ココナツとくるみのガトーショコラ(小麦・卵・乳不使用)

かなり以前、書いたことがあるような気がするのですが、私が使っている携帯電話はシニア用です。
私、電話とメールとちょっとした撮影ができれば充分ですから。

とはいえ、シンプル機能のシニア携帯すら使いこなせなくて、たとえば「天気予報」なども表示できるのですが、偶然表示される時以外、自分でやろうと思っても表示できない(汗)
それは、それは情けないほどの超アナログ人間で、ある時、魔が差してインターネット検索を携帯電話でやったら、その請求が何万円にもなりました(涙)
別に有料サイトに接続したわけではなく、親が宿泊するホテルの住所を調べただけ、なんですよ。
どれだけ機械音痴でまごまごしてたんだ!? って話ですよね。

今の携帯電話はまだ使えそうではあるのですが、充電器を差し込むところが壊れていたりして、何時間つないでもしっかりと充電してくれず。
2年がかりでやっと慣れてきた携帯電話を買い替えたくはないけれど、そろそろ買い替え時期は近いのかも……。

で、今、インターネットを見ていたら(←もちろんパソコンで♪)、なんと、すごいものが出たんですね。
放射線を測定できるスマホだそうです。
一体、「スマホ」がなんなのかもワカラナイ私ですが、かなり心が揺れています。
放射線測定の精度はどうなんだろう??
販売店に行ったら、試しに実測させてくれるのかなぁ。
気になります。

さてさて、ムスコのお弁当用のおやつにケーキを作っている時、一緒に、会社に持って行くケーキを焼きました。

しっかりとしたココアの味のケーキが食べたかったので、はっさくピールのしっとりココアケーキをアレンジ。
ドキドキしながら、がっちりと砂糖も油も入れましたよ~

120525_0947~04

型をシフォン型にして、ココナツを生地の中と外側にたっぷりと♪
味は良かったのですが、しっとりした生地なのでココナツファインだと存在感がありすぎ(汗)
ココナツパウダーのほうがよかったような……。

でも、ものすごく濃い緑茶に合う、しっかりとした味のケーキでした。
会社の女性たちが「うんまぁ~い♡」と喜んでくれて、嬉しかったです。


<材料(16センチのシフォン型1個分)>
♡米の粉         140グラム
♡コーンスターチ     30グラム
♡三温糖         100グラム
♡ココアパウダー     35グラム
♡ベーキングパウダー   11グラム
♡塩            1グラム

☆豆乳           150グラム
☆菜種油         80グラム

ココナツファイン     30グラム
くるみ          40グラム

ココナツファイン(飾り)  適量
メープルシロップ(飾り)  適量

<作り方>
1)型に分量外の油を塗り、オーブンを170度に予熱しておく。
2)♡の粉類をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせる。
3)2に☆の材料を入れて、ヘラなどでよく混ぜ合わせる。刻んだくるみとココナツを入れて混ぜる。
*ぽってりするくらいの固さになります。
4)1の容器に生地を流し込み、170度に予熱しておいたオーブンに入れて30分ほど焼く。
*竹串をさしてみて生地がつかないかを見て、火が通っていることを確認してください。
5)型から取りだし、ケーキの上部にはけでたっぷりとメープルシロップを塗り、ココナツファインをふりかけ、軽く押さえる。200度のオーブンで軽く焼き、メープルシロップとココナツファインがくっつくようにする。



にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

おひさまクッキー on 甘酒&白桃クリーム米粉ショートケーキ

昨日、ムスコの保育園のミニお誕生会がありました。
はい、そうなんです。
また、朝っぱらからケーキづくりの日です。

前日、調理師さんから「ケーキの絵はおひさまになります」と教えていただき、ムスコに「クッキー乗せればいいよね?」と言ったところ、「いいよ、あかいのにしてね」。
ええええー、おひさまは赤じゃないといけないのかい?(涙)
うちには着色料なんてないんだよねぇ。

ふたりで保育園からの帰り道、赤い色またはオレンジ色を出せる食材は何か相談。
人参、トマト、ビーツ(←生は普通のお店にはないですよね)、紅芯大根、紫キャベツ、いちご……。
ふたりで思いつく限りの食材の名前を挙げ(←たいして思いつかなかった。笑い)、「じゃあ、いちごならいいよ♪」

というわけで、いちごを使ったケーキを作ることになり、当日の朝。
あれこれと考えた揚げ句、いちごムースを載せたケーキにしよう♪と思いつき、スポンジを丸く抜くためのセルクルを準備して、いちご甘酒プリンのレシピを見てウキウキしていました。
だって色がきれいなんだもーん♡

作ろうと思って食材を準備していた時、冷凍庫に眠っていた手亡豆の裏ごしを発見。
手亡豆で作ったクリームはとてもおいしいので冷凍保存しておいたのですが、長期間冷凍しておくと風味が落ちちゃうなぁ……と考えていて、甘酒のかわりに使うことにしました。

ここからが私のつまづきの始まりでしたよ(涙)

寒天を煮溶かし手亡豆の裏ごしに甜菜グラニュー糖と、隠し味に塩を入れ、クリーム状になったのでローシュガー苺のコンポートを入れて、ガーッとしたのです。

すると、なんと、なんと、みるみるうちに、茶色に変色(号泣)
手亡豆といちごの成分の相性がよくないのか、それともいちごの色素が塩に反応したのかはわかりませんが、とにかくびっくりするほど美しくない色でした。
時間がない朝だっていうのに、化学反応って非情ですね(涙)

私がイメージしていた明るいピンク色は打ち砕かれ、方向転換で手亡豆とココナツミルクでクリームを作ろうとしたら、手亡豆が足りなかったらしく、今度はやわらかすぎてデコレーションができず……(泣)
時間はないし、失敗続きで頭がくらくら。

手元にある材料でなにが作れるかを必死で考え、結局、甘酒と白桃の缶詰とココナツミルクでクリームを作りました。

これも微妙にやわらかすぎ、でも、気合いでデコレーションしました。
なんとか形にはなってくれたのですが、美しくない(泣)
しかも、レシピを掲載するほどおいしくできなかった、ぐっすん。

上には米粉なのに、さっくりクッキーでおひさまクッキーに。
丸い顔はカボチャパウダーで、目はココアパウダーで色付けし、にっこり笑った口は小さな計量スプーンをぎゅっと押し付けました。

スポンジ部分は、米粉ケーキの糖分&油脂分を減らす方法という記事でご紹介したレシピと、ありあわせバースディケーキのレシピをミックスしました。

そろそろ暑くなってきてケーキを冷蔵保存していただかないといけないので、油脂分や糖分はありあわせバースディケーキのほうにし、粉の配合を米の粉とタピオカ粉にしてみました。
コーンスターチはタピオカ粉よりもふわっと高さが出る分、パサパサしやすく、保湿力も弱いので、タピオカ粉のほうが多少マシかと思って。

実際のところ、卵も乳製品も使わない米粉のケーキは冷蔵保存するとポロポロになるのでご法度なのですよね。
でも、食感よりも安全。
食べてお腹が痛くなったら困ります。

普段はあまりしませんが、スポンジにはメープルシロップと水を半々にしたシロップをたっぷりと打ち、クリームもたっぷり塗って、できるだけ、冷蔵庫に入れている間もスポンジに水分がまわるようにしました。
朝持って行って昼食時に食べたのであまり固くならなかったようです。
クッキーはケーキの水分を吸ったのか、割れてしまっていたらしいのですが。

3回目の正直でやっと仕上げたショートケーキ。

120524_0818~01

今回はほんとうに疲れました。
誕生会に間に合わないかと焦りに焦り、気疲れと肩凝りで。

ムスコはキッチンにいる私をちらりと見ただけで、いつもの寝起きの時ように「だっこー、だっこー」とも言わず、静かにナノブロックでウッドペッカーを作りはじめました。

私になにか言ったら、「おかあさん、忙しいんだから、あとにして!!」と怒鳴られると察したんでしょうねぇ。
てんぱっている時に話しかけられるとイライラしちゃって、よけい、できなくなっちゃうダメな私(汗)

でも、ムスコが気を遣ってくれたおかげでケーキが完成しました。
ケーキを持ち運び用のケースに入れ、準備完了♪

すると、ムスコがまな板の上をぞきこみ、私の顔を見上げ「このきったはじっこ、たべていい? あじみしたいなぁ」。
そのムスコの笑顔を見て、「遅れる!間に合わない!!」と焦りに焦ってこり固まっていた私の体と心もすっとゆるみました。
と同時に、私の鬼の形相と、ピリピリとはりつめていた「こっちにこないで!」バリアがなくなったのを実感しました(笑い)

お誕生会のケーキをつくる日は、朝っぱらから緊張の糸を張りつめすぎて、一日分の労力を消費しちゃって、ほぼ抜け殻です(汗)

たまには緊張したり集中することも必要ですが、心はいつもゆるゆるしていないと柔軟性もゆとりもなくなっちゃって、よくないですよねー。
ピーンと張りつめた状態だとポキンと折れやすくなっちゃいますが、柔軟さは強さにも繋がりますものね。

来年の5月はムスコももう小学生。
小学校ではお誕生会なんてないでしょうし、卒園までのケーキ作りは精魂込めてやっていきたいと思います♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ムスコ特製いちごジャム & 米麹ブラウニー(小麦・卵・乳・大豆不使用)

過日、ムスコの保育園でクッキングがありました。

保護者は事前にいちごジャムを作ることを知らされていたのですが、子どもたちに先生は「お鍋を使って、あまいものを作るよ」とだけ伝えたそうです。
そのため、子どもたちからは「じゃあ、カレーかな?」とか「カレーはちがうよ、アイスクリームだよ」とか「うーん、あめかな」とかいろいろな意見が出たらしい(笑い)

ムスコは帰宅した後も、先生の“なぞかけ”に「ぼく、クッキーじゃないかとおもうんだよねぇ。だって、あまいしさ、こどもがつくれるものでしょ? カレーはからいからちがうとおもう」と真剣な顔。
翌朝、「なにをつくるのかなぁ? もしかしたらケーキかな? でも、ケーキ、にないもんね」と首をかしげながら保育園に向かいました。

夕方、お迎えに行くと、クッキングがとても楽しかった模様♪
「いちごジャム、つくったよ♪ ボク、つくれるから、おかあさんにおしえてあげるね!」と上機嫌。

ところが、スーパーに行っても、もういちごの姿がない(涙)
いくつかのお店をまわり、売れ残っていた最後の1パックのいちごを購入(←残り物には福があるかしら♪)
ムスコがいちごジャムお料理教室の先生になり、私がアシスタントになりました。

「さいしょはいちごをはんぶんにきるんだよ。そしたら、そのはんぶん。4つにきったら、おさとう、いっぱい!やまにするんだよ」
そう説明しながら、ほんとうにどっさり山盛りに入れました(汗)

「きったいちご、あじみしてみるね」
「おさとうはちゃーんといちごにまぶすんだよ。あまくなるから」と説明しつつつまみ食い。
煮ている途中でも「ちょっとだけあじみね。いっぱいたべないからね」。
私の教えてくれるのも上手ですが、味見も上手です(笑い)

煮詰める時には木べらでかきまぜながら「もうすこし、とろとろかな?」と濃度を気にしていて、なかなかなものでした(笑い)

ムスコ渾身のいちごジャムができたので、それに合うようなブラウニーを焼きました。
ふつうはジャムを添えて食べたりしませんが、赤い色とブラウンのコントラストが美しいかな、と思って。

ブラウンシュガーを使った優しい味だったし、フルーツソースのようにジューシーなジャムだったので、それに合うように、隠し味に米麹を使い、はすの実甘納豆を入れて色味と甘味を足しました。

120522_0843~02

そのままで食べると濃厚なココア風味。
いちごジャムをたっぷりとかけるといちごの甘酸っぱさがミックスして軽い味。
米麹効果なのか、しっとりとしていました。

なかなかいい感じのブラウニーになりましたので、今度のお料理教室でアレンジレシピとしてお渡ししようと思っています。

お料理教室のキャンセル分へのお申し込みをいただき、ありがとうございました!
ご連絡のメールをさせていただきましたので、ご確認をお願いいたします。

お料理教室まであと10日ほど。
みなさんとお会いできるのが、とても楽しみです♪

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード