2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.07.09 (Sun)

手作りは楽しい!

ムスメと一緒に仕込んだ梅シロップの水分がちゃぷちゃぷしてきました。
まだ1週間経っていませんが、だいぶ梅の水分が出ています。

170708_0928~01

青梅を使うと梅シロップが飲めるようになるまで1か月程度かかりますが、完熟梅を使ったから、もう少し早くても大丈夫かな?
飲めるようになるのが楽しみです。

数日前、子どもたちが夕ご飯に米粉の水餃子を作ってくれました。

いざ、作ろうとしたら、材料の計量や、粉を熱湯で熱くなくなるまでこねるのは私がやったのですが、久しぶりに作ったので、レシピを忘れてしまっていて(汗)

「おかあ、自分のなのに、忘れちゃったの?忘れん坊だねぇ」なんてムスコに笑われながら、レシピや手順を掲載してある家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピを熟読してから、はじめました(笑い)

子どもたちが作った水餃子を茹でるのは、私の役目。
水餃子を茹でている熱湯をひっくり返したりしたら大変ですからねぇ。

170706_1902~02
170706_1910~01

レシピの2倍量で作ったのですが、子どもたちだけでほとんど食べてしまいました(涙)
大人は数個しか口にできなかったので、やはり、3倍量くらいは作るべきだったなぁ。

とはいえ、レシピの何倍量にもして作ると、水餃子を作っている間に皮が乾燥して割れやすくなるので、猛スピードで頑張って作っても、おいしくできるのは2倍量までなんですよねぇ。
もっと油を生地に入れればいいんでしょうけど、子どもが大好きなメニューなので、油のとりすぎも気になるし……。

子どもたちは、自分たちで作ると水餃子がさらにおいしかったようで、「もっとないの? もうおわり? 足りないよ〜」と騒いでいました。

子どもたちがもりもり食べている姿を見ていると嬉しくなりますね!
手作りだと材料がわかるから安心して食べさせられて、いいですよね〜

もうすぐ夏休み。
子どもたちと一緒にいろいろと作って、おいしく食べたいと思います。



160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡










スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理  |  コメント(0)

2017.05.10 (Wed)

レタスの焼肉ごはん巻き

昨日、注文していた産地直送の野菜がたーくさん届きました。
環境に配慮した健康でおいしい食べ物を作っている農家の方々が集まって作っている夢農家というサイトです。

届いた箱の中にはこんなにキレイな野菜たちがいっぱい!

野菜

農家の方が畑から採れたての新鮮な野菜を消費者に届けられるように運営しているサイトはありますよね。
夢農家が一般的なサイトとちょっと違うなぁ、と感じるのは、子どもたちが元気いっぱいに育っていけるように安全な食べ物を栽培して販売するだけでなく、その食べ物が育つ環境を「体験」する企画も食育の一環として販売している点です。

今、販売中の体験は、というと……。

筍掘り体験(500円)、畑deパーグラムマーケット(年間会員権)、親子農業体験(年間5回会員権)、自然の中でモデル体験、参加券(500円)、田んぼで泥んこサッカー参加券(500円)など、どれもとっても魅力的!

こういう体験をしたら、食べ物が育つ環境の美しい色、緑の香り、土の肌触り、風がそよぐ音、そこで育つ作物のみずみずしい味わいを五感を通じて感じ、子どもたちの心の中に刻みつけられていくはず。
自然を味わい、経験することは、子どもの柔軟な思考や感受性、自然の恵みの滋味を感じられる味覚も育ててくれますよね。
そうしたことは頭で覚えるだけの学習では身につかないので、子どもが大きくなった時にすばらしい財産になることでしょうね。

あ、前置きがとっても長くなっちゃいました(汗)
すみません!!

そのようなわけで、見るからに新鮮そうな野菜が冷蔵庫にたっぷり。
嬉しい〜

葉っぱのものは傷みやすいので、鮮度を逃さずに食べようと、昨日の夕飯は、焼肉とごはんのレタス巻きに。

170510_0948~02

写真を撮るためにお皿に並べて乗せていますが、こんなふうに盛りつけて食べていたわけではありません。
それぞれが1枚ずつレタスをとって、ごはんと焼肉を乗せてパクッ!!といきます。

昨夜はですね、大きなサラダボウルに洗ったレタスの葉を一枚ずつはがして山盛りにして、これまた大量に焼いたお肉をお皿にのせ、お茶碗によそったごはんを子どもたちに渡したのですよ。

そうしたら、いやー、食べる、食べる、食べる!!!

夫も私も、「……すごいね。見たことないくらい、ものすごい勢いで食べてるね」と、子どもたちの食欲に目を見張り、箸を持つ手が止まりましたよ(笑い)

好きなものばっかり食べがちな我が家の子どもたち。
いつもだったら、「ちゃんとお野菜、食べてね」と声をかけたり、マヨネーズタイプドレッシングを出してやらないと野菜が進まないのですが、昨日は、声をかけなくても、どんどんレタスをとって食べていたんですよ〜

このレタス、見た目はレタスだけど、これまでに食べたことがあるレタスとはまったく別物。
みずみずしくて、シャクシャクと歯切れがよく、そして何よりも食べていると、体の中にどんどんエネルギーが入ってくるような気持ち良さがありました。

私はそれほどレタスが好きではありませんが、こんなにおいしいレタスなら、いつでも食べますよ!

ちなみに、焼肉の味付けは、送っていただいた新玉ねぎ(写真の右前に写っています)のすりおろし、りんごのすりおろし、ショウガのすりおろし、味噌、醤油を混ぜたもの。
ニンニクを入れると風味が強すぎて、レタスの良い香りが邪魔されてもったいないな、と思って使いませんでした。

焼いている間に肉汁で薄まることを考慮して味を濃いめにしたところに、豚バラ肉の薄切りを15分ほど漬け込んでフライパンで強火で焼くだけ。
ごはんには発芽玄米とはと麦を加えています。
味の決め手は、なんといっても、畑から収穫されたばかりのレタス!

夕飯には、届いた里芋と新玉ねぎに人参とゴボウを加えて具沢山の味噌汁も作ったのですが、こちらも子どもたちは一気に完食。
「残しちゃダメだよ。ちゃんと食べようね」と言わなかったのに、ちゃんと具を食べ、汁まで残さずに飲んでいて、びっくり。

クリーミーな里芋のおいしさはまさに感動モノで、一箱注文したいくらい!!
新玉ねぎもそのままだとピリッと締まりのある味ですが、加熱すると優しい甘み!!
何の出汁も入れていないのに、野菜のうまみで、味噌汁がこんなにおいしくなるなんて、すごいです〜

野菜セットに入っていたおかのり(写真左手前の緑の葉っぱ)は、おかのりの米粉マフィンになりました。

野菜は鮮度が命とはよくいわれますが、ほんとうに鮮度のいい野菜は、エネルギーに満ちあふれていて、すばらしく豊かな味なんですね。
感激しました。

かつて私はムスコが小さい頃、何を食べさせてもアレルギ―反応が出てしまって、「一体、何を食べさせたらいいの」と、ノイローゼぎみになったことがあるのですが、農薬を使っていない野菜や、食品添加物が入っていない食べ物であれば食べられるということが多々ありました。

「見た目は同じであっても、中身が違うのだなぁ」と実感。
以来、お店に同じ品種の野菜であっても有機栽培と普通のものが並んでいたら有機栽培のほうを選んで買うようにしているのですが、有機栽培の野菜はちょっとお高めなこともあって売れ残っていて、入荷してから日にちがかなり経っているなぁ、と感じることがあります。
スーパーという流通経路を経た食べ物を購入するにあたり、消費者は便利さを買い、鮮度や味は二の次にするという選択を迫られているということなのでしょうね。

鮮度のいい有機栽培の野菜は元気いっぱいに生きていて、ものすっごくおいしいんだよ。食べる人を元気にしてくれるんだよ、と、今回、教えられた気がします。

野菜はドレッシングをかけて味をごまかしながら子どもたちに食べさせるものではなく、おいしいから食べたいと思うようにしてあげないと、野菜に失礼だし、子どもたちの味覚にも良くないですよね……。

欲しい野菜を欲しい時に買うことができる近所のスーパーは便利だけど、農家の方に収穫したての旬の野菜を送ってもらったほうが断然、味がいいですよね!

お時間があれば、夢農家のサイトをご覧になってみてください。
季節によっても、天候によっても収穫できる作物は変わるでしょうから、掲載されている写真はイメージということになるでしょうけれども、どれもおいしそうです。

サイトはデザインも説明書きもとてもシンプルですし、大手ショッピングサイトのような派手さはありません。
よくよく考えてみれば、農家の方々は作物を育てるために朝早くから手入れをして、ちょうど食べごろのものを収穫して発送しているんですから、365日、休みなしにずっと忙しくて、ショッピングサイトを運営するために机に座っている時間は惜しいくらいですよね、きっと。

作物を栽培するために愛情をかたむけ、作った食べ物を最高においしいうちに消費者の手に届けたいと、頑張っている農家の方々の姿が目に浮かぶます。
ありがとうございます。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  小麦粉・乳・卵除去料理  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT