2015年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.10.30 (Fri)

マシュマロ・マフィン

今日はハロウィンですね。

ムスコの給食に「カボチャケーキ」が出るので、マフィンにしました。
カボチャマフィンだと見た目がいつもと変わらなかったので、特別なムードを出したくてマシュマロを乗せて焼いてみましたよ(←「マシュマロって特別なの?」という自分ツッコミをしつつ。笑い)。

151030_0734~01

ありあわせバースディケーキのスポンジのレシピを微調整してマフィンカップに入れ、マシュマロを乗せて焼きました。

加熱時間は170度で16分ほどでしたが、マシュマロにうっすら焼き色がついてベージュ色(汗)
焼き色がつかない程度に溶かしたらサワークリームをこんもり乗せたみたいになるかな、と想像していたので、ちょっとマシュマロは加熱しすぎでした。残念。

味のほうですが……焼きマシュマロって、おいしいですよね?

ご想像どおり、甘さ控えめにしたヘルシーマフィンよりもマシュマロの甘みが勝っていて、ちょっとべたついてのびるマシュマロのほうがおいしかったです。
しかも、マフィンとマシュマロの一体感もなかったですねぇ。

ムスコは味見をして、「ん、マシュマロ、おいしい!」。
給食の特別デザート、マシュマロに完敗しました(涙)

ちなみに、私が使ったマシュマロは、「XXL MARSHMALLOW」という商品名どおり、XXLサイズのジャンボマシュマロです。

家に帰ってきて袋をあけてみたら、輸入食材屋の店頭で見た時よりもさらに巨大でビックリ!
普通のマシュマロ6個分くらいはあるんじゃなかろかと思うような大きさだったので、3等分の輪切りにして使いました。
それでも巨大です。

151030_0736~01

マシュマロには「大豆」の成分が含まれているものが多いですが、この商品の原材料は「グルコースシロップ、砂糖、ゼラチン、ブドウ糖、増粘剤(加工でんぷん)、香料」。

私が食べたことがある日本製、アメリカ製、フィリピン製(←XXL MARSHMALLOWの原産地)の各国のマシュマロでは、使われる材料の傾向が違うんですよ。
食べる人たちの好む味覚が違うということと、材料調達の関係なんでしょうかね。
お菓子から見えてくるお国柄、興味深いです。

ムスメも今日は、「ハロウィンだよ。『お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうよ』って、先生に言うんだよ」と言いながら出かけて行きました。

子どもたちのおやつにカボチャプリンを作って置く予定ですが、「トリック・オア・トリート!」と言われた時のために、お菓子も買ってきました。

大好きなラムネとグミとあとチョコチョコ。
グミはUHA味覚糖の「おばけちゃんグミ」。
ちょっとだけハロウィーンっぽくしてみました。

子どもたちにとって、イベントはとても楽しい、ワクワクするものなんですねー
アレっ子母の私は、なんだかんだと朝からバタバタですが(苦笑)

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  コメント(0)

2015.10.29 (Thu)

米粉クッキーのラムネアイシング

クッキーを作っていたのですが、アイシングをしたくなりました。
アイシングをして、さらにアラザンを飾ったりすると、いつものクッキーよりも何倍も可愛くなりますよね〜

その時、ふと、「ラムネの原材料って、粉砂糖とコーンスターチと重曹とクエン酸だよね? それなら水を混ぜたらアイシングになるんじゃない!?」なんて思いついてしまったのですよ。

思いついたらやらずにはいられない(汗)

ハイ、やってみました。
こんなの、できましたぁ〜

151029_1111~01

ペンギン型に抜いた米粉クッキーの上に、粉状に砕いたラムネに5滴くらいの水をかけ(←ラムネの大きさや原材料の割合によって必要な水分量は変動すると思われます)、それをクッキーの上にスプーンでたらしました。

クッキーの上に乗せる間(乗せた後も)、重曹とクエン酸が水分を得て反応しつづけるので、小さな泡がぽこぽこ出てきて、アイシングなのにこんもり膨らみます。

エア・イン・ラムネアイシングっていう感じでしょうか(笑い)

味はねー、激甘です。
クッキーも甘いし、ラムネも甘いので、よっぽど酸っぱいラムネじゃないとクッキーの風味に負けて、ラムネの酸味を感じなくなっちゃうんでしょうね。

それに、通常の粉砂糖を使ったアイシングよりも若干、乾燥するのに要する時間が長いです。

ラムネのアイシングを試してみて、またやってみたことができてしまいました。

それは、ラムネのケーキ。

米粉にラムネと水と油を入れたら、ラムネの中の重曹とクエン酸が反応して膨らむんじゃなかろうか????
きっと膨らむに違いない!

米粉にどのくらいの割合で入れたらいいんだろうなぁ?
まず、ラムネ1個に含まれる重曹とクエン酸の量を計算してみようっと♪

それを普段のケーキ作りのレシピに置き換えてみればできそう。
うんうん、きっとできる!
それに、ムスコもきっとやりがたるハズ。

近々、ラムネのケーキも作ってみます♪
楽しみ、楽しみ〜〜〜

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  コメント(0)

2015.10.27 (Tue)

ラムネ作り

ムスコは実験が大好きです。
普段は朝、7時に起きるのもやっとなのに、いきなり6時くらいに起きてきて、「おはよう! なんの実験する? 学校に行く前にできるよね?」と言いだしたりすることがあり、びっくりします。

兄の影響で2歳のムスメも実験が好き。
ふたりで実験をすることになってしまうため、ムスメが手を舐めたり、顔を触っても大丈夫な材料を使うのが必須。
ゆえに、我が家の実験は重曹とクエン酸を使ったものが多くなっています(←両方とも「掃除用」ではなく、「食品用」として使えるものです)。

昨日の朝の実験は「ラムネ作り」。
飲むほうのラムネではなく、食べるほうのラムネです。

子どもたち、なせかわかりませんが、ラムネが大好きで、いつも「ラムネ、ラムネ!」と騒いでいるんですよね〜
たしかにおいしいけど、そんなに大騒ぎするほどのものなのかしら???

「ラムネ、作れるんだよ」と言ったら、ムスコが大興奮して「作る、作る、作る!!!」と言うので、作らせてみることにしました。

参考にしたサイトは、親子で作ろう!型抜きラムネです。

レモンオイルがなかったのでその分をレモン汁に置き換え、型抜きを使って固めるやり方が書いてあったのですが、ちょっと難しいので、製氷機にラムネをぎゅーぎゅー押し込んで固め、乾燥させました。

できあがったのがコレ。

151027_0619~01

レモン汁を増やしたからなのか、味は酸味が強い「レモンラムネ」の感じでしたが、とてもおいしかったです。
レモン汁の分、ジュースを使えば、うっすらと色がつくんじゃないかなぁ、と思うので、またやってみたいと思います。

話は変わりますが、昨夜、ムスコがトイレに行ったまま帰ってこず、ガサガサ、ゴソゴソしているので、何をしてるのかな?と思いつつ、炊事をしてました。

すると、「おかあ、来て! 来て! 早く、来て!」と呼ぶ声が。
行ってみると、懐中電灯の上にビー玉を積み上げて、ミニチュアの光のオブジェがトイレの中に出来上がっていました。

151025_1645~03

夜、「暗いから怖い」と言って、ひとりでトイレに行けないムスコ.。
それにもかかわらず、真っ暗なトイレの中で遊んでいるのを見て、「やりたい」と思う気持ちは、怖さも不安も苦手意識も乗り越える力になるんだなぁ、と改めて感じました。

ムスコは慎重というか、親が気をもむほどのビビリですが、自分で発見して、おもしろいと思ったことならできるんですね。
「好き」という気持ちをたくさん持って、夢を現実にする強い心を育てられるように、応援してあげたいと思います。
「お母さん、今、忙しいから、後にして!」なんて言わないで(←コレが難しいけど。汗)

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT