ホワイトソルガムのふんわりマフィン(小麦・米・卵・大豆・乳・ナッツ不使用)

早いもので、あっという間に年末。
明日で「今年」が終わりだなんて、信じられません(汗)

私が年をとったせいか、時間が経つのがめちゃめちゃ早い……。

この時期、私にとっては「大掃除」よりも「在庫確認」が重要。
必要な粉は発注して、賞味期限が近いものは消費しなくてはいけないんですよね。

年末年始に「あ、ない!」ってなると、ほんと、悲しい(涙)
と同時に、「あ、もう賞味期限すぎてる!?」ってなってももったいないですし。。

「なくなりそう」「なくなったら困る」と、あれこれポチポチしていたら、ガンガン宅配便が届いています(汗)
どこに置いたらいいんだろう……。

置き場所を探し、粉類をストックしている引き出しを整理していたら、開封して時間が経ったホワイトソルガムが奥のほうにへばりついていました(涙)

ということで、今日作ってみたのは、ホワイトソルガムをメインにしたマフィン。
私がケーキを作る時には米粉がメインでホワイトソルガムを加えます。
でも、雑穀の粉をメインにした焼き菓子は上手に作れなくて苦手です。

リエさんにお正月用に雑穀のモンブランを作っていただくご相談をしていたら、雑穀はタピオカ粉でふんわりと膨らませられること、アトピッ子のお料理ブックアトピッ子のお料理ブック〈2〉を見ると参考になるとアドバイスをいただきました。
リエさん、ありがとうございます!!!

見てみると、ホワイトソルガムだけで作れるケーキや雑穀のケーキのレシピがいろいろ掲載されていました。
ぼろぼろになるほど見ているはずなのですが、普段使っているのが米粉なので、頭にちゃんと入っていなかったんですね〜

あれこれレシピを見ていましたが、ホワイトソルガム100パーセントでは上手にできる自信がないので、ヒエ粉とタピオカ粉を半々くらいに混ぜているケーキのレシピを参考にして、ホワイトソルガムとタピオカ粉にしてみました。

今回はふんわりとしたマフィンにしたかったので豆乳を使いました。
豆乳を使えば豆乳パワーで大失敗は回避できるでしょうから。

できあがったのはこんな感じのマフィン。
予想以上に膨らみました♪

131215_0723~010001
131215_0732~010001

豆乳パワーでホワイトソルガムとは思えないほどのふんわりさ♡
焼き上がりはふわふわ、焼いてしばらくたってからもしっとりふんわりでかちっとした食感ではありません。
さすがに冷凍して常温解凍すると粉がつまった感じになりますが、それでも以前私が豆乳なしで焼いてみてできあがった食感よりやわらかかったです。

今回の作り方では、豆乳と油をリンゴ酢で乳化させて粘度をつけ、粉が余分な水分を吸わないようにしつつ、ケーキの生地に空気をふくませています。
ウイロウぎりぎりの水分量になっているので、乳化が足りないとべっちょりしてうまく膨らみません。

やらなきゃいけないことがある時ほど他のことがやりたくなって(←逃避ですよね)、このところ乳化実験をしていまくっていて、しかも立て続けに失敗していました(苦笑)
いろんな発見があっておもしろかったです。
乳化実験のことは改めて書きますね。

やっと味も食感もものすごく気に入ったレシピになったので、別な無調整豆乳も買ってみて、レシピを安定させたいと思います♪

<材料(小さなマフィン5個分)>

♡ホワイトソルガム粉     85グラム
♡タピオカ粉         40グラム
♡甜菜糖           30グラム
*甜菜糖の量を10グラム増やすと、焼き色がつきやすくなります。
♡重曹            小さじ3分の1
♡クエン酸          小さじ4分の1
*重曹+クエン酸はベーキングパウダー7グラムに置き換えられます。
*膨張剤として重曹とクエン酸は同量で混ぜるのですが、今回はリンゴ酢も使うのでクエン酸は控えめにしました。
♡塩             ひとつまみ

☆無調整豆乳         117グラム
*豆乳によって水分量が違います。私が使ったのはキッコーマンのおいしい無調製豆乳です。
*調製豆乳だと水分が多くてうまく乳化しないため、置き換え不可です。
☆菜種油           40グラム
☆リンゴ酢          20グラム
*穀物酢、米酢、黒酢などリンゴ酢以外のものを使うと香りが残りやすいので、レモン汁に置き換えてください。

乳不使用チョコレート     50グラム
*レーズンなどに置き換える場合には、生地を作る時に甜菜糖10グラム程度増やしたほうがよいかと思います。

<作り方>
1)♡の粉類をビニール袋に入れて口をおさえてしゃかしゃかふって混ぜておく。乳不使用チョコレートを粗く刻む。型に分量外の油を塗っておく。オーブンを180度に予熱しておく。
2)ボウルに豆乳とリンゴ酢を入れて泡立て器で一気に混ぜてとろりとさせ、そこに菜種油を加えてガンガン混ぜる。混ぜていると小さな泡ができてとろみがついてきて乳化する。液体は必ず乳化させてから使うのがふんわりさせるポイント。
*豆乳にりんご酢を入れてしっかりとかき混ぜ、その後に油を入れます。全部一緒に入れて乳化させようとしても乳化しません。豆乳の成分が乳化剤の役割をしますので、順番が大切です。
*乳化させずに粉と混ぜてしまうと粉が吸う水分量が多くなりすぎてウイロウになります。乳化させて空気を含ませることでふんわりさせるので、面倒でも乳化させてください。
3)2に1を加えてよく混ぜ合わせる。生地がクリーミーでぽってりした感じになったところに、刻んだチョコレートを加えて混ぜる。
4)型にこんもりと生地をいれる。
*表面を平らにしないほうが真ん中が盛り上がってマフィンらしくなります。
5)オーブンに入れて180度で10分焼き、150度に下げて15分焼く。竹串をさして生地がついてこなければ焼き上がり。


今年は大変お世話になり、ほんとうにありがとうございました!
どうぞよいお年をお迎えください♪
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

おからと米粉の簡単ガトーショコラ(小麦・卵・乳・ナッツ不使用)

今日は晴れ渡った冬空ですね。
空気がひんやりと冷たくて寒いけれど、気持ちいい日です。

そして今日はムスコの小学校の終業式。
朝寝坊のムスコがサンタさんが忘れずにプレゼントを持って来てくれたかを心配して6時に起き、プレゼントがあることを発見して遊びはじめ、「あ、もう いく じかんだ!」と、遅刻しそうになりながら走って行きました(笑い)

ついこの間、夏休みが終わったと思ったら、もう冬休みだなんて。
時間が経つのは早いですね〜

ムスコが時々遊びに行っている放課後クラブで、今日はクリスマス会。
自分たちでパフェを作るんだそうです(先生方がスポンジやコーンフレーク、生クリーム、飾りなどを用意するらしい)。

あとでムスコの材料を届けに行くので、お世話になっている先生方にクリスマスプレゼントとしてガトーショコラを焼きました。
ガトーショコラといっても、冷蔵庫においしい豆腐屋さんのおからがたくさんあってので、そのおからを使って。

あんまり生のおからをお菓子作りに使ったことがないため、心配なので私の朝ごはんに試作してみたら大丈夫そう。
本番ではこんなふうになりました♪
ふんわり&しっとりで、かなり濃厚な味です。

131225_1234~01

ガトーショコラにクリームっぽいものを添えてみました。

充填豆腐120グラムに、ココナツミルク50グラムと甜菜グラニュー糖15グラムを加熱してとかして冷ましたものを加え、ミキサーでガーッとしただけ。
ココナツミルクは豆腐の匂い消しです。
そのまま長時間置いておくと豆腐の水分が出てきて分離しますので、作ってから食べるまでの時間がある時にはタピオカ粉小さじ半分を加えてとろりとするまで加熱しておくほうが安心です。

もっと簡単に作りたいなら、木綿豆腐の水切りをしてメープルシロップを加えてガーッとしてもできます。
ただし、豆腐臭さが私には気になってしまうのですが。

さてさて、このガトーショコラ、レシピではグラム数が「100」とか「50」が並びテキトーそうに見えますよね?(汗)
普通の大人が食べるプレゼント用にするため、糖分と油脂分を増やしたらそうなっちゃいました。

<材料(18センチのリング型1個分)>

♡生おから      100グラム
♡ダイヤ米粉     100グラム
♡三温糖       100グラム
♡ココアパウダー   50グラム
♡ベーキングパウダー 10グラム
♡塩         ふたつまみ

☆豆乳        150グラム
☆菜種油       100グラム

<作り方>
1)生おからをボウルに入れて手でほぐす。
2)1に♡の材料をすべて加え、泡立て器で混ぜ合わせる。
3)2に☆の材料を入れてよく混ぜ合わせる。
4)分量外の油を塗った型に流し入れ、170度に予熱しておいたオーブンで25分ほど焼き、アルミホイルをふんわりかぶせて150度に下げて15分焼く。ケーキをさわって弾力があったらできあがり。

ポンイトとしては、焼き上がった時におからのぽそぽそした感じはないのですが、上面の火に当たる部分は乾燥してやや固くなります。
また、パウンド型だとやきあがりに時間がかかりますので、真ん中に穴があいている型か、マフィン型など加熱時間が短めになる型を使ったほうが、よりしっとり感が高まります。

とはいえ、パウンド型で焼いても内側はしっとりしていますので、上のところにアイシングをするなどして隠しちゃえば全く問題ありません♪


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

豆乳と米粉のクリスマスケーキが届きました♪

豆乳と米粉のケーキ「ハッピー♡クリスマス」が届きました。

ほんとにハートのかたち。
ラズベリーの真っ赤な色がアクセントになって、可愛いです。

131224_0729~01

私の頭の中では「米粉の冷凍ケーキは常温解凍」という刷り込みがあるのですが(笑い)、このケーキは冷蔵庫で解凍します。
豆乳ホイップがたくさん使われているからなのかなぁ。

黄桃を飾りではなくて使っているのって、あまり見かけませんよね。
アレルギー対応のケーキのレシピだとおなじみですけれども。
やっぱり、卵を使ったような黄色いスポンジにするためかしら?

原材料を見ていると、おもしろいですよね。
このケーキ原材料も下にペーストしておきますね。

原材料:いちご豆乳ホイップクリーム、黄桃、砂糖、ゼリー、米粉、豆乳ホイップクリーム、澱粉、いちごピューレ、植物油脂、オリゴ糖、洋なし、ぶどう、りんごピューレ、ラズベリーピューレ、大豆蛋白、食塩、シロップ、ゼラチン、粉あめ、寒天、水あめ、トレハロース、糊料(加工デンプン、アルギン酸エステル、増粘多糖類)、膨張剤、乳化剤、クロレラエキス、香料、酸味料、メタリン酸Na、酸化防止剤(ビタミンC)、紅麹色素、クエン酸Ca、ソルビトール、乳酸Ca、紅花色素、クチナシ色素、pH調整剤

家庭には置いていない材料がいくつもありますね。
でも、デコレーションの方法など、いろいろと勉強になります。

今日の夕食で、このケーキを解凍して食べる予定。
どの材料をどう使っているのか想像しつつ食べるのが楽しみです♪

みなさん、サンタさん、コックさん、ママと3役をこなすため非常にお忙しいと思います。
子どもたちの笑顔とともに、楽しいクリスマスをお過ごしくださいね☆

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード