2013年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.08.30 (Fri)

夏休みもそろそろおしまい

夏休みは今週末で終わり、来週月曜日から学校がスタート。
そんなわけで、なんだかバタバタしています。

さて、ずいぶん前にインターネットで見つけた記事です。

子どもに使ってはいけない10の言葉(と代わりに使うべき言葉)

「なるほど、なるほど」と頭ではわかるのですが、ムスコを注意する時にとっさに出てくる言葉は、ここに挙げられているものばっかり(汗)

私のバイブルとなっている子どもへのまなざし続・子どもへのまなざし

120811_0845~01

これらの本の中でも、子どもの自尊心を守ることの重要性や、子どもを安心して甘えさせてあげることの大切さ、子どもは他人を信じられるようになってはじめて自分自身を信じることができるようになることなどが繰り返し書かれていました。

素晴らしい本すぎて説明できないので、ご興味を持ってくださった方はリンクを貼ったアマゾンのレビューをご覧くださいね。

夏休みはムスコがずっと家にいたので、おやつを頻繁に作っていました。
写真に撮ってはいませんが、これまでのレシピで作ったもの多数、試作したもの多数、もちろん失敗も多数です(笑い)

カボチャとはちみつの米粉マドレーヌ(←型だけマドレーヌで、生地は普通の甘めのケーキですが。笑い)
130521_1132~020001

レーズンとくるみの米粉スコーン
130624_1540~010001

バナナの米粉パウンドケーキ
130727_0818~010001

サクサク粉のニコニコクッキー
130318_0859~010001

今年の夏休みは、とても特別な夏休みになりました。
ムスコが必死になって「もっとボクを見て!」と私にメッセージを送ってくれていることに気づくことができましたから。

ムスコが少しずつ自分の思いを言葉にすることができるようになったのか、少なくとも1日100回は「だっこ!」と言っています(笑い)
ふざけているわけではなく、ほんとうにだっこしてほしいんですって。

そして、自分ひとりで子育てをしているような気になっていましたが、いつもそばで見守って、支えてくれる人がいることにも気づくこともできました。

子どもを育てるということは、子どもという親とは別のひとつの人格を持った存在をありのままに受け入れ、愛していくことなんですね。
それと同時に、自分自身が変わり、成長していくための重要な関わり合いなのですね。
頭では理解しているつもりでしたが、心で感じられるようになった気がします。

やっと、子どもも自分もたくさんの愛情に包まれて過ごしているのであって、決して、ひとりではないんだと実感することができました。

いつもほんとうにありがとうございます!

子育てもアレルギーも、愛がなくっちゃね!
夏休みが終って2学期がスタートしても、頑張ります♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと

2013.08.27 (Tue)

手作り冷やし米粉うどん

日中は相変わらず暑いですが、朝晩は涼しい風がふくようになりましたね。
もう秋がそこまできているんですね。

さてさて、暑いと食べたくなるのが冷やしうどん。
夏休みの自由研究を兼ねてムスコに作ってもらいました。

レシピは米粉でお手軽手打ちうどんです。

130813_1133~01

私が生地をのばしてムスコにバトンタッチ!
指を切らないように、ゆっくり包丁でカットしてくれました。
そうめんみたいのもあり、ほうとうみたいのもあり、手作りならではのバラエティにとんだ麺になりましたよ(笑い)

具はおくら、とうもろこし、甘辛く煮たおあげ、キュウリ。
野菜たっぷりです。

130813_1156~03

普段だとこんなに生野菜は食べてくれませんが、自分で作った冷やしうどんだけに、「こうやってもりつけると、きれいだよね〜」なんて言いながら野菜もたっぷり♪

130813_1157~01

茹でてから氷水で冷やしたのでコシが出過ぎて固い(?)くらいのものもありましたが、それでもおいしくいただきました。

長い、長い夏休みもそろそろおしまい。
来週の月曜日からムスコの学校も始まります。

夏休みの間にムスメは寝返りができるようになり、自分の足の指をおしゃぶりするようになりました(笑い)
我が目を疑うほど、やわらかいですねー。
焼きたてのおもちみたいに、ふにゃふにゃですぅ。

130818_1925~04

ムスコを4か月半(←今のムスメと同じ月齢)で保育園に預けて仕事をしていました。
ある日、お迎えの時間に遅れて行った時、先生に「お手数をおかけします」と言ったら、「いえいえ、一番可愛い時期の赤ちゃんと過ごさせていただけるなんて、とても幸せなことだと思います。毎日、毎日、できることが増えていきますから、感動がいっぱいですし」と言う先生の言葉を思い出しました。

日々のムスメの成長が目覚ましいだけに、そっちにばかり目がいってしまいます。
でも、ムスコは小学校で勉強をし、自転車に乗れるようになったり、包丁を使えるようになったりしていて、その成長もすごいものですよね。

ふたりの子どもの成長をともに喜びながら過ごせる毎日は、ほんとうに幸せなことだと思います。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理

2013.08.22 (Thu)

100%植物性素材アイスのイートイン

前回の記事では、大変ご心配をおかけしてすみませんでした。
ご心配をいただき、ほんとうに、ほんとうにありがとうございます。

心のこもった温かい励ましの言葉をいただき、心から感謝しています。
また、「その気持ち、わかるよ」と共感を示していただいたことも、心の支えになっています。
みなさんの思いやりと優しさが嬉しくて、ありがたくて、涙が出ました。

いただいたメッセージにお返事を書かせていただくのに時間がかかっており申し訳ありませんが、気長にお待ちいただければ幸いです。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


さて、ムスコともっと仲良くなりたいということもあり、毎日のようにおでかけしています。
おでかけと言っても、公園など炎天下で過ごすのはムスコとムスメの熱中症が心配なので避けていますので、もっぱら行くのは図書館です。

図書館はクーラーが効いているし、お弁当を持って行けば、図書館の外のベンチで食べてすぐにまた図書館内に戻れるので安心ですし。
さすがに館内で飲食できるところはないのですが、そんなに贅沢を言ったらバチが当たりますよね〜

区内の図書館あちこちに行くのですが、その中のひとつの図書館では畳の場所があり、小さい子もくつろいで過ごせます。
最近のムスコのブームは、ムスメに読み聞かせをしてくれること。

130819_1346~02

ムスメもキレイな色の絵を見て、お兄ちゃんの声が聞こえるのが楽しいらしく、手足を動かしながら聞いています♪
時々、「くー」とか「うー」とか声を出すので、ムスコは「これ、おもしろい?」と問いかけたりして。
とても微笑ましいです。

この日はちょっと遠くまで買い物に行ったので、帰りに行ってみたかったお店に行きました!
しばらく前に、2人目育児で忙しくなさっているアレっ子ママのお友だちから教えていただいたんです。
恵比寿三越の地下にあるミハネアイスのイートイン。

ショーケースにあるアイスはすべて、乳製品・卵不使用で100パーセント植物性素材のもの♪
ムスコも私も選べず、迷いに迷いました〜
こういうふうに迷うのも、嬉しい♡

130819_1523~01

おやつに米粉のパンケーキをお願いしました。
追加料金を払うと、好きなアイスを乗せてもらえます。

パンケーキのわきにある白っぽいのは豆乳のクリームで、かかっていたソースは甘酸っぱいラズベリーのような感じの味でした。
小麦もナッツも入っていないということでしたが、コクがあっておいしかったです。

130819_1531~01

しかも、水を飲む紙コップもお手拭きも無漂白のもの。
身体に優しいことをテーマにしているミハネアイスらしいし、とても気持ちよく食べられました。

恵比寿三越がある恵比寿ガーデンプレイスは、ムスコが小さい頃によく行った場所。
というのも、恵比寿駅から恵比寿三越へと続く通路がガラス張りになっていて、恵比寿駅を行き来する電車を見られる電車スポットがあるからなんです。

久しぶりに行った電車スポットで、ムスコは窓に貼り付いて見てました♪
楽しかったです。


話は変わりますが、原発事故の汚染水流出の問題がさらに深刻さを増していますね。

レベル3相当、新しい事故に等しいという社説もありましたが、国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7とされた原発事故が収束していないのに、新たに汚染水だけでもレベル3。
レベル3の基準は「放射性物質の極めて少量の外部放出:法定限度の10分の1を超える程度(10分の数ミリシーベルト)の公衆被曝」だそうです。

毎日大量に生じる汚染水を減らす決めてはないようですが、高濃度の汚染水の流出が止まらなければ、海や地下水、土地などの環境汚染が広がり、レベルの引き上げも検討されるのでしょうか……。

どんなに現場の方が頑張ってくださっても、世界の英知を集めても、打つ手がないままに汚染が広がるというのは、とても恐ろしいことです。
廃炉にも何十年という長い月日と獏大な費用がかかるうえ、生み出された放射性廃棄物が無毒化するまでには何十万年もかかるんですものね。
原子力発電というのは、人が用いてはならない技術なのではないかと私には思えてなりません。

人々の知恵を結集して生み出される技術とは、人を笑顔にするための活用されるものであってほしいと心から思います。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコが食べられる市販品/レストラン
 | HOME |  NEXT