ムスコの言い分

去年の秋の終わりのことで、すみません(汗)

東京タワーのそばにある芝公園に散歩に行きました。
芝公園にはイチョウの木がたくさんあって、秋はとてもキレイです。

ちょうどイチョウの葉が散りはじめた頃で、あたり一面、黄色に染まっていました。

それを見たムスコ、「イチョウの葉っぱで遊んでいい?」と聞くので「いいよ」と言うと、イチョウの葉で山を作ったり、その上で飛び跳ねたり、はたまたイチョウの葉を両手で持ち上げて空に向かって投げ上げ、花吹雪のように散らしたりして、それはそれは楽しそうでした。

151212_1038~02

ムスメも一緒に行ったので、ふたりで遊んでいたのですが……いつになっても帰るって、言わない(涙)

もう1時間も経つんですけど?みたいな状態になり、ムスコに声をかけました。
「そろそろ帰る支度したら?」と言っても、「うん、もう少し!」
「もういいんじゃないかな?」と言っても、「まだ遊びたい!」

その後、さらに30分経過。
私はベビーカーや荷物があったので一緒に遊ぶわけではなく、荷物のそばにずーっと立って子どもたちの様子を見ているだけなので、足元からじわじわと冷えてきて、寒いのなんのって。

さすがに、「もう帰るよ! もう、おしまい、ダメダメ!」と遊びの打ち切り宣言。
ふたりとも名残惜しそうにイチョウの葉まみれになって私のところにやってきました。

その夜、ムスコがぽつり。
「おかあが『そろそろ』って言ったら『すぐにしなさい』っていう意味だし、『もういいんじゃない?』って言ったら『やめなさい』っていう意味だよね」

まさにそのとおりで、ぐうの音も出ませんでした(汗)

とはいえ、ムスコは私に文句を言っているわけではなく、「空が曇って雨が降ってきそうだね」「今日のお月様は満月だね」みたいな、気づいたから言ってみた、ということだったようです。

できるだけ子どもたちの意思を尊重したいと努力しているものの、でも、おだやかに聞こえる声かけだけをしてみても、言葉の裏にある私の気持ちを読み取っているんですよねぇ。

佐々木正美先生の本で、せっかく子どもが何かするのを待ってあげているんなら、最後の最後に叱っちゃダメですよ、みたいなことが書いてあって、「ああああああー、また、やってしまった」みたいな感じでございます(泣)

ムスコも9歳。
思春期の入口が遠くに見え隠れする年頃になりました。

先日は、「ボク、空気を読むのが苦手みたい」と言っていて、なぜそう感じたのかを質問しても、「なんとなく、そう思う」と言うだけで理由はわからなかったのですが、人とのコミュニケーションについてもいろいろと感じるお年頃になったのかもしれません。

親の言葉くらい、言葉の裏を読まなくても無条件に信じられるようにしてあげたいと痛切に思ったのでした。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ムスメのおしごと

最近、ムスメのブームはお手伝い。

お手伝いとはいっても、「おはし、並べてね」とお願いしてもあまり気乗りしない様子なのですが、「雑巾でお掃除」とか「お菓子を作る」とか、ちょっと高度な、大人っぽい(?)お手伝いをしたがります。

あ、お手伝いというか、本人は「おしごと」って言うんですけどね(笑い)

2歳児特有の「やるの! 自分で!!」炸裂なので、「できるはずないよなぁ」と思ってやらせると、案の定、「できない! できない!!」と怒り出し、でもそこでよかれと思ってやってしまおうものなら「みーやんがやるんだった!」と怪獣みたいに大泣きされてしまいます。
あーあ、難しいお年頃。

そんなムスメですが、私が使っている8センチのタルト型にショートニングを塗るのは上手にできることができることがわかり、ムスメの「おしごと」になりました。

160118_1120~34

手にビニール袋をかぶせ、手首に輪ゴムをかけてビニール袋を固定。
即席の手袋を作り、指先で型にぬりぬりします。

16センチの型だと難しいようですが、8センチだとちょうどムスメの手で持ちやすいようで、ちょっと難しいけど、私できるのよ♪みたいな達成感も楽しいようです。

挫折と達成感と両方を味わいながら心身が成長していくのだろうと思いますが、いつもいつも子どものいろいろな「おしごと」へのチャレンジにおつきあいするのは根気がいりますね(笑い)

昨日は東京で大雪が降っていましたが、スーパーに並ぶ食材はもう春ですね。
買って来た時には緑のつぼみだった菜の花があっという間に咲いてしまいました。

160118_1815~16

これで夫が大人用に菜の花パスタを作ってくれたので、私は子どもたちにミートソースを作りました。
ミートソースには豚肉の挽肉を使いましたが、人参、玉ねぎの他に、蓮根やごぼうのきんぴらや切り干し大根を刻んだのを入れ、根菜たっぷり。

単品できんぴらを出しても食べくれませんが、ミートソースとハンバーグの時だけは刻んで入れると文句をいわずに食べます。
気づかないのかなぁ。
それとも、見えないから気にならないのかな???

私も子どもの頃はほとんど野菜を食べず、お肉ばっかり選んで食べていました。
しかも脂身が好きで、脂身ばっかり食べてたんですよ。

でも、ある時、脂身を食べ過ぎて気持ち悪くなり(←七転八倒するくらいの苦しさでした。汗)、それ以来、脂身が苦手になっていたのですが、また最近、「脂身もおいしいな」と感じるようになってきました。

味覚は子どもの頃に戻っていくものなんでしょうかね。
おもしろいものですね。

子どもたちが大きくなった時、「子どもの頃、この味が好きだったな」と舌が覚えているように、ムスメにダシをとる「おしごと」も教えていきたいと思います。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ニコニコDAY

先日、友人が遊びに来ました。

「何時に来るかな? おやつの時間に間に合うかな?」
ムスコとムスメも手伝ってくれ、いろいろなお菓子を作りました!

160101_1154~01

左上からカボチャケーキ、キャロブケーキ、さごやし粉のクッキー(ほうれん草味とカボチャ味)、真ん中が白桃のココアケーキタルトです。

嬉しいことに、友人(ノンアレ)はひととおり食べて、「あー、どれもおいしかった! お母さんに作ってもらってお菓子を食べているなんて今どき贅沢なことよねぇ」としみじみ言ってくれました。

食物アレルギーがあって市販のお菓子は食べられないから作って食べているんだね、という受け止め方ではなく、母親が手をかけたお菓子を食べているなんてなかなかないことだし、おいしいからいいよね、と本心から思って言ってくれている友人の言葉が嬉しくて、嬉しくて、その日一日、やけにニコニコしていて、ムスコに「おかあ、どうした? なに笑ってんの?」と聞かれちゃいました(笑い)

笑顔になると心もやわらかくなってくるんですよね。
子どもにも自分にも優しくなれるというか……。

知らず知らずにニヤっとしちゃう一日、なんだかいいなー、と思ったのでした。
忙しいからと般若みたいにならず、いつも笑顔でいたいものです。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード