ふんわり焼きミニドーナツのレシピ調整について

昨日も今日も、風が強くて寒いですね。
みなさん、体調を崩してらっしゃいませんか?

先日のミニ焼きドーナツの記事を掲載したら、レシピに関して、いろいろとお問い合わせをいただきました。
丁寧にレシピも見ていてくださり、ありがとうございます♪

あのレシピは、ミスドの米粉ドーナツの原材料を見て、手許にある材料と、「なんとなーく、こんな感じかなぁ」と推測しつつ作ったものです。
わざわざお伝えするまでもないことなのですが、ミスドの米粉ドーナツの味とも見た目ともまったく違います、
すみません。

私は米粉ドーナツの全国販売がものすごく嬉しかったので、いわば、ミスドへの感謝の気持ちを込めて作ってみた、「えららんのおふくろの味」的な焼きドーナツなんですよ〜

水分として、ココナツミルクとリンゴのすりおろしと菜種油を使っていますが、私の普段のレシピからすると、とても水分が多いです。
多くした理由は、水分量が多いほうがひび割れが少なくなり、軟らかさが出るからです。

しかし、逆に、ウイロウになるリスクも高いので、水分量の微調整が必要です。
ココナツミルクは脂肪分が固まっていることが多いですし、製品によって脂肪分が多いもの、水っぽくてさらりとしたものがありますので、それでも量が変わりますし、リンゴのすりおろしは焼いている間に水分が出てきます。

ココナツミルクの特性として、ココナツの脂肪分は気温が低い時には固まっていますが、加熱すると溶けます。
脂肪分は固まっていても、水っぽくてじゃぶじゃぶしていても、デジタルスケールではかった時の重さとしては同じです。
脂肪分が固まった状態で生地を作ればレシピの水分量では足りないでしょうし、逆に全部が溶けていれば水分量が多すぎるかもしれません。
しかも、ココナツミルクの脂肪分は製品によってばらつきがありますので、ココナツの脂肪分が多いものと脂肪分が少ないものとでは生地の状態が変わってきますので、水分量の調整が必要、ということになります。

レシピの水分の分量はあくまでも目安で、生地の状態を重視していただいたほうがよいかと思います。
生地は、ホットケーキを焼く時の生地よりも少し固めでぽってり、です。
型に入れた時、後から手で表面をならさなくてはいけないくらいの固さになります。

あと、もうひとつ。
「リンゴのすりおろしはどうしても入れないといけないの?」という質問もあったのですが、どうしてもというわけではありません。
ミスドの米粉ドーナツに「リンゴ」とあったため、家にちょうどリンゴがあったこともあり、すりおろしてみました、ということなんです。
とってもテキトーな作り方でスミマセン(汗)

ただし、米粉ケーキやドーナツに繊維質が入るとふんわり感が高まるので、リンゴの繊維質も役立つかな、という気持ちはありました。
もし、リンゴの繊維質がふんわり感に貢献しないとしても、ココナツミルクとリンゴの味はとても合うので組み合わせたほうがおいしいですよ。

すりおろしリンゴを入れない場合には、レシピの「水」も入れないことにして、ココナツミルクとリンゴジュースを半々に混ぜつつ、生地が適性な状態にして焼いていただければと思います。

膨張剤として「重曹+クエン酸」にしていますが、「ベーキングパウダー5グラム」に置き換えが可能です。

どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ふんわり、しっとりミニ焼きドーナツ♪

とっても、とっても嬉しいことに、ミスタードーナツで食物アレルギーに配慮した、ふかふか焼きドーナツが全国発売になりましたよね〜

最初に発売された関西地方の方がものすごく羨ましかったのですが、やっと、関東でも食べられます!
外出した時に、ちょっと立ち寄って食べられるお店が少しずつ増えて来て、ものすごく嬉しいです〜

しかも、このふかふか焼きドーナツ、原材料がシンプルで安心♪
米粉(国産)、ココナッツミルク、砂糖、りんご、菜種油、レモン果汁、かぼちゃ粉末、食塩、増粘剤(加工でんぷん)、重曹、バニラ香料

味わいもやさしい甘さで、ふんわり、しっとり。
揚げたドーナツではなく、焼きドーナツなのもありがたいですよね〜

急に、もう無性に、この原材料を参考にして焼きドーナツを作ってみたくなりました!

材料のりんごは、ジュースなのかなぁ、りんごそのものかなぁ?
レモンは重曹と反応させる酸の役割だよね。
だとしたら、私はクエン酸で反応させるからレモンは不要かな。

原材料に増粘剤(加工デンプン)と書いてあるからちょっと調べてみたら、どうやら「リン酸モノエステル化リン酸架橋デンプン」というものを加工デンプンというものらしい。
ミスドの加工デンプンがこれかどうかはわかりませんが。
いずれにせよ、米粉ドーナツにはデンプンも必要なので、コーンスターチにしてみようっと。

大きいと食べ過ぎてしまうので、ミニサイズでたくさん作ってみました♪

150214_1204~010001

作った途端、ムスメがやってきて、つまみ食いするわ、横取りするわ……(汗)
写真をとっていたら、お皿をつかんで持って行こうとしてました(笑い)
ムスメはものすごく気に入ったようです♪

ミニ焼きドーナツの食感はふんわり、しっとり。
焼き上がった直後に食べるとういそうになりそうなくらいなので、もうちょっと水分が少なくてもいいのかもしれません。
でも、焼いてから半日経ったら、ドーナツ全体に水分がまわったようで、水分量の多さも気にならなくなっていました。

レシピといえるほど完成していないのですが、自分の覚え書きとして書いておきます。

<材料(ミニドーナツ15個分)>

ダイヤ米粉     80グラム
コーンスターチ   20グラム
甜菜糖       20グラム
カボチャパウダー   4グラム
重曹        小さじ3分の1
クエン酸      小さじ4分の1
塩         ひとつまみ

ココナツミルク   50グラム(かなり油脂分の多いものを使用。水の分までココナツミルクにすると油浮きするのでNG。水分が多いココナツミルクなら量を減らす)
リンゴすりおろし  50グラム
水         40グラムくらい(リンゴの水分量によって要調整)
菜種油       20グラム

材料を混ぜてホットケーキを焼く時の生地より少し固いくらいになるように水分量を調整しながら生地を作り、分量外の油を塗った型に流し入れ、170度のオーブンで15分焼きました。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

親孝行のつもりが……

先日、両親が子どもたちに会いに遊びに来てくれました♪

父はお散歩が好きなのでどこに行きたいか聞いたら、「かっぱ橋」とのこと。

ご存じかと思いますが、かっぱ橋道具街という名前なのですが、それは、それは、夢のような場所なのでございますよ。

だってね、食器も、調理器具も、製菓用品も、何もかも専門店が集まっているので、「欲しいなぁ」と思ったものが見つかっちゃうんですよ。
どのお店をのぞいても、それぞれの専門分野で品揃えがしてあって、とてもおもしろいです。

両親も楽しそうに、あっちこっちのお店をのぞいていました。
彩りが美しく、実物と見間違うほどの食品サンプルのお店や、可愛い絵柄やかたちのお弁当箱のお店もあって、外国人観光客もたくさんいましたよ。

私も最初は「ガイド」のつもりでいたのですが……。
製菓用品店を何店舗かのぞいていたら、もう、買いたくて、買いたくて、ウズウズ。

両親に「そっちの道、まっすぐ進んで見てて! 私、ちょっとだけあっちのお店をのぞいてから合流するから!」と言い置き、行きたかった製菓用品店に駆け込んでしまいました(汗)

もちろん、一歩、行きたかった店に入ってしまったら、買わずにはいられない。

前から欲しかったけど我慢していた菊の型を見つけてしまいました。

150219_1359~010001

プロのパティシエ用の超高級な型を買うほどの予算はないので、質と使い勝手の良さを考え、私のお財布と相談して、フランス製の型になりました。

かっぱ橋道具街にある専門店では、それぞれに特徴があって、似たような商品であっても質が異なり、値段にもピンからキリまであります。

一旦、お財布の口が開いてしまうと、あれも、これも、それも欲しくなっちゃって(泣)
「切れる包丁がほしいな」と一軒の包丁専門店の前で悩んでいたら、両親がいつの間にか私の後ろにいて、「それほしいのかい?」と言われてしまいました。びっくり!(汗)

慌てて包丁専門店のショーウインドウから離れましたが、もうすでにお昼時。
両親とお昼ごはんを食べ、両手にかかえきれないほどの荷物を持って家に戻りました。

母が「かっぱ橋はおもしろいない。ゆっくり見て歩いたら一日かかるねぇ」。
ほんとうにそのとおり。

ああ、思う存分、型が買いたい。
型を片付けるための場所がほしい。

親孝行のつもりが、私の眠っていた「かっぱ橋で買い物したい病」が再発してしまった困った日になったのでした。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード