2015年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2015.01.28 (Wed)

もっと広がってほしいですね♪

今朝のネットニュースの記事です。
「いいなぁ」と読みながら嬉しくなったので、ご紹介しますね。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜〜*〜*〜*〜*〜*
産経ニュース(http://www.sankei.com/region/news/150128/rgn1501280061-n1.html)

2015.1.28
給食もアレルギーや宗教に配慮 つくば市が初の試み

 食物アレルギーや宗教などを理由に給食を食べることのできない子供たちのために、つくば市は市内の小中学校などで、肉や魚、乳製品、小麦などを含まない給食の提供を始めた。全国学校給食週間(24~30日)に合わせた取り組みで、県内では初めてという。

 メニューは、タマネギやシメジなどが入ったカレーライス▽ウエーブカットポテト▽海藻サラダ▽ぶどうゼリー▽緑茶-の5品。26~30日の間に、各校で1回提供される。

 27日には、市教育委員会の柿沼宜夫教育長らが同市竹園の市立竹園東小(田村実枝子校長)を訪れ、4年生の子供たちと一緒に給食を味わった。

 牛乳や卵などのアレルギーを持つ権慶樹君(10)は「お母さんのお弁当とは違う味。みんなと同じものを食べられてうれしい」とおいしそうに頬張っていた。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜〜*〜*〜*〜*〜*

ムスコの小学校の養護の先生とお話した時、年々、食物アレルギーのある子が増えているとうかがいました。
また、学校に行くと、外国籍の子どもたちの姿や名前を見かけることも多くなりました。

食物アレルギーは健康上の理由で口に出来ない食材がありますし、宗教によっては食べ物に細かなきまりがある場合もありますよね。

いずれも、「好き嫌い」で食べないのではないですし、「他の子と同じものが食べたいな」という気持ちは同じだと思うんですよね。

ムスコの小学校では、ありがたいことにアレルゲンを除去した給食を出していただいています。
あくまで「除去」なので、食べられないものを抜くだけで、他の材料を追加したり、交換したりするわけではないので、もちろん、持参しなくてはならないものもあります。

また、除去食を食べている場合は、誤食が起こると大変なので、おかわりは禁止です。
トレーの色が異なり、料理が入った食器にラップをしてマジックで名前が書いてあるので、一目で除去食であることがわかるようになっています。

おかわりができない分、多めに作って盛りつけてくださっているらしく、ありがたい限りです。
ただ、食べるのが遅いムスコは給食の時間に食べ終わらず、お掃除の間も食べていること多し、ですが……(汗)

でも、好きなものだと食べるのがとっても早いんです〜
ムスコはカレーが大好き!

「ボク、おかわりしたかったけど、できなかったんだー」と言いながら帰ってきて、「カレーのおかわりができなかったから、今日の3時のおやつにカレー、食べたい!」とリクエストしてくることもあります(笑い)

おかわりが出来たら給食の時間がもっと楽しくなるけれど、事故が起こるよりはずっとずっといいですし、当初は全部お弁当になる予定だったのを頑張って除去食を提供してくださっているので、感謝、感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。

「学校給食週間」には各地の郷土料理を出したり、祖父母世代の昔の給食を出したり、いろいろな国の食文化を経験できるような給食を出したりと、各学校ごとにさまざまな工夫をしていますよね。
とても素晴らしいことだと思います。

食というのは地理的要因によって大きく異なります。
そこでとれる食物をいかに調理して食べるかという先人たちの知恵と工夫の積み重ねが、その土地の食文化を形成してきたわけですものね。

さらに、食文化は、その地域、その家庭の食べ物を食べながら育つ人たちの価値観や嗜好にも知らず知らずのうちに作用していくものです。
そうした意味では、食べ物は体を作るだけでなく、心にも影響を与え、ひいては人間形成にも関わっていくと私は思っています。
食べることは生きることそのものであり、その人の思想をも反映するものだと思うんですよね。

上記の新聞記事を読みながら、学校に通う子がみんなで一緒の給食を食べられる日が1日でもあるとしたら、みんなが食べる喜びを共有する機会になりますし、とても素敵な「学校給食週間」だなぁ、と感じました。

本当は「いつもみんなと一緒」がいいけれど、たまにでも「今日はみんなと一緒だね♪」と笑顔になれる日があるといいですよね。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  食物アレルギー  |  コメント(6)

2015.01.27 (Tue)

2月のコメコメ・キッチン&コメコメ・カフェ

遅くなりましたが、2月のお知らせをさせていただきます♪

毎週金曜日にハーネマンアカデミー地下教室で行っているコメコメ・キッチンは以下のラインナップになります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
2月6日(金曜日)小麦・卵・乳製品・大豆・グルテン・増粘剤を使わない米粉食パン講座

パン講座1(画素数小さい)

使うのは、熊本県産の米「ミズホチカラ」を使用したパン用米粉です。
「ミズホチカラ」は米粉でパンを焼くために開発された新しい品種で、まるで小麦粉を使ったかのようなきめ細かな食パンができます。

米粉ミックス粉には食品添加物の増粘剤が加えられていることが多いですが、私のレシピでは米粉にデンプンを加えてふんわりと膨らませます。

米粉食パン講座はしっかりとコツを覚えていただくため、参加者はおひとりかおふたりで開催しております。
開催時間もご相談に応じることが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

<開催日時>
2月6日(金曜日)10:00〜13:30の間の1時間半程度
<参加費>
3000円(お茶・ソーセージ・サラダ・ジャム・材料費含む)
<持ち物>
メモ帳、筆記用具、お持ち帰り袋や容器など、エプロン(あってもなくても可)

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
2月13日(金曜日)ビニール袋と紙コップでちゃちゃっと米粉ケーキ(プレーン&ココア&キャロブ)

140304_0927~03

大人っぽい味わいのアイシングをかけたココアケーキと、カフェインを含まず鉄分など微量栄養素を含むキャロブ、卵を使ったようにほんのり黄色いプレーンケーキ。
小麦・卵・乳・大豆・ナッツを使わずに、10センチサイズの型を使って3種類の米粉ケーキを焼きます♪

ボウルも泡立て器も使わないので、作る時も片付けもラクチン♪
手順がシンプルなので、ちゃちゃっと簡単に作ることができます♪

<開催日時>
2月13日(金曜日)11:00〜12:30
<料金>
2500円(お茶・材料費含む/ケーキ3個分)
<持ち物>
メモ帳、筆記用具、お持ち帰り袋や容器など、エプロン(あってもなくても可)

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
2月20日(金曜日)&2月27日(金曜日)米粉コーンパン&鶏肉のメープルロースト

コーンパンとメープル

ほんのりとコーンの甘さを感じるふんわりした小麦・卵・乳製品・大豆・グルテン・増粘剤を使わない米粉パンです。
米粉食パンとは異なる配合なので、味わいだけでなく、食感の違いも楽しいですよ。

米粉コーンパンは木製のパニムール型にクッキングシートを敷いて流し入れて焼きます。
使った後にその型はお持ち帰りいただけますので、ご自宅でも復習なさってみてくださいね。

鶏肉のメープルローストは野菜と一緒にオーブンに入れておけば、焼き上がるのでとても簡単です♪

<開催時間>
2月20日(金曜日)&2月27日(金曜日)11:00〜13:00
<参加費>
3000円(お茶・材料費含む)
<持ち物>
メモ帳、筆記用具、お持ち帰り袋や容器など、エプロン(あってもなくても可)

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
毎週金曜日の14:00から16:00は、参加ご希望の方がいらっしゃる場合にコメコメ・カフェを開催しています。

コメコメ・カフェは茶話会の場です。
参加してくださる方には、お茶と小麦・卵・乳・ナッツを使わない小さな手作りお菓子をご用意します。
お菓子のご注文をお受けしたり、レシピをお教えすることはできないのですが、食物アレルギーがある場合にはアレルゲンを除去したお菓子をお作りします。

<開催日時>毎週金曜日14:00〜16:00(要予約)
*事前にメールでお申し込みいただき、参加を希望する方がいる時のみ開催します。開催時間の中でご都合のよろしい時間にいらしていただければ結構です。
参加者がおひとりの方の時は私とふたりであれこれと、複数の方がいらっしゃる時にはにぎやかにできたら、と思っています♪

<参加費>1000円(お茶、小麦・卵・乳・ナッツを使わないお菓子付き)
*コメコメ・キッチンのご参加くださった方がそのままコメコメ・カフェにいらしてくださる場合には半額の500円です。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

コメコメ・キッチンやコメコメ・カフェにご参加をご検討いただく場合、下記の点のご確認をお願いいたします。

<ご注意>
調理器具は小麦・卵・乳製品などのコンタミがあります。
食物アレルギーを持つ方がご参加を検討してくださる際には、主治医にご相談ください。

<会場>
ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー 東京校
東京都港区三田2-2-15 三田綱町デュープレックス リズ 地下教室
アクセス・地図はこちら

<お申込・お問合わせ>
講座名、参加希望日・お名前・ご連絡先電話番号・メールアドレス、食物アレルギーの有無、アレルゲンをお知らせください。
e-mail:komekomekitchen@gmail.com

小さなお子さんを連れて参加してくださるのも大歓迎です♪
ご都合が合うようでしたら、ぜひ、いらしてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  お料理教室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.01.25 (Sun)

春は花粉症の季節ですが……

まだまだ寒い日が続いていますが、あと数週間で暦の上では「春」になりますね。

ご存じのとおり、立春、立夏、立秋、立冬からそれぞれ春夏秋冬がはじまります。
その年によって数日の違いはあるものの、立春は2 月4日頃、立夏は5月6日頃、立秋は8月8日頃、立冬は11月8日頃です。

ちなみに、この季節の区分は古代中国の二十四節気の考え方に基づいており、江戸時代に日本に入ってきました。
人の体も自然の一部であることから、中医学では季節とともに人の体も変化していくと考え、早め早めにケアしていきます。

春になると、うららかな気持ちのいい気候になるのは嬉しいですが、花粉症のことを考えて憂鬱になる方もおられるかと思います。
私もそのひとりでした!

春と秋は、目を取り出して水でじゃぶじゃぶ洗いたくなるほどの目のかゆみ、蛇口から水がじゃーじゃー出るように鼻水が出続けて頭はボーッとするし、鼻の下は真っ赤でヒリヒリ。
そして咳がひどくて夜もおちおち眠れないほどで、電車のつり革に立っていると、立ったまま居眠りできるほどでした(汗)

最初は市販薬を買い、それでもダメなので病院で薬をもらって抑えていましたが、「一生、このまま春と秋は薬漬けの生活になっちゃうんだろうか……」と悩んでいたところ、ムスコが生まれ、授乳しながら咳止めのステロイド吸入は避けたくなり、自然療法に切り替えることにしました。

自然療法では、漢方のエキス剤だけでなく、生薬を処方してもらっていたこともあります。
生薬は効き目が良かったのですが、煮出す手間が面倒で続きませんでした。

その後、自分の体質改善を兼ねてホメオパシーのレメディ(治療薬)をとるようになり、今では、病院の薬とはサヨナラしました♪

たぶん、もう7年くらいは病院の薬も市販薬も飲んでいないでしょうかねぇ。
花粉症だけでなく、ほかのどんな病気での投薬もないので、冷え性で風邪をひきやすかった体質も知らず知らずのうちに改善されてきたのかなぁ、と思います。

今でもスギ花粉が飛びまくる春や、ブタクサが元気に生い茂る秋には、それなりに目も痒くなりますし、鼻水も出ますし、喉もむずむずしますが、そういう時には、ホメオパシーのレメディ(砂糖玉)をセルフケアでとると楽になります。

ホメオパシーは病院の薬のような対処療法ではなく、その人が持っている自然治癒力に働きかけるため即効性があるというよりも、「あれ、気づいたら、楽になっているわ♪」という感じです。

薬剤の力で症状をおさえつけるわけではなく、ホメオパシーでは自分の体にある治ろうとする力を使うので、副作用の心配もありません。
妊娠中も授乳中も、そして小さな子でも安心なのが嬉しいところです♪

もし、花粉症で悩んでおられる方で、体に優しい方法で楽になるといいなぁ、と思っておられる方がいらっしゃったら、花粉症のセルフケア講座+プチ相談会に参加なさってみてはいかがでしょうか?

セルフケア講座では、ホメオパシーの基本、花粉症に用いられる代表的なレメディと、それらを症状に合わせて選ぶポイントなどについて学ぶことができ、プチ相談会では花粉症のセルフケアに関する相談ができます。

このセルフケア講座では、ハーブティとお菓子、お土産には症状に合ったレメディをプレゼントしていただけるそうです。

東京会場での参加者の方々には、私が作ったお菓子をお出しさせていただくことになっています。
予定しているのは、小麦・卵・乳製品・ナッツを使わないパウンドケーキとクッキーです♪

141111_1212~020001

花粉症のセルフケア講座+プチ相談会開催日時は2月の2回です。
2015年2月8日(日) 10:30~13:00
2015年2月18日(水)10:30~13:00

大阪でも、花粉症のセルフケア講座+プチ相談会:2015年2月25日(水)が行われます。

お問い合わせやお申し込みは、ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー (TEL: 03-5476-9580/日・月曜日・祝日を除く9:00-18:00、またはe-mail: education@hahnemann-academy.com)にお願いいたします。

今年は多い? 少ない? 全国の気になる花粉情報によると、「今年のスギ花粉の飛散開始は例年並みか早く、2月上旬に九州・四国・東海地方から始まる見込み」とのことです。

早めに対策をして、今年の春は爽やかに、気持ちよく過ごせるといいですね♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT