。
「そんなことしたら、健康に悪いよ。病院に行きなよ」と、昔の私に言ってやりたい(汗)

そんなわけで、ひどい頭痛が起こったり、頭痛がずっとおさまらないようだったら、市販薬の鎮痛剤を飲んで痛みを止めちゃうのではなく、病院で検査をしてもらうほうがいいな、と思うようになりました。

前置きが長くなってしまいました。
すみません。

それで、昨日の夜ごはんは、なんとか起き上がり、冷蔵庫にある食材をつかって有り合わせのおかずを作り、子どもたちに「おかあは頭が痛くてつらいから、横になってるね。ごはんはできたから、食べてね」と声をかけると、ふたりとも「はーい!」といいお返事。

途中で様子を見に行くと、ムスコは「にぎりめし屋だよ! みそも出していい? みそおにぎりもメニューに入れるから」と言って、ごはんにおかずを入れておにぎり状にて海苔をまき、楽しそう。

ムスメもお兄ちゃんの真似をして、「おかかしょうゆのおにぎり、つくるんだ〜」なんていいながら、おちゃんによそったごはんの上におかかにしょうゆをまぶしたものを乗せて、ぐりぐりと混ぜていました。

ふたりとも、おままごとの延長みたいな感じで、楽しそうに自分たちで工夫しながら食べてくれている様子を見て、大きくなったなぁ、と感慨深かったです。

まあ、野菜のおかずのほうを食べてほしかったのにそれには手をつけず、もろきゅうや梅干し、おかかしょうゆ、いかなごといった味の濃いおかずばかりを食べ、炊飯器がからっぽになっていたのには驚きました(笑い)

寝室に横になっていると、パタパタとムスメが走ってくる足音がして何かと思ったら、「おかあ、しょっき、ぜんぶ、あらったよ! みーやんのだけだけど、あらっておいたから」と言うではありませんか。
踏み台を持っていって、食器を洗い、背伸びをしながら腕を精一杯のばして蛇口から水を出しているムスメの姿が脳裏に浮かび、ちょっとウルウルしちゃいました。

子どもたちは自分たちで食べることを楽しんでくれるようになり、良かったなー、と思います。

「ピザレストラン」とか「洋食屋さん」ではなく、「おにぎり屋さん」っていうところがアレッ子らしいですよね〜

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(0)

2017.06.26 (Mon)

羽ばたいていきました

今年も夫がアゲハの幼虫や卵をとってきて、うちで育てています。
毎年恒例の行事になりつつあり、アゲハの幼虫がうちに来ると、「ああ、夏がもうすぐだなぁ」と思います。

近所のミカンの木にくっついているのは、ほとんどはナミアゲハという普通のアゲハ。
ところが、今年は卵からかえった1匹の幼虫が、大人の親指ほどの大きさになり、「もしかしたら、クロアゲハかも!?」とわくわく!

朝、起きてのぞいた時にはサナギだったのに、子どもたちが起きる時間になったらガサゴソ音がする!!
クロアゲハになって、飼育箱の中でぱたぱたと羽を広げて乾かしていました〜

170620_0719~01

羽が乾かず、まだ飛べないようなので、ベランダのパッションフラワーの葉っぱにとまらせました。
キレイですよね〜

昔、読んだマンガのラストシーンかなんかに、真っ青な青空にクロアゲハが黒い蔭のように羽ばたいているシーンがありました。
内容はまったく思い出せないのですが、切ないような、心がむずがゆいような気持ちを感じたことだけは覚えています。

サナギから蝶になって、どこまで飛んで行くんでしょうね。
おいしい花の蜜が見つかるといいなぁ。

そして、我が家の子どもたち。
いつもくっついて、重なり合って寝ています。

ものすっごく寝相が悪くて、ゴロゴロとイモムシみたいに一晩中動いているので、安眠できないんじゃないかと思うんですが。
どんなにふたりを離して寝かせても、朝になるとくっついてるんですよねぇ(笑い)

170619_0558~02

最近、さらに理屈っぽくなり、ちょっとイライラしているような感じが見えたり、不機嫌そうな様子が垣間見えるムスコ。
いつも上機嫌なムスメとは違います。
そろそろムスコは思春期なんでしょうかねぇ。

ある日突然、男の子っぽくなって、離れていってしまうわけではないのでしょうけれど、ちょっとずつ、ちょっとずつ距離をとるようになってきたのかもしれません。
私の言うことをすぐに聞いてくれることもあるし、4歳のムスメと張り合うくらい子どもっぽい時もあるけれど、あーだ、こーだといちゃもんをつけることもあり、この不安定さも自立への一歩ってことかなぁ、と。

親の声のかけ方、距離の取り方で、難しい思春期時代をスムーズに過ごせるか、それとも悩みまくるか違ってくるという経験談を先輩ママたちから聞き、ちょっとびくびくしています。
男の子、むずかしー

ムスコがどういう思春期に突入するのかはまだわかりませんが、せめて、ムスコが喜んで食べてくれるうちはお菓子やパンをこまめに作ろうと思っています。
恋人の胃袋をつかめ!じゃないけどね(笑い)

もっと大きくなったら、私の作ったものよりも市販品のお菓子やファストフードでフライドポテトとか、お友だちと食べることが多くなるだろうから、今のうちだけでも、体の土台を手作りの食べ物で作っておきたいな。
栄養は貯金できないけど、自分の好きな食べ物を記憶が、親の愛情のひとつのかたちとしてムスコの心に貯金みたいにたまっていくといいけれど。

子どもは「つ」がつく時までは親の庇護のもとにあり、「つ」がとれたら、親から少しずつ離れて行く、と昔から言われていますよね。
「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」「よっつ」「いつつ」「むっつ」「ここのつ」までは「つ」がつきますが、「とお」は「つ」がつきません。
ムスコはもう10歳。
考えてみれば、自分の考えを持ち、自分なりの価値観を育てるようになる年頃ですね。

これからムスコがどんな男の子に育っていくのか想像がつかないけれど、自分の夢を見つけて、それに向かって進んでいってくれるといいな。
子どもが成長していくのを感じると、嬉しいけれど、なんだか、ちょっぴり切ない気持ちになっちゃったりします。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

2017.06.21 (Wed)

忘れないうちに、復習、復習!

先日の記事でお伝えしましたが、グルテンなどさまざまなアレルゲンフリーのおいしいケーキを作っていらっしゃる木の丸洋菓子店のリエさんにレッスンをしていただきました。

教えていただいたのはカボチャのマフィン。
材料の使うのは、米粉・かぼちゃ・砂糖・油・膨張剤のみです。
私は米粉の焼き菓子を作る時にはでんぷんを加えることが多いので、リエさんが米粉だけでどうやってふんわりさせるのか興味津々でした〜

目の前でリエさんが作ってくださるのみならず、その作業にはどのような効果があるのか、なぜそうするのかを細かく教えてくださり、「なるほど! なるほど! なるほど〜」
とても勉強になりました!!!

対面式のレッスンだと、レシピを説明する言葉だけではなく、目で見て、手で触れて、耳で聞いて、鼻で匂いをかいで、できあがったものを試食し、レシピが五感をとおして理解するため、レシピを作った方の思いとともに、レシピが命を持ったもののようになって、体に入っていく感じがします。
とっても、とっても楽しい経験でした。

そして、焼き上がったマフィンの試食。
子どもたちが好きなシナモンをふりふり〜

ふわふわで、カボチャの風味がある、とてもおいしいマフィンでした!!

170612_1526~01

いつも自分で作ったのを食べているので、米粉のお菓子の味には慣れているのですが、リエさんが作ってくださったのを食べて、とても新鮮な気持ちになりました。

使う素材が似ていても、作り方や分量、材料の選び方で味も食感もまったく違ったものになるのですねぇ。
米粉のお菓子って、奥が深いです。

マフィンの画像を見ていただくと、カボチャの黄色がキレイですよね。
でも、リエさん曰く、ちょっと焼き色がつくくらいまで焼いたほうが、さらにおいしいんだそうです。

いろいろとポイントを教えていただいたので、忘れないうちに復習しなきゃ。

マフィンを気に入ったムスコに、「作ってみる?」と聞くと、「うん、やるっ! カボチャの皮をむいて裏ごしするところから全部やるから、おかあはやっちゃダメだよ。見てるだけね」とのこと。

はいはい、見てるだけにしますよ。
アレっ子男子はお料理ができるほうがいいもんね!

最後に生地の中にできた気泡をつぶさないように混ぜる、といったところは私がやり、あとはムスコに任せました。
口は出しちゃいましたけど(笑い)

ムスコは真剣な顔をして生地作りをしている合間、味見にも忙しい(笑い)

170619_1641~03

復習では、マフィン型ではなく、型を変えて。
ふんわりおいしく焼き上がり、ムスコのおかわりの手がとまりませんでした(笑い)

170614_1236~01

リエさんは今後も工房などでレッスンを行う予定だそうです。
リエさんのブログはこちらなので、レッスンにご興味のある方はこまめにチェックしていていただくとよいかと思います。

レッスンが待ちきれない方は、せひ、リエさんが作ってらっしゃる木の丸洋菓子店のお菓子を召し上がってみてください!!!
ものすっごくおいしくて、アレルギー対応のケーキへのイメージががらりと変わりますよ。
私は1ホール、ひとりでいけます(笑い)

レッスンを受けるのは楽しいし、いろいろと勉強になりますね!
レシピがあると、いつでも食べたい時に自分で作れるようになって、いいですよね!!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT