2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.15 (Thu)

心のゆるみがありました(涙)

おとといの夜のことなのですが……。

母が用事をすませて、我が家に寄りました。
新幹線に間に合うように、早めの夕飯ということになり、時間がなかったので近所で食べることになりました。

焼き鳥屋さんなのですが、基本的に塩味の焼き鳥だし、おにぎりもあるので、子どもたちと行くことができます。
アレルギーを伝えると入っているかどうかも教えてくれるので、とても助かっていました。

あれこれ頼んでお腹いっぱい食べ、帰ってきてからお風呂タイム。

あれ、ムスコの顔に蕁麻疹がぽつぽつ出てるなー、とは思ったものの、こんなのはいつものことなので気にせずにいたら、どんどん蕁麻疹が増えて、顔だけでなく、上半身全体に蕁麻疹が出てきていました。

さすがにアレルギー反応が進んでいる、と感じ、部屋にクーラーをがんがんかけて体温が高くなりすぎないようにし、様子を見ることにしました。

そのうち、「喉がへんな感じ。風邪の時みたいにイガイガじゃないけど、痛いわけじゃないし、苦しいわけじゃないし、でも、うまく声が出せなくて小さな声になっちゃう。へんな感じ。どんなふうにへんなのか説明できないけど」とのこと。
手足にものすごく強い痒みが出てきて、急に汗が出たり、寒くなったりするということで、うっすら冷や汗もかいていました。

ムスメのアレルギー反応は軽い痒みだけだったので、さすってあげると安心して痒みが軽減するようだったので、薬は飲ませずにだっこ。

ムスコには薬を飲ませてしずかにしていたら、夜中近くになって蕁麻疹は消え、喉の違和感も多少解消したようで、ちょっとポリポリと引っ掻きながら、やっと1時くらいに眠りました。
ムスメもあっちこっち痒がりながら、眠くても眠れずにグズグズし、12時ちょっと前にやっと就寝。

ムスコのアレルギー反応が呼吸器系に進んだらどうしよう、と、ムスコが眠った後も、口元に手を当てて呼吸が正常か確認したり、心臓がリズミカルに動いているかが気になったりで、不安でたまりませんでした。
症状が変化したら、即座に病院に行けるように診察券などに加え、もし吐いちゃってもいいようにタオルやビニール袋、着替え等の病院セットも準備しつつ、様子を見ていました。

翌朝、ムスコはだるそうにはしていましたが、アレルギー反応は消えていて、一安心。
重篤なアレルギ―反応にはならずにすみました。

何が原因だったのか考えてみたのですが……。

長芋の唐揚げかなぁ???
いつもは焼き鳥とおにぎりくらいしか食べず、初めて食べたメニューです。

サクサクした長芋に色よくあがった衣がついていて、子どもたちも「おいしい!」と言いながら食べていました。
たぶん、衣に卵が入っていたのでしょうね。
それに、たぶん、加熱が甘い長芋がだめだったのかも。

煮物にしたりおまんじゅうなどのお菓子に長芋は使って食べていてノーマークでしたが、加熱が甘いため、卵とのダブルパンチでアレルギー反応が出たのかもしれません。

主治医に相談しながら自宅では卵の負荷をしていて、つなぎくらいは大丈夫だったので安心しきっていたし、長芋は大丈夫だと信じ込んでいたので、長芋の唐揚げをオーダーする時にアレルゲンの確認もしなかったので、それがいけなかったんですよね。
私のミスでした(涙)

負荷をしているからといっても、疲れていたり、季節の変わり目だったり、さまざまなアレルゲンが混在している外食だったりすると、大丈夫じゃないことがあるんですよね。
それに、加熱の度合いによってアレルゲンの強さが変わるのは、卵などだけでなく、長芋も同じですよね……。

食物アレルギーは、除去している時や負荷している時には慎重にしていますが、「大丈夫。食べられるようになってきた」と思ったがゆえに、心にゆるみが出たのだと思います。

ごくごくたまに食べる「おそとごはん」を楽しみにしている子どもたちに、可哀想なことをしてしまいました(涙)
おいしく、楽しい時間を過ごせるよう、もっと注意深く確認しつつ、「おそとごはん」を楽しませてやりたいな、と思います。

にわかに、今年の夏休みに小学校で行われるムスコの夏期学園もにわかに不安になってきてしまいました……。

3食、除去対応をしてもらい、「ほうとう」もみんなで一緒に作る、ということになっています。
今回のような心のゆるみが生じないよう、綿密に打ち合わせなどをして、ムスコが安心して楽しんでこれるように準備をしたいと思います。

食物アレルギーは慎重すぎるくらい慎重に確認しておくと、のちのち安心して楽しい時間を過ごせるので、手間や時間を気にしちゃいけないんだと、改めて反省しました。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  食物アレルギー  |  コメント(2)

2017.05.08 (Mon)

心臓バクバクでした……

みなさん、ゴールンデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
我が家は実家の福島に行き、母や親戚たちと毎日、バタバタと大忙しでした。

というのも、今は福島は場所によってはまだ桜が見られる場所あり、ツツジが咲いているところあり……さまざまな花が咲く「お花見シーズン」になっているので、あっちこっと見て歩いていたのです。
キレイだったし、楽しかったです。

この画像は薄墨桜です。
桜の薄紅色にほんの少し、墨を混ぜたような風情のある色です。

170504_1448~01

リステル猪苗代からすぐそばにある観音寺川の両側にずっと続く桜並木があり、お散歩に最適でした。
私たちは見られませんでしたが、ゴールデンウィーク中は、夜になるとライトアップされていたらしいです。

リステル猪苗代はスキー場があるホテルですが、スキーシーズン以外でも、アスレチックや温泉、温水プール(屋外プールも)があり、宿泊客でなくても利用できるので、ゴールデンウィークなどの繁忙期でなければ、プールの準備などをしていくと、めちゃめちゃ楽しいですよ〜

さてさて、ゴールンデンウィーク最後の夜、あっちこっちインターネットのニュースを見ていたところ、壮絶な記事を見つけました。
甘くみちゃダメ! アレルギーで救急搬送された体験マンガに反響というものです。

記事を読んでいただくとわかるのですが、マンガなんですが、ただのマンガじゃなくて、アナフィラキシーショックになってしまったご本人が描いたマンガなんです。

我が家の場合、子どもたちのアレルゲンすべてを緻密にグラム数を計量しながら負荷しているわけではなく、「もう少しいけるかも!?」みたいなカンで最近は食べさせているので、このマンガを読んで心臓がバクバク、背筋がぞわぞわしました。
怖い、怖すぎます……。

小さいうちはかなり慎重に食べさせてきたのですが、アレっ子生活が長くなると、「ほんとはもう治っていて、食べられるんじゃないか?」くらいの気持ちになってしまい、ざっくりとした負荷になっちゃっていることを猛反省しました(汗)

入学、進級などで緊張していた子どもたちも慣れてきて、新しい生活のリズムもできてきた頃ですね。
それと同時に、緊張がとけて、4月、5月の連休の疲れも出てきたりもしますよね。

さらに、急に暑くなってきて、気候の大きな変化もアレっ子の体には敏感に影響するので、いつもと同じ量を食べてもアレルギ―反応が出やすくなることも考えられますね。

お互いに、しっかり睡眠をとって、ちゃんと食べて、家族みんな元気に過ごしたいですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡














テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  食物アレルギー  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT