2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.08 (Thu)

ムスメのウソ

昨夜のごはんの時のことです。
ムスメが「おなかいたい。もう、おみそしる たべられない」と言い出しました。

我が家のルールは、ごはんは残さない。
多すぎる時には、残すのではなく、食べはじめる前に減らしてもらう。
おかわりは自由だけど、自分でとった分はちゃんと食べ切る。
もし、ごはんを残したらデザートはおあずけ。

ムスメは味噌汁を残しているにもかかわらず、「おみそしる のこしたら デザート ないの? きょうのデザート なに?」と聞いてくるので、好きなものばかりおかわりして食べてお腹がいっぱいになり、味噌汁が飲みたくないのだ、と見当がつきました。

いつもだったら、食べられなくなってしまった時には、「おなかいっぱいになっちゃった」とムスメが言って、私が「じゃあ、もう一口食べて、残りはおかあが食べるから。でも、次はちゃんと残さずに食べるんだよ」みたいな流れになるのですが、今回は「おなか、いたい」。

なんで本当のことを言って、どれだけ食べてごちそうさまにすればいいかを相談しないで、「お腹が痛い」なんてウソをついているんだろう?

そういえば、このところ、ムスメのお腹の調子があまり良くなかったなぁ。
「おなか、いたい」と言ってしばらくすると、やわらかいウンチが出る、というのが続いていたのです。
なので、私はお腹が痛い時にはムリをさせず、そばで絵本を読んだりして体調が落ち着くのを待つ、という感じでした。

そんなこともあり、ムスメにしてみれば、「おなか、いたい」と言えば、私が優しくしてくれて、何でも許してもらえるような気がしたのかもしれません。

まだ4歳ですし。
バブバブ言っていた時からの人生経験なんて、まだ2〜3年のもの(笑い)
まだまだ、何が良くて、何が悪いか、なんて、理解できませんよね。

それはわかっているんです。
今回の「お腹が痛くて味噌汁が飲めない」というのも、ムスメは軽い気持ちで言ったことだということはわかるのですが、でも、食物アレルギーがある子には、軽い気持ちで言ってはいけないことがあることを、ちゃんと教えなくてはいけないと思い、スルーできませんでした。

食物アレルギーがある子が「おなかが痛い」と言ったら、まわりにいる人たちは緊急事態だと思って心配しますよね。
もしかしたら病院に連れて行く準備をするかもしれません。
本人の軽い気持ちの一言が、まわりの人たちに多大な迷惑をかけてしまいます。

たとえば、コップを割っちゃって「わってない」というウソをついても、コップは割れているかどうかを誰でも目で見て確認できます。
けれども、お腹の痛みは本人にしかわからず、本人の自己申告によって確認できるものなので、客観的に判断がつかないので、基本的に本人の言葉を信じますよね。

ムスメは「おみそしる、のこして、ごめんなしゃい」と言いながら号泣していたので、「味噌汁を残したこと、それだけではなく、味噌汁を残す理由に『お腹が痛い』とウソをついたことに対して、おかあはとても怒っている」と何度も説明したのですが、とにかく泣き止まず。

それを見ていたムスコが、私のそばに来て、「みーやんのお味噌汁、おいしそうだなぁ。ボク、もらって飲んでいい?」
目の前にある味噌汁がなくなれば、妹がこんなに叱られないで済むかもしれない、と思ったんでしょうね。
ムスコの妹思いの心がとても嬉しかったので、ふつうの時だったら褒めちぎるところですが、昨夜は心を鬼にして……。

「今日はダメ。食物アレルギーの子が食事中に『お腹が痛い』と言ったら、大変なことになることを、ちゃんと理解させないといけないから」と説明すると、ムスコは「うん、そうだよね。アレルギーの時、お腹痛くなったりするもんね」と言いながら、今度はムスメのそばに寄り添うようにしながら本を読みはじめました。

ムスメはしばらく大声で泣き続けていましたが、「おかあが言ったことがわかったんなら、もう泣き止んで」と繰り返すと、やっと泣き止み、今度は私の顔を見て、ムスメが「おかあ、こんどは、ほんとに、おなか、いたい」。

ムスメはムスコのそばで本棚の本を入れたり出したりしていたので、私のほうでも本当に痛いのかどうなのか判別がつかず。
無言のままでじーっとムスメの顔を見ていたら、ムスメもじーっと見返してきたので、今度はどうやらウンチが出たくてお腹が痛いらしい。
やましいことがあると目が泳ぐもんね(笑い)

すっきり、さっぱりした後、またムスメと話しをしました。

ムスメに「さっき、『お腹が痛い』ってウソをついたから、おかあは、今度もまた『お腹が痛い』っていうのはウソなのかな? って思っちゃったよ。本当に痛い時しか、痛いなんて言っちゃいけない。アレルギーがある子が『どうせ、あの子はウソをつくから、今度もまたお腹痛いなんて、ウソじゃないのかな?』なんて思われたら、大変なことになっちゃうんだよ。だれもみーやんの言葉を信じてくれなくなるよ。信じてもらえないっていうことは、苦しくても助けてもらえない、っていうことなんだよ」と説明すると、4歳なりに理解したようで、「ごめんなしゃい。もう、ぜったいに、おなかいたくないとき、おなかいたい、っていわない」と約束してくれました。
わかってくれて、良かった。

一方、ムスコは我慢しすぎる傾向があって、「具合が悪くて動けなくなる前に、もっと早く言いなさい!(涙)」みたいなことが多々ありました。
食物アレルギーのある兄妹でも、メンタリティはずいぶん違うものなんだと感じます。

ムスコが成長する過程で伝えてきた食物アレルギーに関することを、ムスメにもそのまま伝えてきましたが、性格が違うから、その子の考え方や行動に合わせて別な視点からも教えていかなくてはならないものなんですね。

食物アレルギーとともに歩む生活に慣れてきたつもりでいましたが、まだまだ、でした。
日々是勉強、ですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






























スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(2)

2017.03.30 (Thu)

なんでも見放題!

ムスメと泊まったホテルは、上野にある鴎外荘といいます。
その名のとおり、森鷗外ゆかりの宿です。

場所は上野動物園の目の前。
上野公園もすぐなので、西洋美術館や博物館などを訪れるには、とても便利です。

ホテルのチェックアウトの後、冬に逆戻りしたかのような寒さにもかかわらず、ムスメは「わがしやさんと、どうぶつえんにいきたい」。
えー、どっちかにしようよ、寒いよ(涙)

片方だけにしようと説得したものの、ムスメは聞き入れず。
たしかに、動物園は道路をはさんですぐ前に見えるし、動物園に寄ってから和菓子屋さんに行こうと思ったら、行けないこと、ないよね。

仕方がないので両方行くことにしてトコトコ歩いていたら、ホテルから一番近い場所の入口が動物園拡張のために閉鎖中(号泣)
この入口だったら近いからと思って動物園に行けるよ、と言ったのに、目論みがはずれてガッカリ。

それでも「どうぶつえん、いかなくていいよ」とムスメが言わないので、ぐるりとまわって動物園正門まで行き、入場。

王道で、まずはパンダから。
いやー、強烈に寒いし、雨は降っているしで、いつもより人がぐっと少ない。

前に来た時には、警備員さんが「動いてください! 立ち止まらないでください!」と声をかけていたのに、今回は「パンダ、あっちにいますよ」とにこやか。
おかげで、パンダ、見放題!

170326_1036~01

ゾウやサルなど、メジャーな動物たちを見てから、動物園モノレールに。
乗車時間はたった1分半くらいですが、あとで「電車博士」のムスコに聞かれるだろうから、やっぱりムスメを乗せておかないとね!

運転席のすぐ後ろに座ったら、そばに電車好きな男の子とママがいて、ママが「マスコンやん。運転できそうやな」と。
確かに!(笑い)

170326_1054~01

運転手さんが来たと思ったら、モノレール乗り場にいた普通っぽいスタッフの人でした。
スタッフの人、みんな運転できたりして。

170326_1055~01

とにかく、体の芯まで凍えそうな寒さをなんとかしたいと思い、屋内展示になっている爬虫類館へ。
虫が大っきらいなムスメなので(←アリでもくっつくと泣き叫ぶ)、ヘビやカエルなんて嫌がるだろうと思いきや、とっても気に入ったらしく、出口から出ても、「もう1かい、さいしょから、みる!」とテンション高し。
何に萌えてるのか、さっぱりわからなかったけど(汗)

爬虫類館を出ると、「キリンみたら、わがしやさん」と言うので、キリンを探しに。
すると、キリンは飼育室内に入っていました。
これまたキリンも見放題!
近くで見るキリン、巨大でしたよ〜

170326_1152~01

ムスメに「キリン、大きいねぇ」と話しかけたら、「キリン、うんちしてる。くさい。もう、いく」だそうで……(汗)
こんなに間近で見られる機会なんて、あんまりないんだけどなぁ。

この後、うさぎやに和菓子を買いに行き、ムスメと私の「小さな旅」は終わったのでした。

そうそう、上野界隈にはいろいろなジャンルの食べ物屋さんがあります。
和食のお店もたくさんあるので、事前にチェックしておけば、小麦・卵・乳を使っていないメニューも結構、ありますよ〜

お天気だったら、上野動物園内や上野公園内でおべんとうを食べるのも楽しいですよね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT