2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.04.29 (Mon)

きつね米粉うどん

ゴールデンウイークですね。
みなさん、いかがお過ごしですか?

夫不在中の手伝いに来てくれていた実家の両親が帰り、昨日、夫が海外出張から戻ってきました。
時差ぼけや疲れもあると思うのですが、お天気がいいのでムスコを連れてお散歩へ。

夫には「せっかくお散歩に行くんなら、おそとご飯、してきてね!」と頼みました。
だって、ご飯の準備が一番手がかかるし、疲れがたまっていると面倒なんですもーん。

夫がいない間は、買い物はムスコが小学校に行っている時間帯に両親がふたりで一緒に出かけて行き、ゴミ捨ては母とムスコ、ムスコの遊び相手は父、私は料理の担当をしていました。
両親が来てくれているとムスコが楽しそうだったし、私はなかなかムスコと遊んでやれずに淋しい思いをさせていたので、ありがたかったです。

母は「あんた、赤ちゃんに授乳しながら寝てればいいばい」って言ってくれていたけど、でも、高齢の両親がいろいろやってくれているのに、私だけが横になるっていうのもねぇ。
身内でも、気を使っちゃって、なかなか甘えにくいものですね。

ムスコはいつもとは違って大はしゃぎ。
じいじとばあばに「あそぼう!」とか「だっこして!」とか思う存分甘えていました。
そんなムスコの姿を見て、両親が来てくれてムスコの心にわだかまっていた淋しさを軽くしてくれたのを感じ、感謝、感謝でした。

さてさて、妊娠中に米粉で作る米粉うどんのおいしさに目覚め、今日もまた作りました♪
私のお昼ごはんは、きつね米粉うどん♪

130126_1347~010001

米粉うどんのレシピは、先日のこのレシピと同じです。

今日は、羅臼昆布を一晩水に入れて昆布の水ダシを作り、それをなべに入れて熱したところに本枯れ節(熟成した鰹節)とサバ節をこれでもか!というくらい入れてダシをとり、醤油と塩で味を整えました。
上に乗せたおあげは、油抜きしてからダシ汁に醤油と甜菜糖を入れて煮含めました。

写真を撮る時に乗せるのを忘れてしまいましたが、さぬきうどん風に、ネギだけでなく、おろし生姜もちょんと盛って食べましたよ。

自分で食べたいものを作って、自分だけで食べるのはラクチンですね。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理

2013.04.25 (Thu)

卵や乳製品を使わないケーキの大人買い

夫が海外出張に行ってしまったため、実家から両親が来てくれています。

「あんた、なんか食べたいものないのかい? 買って来てやっから」

うれし〜
毎日、夜泣きと授乳のため慢性的に睡眠不足でストレスがたまっているためか、甘いものが食べたくて、食べたくてたまりません。
ムスメが可愛いのと、気力や体力が続くかは別問題なんですよねぇ(汗)

両親の言葉に甘えて、「卵も乳製品も使っていないマクロビオティックのケーキ」と言ってみました。

妊娠中は甘いものが食べられなくなったのに、出産したら、夜泣きで慢性的な睡眠不足と、授乳するためにいつも腹ぺこ状態。
一日中、何か食べています。
とはいえ、大量の白砂糖は苦手ですし、食べたくなるのは、素材を活かした優しい味わいのケーキか、和菓子か、乳不使用のビターチョコ。

「卵も乳製品も使っていないケーキなんて、お店で売ってんのかい? リエさんのケーキだと取り寄せなんだばい?」と、さーすーが、アレっ子のじいじとばあばだけのことはあります(←ここまでになってくれるのに長い時間がかかったけど。笑い)

残念ながらリエさんのケーキを買いにいくことはできないので、後日食べるべく、注文しました!
ムスコの入学祝いをしていなかったので、リエさんのケーキを囲んでプチお祝いができたらいいな、と思っています。

さて、おつかいに行ったじいじとばあば。
お店で店員さんに「ここに並んでるの、全種類ください」と言ったらしい(驚)
おおっ、太っ腹な大人買いだわぁ。

130416_1413~010001

我が家のテーブルの上にケーキがずらりと並んで、ケーキブッフェさながら。
夢みた〜い♡

すでにおわかりになっている方もおられると思いますが、じいじとばあばに行ってもらったお店はチャヤマクロビ 日比谷シャンテ店です。

この華やかな見た目と、1個で満足感できるガツンとコクのあるケーキにするには、かなりの甘味料と油脂分が含まれていると思われるし、たまにのご褒美ですけれど。
しかも値段だって普通のケーキの1.5倍から2倍くらいするから、私にはこんなに大人買いできなーい(汗)

乳と卵なしでも、小麦と豆乳とアーモンドは多用されているのでアレルゲン度は高いけど、チャヤのケーキの種類の多さはすごいですよね〜

じいじとばあばが買って来てくれたケーキは、ムスコも一口ずつ味見をしました♪
「あまーい、うまーい♡」と味見に使ったスプーンをぴかぴかになるまで舐めまくっていましたよ(笑い)

ムスコも連続して食べ続けなければ小麦も大丈夫になったし、ナッツ類もたまに少量口にするのはOKになりました。
体の成長はもちろんのこと、ホメオパシーの効果もあったんだろうなぁ、と私は思います。

ムスコが1歳半の時から、本格的にホメオパシーでのケアを始めたので、かれこれ4年半。
根本的にアレルギー体質ということは変わらないとは思いますが、喘息の発作をほとんど起こさなくなり、反応するアレルゲンもかなり減りました。

ここ数年、救急外来に駆け込まなくてもムスコが元気に過ごしていられることが、まるで夢のようです。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコが食べられる市販品/レストラン

2013.04.22 (Mon)

人参の米麹コールスローと豆腐の味噌漬け

出産してはじめて、米粉食パンを焼きました。

今さらながら、ですが……
赤ちゃんがいると、パンを発酵させたり、焼いたりするの、大変ですね〜

「(おっぱいがほしい)うえ〜ん」とか「(オムツがよごれた)うぎゃ〜ん」とか、赤ちゃんのそばを離れて、洗い物とか料理とか、他のことをはじめた途端、急に泣き出したりするんですよねー。
赤ちゃんには、ママの居場所を確認するママ・センサーがついてるのかしら??

とはいえ、一人目の時は泣かれるとすぐに飛んでいったけど、二人目になると「はいはい、ちょっと待っててね。お兄ちゃんのパン、焼いてるからね」なんて大声で話かけながら何十分も泣かせたままにしちゃったりします。
可哀想な気もするんですが、泣くのは赤ちゃんにとって肺の機能を高めるための運動でもあるから、なんて言い訳しつつ(汗)

ムスコは何種類ものジャムをあけ、山盛りに乗せたジャムパン。
私は冷蔵庫に作ってあった人参の米麹コールスローと豆腐の味噌漬けを焼きたてパンと一緒に食べました♪

130211_1215~010001

人参の米麹コールスローは、ビニール袋に、千切りにした人参に米麹とりんご酢と菜種油を混ぜて、数時間から一晩冷蔵庫に入れ、軽く水分を搾って食べます。

豆腐の味噌漬けは、木綿豆腐をガーゼで包み、そこに味噌をぬりつけてから密封容器などに入れて冷蔵庫で数日〜1週間ほど置いて味噌をなじませます。
味噌がなじんだら味噌のついたガーゼをはずして切って食べます(←使った味噌は捨てずに味噌汁などにしてください)。
パンにはさむと、軽い味わいのチーズみたいです。

ムスコと食べ物の話をしていたら、「ボク、パンがすき。いちばんおいしいのは、おかあがつくったパン!」と言ってくれました。

ムスコにとっては、私が作ったものを食べることは、私からの愛情を受け取るのと同じような感じなのかもしれないですよね。
ムスコが喜んでくれる顔を想像しながら、心をこめて作っているから、それが伝わっているといいな。

妊娠している時には「あかちゃんが生まれたら、おかあといっしょにあそべる」と思って我慢し、出産のために入院していた時には「おかあがもどってくるまで、さみしくてもがんばる」と思っていたのに、いざ赤ちゃんが生まれたら、ムスコとゆっくり過ごす時間はなく、何でもかんでも赤ちゃん優先。

それにもかかわらず、ムスコはムスメをあやしてくれたり、オムツ交換や着替え、お風呂のお手伝いをしてくれたり、「あかちゃんのオムツ、ボクがかえてあげる」とか、「おかあ、ねむいの? ねむいならゴロンしたら?」とか、いつも優しい言葉をかけてくれます。

でも、ふと口をついて出る、「ねえ、おかあ、ボクとあかちゃん、どっちがだいじ?」というムスコの言葉からは、心の中では我慢するばかりで淋しさがいっぱいになっているのがわかります。

私のほうでも、ムスコに何かしてほしいと言われても「ちょっと待って!」とすぐにはやってあげられないし、「自分でやってみて」とできるだけムスコ自身にやってほしいという気持ちが前面に出てしまうので、それも悲しいことなんだろうなあ。

淋しそうな目をして、ひとりでテレビを見ているムスコの姿を見ると、涙が出そうなほど申し訳ない気持ち。
今までは、どんなささいなささいな事をする時だって、枕詞みたいに「おかあ、おかあ」って言っていて、いつも私が一緒にやっていたのにね。

4月8日の小学校の入学式を迎えた途端、「小学生になったのだから一人で何でもしなくちゃ」と言われたって、いきなり大人や世間の都合に合わせて、ちゃっちゃと気持ちを切り替えたり、今までの習慣を変えたりすることなんてできないですよね。

甘やかすのではなく、ムスコの心がもっともっと強く、そして広く大きくなるように、上手にサポートできる母になりたいです。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理
 | HOME |  NEXT