2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.05.31 (Mon)

じゃがいもの甘みそ入りおやき

100525_0846~02

給食のおやつにおやきを作りました。
メニューのほうは、じゃがいもおやきのバター焼きとなっていました。

前に作ったさつまいもの甘みそ入りおやきを作ろうと思ったのですが……。

あ、さつまいもがないっ!
えええー、白玉粉もないっ!

さつまいもとか白玉粉を切らすなんて、ありえなーい。
私のアレっ子クッキングの基本食材なのにぃ(涙)

ということで、ありあわせで工夫することになりました。

いつも家に転がっているじゃがいもと、これまた必須アイテムのタピオカ粉で。
タピオカ粉じゃなく片栗粉でもよかったのですが、片栗粉も残りわずかでした。

さつまいもの甘いみそ入りおやきより、甘さ控えめに感じます。
やっぱり、さつまいもって、甘いんですね~。
和菓子みたいだったもん。

じゃがいもの甘いみそ入りおやき、焼きたてはモチモチ♪
冷めるとしっとりです。
私はどちらかといえば、焼きたて熱々をハフハフしつつ食べるほうがいいかな~
挽肉を混ぜた肉あんを入れたら、また違った味わいになっておいしそうです。
スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・卵・乳・ごま不使用おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.05.30 (Sun)

甘酒とココナツとバナナのカスタード(乳製品・卵不使用)

100520_0859~02


ありあわせで作ったおやつです。
コンセプトはあったけど、思いっきりコンセプト倒れ(笑い)

甘酒とココナツミルクを混ぜても、ココナツミルクとバナナを混ぜてもおいしいけど、甘酒とココナツミルクとバナナを混ぜると、やりすぎなんですね~。
レモン汁を多めに入れてバランスをとろうと思ったけど、それがあだとなったらしく、妙にレモンがとがった味になりました。
生のレモンしぼった汁は多めに入れてもおいしいけど、ビンに入った市販のレモンのしぼり汁だとなんだか苦いですよね。

酸味は酸味で中和させようと思って、ローシュガー苺のコンポートを飾ってみたのですが……
うーん……中和されないよ……。

米粉チョコレートショートケーキのスポンジケーキを焼いたなら、そこに苺のコンポートを飾り、メープルシロップでもかけると、おいしいデザートになったっぽい……。
あ、ホットケーキを焼いたほうがよかった、って話ですね!(←いまさら気づいた)

頑張った日のおやつは、頑張り過ぎがあだになり、悲しい味だったのでした(笑い)
やっぱり、シンプルが一番よね♪


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪



こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.29 (Sat)

体の不調の見方

風邪をひいて病院に行くと、めちゃめちゃ短時間で、「風邪ですね。じゃあ、お薬出しますね」と断定された経験はありませんか?

私が行く大学病院は、医師がパソコンを開くと「1」「2」「3」と3種類ほどの風邪の薬のブレンドが書かれていています(←たぶん、呼吸器系用、熱用、胃腸用と思われる)。
「呼吸器系だね。ピッ」とリストにある薬のブレンドを処方されたりすると、何時間も待った挙げ句、秒速診断でそれかよ?みたいな状態(笑い)

あれこれ聞かれて、ものすごーーーく迷って薬を出されると、ものすごく効くような気がしますが、こんな秒速診断でピッだと効かない気がします。
病は気から、薬の効き目も気から、ですよね~(笑い)

昨年秋に私の咳が止まらず同じ大学病院に言った時、問診票を読んだだけで聴診器もあてず、「喘息ですね。半年ステロイドを吸入してください」って言われた時には、さすがに「ええええー、そりゃないでしょうよ」と思いました。
これは効くでしょうけど、聴診器も当てないのに、そりゃあ怖いよ(汗)

この症状にはこの薬という対処療法的な考え方だと、ある特定の症状にはある特定の薬と自動的に決まってしまうわけですよね。
だから、診療時間の短縮の意味もあって、こういう薬の処方をするのかもしれないなー、とは思います。

でも、私の父は、ずっと咳が続いていて風邪だと言われて薬を飲んでいて、変だと思って別な病院に行ったら実は心臓疾患で即入院、手術が手遅れになるところだった、という経験があります。
なので、たとえ9割9分の人が風邪でくる患者だったとしても、もっと患者の話をよく聞いて、患者の全体を診てほしいなぁ、とつい思ってしまいます。
でも、医師不足も深刻ですし、それはムリな相談なんですよね……。

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)
 | HOME |  NEXT