ムスコと作ったハロウィーンのケーキ

昨日の日曜日は、ムスコの保育園のクラスの有志が集まって行うハロウィーンパーティでした。
発起人のママが気を使って声をかけてくれたのですが、場所がカーペット敷き、食事はピザやフライドチキンなどなど基本的にはデリバリーのもの、あとは市販のお菓子とケーキということだったので、行くのを諦めました。

ムスコに言ったら行きたがっただろうけれど、親子総勢70~80人集まる中で、カーペットを敷いた会場で子どもたちが走り回って大騒ぎしている中に長時間いたら体調悪化につながるだろうし、目配りできないから誤食も怖いし、ムスコがひとりぼっちでお弁当を食べるのも切ないから、と子どもたちみんなが一緒に食べるものを何品も作ることを考えると難しいな、と思って。

季節のイベントのたび、というのはムリですが、卒園式の時の謝恩会とか、そういう「ここ一番!」の時には、頑張って作ってあげようと心に決めたのでした。

そんなわけで、ムスコに内緒でハロウィーンパーティへの不参加を決めてしまった罪滅ぼしをかねて、ムスコと一緒にハロウィーン気分でケーキ作りをしました。
使ったレシピはハロウィーン・デコレーションケーキです。

クリームはぺたぺたとスプーンの背中を使って塗ったので、でこぼこ(汗)
これも手作りの味、ということで(笑い)

飾るのに使う果物も何もなかったので、ケーキの上に刻んだ乳不使用チョコレートを散し、甘栗を乗せました♪

121027_1722~020002

ハロウィーン・デコレーションケーキのレシピを少し調整しています。

焼くのに使ったのは小さなシフォン型。
スポンジに使ったひよこ豆の裏ごしはカボチャの裏ごしにしました。
カボチャのほうがスポンジのしっとり感が増すようです。

クリームのほうは、水分が多いカボチャでしたし、寒天を煮溶かすのも面倒だったので、カボチャの裏ごし200グラムに甜菜糖30グラムと塩ふたつまみを入れただけ。
残ったクリームは、ムスコが茶巾絞りにしておいしそうに食べていました♪

ムスコが茶巾絞りを堪能している隣りで私が片付けをしていたら、「おかあ、ほら、おかあのちゃきんきぼり、つくったよ。あーんして」
ラップをはずして、私の口に入れてくれました。
小さな手で作ってくれた茶巾絞りはとてもおいしくて、幸せな味がしました。

こういう時、子どもは親に愛するために来てくれた天使なのだなぁ、と感じます。
ここに来てくれて、そしていつもそばにいてくれて、ほんとうにありがとう。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ひえ粉入りリンゴジャムのミニケーキ(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

涼しくなってきてやっと体調が少しずつ落ち着いてきたのはいいのですが、味覚の変化か、砂糖が苦手になってしまいました(涙)

例年だと、秋になると和菓子の種類が増えるから、会社の近所の和菓子屋さんに立ち寄って、お土産に見た目がキレイな買って来ては夫とムスコとお茶を飲むのが楽しみだったのに(号泣)

そんなこともあり、あまりムスコのおやつ作りで試作することもできず、今までのレシピをちょちょっとアレンジする感じになっています。

今日作ったのは、甘酒ムースのひえ粉入り米粉ケーキのスポンジの部分のレシピを、お花の形の型に流し入れ、みじん切りして甜菜糖を煮含めて作った甘酸っぱいリンゴジャムを乗せて焼き上げました。

121024_0822~010001

ひえ粉が入ると、ほんのりとナッツのような香ばしさが出て、おいしいですよね〜
甘酸っぱいジャムと相性がいいです♡
米粉だけのふわふわ感とは違い、どっしりした感じでしょうかね。

さてさて、このケーキを作りながら、ムスコに今月の保育園のミニ誕生会のケーキの相談をしました。
今月のお題は「ハロウィーン」です。

「今度のケーキ、どうしようか? カボチャのおばけの顔、チョコレートで描くのは難しいしなぁ」とムスコに言うと、ムスコは「いいよ、いいよ、たいへんだから、ケーキ、つくらないでいいよ。ボク、おせんべいでいいから」

ムスコの言葉に驚いて、自分の耳を疑いました。
「だって、みんながケーキを食べるのはお昼ごはんの時だよ。おやつの時間だったら早いお迎えにできるけど、お昼ごはんだから早お迎えすることもできないんだよ」

そう説明しても、「うん、でも、いいよ。だって、たいへんだもん。クリームつけるし、えもかくでしょ? おかあ、つかれちゃって、おしごといけなくなっちゃうでしょ?」と真剣な顔。

ムスコの優しさに感動し、体調の悪さも吹き飛びました!!!

「大丈夫! ちゃんと作れるからね。みんなと同じじゃなくなっちゃうけど、でも、おいしいケーキ、作るから」と言うと、「ほんとうに、だいじょうぶ?」と心配顔で言った後、ニコニコして「じゃあさ、え、かくのたいへんだから、クッキーやく? ボクもおてつだい、してあげるね!」

さーて、どんなケーキを作ろうかな?
今月は、いつもにも増して、お誕生会用のケーキ作りが楽しめそうです♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ムスコの言い分

夫が出張でいないある朝のこと。

すでに時間は保育園の遅刻ぎりぎり。
お弁当と水筒を準備し、お弁当連絡帳をあわてて書いていました。
おまけに私はパジャマのままで(汗)
朝の1分、いやいや1秒だって、ものすごーーーーく貴重ですよね!(←ちょっと自己弁護。笑い)

そんな私を見たムスコが言った一言。
「おかあ、まだじゅんびしてないんじゃない。おきがえもまだだしさ。ボクにオモチャ、かたづけてっていったけど、おかあのじゅんびがまだなら、『はやくしなさい』なんていわないで、ボク、もっとあそんでてもよかったじゃない」

カチン!
その言葉にキレました。

「じゃあ、準備しなさいって言ったらすぐにできるの? 片付けだってすぐにはできないでしょ? だから早くやるんでしょ? おかあが遅いっていったって、だれのための準備なの? ほんとは水筒くらいは自分でしなきゃならないことでしょ?」

そう説明したものの、ムスコは納得いかない顔。
「おかあの言っていること、わかる?」と聞いても、不満そうな表情で口をきかない。

たしかにムスコの言っていることも一理あるし、5歳になると言葉が達者になるから、よけいに「もう!」って思っちゃったりします(汗)
「だれのための準備なの?」っていうのも、アレルギーっ子に言っちゃいけない反則の言葉です。
ムスコに対して、というよりも、自分に対してもどんどん怒りが高まってしまっていました。

と同時に、これまでの自分のことも反省しました。
私、ムスコにやらせるよりも私がやっちゃったほうが早いので、ムスコができることでも私がやっちゃっていたことが多いんですよね。

ある意味、過保護というか、ムスコは「ただ待っていればいい」という状態で、当事者意識というか責任感をやしなうようなことをしていなかったんです。
だから、ムスコが何もしないで待っているのは、私の責任でもあります。
それを急に「やれ!」って言ったってムリな話です。

そんな自分に激しく反省するとともに、来春、小学生になるムスコが私におんぶにだっこで何もできないのはまずいだろうと思い、ムスコ用の置時計を渡し、自分でスケジュール管理させることにしました。

ムスコは時計を読めないので、ホワイトボードに時計の絵を書いて、そのとなりに時間とやることを書きました。

121012_0709~01

せっかくスケジュール管理させるんだから、ぜーんぶ理想の時間をかいちゃおう♪
これを守ってくれるようになったら、ストレスがたまらないなー、なんて思いつつ(笑い)

おもしろいことに、ムスコはこれを「ゲーム」だと思ったらしい。
「いろいろなおやくそくがあるねー。ほいくえんでも、せんせいが、とけいが3になるまであそんでいいですよ、とかいうんだよ。ちゃんとできたら、えらいの。ボク、ちゃんとできるよ♪ あかちゃんはできないけどね、おにいちゃんはできるんだよね」とニコニコ顔。

私が起こした日でも、起きてくるとホワイトボードを見て、「おかあ、あさ、まにあった?」などと聞くようになりました。
朝、起こさなくても自分で起きてこられる日があったりして、嬉しい限り♡

保育園に行く準備も、ムスコがテレビに夢中になっている時も……
私が「あれ、時計……保育園の準備、大丈夫かなぁ……」とつぶやいたりすると、「あっ、そうだった」と言いながら準備をして、「できた! まだテレビみていいよね?」などと聞いてくれるようになりました。
「さすが! すごいね!」と私が大喜びで頭をなでたりすると、かなり鼻高々な感じ(笑い)

ほんの少しずつですが、遊んでいても時間を気にするようになり、自分で考えてなんとかしようとする意識の芽生えが見られるようになりました。
成長、成長♪

朝っぱらから「早くしなさい!」「いいかげんにしなさい!」と怒鳴らなくても、なんとかかんとか保育園に行けるような状態になるのは、こちらも気分がいいものですね。
叱りすぎてシュンとしたムスコの顔を見ながら保育園に連れて行き、預けてくると、「一日、楽しく遊べているかなぁ」と気がかりになったりしますから。

スケジュールどおりにできると自分も嬉しいし、私にものすごく誉めてもらえるので、楽しいみたいです。
大人だって文句を言われながらいろいろやるのは楽しくないですし、大人だって誉められたら嬉しいですもんね。

私ができるだけムスコをおだてて、ムスコにいろいろとやらせたいと思うのには理由があります。
ムスコは叱られると激しく落ち込んでしまい、精神的に非常に弱いのです……。
だから、ムスコに自信を持ってほしいし、「ボクはできる!」という気持ちをつちかってあげたいのです。

「誉めてばかりいると、子どもの性格によっては、大人の様子をうかがって誉めらてもらえるような場面でだけよいことをするようなずるさを身につけてしまうこともあるし、誉め過ぎはよくない」という育児の専門家もいますが、ムスコの場合はまずは自己肯定するところからスタートなので、誉めて誉めて誉めまくって、「やめてー」って言われるまでギューっと抱きしめることが大切かなー、と思っています。

この間も、ムスコは夫に軽く注意された後、夜、私に号泣しながら「うまれてきて、ごめんなさい。ボクのこと、しかりたくないのに、ボクがわるいから、しからなきゃならなくなって、おとうもおかあもイヤなきもちになっちゃって、ごめんなさい」と言われ、胸が痛かったです(涙)

親にはそのつもりがなくても、親の注意の仕方がムスコにとっては威圧的に感じられたりするから、そのたびにムスコは傷ついてきて、その積み重なった小さな傷がムスコの性格に影響しているんだろうと、深く反省しています。

ムスコがすぐに「できない」と諦めてしまうこと、とか、人の顔色をうかがう、とか、積極的にいろいろやらない、とか、思ったことをはっきり言わない、ということで叱ってしまったりするのですが、でも、ムスコだけが悪いわけじゃなくて、親と子どもとの関係性でそうなっているんですよね……。

私が勉強しているホメオパシーでも、子どもが小さければ小さいほど、親との関係性を重視します。
小さな子どもは気持ちをうまく言葉にできないけれど、ほんとうによくわかっていて、親が言葉にしない感情の動きまで察知していたりしますから、そういうものに影響されていることも非常に多いので。

そんなわけで、「ああしなさい! こうしなさい!」命令してやらせるのではなく、励ましてやりたくなる環境を作り、ムスコができたらめちゃくちゃ誉めまくってあげたいなー、と思い、日々、修行中です。
「なにやってんの!」と言いたくなった時、その一言を飲み込むのって、大変ですね(汗)

子どもには子どもの個性もプライドもありますし、それを傷つけないようにしながら、自分を大切に思う気持ち、他人を信頼する気持ち、親を敬う気持ちを持てるような大人になってくれたらいいな、と願いながら、私もムスコと一緒に成長していきたいと思っています。

でも、やっぱり、子育てって、責任が重いし、大変ですね……。
その大変な分、子どもの笑顔という素敵なご褒美があるんですものね。

今日も、ムスコのニコニコ顔が見られるよう、私もニコニコ顔になれるよう、過ごしたいと思います♪

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード