ハロウィーン・デコレーションケーキ(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

昨日は、とても、とっても待ち遠しかった震災支援アレルギー対応お料理教室
ママたちと可愛いお子ちゃまたちと天使のような赤ちゃんたちと大勢でワイワイ、がやがやとおしゃべりしながら作って、食べて、夢のように楽しい時間でした。

何が驚いたって、ムスコが嬉しすぎて“壊れて”しまい、さんざんはしゃいで大騒ぎし、最後にはトイレで頭から上半身までびしょ濡れになっていたこと(汗、汗)
これまで育ててきた中で初めて見たムスコが狂乱(?)する姿に、お友だちと一緒に遊べて、大勢で食べることができて、優しいママたちの笑顔に包まれて、ほんとうに楽しかったんだなぁ、としみじみ思いました。
でも、水遊びはダメだし、風邪をひくからと、後でみっちりと叱りましたけど(笑い)

みなさん、ご迷惑をおかけしました!

お料理教室のことでは、たくさん書きたいことがありますし、今日、義援金を送金してきますので、レポートと参加費+義援金の詳細のご報告はあさっての記事でさせていただきますね。

ひとつ、業務連絡です(笑い)
レシピ、お忘れになった方、おられませんか?
ブログに掲載していないレシピが多いので……。
もしご入用でしたらお送りいたしますので、ご連絡ください。
業務連絡は以上です♪

昨日、参加費で購入した材料が少しあまったのですが、それは私がいただくことになりました。
みなさんの材料費で買ったものですし、ここはやっぱりレシピ開発をしないと♪

ということで、ハロウィーン用のデコレーションケーキを作ることに。
いただいたカボチャとココナツミルク、このクリームになりました♪

111031_0916~02

いきなり思いつきではじめたため、何も上に飾るものがなかった……(汗)
特別な日っぽく、隠し持っていた電車のかたちのローソクを飾ってみました。

このケーキを見たムスコは「うわー!!!!!」と絶叫。
ハロウィンのおばけを頑張って作るより(←ビビリなので、「おばけ」と言う時はおばけに聞こえないように声をひそめます。笑い)、むしろ、はじめて見る電車のローソクに興味津々。

「これ、えのでんだ! このクリーム、しぼってみていい? あじみしていい?」と、眼はローソクに釘付け、絞り袋に残っていたクリームから手を離さず。
「おいしいねぇ、おいしいねぇ」と私が洗うよりもキレイになるくらいクリームをなめまくってくれました(笑い)

カットするとこんな感じ。
ひよこ豆を裏ごしして入れると卵が入ったケーキのような色になります♪
タピオカ粉を使って油脂量を減らしているため、ふわふわと気泡が入ったスポンジというわけではないですが、しっとりしていておいしいです。

111101_0645~01

=スポンジケーキ=
<材料(12センチ丸型1個分/私は丸型2個で焼いたので倍量です)>
♡米の粉       100グラム
♡タピオカ粉     10グラム
♡甜菜糖       35グラム
♡ベーキングパウダー 4グラム
♡重曹        1グラム

ひよこ豆裏ごし    40グラム
*カボチャの裏ごしでも可。カボチャのほうがしっとりします。カボチャの場合、生地に用いる水分量は要調整。
水          70~75グラム前後
菜種油        30グラム

リンゴ酢       5グラム

<作り方>
1)ボウルに♡の粉類を入れて泡立て器でよく混ぜてからひよこ豆の裏ごしを加えて混ぜ、そこに水と菜種油を入れてかき混ぜる。リンゴ酢を入れて混ぜ、生地を作る。
*水分はひよこ豆の給水量によって変わるので少なめの量を入れて微調整する。リンゴ酢を入れた後の生地はホットケーキの生地くらい。
2)型の内側に分量外の油を塗り、170度に予熱しておいたオーブンで20分焼き、150度で10分焼く。竹串を刺して生地がつかないようだったら型から取り出して粗熱をとる。
3)スポンジにシロップ(水とメープルシロップを半々に混ぜたもの)をたっぷりと塗る。

=カボチャクリーム=
<材料>
カボチャ裏ごし    250グラム
*私の使ったカボチャは水分多めでした。栗カボチャだったらもっと少なめになると思います。
ココナツミルク    100グラム
甜菜糖        40~50グラムくらい(お好みで)
塩          ほんの少し(カボチャの甘味を引き出すための隠し味)
寒天パウダー     小さじ半分
水          大さじ1

<作り方>
1)鍋に寒天パウダーと水を入れてふやかしたところにココナツミルクと甜菜糖を入れ、木へらでかき混ぜながら加熱。クツクツしてきたら火を弱め、3分ほど加熱。焦げ付きやすいので絶えずかき混ぜ続ける。
2)寒天が煮溶けたらカボチャ裏ごしと塩を入れ、バーミックスで撹拌する(なければフードプロセッサーで)。

クリームを作るのはとても簡単です♪
私は丸型のとおりに丸くキレイに塗れないので、最初にべたべたとクリームを塗り、その後に下からすくいあげるようにしてクリームを整え、上に絞りました。
裏ごししたカボチャは繊維が少ないので、金口にひっからず、らくらく絞れます。

カボチャクリームは油を加えるわけではないですし、糖分も少なめでヘルシー。
さらに、豆乳ホイップよりもだれずにしぼりやすいので、デコレーションの練習用にもってこいです(笑い)


今晩は家族で気分だけでもハロウィンをしようとムスコと相談。
夕ご飯は30分で作り終えるという自分なりのルールがあるので、昨日のお料理教室で作った鶏手羽元の蜂蜜ローストと焼き野菜にして、ムスコと私の乾杯用にシャンメリーを買ってきてシャンパングラスにそそいであげようかなぁ、と思います。
あとは、クラッカーでも鳴らすと盛り上がるかな~。

ハロウィーンとケーキでウキウキして、ムスコがおばけになりました(笑い)
私のトレーナーの腕に足を入れ、胴の部分にぎゅーぎゅーにひっぱって全身を隠しています。
どんな格好かわかります??

111031_0857~02

ムスコが脱いだ後、極限までびよ~んと伸び切ったトレーナーが取り残されていました(涙)
トレーナーって、ほんとうに伸びるんですねぇ。

みなさん、楽しいハロウィーンをお過ごしくださいね♪

時間がなかったため、レシピを書けていないのですが、あとでアップしますね。




にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡







スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

豆乳はほんとうにふんわりさせる力があるのか!?

レーズン&ココナツの甘酒ケーキのレシピを使い、「豆乳はほんとうにふんわりさせる力があるのか!?」実験をしました(←大げさですけど。笑い)

甘酒が多いと甘酒の力に妨害されて豆乳がのびのびと力を発揮できないかもしれないので(笑い)、量を減らしてみました。
あと、食感をほろりとさせるのに役立つココナツパウダーも除外。

豆乳に重曹という組み合わせだからなのか、豆乳なしの時よりもやや白っぽく焼き上がりました。
重曹を入れると化学反応を起こして茶色がかった色になりますが、それが緩和されるのかもしれません。

111014_0848~03


<材料>
♡米の粉       70グラム
♡コーンスターチ   30グラム
♡甜菜糖       25グラム
♡重曹        小さじ半分
♡塩         ひとつまみ

☆菜種油          20グラム

☆甘酒原液         30グラム
無調整豆乳         60~70グラムくらい
*甘酒の濃度で変わります。リンゴ酢を入れる前で、ぽってり落ちるくらいになります。

レーズン    15グラム
煮リンゴ    15グラム

リンゴ酢    5グラム

<作り方>
1)ボウルに♡の粉類を入れて泡立て器で混ぜ合わせる。オーブンを170度に予熱しておく。
2)1に菜種油と甘酒原液を入れて、生地の固さを調整しながら水を入れる。リンゴ酢を入れる前には、ぽってりと落ちるくらいになる。
3)2にリンゴ酢を入れて混ぜ、レーズンを加えて混ぜ合わせてから、分量外の油を塗った型に生地を流し入れる。
4)170度で20分ほど焼き、150度に温度を下げて15分焼く。

やはり、ケーキの勝負は粗熱をしっかりとってから、ですよね~。
米粉って、時間が経つとパサパサしやすいですもん。

で、焼き上がってすぐの結果としては、かなり微妙ですが……。

豆乳を入れたほうがややふんわりするかも?
しっとりした時間が水だけよりも長続きするかも?
いずれも「かも?」のレベルなので、豆乳を入れても入れなくても、焼き立てのケーキを比較しないと差はそれほど大きくないように思います。

糖分どっさり+油脂分どっさり+豆乳なら、間違いなくふわふわになりますが、糖分控えめ+油脂分控えめ+豆乳だとそれほど焼き上がりすぐの差はあまり気になりません。
これって、豆乳の力というよりも、糖分と油脂分の力ですもんね。

翌日になったら、豆乳入りのほうが軟らかさをキープする度合いが強いです。
翌々日になっても豆乳入りはレンジでチンせずに食べられる固さで、「おお、豆乳の本領発揮ね」と驚きました。
長時間保存には豆乳が有効、そんなことは言えるかもしれませんねぇ。

でもね、でもね、よく考えたら、甘酒も入っているし、甘酒の保湿性も頑張ってくれているかもしれないですよねー。
甘酒と水でも、水だけの時よりもしっとり感が長時間持続しましたもん。

これじゃあ、純粋に豆乳の作用の比較にはならないですよね……。
相変わらず私の試作、ツメが甘いです(汗)
スミマセン。

今週の日曜日はいよいよお料理教室♪
おそらく当日の朝までバタバタしているのではないかとは思いますが、みなさんにお会いできるのをとても楽しみにしています。

参加したいとおっしゃってくださったのに参加いただけなかった方もおられましたので、お料理教室のレポートは来週、できるだけ早くアップしたいと思っています♪

どうぞよろしくお願いいたします!



にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ムスコ特製さつまいもモンブラン(小麦・卵・乳・大豆・ナッツ不使用)

温かいコメントをたくさんいただき、ありがとうございます。

今、10/30震災支援アレルギー対応お料理教室のレシピの最終的なツメと資料作成をしていまして、いっぱいいっぱいになっています(汗)
夜明け前から、「うわぁ、間に合わないかもしれない!!」と絶叫しながらオーブンの前に立っていたりしておりまして。

記事は毎日更新ではなくした以上、定期的に書いていきたいと思っています(←そうしないと忙しさにかまけて書かなくなっちゃうので)。
申し訳ありませんが、お返事は気長にお待ちいただければ嬉しいです。
いつもありがとうございます。

今回は魚の放射能調査とムスコが作ったさつまいもモンブランのことです。
ご興味のある記事にスクロールをお願いします。

************************************

先月、汚染水、3月26日から流出 東電の推定より早くというニュースがありました。

「東京電力福島第1原発事故で発生したセシウム137などの放射性物質を含む汚染水は、3月26日に海への流出が始まり、4月中旬ごろまで原発近くの沿岸に高濃度でとどまった後、海の渦に流されて拡散したとの解析結果を、電力中央研究所の津旨大輔上席研究員らが25日までにまとめた。……シミュレーションによると、4月8日には、海面に近い浅い場所でセシウム137が原発沿岸に高濃度に分布する一方、低濃度のセシウムは渦の影響で外洋に運ばれた」

東京電力の「流出は4月1日から」としていたよりも早く、流出量は推定量の3倍以上だそうです。
「やっぱりね」的な悲しいけれど、納得できるようなことでした。

今なお、海洋汚染の実態調査はなかなか進まないようで、そこに生息している魚介類への影響が非常に気になるところです。
そんなもやもやした気持ちを抱きつつ、毎日のように我が家の食卓には魚が乗っていたわけですが……。

水産物の放射性物質、安全性対策は十分か?(1)(2)という記事では、「流通する全ての食品に対して放射性物質の検査をすることはできない。そうであれば、食品中の放射性物質によるリスクを自分で抑える最も簡単な方法は、様々な地域の様々な食品をバランスよく食べるということではないだろうか」と結んでいます。
たしかに、現時点で私たちにできる精一杯の自衛策はこういうことですよね。

海産物を安全に食べるために一歩踏み込んだことを行っているのが、国際環境NGOグリーンピースです。
食品放射能調査 第1回目:秋のお魚調査と題して、大手スーパーのイオン、イトーヨーカドー、ユニー(アピタ)、ダイエー、西友で販売されている魚介類の放射能調査を行いました。
それによると、全60サンプル中で34サンプルから放射性物質を検出した、ということです。
店舗名や魚の種類、産地などはリンクを貼ったところに飛んでいただくと見ることができます。

国が行っているモニタリングだけではサンプル数が少なすぎ、実際に私たちが購入するお店などに並ぶ時には、モニタリング調査ではつかみきれなかった汚染がある可能性が裏付けられたかたちになりました。
モニタリングはあくまでも「目安」であって、消費者の口に入る魚介類の「安全性」を保証するものではありません。
これは、どのモニタリングにおいても言えることですよね。

願わくば、国がモニタリングをさらに密に行うとともに、消費者の口に入る前に、もう一段階、流通業界などでモニタリングをしてもらえるようになるといいですよね。
魚介類の放射能汚染状況の実態がわかり、消費者が子どもの安全のために選べるようになるのだと思います。

流通業界でも、特に、私たちが頻繁に足を運ぶスーパーに魚介類の放射能検査をしてもらえるよう、消費者が日常生活の中でメッセージを伝えようというお魚ツイートプロジェクトというものがあります。
スーパーに置いてある「お客さまのご意見箱」に要望を書くなど、日常生活の中で簡単にできることから流通業界全体が変わっていってくれたら嬉しいですね。

グリーンピースでは、このように警鐘を鳴らしています。

1)店頭に並ぶ魚介類には、農林水産省の「水産物の放射性物質調査」に含まれていない種や、調査結果公表日がかなり前のものも多くみられる。
2)農林水産省の「水産物の放射性物質調査」は身の部分しか検査していない(サンマやイカなど、店頭に並ぶ魚介類には頭や骨や内臓や皮がついている商品も多い)。
3)事故から半年が経とうとしている今も、「暫定規制値」が適用されている
4)水産庁の漁獲海域表示の通知に強制力がないため、産地偽装をしても罰則がなく、また、東日本沖の太平洋側に限定されている。
などなど……。

「この様な状況の中で、消費者が安全な魚を口にできるかどうかは、最大の流通経路であり消費者に最も近い位置にある大手スーパーの取り組みにかかっています」というのは、ほんとうにそのとおりだと思います。

大手スーパーが消費者の思いを汲み取り、さらに安全性を高めるべく放射能検査をしてくれるようになったとしたら、他の業界でも追随するでしょうし、社会全体が動けば、もちろん国や行政だって動かざるをえませんから。
ほんとうは国や行政が真っ先に動いてほしいですけど……。

モニタリングには相対的に何かを見るために用いるもので、モニタリングはあくまで、モニタリングでしかありません。
モニタリングの数値だけを用いて安全性の指標としようとしても、それは難しいことですよね……。

たとえば、千葉・柏の高線量地:雨水蓄積し高線量 福島第1原発事故が影響とあり、その地域が放射線量等分布マップ拡大版ではどうだったかと思って確認してみましたが、該当地区のセシウム134とセシウム137の沈着量を見ると、周囲一帯が6万ベクレル~10万ベクレル/平方メートルとなっていて、該当箇所で検出された最大で27万6000ベクレル/キロという高線量は反映されていませんでした。

ちなみに、原子力安全委員会によれば、ベクレル/キログラムという単位になっている数値を、ベクレル/平方メートルに換算するためには、65を乗じればいい、ということのようです。

すると、我が目を疑うようなとんでもない数値になります。
字面で見ると似ているように感じましたが、「平方メートル」と「キログラム」ではものすごい差が生じるのですね。
数値はどのような単位で記されているのかを確認することが、正しい情報を得るための基本となるのだと改めて思いました。

食べ物についても、生活圏についても、リアルな状況を反映するような測定のシステムが今後、構築されていくようにと願っています。

早川由紀夫先生の言葉です。
「放射能には勝てない。いくら気合があっても勝てない。いくら愛があっても勝てない」(10/17)

まさに、至言だと思います、私……。

***********************************

食後、みんなでテレビを見ていました。
某有名パティシエが小麦・卵・乳製品をガンガン使ってモンブランを作っていたのを見た夫、「これは食べられないねぇ」とぼそっ。
それを聞いたムスコ、夫のネガティブ・ワードに過剰反応(汗)
「モンブラン!モンブランがたべたい!モンブラン、つくりたい!」と騒ぎ出しました。

ムスコは即座に私のほうを見て「モンブラン、ボク、つくれない?」
私は間髪入れず、「できるよ!」

アレっ子育児も早4年、できるかどうかはさておき、「やれるよ!」と反射的に答えるクセがつきました(笑い)

「一緒に作ろう」と言ったはいいのですが、裏ごししなきゃいけないですかね!?(汗)
保育園のミニ誕生会でもないし、特別な日でもないし、美しい姿になるとも思えないので、裏ごしまでする気力はなかった……。
結局、「これならまずいハズはなかろうよ」と、軟らかくなったさつまいもとメープルシロップをガーしただけの超手抜きです(笑い)

色のコントラストをつけるため、ココアを入れてスポンジを焼き、「ほらっ、スポンジが焼けたよ。モンブランクリームもできたよ♪」と声をかけると、ニコニコ顔のムスコが張り切ってしぼってくれました!

ムスコ特製さつまいもモンブランはこちら♪

111022_1052~01

12センチの丸形でスポンジを焼いて、その上ににょろにょろにょろ~とクリームをしぼったため、ものすごいボリュームです(笑い)
だって、米とさつまいもですからー。

味はなかなか良くて、ムスコも私もそれなりに満足しました♪

これを作ろうと思う方はおられないと思いますが、金口でしぼらなくても手に水をつけてぺたぺたくっつけていけば、それでデコレーションらしきことができます。

その実例がコレ。
スポンジをスライスしてラズベリージャムを塗り、ぺたぺたとさつまいもクリームを塗り付け、上に花豆の煮豆(黒)とマシュマロ(白)と人参グラッセを乗せました。

私がやったのに、保育園児が作ったと言っても通用しそうな……(汗)
おまけに、人参グラッセ1個、床に落としましたから(涙)

111022_1105~01

両方とも、さつまいもとメープルシロップを混ぜたクリームがおいしいので、味としては合格点でした♪
面倒なので裏ごしをしませんでしたが、モンブラン用の金口を使うのであれば裏ごし必須です。

作ってみたいという方はいらっしゃらないと思いますが、レシピを書いておきますね。

=スポンジ=
<材料(12センチ丸形2個)>
♡米の粉      140グラム
♡タピオカ粉     10グラム
♡ココア       15グラム
♡甜菜糖       45グラム
♡重曹        小さじ1

☆菜種油       30グラム
☆はちみつ      25グラム
☆水         105~110グラムくらい

リンゴ酢       15グラム

メープルシロップと水を1:1で割ったシロップ 適宜

<作り方>
1)♡の粉をボウルに入れて泡立て器でかき混ぜてから☆の液体を入れてよく混ぜる。オーブンを170度に予熱しておく。
2)1にリンゴ酢を入れてよくかき混ぜてから、分量外の油を塗った丸形2個に半量ずつ流し入れる。
3)焼き上がったらハケで全面にシロップをたっぷり塗る。

=さつまいもモンブランクリーム=
<材料>
さつまいも    260グラムくらい
*中くらいのサイズでした。
メープルシロップ 50グラム
塩        ひとつまみ

茹で汁      30~40グラムくらい
*固さを見て調整してください。


<作り方>
1)さつまいもの皮を厚くむいて水にさらす。
2)スッと竹串が通るくらいまでやわらかく茹でる。
3)ミキサーにメープルシロップと塩とさつまいもを入れて撹拌し、茹で汁を少し加えて絞り出しやすい固さにする。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード