2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.02.01 (Thu)

ムスメの病中食

病院でムスメの精密検査の結果を聞いてきました。

腎炎で血尿とタンパクが出ていたのですが、腎臓の炎症は治っていないにせよ、さすがに血尿とタンパクは収まっているだろう、と期待していましたが……。

タンパクは出なくなっていましたが、血尿はまだ「3+」。
先生に「肉眼では赤く見えなくなっていますが、顕微鏡で検査すると、結構な量、赤血球も白血球も出ているんですよねぇ。毎月1回ずつ検査をして、経過を見ていきましょう」と言われてしまいました

血尿が出なくなるまでに、早くても半年、1年程度かかることもあるので、その間に、また鮮血が出たり、むくみがひどくなったりすることがあるようなら、大至急、病院へ、だそうです(涙)

ムスメは聞き分けのいい子で、「甘いものやしょっぱいもの、揚げ物などをいっぱい食べると腎臓がびっくりして、また真っ赤なおしっこになっちゃうから、少しにしようね」と説明すると、「うん、わかった! なおったら、いっぱいたべようね!」とニコニコして答えてくれていました。

ところが、ムスメがずっと台所にいるので、「どうしたの?」と声をかけると、「なんでもない。おさとう、みてたんだ〜」と慌てて隠す。

見るからに怪しい行動なので、行って見て見ると、甜菜糖の瓶の後ろに置いてあった水飴をスプーンですくってなめていたらしく、瓶も棚もベタベタ。

「水飴、食べてたの?」と聞くと、「たべてない。たべてないよ」と言うのですが、スプーンにもついているし、食べていないわけがない。
状況証拠が揃いすぎ(苦笑)

大泣きしながら言い訳するムスメの姿があまりにもかわいそうで、私も泣きそうになりました。

食物アレルギーとは違い、盗み食いしたからといって命にかかわるわけではないけれど、だからと言って、好き放題食べていい状態とは違う。
その辺りは、ムスメには難しくてわからないよねぇ。
今までは、いつでも食べてよかったものだったもんね(涙)

ムスメの食事は特にお医者さんから禁止されているものはないのですが、腎臓が悪いのに、腎臓に負担がかかるようなものを飲み食いしていると治るのに時間がかかるだろうと思い、和食的なもの、野菜を多めに、という感じで食べています。

ご飯と味噌汁という組み合わせにも飽きたみたいで食欲が落ちてきたので、今日は米粉パンとポタージュスープ。

180130_1317~02

米粉パンは油と甜菜糖の量を普段の3分の1くらいにしたもの。
気泡があらくなってしまいますが、これならご飯を食べるように、食べたいだけ食べさせても安心かな、と思って。

ポタージュスープのベースにはオリーブオイルで炒めたゴボウや人参、玉ねぎなどを入れてミキサーにかけ、そこに柔らかくなるまで蒸したカボチャを加えてガー、最後に缶詰のトウモロコシを加えてガー。
味付けは自然塩だけ。
ゴボウの繊維は滑らかなスープだと気になるので、わざとトウモロコシのつぶつぶを残しました。

ムスメは「うわぁ、おいしそう! これ、おかわりする!」と言って、ポタージュスープをたくさん食べてくれました。
具材だけだとけんちん汁みたいなものなんですけど、かぼちゃとトウモロコシの甘さで根菜はわからなくなります。
見た目が変わると、美味しく食べられるみたいで、ほっとしました。

まだまだ時間はかかりそうですが、食物アレルギーと付き合うように、焦らずに、急がずに、少しずつ良くなるようにと願いながら、心と体に気を配って過ごしていくことが大切ですよね。

ご心配くださっている皆さん、気にかけてくださり、ありがとうございます。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡































スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(2)

2018.01.23 (Tue)

大雪と、精密検査と

昨日は大雪でした。
皆さんのお住いの地域ではいかがでしたか?

23区で雪が積もるのは珍しいので、子どもたちは大興奮でした。
ベランダに積もった雪をバスルームに運び込み、お風呂場で雪遊びをしていましたよ〜
冷たい雪で遊んでいて、風邪をひかないのかと気になりましたが、子どもは寒くないんですね。
私は、ちょっとの雪も冷たすぎて触れませんでした(苦笑)

ムスコやムスメのことをご心配いただき、ありがとうございます。

ムスコの学校の先生とお話ししました。
高学年の男の子は親に学校のことを報告することはないようで、ムスコが事細かに私に話していることを知り、とても驚いていたようでした(笑い)
今後は、親に喋られても嫌だな、と思って、ムスコへの対応が少しでも変わっていくといいなぁ、と思っています。

ムスコの食物アレルギーですが、自宅負荷をしています。
卵が食べられると楽なので、ムスコが「食べてみたい」と言った時には、二つ返事でやることにしています。
この機を逃してなるものか、みたいな感じで。

ちょっと前のことなのですが、ムスコが「バウムクーヘン、食べてみたいなぁ」と言いだしました。
かなりハードルが高いとは思いましたが、「ごく少量ならいいかな。市販のお菓子だって、友達のお家でご馳走になることもあるだろうから」と考え、買ってきて食べさせました。

ところが、食べた直後は問題なさそうだったのに、夕方から「ちょっと調子が悪い」と言いだし、夜になると「吐きそう……」。
結局、一晩中、何度も吐き、翌日も調子が悪く、2日間、学校を休ませました。

私の悪い癖で、「もしかしたら、もっと食べられるかも?」「私が心配し過ぎなだけで、食べられるようになっているんじゃないか?」と希望的観測を持ってしまうんですよ。
実際に食べさせてみてはムスコに苦しい思いをさせてしまい、「急に食べられるようになっているわけはなかった。ごめんね」と激しく反省するのですが……(涙)

今回は、昨年12月に高熱を出して体調が本調子になっていなかったところ、学校の先生のことでメンタルが弱っていたので、余計にアレルギー反応が強く出たものと思われます。

食物アレルギーは疾病そのものだけでなく、様々な要素が複雑に絡み合ってアレルギー反応を起こすので、「一番良い状態だったら、このくらい食べられる」という最大量じゃなくて、「メンタルと体調が思わしくなくても、このくらいなら大丈夫かな」という際少量で試さないといけないですよね。
その基本ルールを忘れていました……。

今もちょっと胃の調子が悪いようですが、ムスコの体の方は落ち着きました。
食物アレルギーはいきなり改善するわけではないので、コツコツ負荷をしていくのが、回り道のように感じても、結局は最短距離を進ませてあげることになるのだなぁ、と感じました。

ムスメのほうは、というと、昨日は精密検査でした。
年末に急性腎炎ということになったのですが、尿の中に血液成分とタンパクが出ているため、その原因が何なのかを調べるために検査をしています。

ムスメを見ていると、いたって元気なのですが、朝、むくんだ顔をしていたり、尿の色が濃くなっていたりすると、「やっぱり腎臓が悪いんだなぁ」と実感します。

精密検査の結果が出揃ってから、詳しい説明を受けることになっています。

検査結果がわかるまで、心配性の私は不安だらけの生活になりそうですが、早く元気になって欲しいな。

ムスコとムスメの心配事が続いているためなのか、私は私でストレスや疲れで出やすいという帯状疱疹が出てしまい、痛痒い状態です。
いやはや、全く……病気になると「健康」のありがたさが身にしみます。

インフルエンザが大流行しているようですが、皆さん、くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT