夫の特製スペアリブ

今回の記事でご紹介しているのは、夫が作ってくれためちゃめちゃおいしいスペアリブと、マンションの24時間換気の空調のフィルター汚染調査のニュースです。
ご興味のある記事へスクロールをお願いいたします。

*************************************

【速報】東京都のマンションで空調フィルターからウラン3,000ベクレル/kg!という記事がありました。

本文をペーストしますね。
「東京タワーから約300mの距離にあるマンションの空調フィルターから、高濃度のウランが検出された。調査をおこなったのは、欧州放射線リスク委員会(ECRR)のクリス・バズビー博士。

近年に建設されたマンションでは、24時間空調が義務づけられており、常に外気を取り込んでいる。外気の取り込み口にはフィルターが設置されているため、空気中に漂うチリや細かいゴミなどはここに吸着される。

ECRRのクリス・バズビー博士は今年6月に東京都内のマンションで、このフィルターに付着したチリをこすり落として採取。γ線スペクトルなどを検査したところ、多数の放射性物質が検出された。
鉛210やセシウム137、ロジウム102など、都内の一般的なマンションに通常存在しない物質ばかり。中でもウラニウムは約3,000ベクレル/kgという高濃度で含まれていることがわかっている。
バズビー博士が資料を採取したのは、東京タワーから300mほどの距離にある20階建てのマンションだという。

同じような汚染は関東一円のどの住まいでもありえる。子どもや妊婦のいる家庭では、早急にフィルターを掃除すべきかもしれない」

事故直後からずっと24時間換気で大丈夫なんだろうか? 
放射性物質が付着しているんじゃないか?
室内に入ってくるんじゃないか?
そう思っていましたが、やっぱり24時間換気は要注意なんですね……。
おまけに、この記事で紹介されているマンションの場所、我が家から近いし(泣)

室内も室外も、こまめな掃除が重要ですね。

************************************

ムスコと私に用事があって夜まで外出することになった週末、夫に夕ご飯をお願いしました。

そもそも夫は料理上手。
しかし、非常に几帳面で凝り性なため、とても調理時間がかかります(←お金もね。笑い)
でも、ほんとうにおいしいんです。

夫にはいくつも得意料理があり、生のハーブ類を買って来て夫専用の石臼ですりつぶして作ってくれるタイカレーも最高♪

私が急に、たまらなく食べたくなるのが今回作ってもらったスペアリブです。

しっかりと味をつけたスペアリブをオーブンで焼いて、生野菜と一緒に食べます。
もちろん、お肉と一緒に焼いたポテトやアスパラ、ズッキーニといった野菜もおいしいです♪

120728_1916~01

夫の料理にはレシピがなく、その日、その日で味をみながら調整しています。

ムスコも食べられるように作ってくれるので、いつもブログで紹介したいなー、と思って「レシピは?」と聞くと、「そんなものはない」と言われていたんですけどね。

夫にとって、レシピというのは頭の中にあって、その日の食材によって調整するものらしいです。

私がしつこく、この日のスペアリブのレシピを聞いてみたら、一応、以下のようなことを言っておりました。

<材料>
スペアリブ       1.2キロくらい
=漬け込み液=
ケチャップ       3分の2カップくらい
ウスターソース     2分の1カップくらい
味噌          大さじ2くらい
マーマレード      大さじ1くらい
レモン汁        1個の半分
にんにく(すりおろし)    1かけ
生姜(すりおろし)      1かけ

作り方は、漬け込み液を作って密封袋に入れ、そこにスペアリブを入れて1晩置き、食べる前に200度に予熱しておいたオーブンで40分ほど焼きます。
スペアリブの大きさによって焼き時間は変わります。

漬け込み液のほうですが、あくまで分量は目安で、味の様子をみて必要に応じて微調整するそうです。

もしビールがお好きな方だったら、ビールがとても進みそうな味です。
私とムスコはとっても白ご飯が進みます♪

アレルギーっ子がいると、あまり外食もしませんし、お惣菜や加工食品を買ってくることもないので、誰かが作ってくれたものを食べるというのは、ほんとうに嬉しいことですね!

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

あんチョコ米粉ブラウニー

このところ、ずっと冷蔵庫につぶあんが入ったままになっていました。

なぜ、つぶあんがあったかと言えば、30秒できる♡あんチョコトリュフのためです。
とても簡単なレシピなのでムスコにも手伝ってもらえますし、作って冷凍にしておいたものを一口アイスにして食べてもおいしいので。

けれど、あんチョコトリュフを作ると、ムスコは毎日、毎食後に食べようとします。
気に入ってくれるのは嬉しいけれど、いくらなんでも、食べ過ぎだよ、キミ(汗)

そもそもチョコ味が大好きなので、ココアを使ったお菓子が大好き。
そして、あんこが大好き。
両方セットになっているから、あんチョコトリュフは超お気に入りなんでしょうねー。

開封しちゃったけど、あんチョコトリュフを作ろうかどうしようかためらいながら置いておいたつぶあん。
開封してすでに1週間……使わないと悪くなっちゃうなぁ。

以前、つぶあんを使ったブラウニーを試作しておいしかった記憶があったので、作ろうと思ってレシピを探したのですが、なぜか見つからず。

作ってレシピをブログにアップしたような記憶があるんですけど……これって、デジャヴュですか!?
それとも、ただの記憶力が壊れている証拠でしょうか(汗)

考えて見てもわからないので、気を取り直して。

せっかく焼くなら、卵・小麦・乳を使わないだけじゃなく、大豆もナッツも使わないほうがいいもんね。
つぶあんでしっとり効果が出ると想像されるので油脂の量は減らし、「こんなかなー」と味の組み立てをイメージしながら焼いてみました。

120727_0730~01


<材料(16センチ四方の耐熱容器>
♡米の粉    100グラム
♡コーンスターチ   30グラム
♡ココアパウダー   30グラム
♡三温糖       50〜70グラム
♡重曹        小さじ3分の2
♡クエン酸      小さじ3分の1強
*「重曹+クエン酸」は、ベーキングパウダー小さじ2弱に置き換えられます。

♡塩         ひとつまみ

菜種油        50グラム
水          80〜90グラム程度
*一度に全量入れず、泡立て器からぽってり生地が落ちるくらいの固さになるよう、様子を見ながら水を入れてください。
市販のつぶあん    100グラム


<作り方>
1)オーブンを160度に予熱する。型にクッキングシートを敷き込んでおく。
2)ボウルに♡の粉類を入れて泡立て器でかき混ぜる。
3)2に菜種油とつぶあんを入れ、ぽってりとした生地のの固さがになるよう、様子を見ながら少しずつ水を入れてよくかき混ぜる。
4)型に3を入れ、160度に余熱しておいたオーブンで25分ほど焼く。
*オーブンによってクセがありますので、竹串を差して生地がつかなくなるまで焼いてください。

焼き上がりはふんわりしていて崩れやすいので、優しく両手で取り出して、木のまな板などの上で粗熱をとってください。
ラックの上に載せると、たぶん、崩れるんじゃないかなー、と思います。

さてさて、この、あんチョコ米粉ブラウニーは子ども向きの味ではありません。
たっぷりココアで、しっかり糖分、ですから。

味見をしてみたら……
やっぱり、チョコ味サイコー!!
あんチョコの味ダイスキー♡

そんなふうに叫びたくなるようなふんわり&しっとり&濃厚な味でした。
夫には「味はいいけど、ふわふわで崩れちゃうよね」と苦言を呈されました(←ほとんど誉めてくれないから、想定内。笑い)

実際に夫の言うとおり、ふわふわすぎてもろいので、重曹とクエン酸、あるいはベーキングパウダーといった膨張剤の量をもっと減らしても大丈夫かな?
それとも、コーンスターチはふんわり高さが出やすい分パサパサするから、タピオカ粉をちょっと混ぜたほうがいいかなぁ。

次回、調整しながら作ってみようと思います♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

反省したムスコが作ってくれたお話

ムスコは片付けがとても苦手です。
そもそも、「子どもは親の鏡」と言われるとおり、私には片付けという才能がまったくないからなのだと思うのですが……(汗)
ちなみに、夫は超片付け魔で、片付けすぎてどこにあるのかわからなくなるほどなんですけどね(笑い)

保育園の年長クラスになってから、もうムスコは赤ちゃんじゃないし、ある程度の片付けができるようにするのは家庭の大事なしつけだと思うようになりました。

だって、同じくらいの年齢の子でもニッコリ笑って元気に「おはよう!」とか、姿勢をただして頭を45度下げて「さようなら」と言ってもらうと、胸がキュン♡
保育参観で背筋をピンと伸ばして椅子に座り、先生のお話を聞いている子はものすごくかしこそうですよね。
ご家庭での日頃の躾のたまものなのだろうとは思うのですが、ムスコもこういうふうになってほしいな、と心から思うわけなのです。

年長さんになると、お友だちと「なにをしようか?」「どうする?」と相談しながら遊んだり、先生や大人と会話をしたりといった「社会性」が育まれてきますよね。
コミュニケーションが円滑にできるようになることは、ムスコの今後の「生きる力」(←ちょっと大げさな表現でしょうか)につながっていくと思うので、ぜひとも、なんとかしたい!

私が今のムスコに身につけてほしいと思っているのは、こんなことです。

1)靴を脱いだら、きちんと並べる。靴箱がある場合には片付ける。
2)自分が使ったものはあった場所に戻す。
3)「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」「ありがとうございます」「ごめんなさい」が大きな声ではっきりと言えるようにする。
4)ウソはつかない。

ムスコも日々、「ボクとおかあさんのやくそくだよね」と言っているので、理解できていないわけではないと思います。
まあ、頭ではわかっていても、実際にはできないんですけどねぇ。

正直言えば、ほかにもたくさん、たーーーーーくさんあるのですが、できるところからできるようにしていかないと、「あれもできない」「こっちもできない」と、できないことばかりに目がいってしまい、私がガミガミガミガミ言い過ぎてしまうので。

すでに、このところ、ムスコは手の爪をがしがし噛んでいて、爪切りで切る必要がないほどになっている(涙)
私に叱られることで、かなりのストレスを感じてるでしょうねぇ、申し訳ない……。

夕方、ムスコを保育園にお迎えに行ったら、玄関にムスコの靴を発見!
朝、あいさつもせずに玄関を入り、靴を脱ぎ散らかしたと思ったら、やっぱりそのままだった(←私は給食室にお弁当を届けていたので片付けたかどうかまでわからなかったけど)

保育園では、靴を脱いだら靴箱の自分の名前が書いてある場所に入れるキマリです。

「ここでしっかりと覚えさせないと」と思い、ムスコの靴をムスコの名前が書いてある場所ではなく、靴箱の一番上に隠しました。

そして、ムスコが遊んでいる教室へ。
帰り支度を済ませ、ムスコと一緒に玄関に行くと、ムスコがあせった顔でキョロキョロ。

「どうしたの?」と聞くと、蚊の鳴くような声で「ボクのクツがない……」
「朝、きちんと片付けはしたの?」と聞くと、しばらく考えた後、「……かたづけたとおもうんだけど……」と叱られたくないので、言い逃れるためにウソをつきました。

つまり、ムスコと私が約束した1〜4までにことを、すべて破ったことになります。

これは、ちょっとキツく注意しないとね。

「もし、きちんと片付けたなら靴がなくなるはずはないよね? 誰も勝手に靴箱から出していかないんだから。ここに置きっぱなしにしていたから、誰かが間違ってはいて帰っちゃったんじゃないの? 靴がないんだから裸足で帰るしかないね。靴下でもいいから、そのままで帰るよ」と言って腕をひっぱりました。

すると、ムスコは「イヤ、イヤ、イヤ!……あし、けがしちゃう。イヤー」
そういいながら、必死に涙をこらえているのがわかりました。

ムスコに、「何が悪かったのかわかるの?」と聞くと、「ボク、くつをちゃんとおかたづけしなかったことがわるかったことです」。

「そうだよね? それに、片づけてもいないのに、片づけたというのはウソだよね? ウソはいいこと?」と聞くと大きく首を横にふりました。
「ウソはダメだから、ウソはいいません。かたづけもちゃんとします」

深く反省しているのを感じたので、キツく言うのはやめて、靴のある場所を教えました。
そして、ムスコは、もう二度と、靴は脱ぎっぱなしにせず、片付けるという約束をしてくれました。

帰り道、ムスコがこんなお話を聞かせてくれました。

*************************
ねえ、おかあさん、くつはね、2こ、あるでしょ?
ばらばらになっちゃってると、どんどんはなれて、ふざけちゃって、ドアのそとにでていっちゃったりするの。
そうして、いなくなっちゃうんだよ。
でもね、ちゃんとくっつけてならべておいたら、みんながよる、ねちゃったあと、ふたりでしずかにあそんでるんだよ。
おりこうさんにして、ふたりでね。
そういうときは、さわいだり、うるさくしたり、しないんだよ。
だからね、くつはちゃんとならべて、おててをつなげるようにして、おいてあげないといけないんだよね。
**************************

このムスコの即席のお話を聞き、ムスコはちゃんとわかってくれたんだな、と感じました。
家に帰ったら、自分の靴をきちんと並べただけじゃなく、玄関にあったほかの靴も並べてくれました。
「自分がなぜ、これをしなければならないのか」と理解して、自発的にやってくれると、ものすごく子どもが成長したようで嬉しいですね♪

ちょっと話がそれますが、ムスコは2歳になるちょっと前からホメオパシーをとるようになりました(←11月で6歳になります)。
食物アレルギー・喘息・アトピーはいずれも免疫系のバランスが崩れて起こるものなので、半信半疑で始めたものの、いずれも改善してきているのを感じられるし、引っ込み思案でマイペースな性格的も少しずつ改善してきました。

ホメオパシーは心と身体の両方におだやかに作用し、その子が本来持っている健やかな心と身体の状態にしてくれます。
願わくば、わんぱすすぎるくらい、積極的で明るく行動してくれる男の子らしい男の子になってほしいなぁ。

私もホメオパシーでの治療を7年ほど前から受けています。
原因不明の習慣性流産で病院からは「どこも悪くないから治療することもない」と言われ、「治療してほしい」「治療するところがない。どこも悪くない」の押し問答。

私にとっては「せっかく妊娠しても流産してしまう」という明らかなで苦しい症状があったのに、それを病院では治療できないということがどうにもこうにも納得いかないことでした。
西洋医学には治療できないエリアがあるのだということを痛感して代替医療に目覚め、漢方による治療を行い、藁にもすがる思いでホメオパシーの治療を受けてムスコを授かりました。

それを、「単なる偶然」で片づけることもできますが、私には偶然ではないと感じられるんですよねぇ。
だって、ホメオパシーをとりはじめてから判明した妊娠で出産に至ったんですから。

今は、育児やストレスなどで、私自身、自分が抑えられなくなってムスコを叱りたおし、自己嫌悪に陥ることも多いため、ホメオパシーで心身のバランスをケアをしています(←こういう極端な感情の爆発も心の症状ですから)。
いつか「笑顔が素敵な優しいお母さん」になれるように、と願いつつ♪

育児でイライラ、仕事でイライラというのはあっても、いつも精神状態が不安定だった思春期、偏頭痛があっていつも肩こりや背中の痛みがあった乙女の時代(笑い)や、育児ノイローゼぎみだった時より、今は精神状態も体調も良くなっていると感じます。

ホメオパシーは即効性はありませんが、慢性的な不調が蓄積して狂ってしまった心身のバランスを徐々に整えてくれます。
しばらく時間が経ってから振り返ってみると、「ああ、これ、もしかしたら、ホメオパシーの効果があったのかもしれないな」と感じるタイプの体質改善型の治療法かな、と思います。
風邪や発熱などの急性症状に対しては、即効性を発揮してくれるんですけどね。

もしホメオパシーにご興味をお持ちの方がおられましたら、ホメオパシーの体験(ケーススタディ)にいらっしゃいませんか?

大人になるといろいろと我慢することが当たり前になって自分を抑え込みますし、育児をしていると思うにならずストレスがたまったりすることもありますよね。
そうしたことがあるようでしたら、心に浮かぶ思いありのままに語っていただき、心も身体も軽やかになってくださったら嬉しいな、と思います。

もしもご興味を感じていただけるようでしたら、ホメオパシーの体験(ケーススタディ)に記載してあります私のメールアドレスにご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

食物アレルギー対応のお菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
2月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード