2016年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.05.27 (Fri)

知らないって、怖いですね……

昨日、図書館で借りてきたDVD『食の未来』を見ていました。

『食の未来』は遺伝子組み換え技術とそれを用いて作られる作物のことをテーマとした作品です。
遺伝子組み換え作物とはどのようなものか、人体に、環境に、政治に、どのような影響があるのかを、さまざまな角度から語っていきます。

ちなみに、DVDのうしろにある『バイオパイラシー』『食とたねの未来をつむぐ』はインドのバンダナ・シバ博士という女性研究者が書いた本なのですが、遺伝子組み換え技術が引き起こす問題や、生物の多様性がいかに大切なものかを考えるためにとても良い本です。

160525_1606~02

『食の未来」では、感情的になることもなく、ただ、たんたんと事実を挙げていくのですが、農家の方々、専門家の方々が話す内容を聞いていて、背筋が寒くなりました。

遺伝子組み換え技術、つまりバイオテクノロジーによって、作物に病害虫がつきにくくなるので農薬使用量を減らすことができ、人体にも環境にもやさしい、とか、育てやすい作物や収穫量も増えるようにできるので飢餓などの食料問題を解決する切り札になる……といったことがさかんに言われていますが、どうやら、手放しで喜べる状態ではないようです。

戦争で化学兵器として用いられた技術が農薬となり、それが遺伝子組み換え技術と深い関係を持ちながら、知らず知らずのうちに使われているという現実があるんですね。

DVDを見ていて、ゾッとしたことの一例を書いてみると……。

遺伝子組み換えによって病害虫がつかなくなるということは、すなわち、作物の中に病気や虫を殺す「殺虫剤」として働く機能が付与されているということ。

自然の中では、異なる種の遺伝子が混じり合うことはありません。
その決して起きることがないことを無理矢理行うことで、たとえば、トマトに魚(ヒラメ)の遺伝子を組み入れることで寒さに強い特性を持たせる、などといったことも行われているそうです。

しかも、花なら受粉することによって交配が起こりますが、トマトの花に魚の遺伝子をくっつけたからといって交配できません。
そのため、遺伝子を組み替えるためのひとつの方法として、細菌を使って別な種の遺伝子を細胞内に入り込ませ、研究者が意図する働きをさせるらしいのです。

カナダでは、遺伝子組み換え作物が入った食品が店頭に並び、それを食べた人がアレルギー症状を起こし、大問題になったこともあるとか。

遺伝子組み換え作物の弊害として、アレルギー発症のリスクがあるとGREENPEACEのレポートにもありますので、ご興味があればご覧になってください。

私たちの身体は、食べ物によって作られています。
それなのに、食べ物の安全性が根本からおびやかされているとしたら、私たちの身体はどうなってしまうんでしょう。
非常に恐ろしいことです。

キャノーラ(なたね)、とうもろこし、大豆、小麦、じゃがいも……などなどは遺伝子組み換えが盛んにされている作物ですが、遺伝子を組み換えられているからといって、収穫された作物を外から見てもわかりません。

食べても味が違うわけではありません。

遺伝子組み換え作物が使われているかどうかは、食品メーカーが原材料表示に「遺伝子組み換えではない」とか「遺伝子組み換え不分別」と書いてあるかどうかを見ることでしか、知る方法がありません。

それにもかかわらず、さまざまな抜け道があるため、大手食品メーカーなどが作る製品では「遺伝子組み換え」あるいは「遺伝子組み換え不分別」の記載義務はないとされている製品が数多くあります。

今、非常に問題になっているのは、遺伝子組み換え作物の技術革新と生物的多様性の淘汰。
さらに、農家が自分たちでとった種を大切に保存し、育てようとしているのに、遺伝子組み換え作物の花粉や種が風にとばされたりして広範囲に広がり、交配してしまっているため、昔からその地域で作られてきた在来種が遺伝子組み換え作物に汚染されてしまっている、ということなんだそうです。

また、遺伝子組み換え作物を食べることによって、臓器の不調やホルモン異常、アレルギー性疾患など、さまざまな不調が出ると警告している研究者もいます。

遺伝子組み換え技術はまだまだ新しいものですし、私は専門家ではないのでわからないことばかりですが、それでも、私は私なりに思いつく限りの健康や環境への影響を考え、「安全だ」と主張する各国政府の見解なども読んでみて、その結果、やっぱり、遺伝子組み換えをした食品を子どもたちに食べさせたいとは思いません。

アレルギーっ子がいると、原材料表示を見るクセがついていますし(←アレルゲンが含まれていないかを確認し、「遺伝子組み換えでない」と書いてあるものを選びますよね!)、身体にやさしい食品を選ぶことが多いため、おのずと小さなメーカーが材料を吟味し、丁寧に作っている食べ物を手にすることになりますよね。

良質の材料を作ってくださる農家の方々、それを丁寧においしく加工してくださる食品メーカーの方々、そして販売して私たちの手に届けてくださるお店の方々……作り手のみなさんの愛情があってこそ、食の安全性が守られているのだと改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そうそう、『食の未来』の中で言っていましたが、日本は遺伝子組み換え作物に対して危機意識が高い国民なのだそうです。
私は、その意識の高さは五感を通じて味わう、日本の和食文化にあるような気がします。

味噌や醤油、酢などといった、手間と時間をかけて作る食品を日常的に使っているから、味や香りに直接影響する材料選びもおそろかにできないですもんね。
消費者のほうでも、丁寧に作られた食品のほうがおいしいって、経験的に知っていますしね。

アレルギーっ子がいると、エンゲル係数が高くなるのが悩みの種ではありますが、でも、良いものにはそれ相応の値段がつくものですし、おいしく安全に食べられる食材があることをありがたく思います。

アレルゲンの混入の確認のためと、遺伝子組み換え作物を避けるため、よりしっかりと原材料表示を見て、気になるところはメーカーのホームページや問い合わせするなどして確認するようにして、おいしく、ありがたくいただきます!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  私の役に立った本  |  コメント(4)

2016.05.22 (Sun)

いやいやいや……びっくりでした

コメントやメールをいただいており、ありがとうございます。
実家で法事などがあり、ばたばたしております。
来週はじめにはお返事を書かせていただきますので、申し訳ありません。

実は、数日前、激しく転んで軽いむち打ちみたいになってしまいました(汗)

まるで、アニメ「ドラえもん」に登場するのび太くんがべちゃっと前のめりに体全体で倒れてしまう、まさにアレです。
「おいおい、マジかよ。大人がそんなに思いっきり転ぶかよ!?」なんて、自分で突っ込みを入れたくなるくらいの見事な転びっぷりでございました(苦笑)

横断歩道で信号が赤から青になったので小走りで慌てて渡ろうとしたところ、つまずいてしまい、体が一瞬、宙に浮いたのを感じました。
とっさに手のひらと膝で体を支えるように倒れましたが、その反動で頭が後ろに大きく揺れ、その後に道路に顔面を打ち付け、上唇と前歯のあたりを強打し、流血しちゃいまして……。

突然のことだと、体がとっさに動くから、脳が思考停止みたいになるんでしょうかね。
体が倒れていくのもわかるし、頭をぶつけないようにしないと、みたいに瞬時に考えるし、すべてがスローモーションみたいになるんですねぇ。

さすがにアスファルトの地面に顔を強打した時には、やっと脳が思考をはじめたらしく、「まずい、歯が折れたか?」と思いましたが、激痛で歯茎が浮いたようになったくらいで歯は無事。
手、ひざ、足、顔と、あっちこっち血が出たくらいで動くことができたので、大事には至りませんでした。
それに、幸運にも、青信号になっている間だったので、車も止まっていましたし。

つまずかないように足を動かしたつもりだったのに、体がついていっていなかったんですね。
疲れがたまっていたのかなぁ。

みなさん、お忙しくお過ごしのことと思いますが、心と体が疲れている時にはちょっと休んでゆるゆるとお過ごしになってくださいね。

話はがらりと変わります。

「ぼくは今日でもう泣かない。ぼくはみーやんが羨ましいよ」
父の告別式の後、ムスコが言っていたとおばが教えてくれました。

9歳のムスコは人が亡くなるということがどういうことかわかるけれど、3歳のムスメは幼くて、「死」が悲しい永遠の別れだと感じずにいられるムスメのことが羨ましいと感じるんだろう。9歳の子がそこまで考えているんだね、とおばは感心したそうです。

その話を聞いた母も私も驚きました。
私たちの前ではそういうことは決して言わなかったので。
子どもだと思っていましたが、子どもなりに心は少しずつ成熟しているのですね。

告別式ではじいちゃんへのお別れの手紙を読み、火葬が終わった後は、「ぼくがじいちゃんの骨の入った箱、持って帰っちゃダメかな?」と自分で行って大切に膝に抱えて戻ったムスコ。

子どもだからこそ感じられること、子どもなりの別れの儀式があるのですね。
「じいちゃんは神様になったから、どこにでもいるんだよね。いつも見てるんだよね」と言い、別れてしまった事実だけを見ているのではなく、自分の心の中に神様になったじいちゃんが見守ってくれているということで、悲しみと折り合いをつけているようです。

ついつい、私は自分が大人だからというだけで自分の価値観で叱ったりしてしまいますが、子どもは大人のミニチュアではなく、独立した人格と個性を持った「子ども」という状態にある、ひとりの人間なんですよね。

今の年齢、今日この時のムスコやムスメには、もう二度と会うことはできません。
ムスコやムスメの言動も、「もう一度聞きたい」「もう一度見たい」と願っても、それは不可能なことですよね。
そう考えると、とても貴重な時間を子どもたちと過ごしているのだな、と感じます。

食物アレルギーでは体のことを、父が亡くなった後では心のことを、ムスコに教えられることが多い日々です。
子育ては「育児」で「育自」でもありますね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(2)

2016.05.17 (Tue)

日本の食はすばらしい!

今日は雨が降っています。
沖縄・奄美地方は梅雨入りしましたし、これから少しずつ梅雨入りする地域が増えてきますね。

夕飯の支度をするのが面倒で、夕食のメニューが何も思い浮かばず、「何にしようか」と買い物をしながら考えていたのですが、たまたま夕方のお値引きタイムだったため、丸鶏が値引き中! やったー!
夕ご飯が鶏を1羽買ってきて、ローストチキンになりました。

煮物や炒め物をするとキッチンに立ちっぱなしになりますが、ローストチキンなら油と塩をすりこんで、野菜と一緒にオーブンで焼くだけなので、時々、様子を見ればいいですし、ラクチンですよね〜

残ったローストチキンは、私のランチに。
キュウリとローストチキンのオープンサンドになりました。

160510_1240~02

私は鶏もも肉よりもむね肉のほうが好きなのですが、冷蔵庫に蒸したり、茹でたり、焼いたりして入れてあると、ちょちょっと一品できて便利ですよね。

話は変わりますが、湿度が高いと身体の表面から汗が蒸発しないからなのか、身体がむくんだように感じませんか?
私は身体がだるいというか、重いというか、なんともスッキリしない感じがするんですよねぇ。

今年になってから定期的に整体に行っているのですが、その先生は施術だけでなく食事指導もしてくださる方で、私の場合は水分の代謝が悪いので生姜などをとって血のめぐりを良くするのがいい、とアドバイスされました。

それに加え、毎回、必ずといっていいほど言われることがあります。

1)古くから日本にあった在来種の野菜を中心に(特に根菜類)、季節の旬ものを食べること。
2)良質の自然塩や醤油、味噌を使い、手作りした料理をよく噛んで食べること。
3)白砂糖や精製した食塩をできるだけ避けることを心がけ、それらを大量に使う市販のお菓子は食べ過ぎないこと(できたら食べないこと)。
4)小麦ではなく、基本はごはん。

そのとおりですよね。
実践したいと思って努力はしていますが、なかなか、なかなか、なかなか……できないことも多いです……(汗)

そういえば、イギリスにいた時、学校のクラスメイトにスキヤキと天ぷらをごちそうすることになりました。
スキヤキをするためにえのきを見せたら「虫みたい。食べるのに勇気がいるね」と言われ、ゴボウは「木の根っこ? これ、食べるの?」と驚かれました。
あと、あんこも「ええええー、豆を甘くするの??」とビックリされたっけ。

欧米人の彼らにとても驚かれた食べ物の多くは食物繊維をたくさん含む食材だったなぁ、と今になると思います。
食物繊維が多い食べ物というのは、和食では当たり前のように使われていますが、それが日本の食材の特長でもあるんですね。

よく噛んで食べることの大切さですが、これはあごを発達させること、脳を刺激することといったことに加え、唾液と食物がよく混ざることにより、胃に負担がかかりにくくなるため、消化吸収も良くなり、さまざまな心と身体に良い効果があるから、なんだそうです。
しかも、唾液に食物が混じり合うことで便秘を緩和する効果もあるらしいのには驚きました。

いろいろな話を聞いたり、本を読んだりすればするほど、日本の昔ながらの食生活というのは、理にかなっていて素晴らしいものなんですねー

日本の食事も米も私、大好きです!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT