なんでも見放題!

ムスメと泊まったホテルは、上野にある鴎外荘といいます。
その名のとおり、森鷗外ゆかりの宿です。

場所は上野動物園の目の前。
上野公園もすぐなので、西洋美術館や博物館などを訪れるには、とても便利です。

ホテルのチェックアウトの後、冬に逆戻りしたかのような寒さにもかかわらず、ムスメは「わがしやさんと、どうぶつえんにいきたい」。
えー、どっちかにしようよ、寒いよ(涙)

片方だけにしようと説得したものの、ムスメは聞き入れず。
たしかに、動物園は道路をはさんですぐ前に見えるし、動物園に寄ってから和菓子屋さんに行こうと思ったら、行けないこと、ないよね。

仕方がないので両方行くことにしてトコトコ歩いていたら、ホテルから一番近い場所の入口が動物園拡張のために閉鎖中(号泣)
この入口だったら近いからと思って動物園に行けるよ、と言ったのに、目論みがはずれてガッカリ。

それでも「どうぶつえん、いかなくていいよ」とムスメが言わないので、ぐるりとまわって動物園正門まで行き、入場。

王道で、まずはパンダから。
いやー、強烈に寒いし、雨は降っているしで、いつもより人がぐっと少ない。

前に来た時には、警備員さんが「動いてください! 立ち止まらないでください!」と声をかけていたのに、今回は「パンダ、あっちにいますよ」とにこやか。
おかげで、パンダ、見放題!

170326_1036~01

ゾウやサルなど、メジャーな動物たちを見てから、動物園モノレールに。
乗車時間はたった1分半くらいですが、あとで「電車博士」のムスコに聞かれるだろうから、やっぱりムスメを乗せておかないとね!

運転席のすぐ後ろに座ったら、そばに電車好きな男の子とママがいて、ママが「マスコンやん。運転できそうやな」と。
確かに!(笑い)

170326_1054~01

運転手さんが来たと思ったら、モノレール乗り場にいた普通っぽいスタッフの人でした。
スタッフの人、みんな運転できたりして。

170326_1055~01

とにかく、体の芯まで凍えそうな寒さをなんとかしたいと思い、屋内展示になっている爬虫類館へ。
虫が大っきらいなムスメなので(←アリでもくっつくと泣き叫ぶ)、ヘビやカエルなんて嫌がるだろうと思いきや、とっても気に入ったらしく、出口から出ても、「もう1かい、さいしょから、みる!」とテンション高し。
何に萌えてるのか、さっぱりわからなかったけど(汗)

爬虫類館を出ると、「キリンみたら、わがしやさん」と言うので、キリンを探しに。
すると、キリンは飼育室内に入っていました。
これまたキリンも見放題!
近くで見るキリン、巨大でしたよ〜

170326_1152~01

ムスメに「キリン、大きいねぇ」と話しかけたら、「キリン、うんちしてる。くさい。もう、いく」だそうで……(汗)
こんなに間近で見られる機会なんて、あんまりないんだけどなぁ。

この後、うさぎやに和菓子を買いに行き、ムスメと私の「小さな旅」は終わったのでした。

そうそう、上野界隈にはいろいろなジャンルの食べ物屋さんがあります。
和食のお店もたくさんあるので、事前にチェックしておけば、小麦・卵・乳を使っていないメニューも結構、ありますよ〜

お天気だったら、上野動物園内や上野公園内でおべんとうを食べるのも楽しいですよね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



















スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

好きなの、選んでいいよ!

週末、ムスメと「小さな旅」に出かけてきました。

温泉付きの宿に泊まるのがムスメのリクエストではあったのですが、それともうひとつ、私にはやりたいことがありまして。
それは、上野にある和菓子屋さん、うさぎやに行って、ムスメにお菓子を選ばせてあげることだったのですよ〜

うさぎやに行った日は、上野公園の彼岸桜の花びらが冷たい風と雨で濡れそぼって可哀想なほどで、なんと気温もは6度!
前日は17度だったので、ムスメも私も薄着でたいした荷造りもせずに泊まりに行ってしまったのですが、あまりの寒さにありったけの服を着込み、下着を着込み、傘を買い、やっとこさ、外を歩きました(涙)

ホテルからうさぎやまでは徒歩15分くらいの距離なのですが、子ども連れの上、傘をさして歩くと、時間がかかりますね。
「さむい、さむい」というムスメを「あと、もう少しで着くよ。おいしいお菓子があるよ」と励ましつつ、歩かせました。
冗談じゃなく、不忍池のあたりで、ムスメとふたりで遭難するかと思うほどの寒さでしたよ(苦笑)

ムスメは「もうあるけない。さむい」と半べそをかきながら歩いていたのですが、「あった! 和菓子屋さんだよ!」と指差すと、目がキラリン!
ムスメはお店に入った途端、ショーケースにはりつき、「えーっと、これと、これと、あれと、それと……こっちも!」。

お店の方に、ムスメには卵アレルギ―があるため、卵入りのものははずして、ムスメが指差したものをすべて1個ずつください、とお願いすると、いやな顔もせず、ニコニコと対応してくださり、とても嬉しくなりました。

ムスメが選んだのはお店に並んでいるお菓子、ほぼ全部(苦笑)
でも、そこから卵入りのものを抜いて、羊羹など日持ちがしていつでも買いに来れるものは次回に譲って、今回は季節感があり、午前中で売り切れてしまうお菓子を中心に買いました。

170326_1448~01

左上から時計回りに、「うぐいす餅」「上生菓子(若草という名前だったかと思うけど,違うかも)」「上生菓子(菜の花)」「喜作最中」「うさぎまんじゅう」「さくら餅」。
<ご注意:上の画像のお菓子には卵・乳製品は入っていませんが、さくら餅の生地には小麦粉が入っています。食物アレルギーがある場合には、必ず、原材料を確認してください。>

うさぎまんじゅうは大人気で売り切れちゃうことも。
これが買いたくて午前中にお店に行きたかったんですよ〜

うさぎやはどらやきの超有名店。
もちろん、うさぎやで一番人気があるのはどらやき(←私がこっそり食べるために買いました。笑い)
原材料は、砂糖・小麦粉・全卵・ハチミツ・水飴・膨張剤。

170327_1340~03

どらやきの賞味期限は2日間ですが、どらやきも生菓子と一緒。
作り立てを包んで売っているので、絶対に、絶対に、ぜーーーーったいに買った当日に食べるほうが格段に美味!!
買ってすぐにお店の中で、「ちょっと失礼します」と言ってかぶりついたら、それがきっと一番おいしいと思う!
次に行った時には、恥ずかしがらずにお店の中で一口、かじらせてもらおうと真剣に思っています。

ムスメは自分で選んで買ってきた和菓子を、もう食べたくて、食べたくて、食べたくて大騒ぎ。
お昼ごはんを食べたばかりだというのに、家に着いた途端、「おちゃかい、する! おやつ、たべる!」といいながら、うさぎやの包みをバリバリ、ベリベリとはずしてしまいました。
もうちょっと、楽しみながら、ゆっくりあけたかったのに……。

でも、まあ、ムスメが自分で選んで、ムスメのために買ったお菓子だし、ムスメが大歓びしてくれたんだから、目的は達成できました。
やれやれ。

ご存じの方が多いかもしれませんが、「うさぎや」というお店は、上野、日本橋、阿佐ヶ谷にあります。
チェーン店ではなく、親子で別々のお店を開いていらっしゃいます。
どの「うさびや」も、趣向を凝らしたどらやきが看板娘ならぬ「看板お菓子」になっていて、食べ比べると味わいが違い、じわじわじわ〜〜〜〜っと幸せな気持ちがわきあがってきます。

私はたまたま、昔、勤めていた会社が日本橋のうさぎやの近所、その頃に住んでいたのが阿佐ヶ谷のうさぎやの近所だったので足を運んでいましたが、上野のうさぎやだけが今回初めてでした。

どの「うさぎや」も品揃えがちょっとずつ違います。
同じ名称のお菓子があっても、形も味もお店ごとに少しずつ異なっているので、見て比べ、食べ比べるのもまた楽しいんですよ〜
阿佐ヶ谷の「うさぎや」は住宅地の中にあるからか、お団子も売っています。

「ムスメの誕生日だから」と言いつつも、自分もワクワクしながら上野の「うさぎや」に行き、とても楽しい日でした。

どらやきはアレっ子の子どもたちにとってはハードルの高いお菓子で、いつになったら食べられるかわかりませんが、いつか子どもたちと一緒に「うさぎや」のはしごをして、どらやきの食べ比べができたらいいなぁ。

ムスメとの「小さな旅」のほかの話は、また後で書きますね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

バースディ温泉

今日はムスメとふたりで旅に出かけます。

どこかといえば、上野の温泉のあるホテルに一泊。
近すぎて、旅と言えるのかどうか(笑い)

温泉が好きなムスメに「お泊まりしたい」と言われて探した宿。
箱根も伊豆もダメで、東京から電車を含めた移動時間が2時間程度で行ける東北・関東・甲信越あたりの宿は軒並みアウト。
やっと見つかったのは、上野に昔からある鴎外荘という森鷗外ゆかりの温泉付きホテルでした。

アレっ子ママの友人から、移動距離も短いし、食べるところも遊ぶところも検討がつきやすいし、小さな子と一緒のおでかけならナイスな選択じゃないかと思うよ、と言って共感してもらって、やっと自分の選択が良かったんだと安心できました。

そういえば、ムスコの初めての旅は3歳の時。
我が家から割と近距離にある湘南のホテルだったなぁ。
何かあっても主治医のところに行けるし、土地勘がある場所がいいと思って選んだんだっけ。
アレっ子の旅は、楽しさよりもまず、安心して過ごせるかどうかを優先するようになりがちですよね〜

さてさて、鴎外荘では、アレルギー対応はできないといわれているので、フロントの方に許可を得て、ふりかけや海苔など、ごはんを食べやすくするための「小物」を持ち込ませていただくことになりました。

実はね、ちょっと期待しつつアレルギ―対応のお問い合わせをしたのですよ。
朝ごはんには卵焼きが乗って出てくるそうなんですが、「卵焼きは取り除いてお出しすることはできます」と言うのかと思いきや、「お客様のほうで卵焼きも取り除いて召し上がらないようにしてください」と言われました、ハハハ。
宿では一切、食物アレルギーには感知せず、すべて「自己責任」ってことなんでしょうね。

テキトーなアレルギー対応されるよりも、ある意味、きっぱり、はっきりしていて、私は納得しやすかったです(笑い)

前に書きましたが、「卵、ちゃんとお子さんのお料理から抜きましたよ!」っていいながら、「ふりかけ、どうぞ」ってのりたまを子どもに笑顔で渡してくれた宿もありましたから〜

話を戻しますが、宿泊する決めてとなったのは、週末コンサート
ホテル内のお食事どころで週末はクラシックの生演奏を聴くことができるらしい。
ランチタイムとディナータイムに違った楽器の演奏が聴けるって、なかなかないですよね〜

ムスメは音楽も大好き。
温泉・お泊まり・音楽の三拍子揃ったホテルなので、ごはんのアレルギー対応をしてもらえなくても,食いしん坊ムスメもきっと機嫌良く過ごしてくれるハズ。
しかも、上野には甘味屋さんもいろいろあるし、ちょっと電車に乗ればお団子も買えるし、ホテルのごはんじゃなくても楽しみがいっぱいだよね、なーんて(笑い)

上野公園の日当りのいい場所なら、桜がほころびはじめてるかなぁ。
うえの桜まつりで屋台も出ているはずだし、出し物もあるから、ムスメを連れて見に行こうっと。
お散歩も楽しみだなぁ。

行ってきたら、どうだったかご報告しますね!

遠くに旅行に行くのはもちろん楽しいけれど、何かあったら主治医のところに駆け込める場所でお泊まりするのもいいんじゃないかなー、なんて負け惜しみみたいですけど、そう思うんですよ。

ではでは、いってきます!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




















theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード