最強のメープル「3変化」

市販のお菓子を見て歩いていると、メープル風味というのがよくありますよね?
それだけメープルシロップを好きな人が多いということなんでしょうね。

我が家の子どもたちも(←私も)もちろんメープルシロップが大好きです!!
メープルシロップはお菓子に入れても、料理に使っても、何にかけてもおいしいですよね〜

子どもたちの大好きセットがこれです!!
メープル「3変化」(笑い)

うしろがメープルシロップ、右側がメープルバター。前にあるのがメープルシュガーです。

161212_0705~01

メープルさえあれば、苦手な野菜も大丈夫。
メープルシロップと醤油を混ぜて漬けだれにすれば焼肉のお肉だけじゃなく焼き野菜も食べてくれます。

味噌にメープルシロップを混ぜてたものを魚の切身につけて2〜3日冷蔵庫に寝かせておけば、おいしい味噌漬けになりますし、お肉を漬けたものを焼いても、ごはんがもりもり進むおかずになります。
私にとっては、メープルシロップさまさまです(笑い)

ご存じのとおり、メープルシロップはメープル(さとうかえで)の樹液を煮詰めて作ったもの。
木から出てきたばかりの樹液の95%以上が水分で、栄養や風味の成分はごく薄いものなのだそうです。
うっすらとした甘みを持つ樹液を40分の1まで煮詰めていって、とろりとした美しい色と香りのシロップにします。

メープルシロップには3種類のグレードがあり、色によって5種類にわけられています。
色が薄いほうが風味が繊細で、濃いほうが強い味わいになるので、メープルのしっかりと風味を味わいたい我が家ではミディアムかアンバーを買うことが多いです。
アンバーには少しクセがあるので、そのままかけて食べるのではなく、焼き菓子に入れる時に使うようにしています。

このメープルシロップをさらに煮詰めてながら114.5度まで加熱し、急激に冷やしてクリーム状になるまで練り混ぜたのがメープルバター。
メープルシュガーはさらさらの状態になるまで水分を飛ばしたものです。

メープルシロップにはカルシウムやマンガンなどといった成分も含まれており、99%以上が炭水化物という白砂糖よりも体にも優しい糖分です。
そして何よりも、そのまま舐めておいしいですよね!!!

メープルバターやメープルシュガーは大変高価なので、そうそう使えませんが、たまーに「メープルバターを塗ったトーストだよ!」なんて声をかけると大歓声があがります。

メープルシュガーは粗糖や甜菜糖よりも甘みの感じ方がマイルドでドバッと入れないと風味を感じにくいため、上からふりかけたり、スプーンで舐める、ですかね(笑い)

樹液をこんなにおいしい糖分にしちゃったカナダの方々の工夫と知恵と伝統の技に、感謝、感謝、感謝の我が家です。
160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

夢見るは……

子どもたちが生まれる前は、うちでごはんを作るよりも外食のほうが多かった我が家ですが、今は外食の回数はめっきり減りました。

食物アレルギー対応をしてくれるお店を探すのはいいのですが、立て続けにため息をつくようなことがありまして……。

「アレルゲン除去、できますよ!」と言われて行ってみたら、「卵を除去してありますよ」と料理を持ってきてくれたすぐ後に、「お子さんたちにふりかけどうぞ」と持ってきてくれたのが、のりた○。
これって、海苔と卵を使ってますよ、っていうことがはっきりわかる商品名でしょうよ〜〜〜〜(涙)

のりた○を渡された途端、お店のアレルギー対応が不安になってしまい、結局、子どもたちには白いご飯と味噌汁、焼き魚しか食べさせられなかったのです。
子どもたちの料理を一生懸命食べている私を見て、「なんて大食いのお母さんなんだろう」とお店の方は思ったことでしょうね(苦笑)

別な時は、洋食のお店だったのですが入店時に確認するとアレルギー対応ができるとのこと。
「カレーのアレルギー対応は可能ですか? カレーの具材は牛肉じゃなければ大丈夫なんですが」と伝えると、レトルトっぽいカレーの上に大量のエビが円陣を組むかのように乗せられてきました。
ああああー、しまったぁ!

たしかにエビは少量なら食べられるようになったので避けてほしいとは言わなかった私が悪いですが、何も乗せないでほしかった……(涙)

ずらりと並んだエビを見た途端、ムスコは「これ、ボクのなの? ボク、これ食べるの?」とびっくりした顔で言い、ちょっとだけカレールーを食べて顔をしかめた後、ごはんに塩をかけて食べたのでした。

せっかくだったら豪華に見えるように、おいしくなるようにと、手をかけてくれたお店の方に申し訳なく思いながら、私がエビ風味たっぷりのエビカレーを食べました。
お店の人たちは「子どものために作ったのに」と思ったことでしょうが……すみません。

たまたまではあるのですが、和食のお店でも、洋食のお店でも、お店の方がせっかくやってくださったのに子どもたちがおいしく食べられないという状態になってしまったので、非常に申し訳なく思い、出かけた時には、おにぎり屋さんでおにぎりを買ったり(←これが一番多いです)、煮魚や焼き魚といった卵や乳を使う頻度が非常に低いと思われるメニューばかりを扱うお店に行くようにしています。

「ちょっとは食べても大丈夫」という状態の時のメニュー選びやアレルギー対応のお願いって、結構、難しいですよね。
どこまで伝えればいいのか、すごく迷います。

避けてほしい食材が増えれば増えるほど、お店の方の手をわずらわせることになる上、アレルギー対応をしてもらったからといっても、うちの子どもたちが喜んでもりもり食べてくれるとは限らない、というのが問題で(汗)
出してもらったものを何でも食べる子どもに育てたいと思って努力しているのですが、それがなかなか(涙)

ということで、用事があって外出したので、子どもたちと一緒に行けるかもしれないと思っていたベトナム料理店でランチを食べてみました。
ベトナム料理なら、フォーなどの米麺が多いですし、お肉や野菜も割とシンプルな調理法でおいしく食べられますよね!

161202_1153~02[1]

おっしゃれ〜〜〜〜
やさしい味でおいしいわぁ。

ベトナム料理にもエビやピーナッツを使うけれど、そういうのを使わないメニューを頼めば大丈夫そう。
ただ、うちの子どもたちは偏食なので喜んで食べてくれるかどうかは疑問ですが、もし、おいしく食べてくれるようなら、いつかベトナム旅行に行けるんじゃないかしら?
米が主食の国……ええと、ベトナム、タイ、シンガポールなどなど、いっぱいあるよね!

子どもがいなかった頃は旅行と食べ歩きが趣味でした。
アレっ子でも食べられそうな場所を妄想してみては、「海外旅行がしたいなぁ」と、ついつい夢見ちゃう今日この頃なのでした。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

more...

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

食物アレルギー対応のお菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
2月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード