2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.19 (Fri)

主食もおかずも里芋の親芋!

前にここでこのブログでご紹介したことがありますが、夢農家の生産者の方々の野菜は、とってもおいしいんです!!

前回、野菜セットに入ってきた里芋があまりにおいしかったので、夢農家ホームページで探してみたら、里芋の親芋があったので、喜び勇んで「ポチッ!」。

「ちょうど、お米を買わないといけないなぁ」と思っていたところだったので、岐阜県産減農薬ハツシモというお米の玄米も「ポチッ」

両方一緒に、ドーンと届きました!
おいしいものが届いて、ものすごく幸せです〜

170517_1203~01

箱に入っているのでわかりにくいですが、親芋1個は大きいものだと新生児の頭くらいの大きさです。
立派なサイズなので、「もしかしたら、ちょっと固いのかな?」と思いましたが、煮えたら、前回食べた里芋と同じようにクリーミーで、すばらしくおいしい!!

ムスメは前の時の里芋もパクパクパクパクと、あれあれ、まあまあ、というくらい食べたのですが、今回も食べるわ、食べる。
親芋の煮物がおかずで主食でした(←ほかのものは一切、食べなかった。笑い)
子どもはおいしいものは、ちゃーんとわかるんですね!

玄米ですが、商品説明に詳しく書いてありますが、「減農薬」と書いてありますが、種の時に消毒してあるだけで、育てる時には無農薬だそうです。
私はこの生産者さんが、「減農薬」と表示して販売していらっしゃることに、農業にかける志の高さを感じ、感服しました。

減農薬ハツシモは、田んぼの草むしりをし、地下水をくみ上げて、愛情をこめて大切に育てているお米。
有機認証をとっている農作物と遜色ないくらい安全なお米で、間違いなくおいしいに違いない!、と、私は説明を読んで感じました。

ちょっと話はそれますが、今回、玄米を購入して、「無農薬栽培」と書かれているお米を見かけますが、消毒した種をつかって、その後は農薬を使わずに育てている、ということもあるのかもしれないなぁ、と、はじめて気づきました。

これまで私、「無農薬栽培」と書いてあるのは、有機認証を取るのにお金がかかって大変だから、という理由なのだと思っていました。
でも、もしかしたら、それだけではないのかもしれないですね……。

種のこと、育て方のこと、そうしたことは生産者の方が教えてくださらないとわからないことですから、やはり信頼できる生産者の方のものを選びたいな、と思います。

私がこれまでに食べた夢農家の生産者の方の食べ物は、どれも鮮度がよくて、感動するほどおいしい!!

おいしいものを食べられるのはもちろんのこと、一生懸命に手をかけて自然に負担をかけないようにして育ててらっしゃる生産者の方に直接、お金というかたちで「おいしいですよ、手間と時間と愛情をかけた自然も恵みをわけてくださって、ありがとうございます!」とお伝えできるのが嬉しいです。

取り寄せした荷物が届いた時、子どもたちと一緒に箱を開けています。
そのためか、料理して夕食に出すと、「これ、今日、届いたやつ? おいしいね!」とニコニコし、私が「おいしいと言ってもりもり食べていたことを生産者の方に伝えるね」と言うと、「うんっ!!」と大きくうなづきます。

なかなか、子どもたちに、食べ物が食卓に乗るまでの間にどのようなことがあるのか、食べ物を育む自然への感謝と、作ってくださっている方への感謝の気持ちを育むのは難しいと感じていたのですが、こうして作ってくださった方と直接やり取りしているのを見せていると、食べ物のことを今までよりもさらに大切なものだと感じるようになったことも、我が家の大きな収穫です。

しかも、ムスコが急に、「夕ご飯、ボクが作る。いいでしょう?」と言い出して、家庭科の教科書を引っ張り出してきたのには驚きました!

食べ物に関心を持つことは、畑や田んぼに育つ作物の命に意識を向けることであり、作物の命をいただいて私たちが生きているということに繋がると思いますので、ムスコにもムスメにももっと食材に触れ、調理してもらおうと思います。

子どもたちのそばで、私は「あ、あぶない!」「それじゃ、ダメじゃない!」「もう、おかあがやるから、あっち行って待ってて」などなど……と言わないように、イライラしないようにする我慢の訓練もしたいと思います(笑い)

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡
























スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  コメント(0)

2017.04.25 (Tue)

どっちもいい、じゃダメですか?

糖質制限のブーム、すごいですね。
一過性のものかと思っていましたが、今では、当たり前のことになっているんですね。

先日、外出した時にトンカツ屋さんに行ったのですが(←子どもたちがいると行けないから)、そのお店で、どんぶり2杯分くらいありそうな山盛りのキャベツが出てきて驚きました〜
主食のごはんを食べる前に、食物繊維を食べて太りにくい食べ方を、ということなんでしょうね。
そうそう、ごはんにもはと麦が入っていましたよ〜

私も急激に血糖値が上がるのは良くないことだと思いますし、血糖をコントロールするのは健やかに過ごすために大切だということには大賛成です!!

けれども、糖質制限食で炭水化物やでんぷん、糖分などを食べない、あるいは極力減らして健康になりましょう、となると、よく理解できないのです。

私は自分がお米が大好きだということもあり、「お米を食べない」「お米をごく少量にする」ということが健康上、必須なのかどうなのか、そのあたりのことを深く知りたいと思っています。

ごはんを食べた後に血糖値がググッと上がる、というグラフは見たり、体の中で代謝される時にどうなるのか、というのも本で読んだりしてはいて、理屈を聞いていると「そういうことなのか!」とは思うのですが、でも、やっぱりよくわからないというか、納得がいかないんですよねぇ。

「糖質制限はとってもいいんだよ!」という本をたくさん読んだので、今は「糖質制限じゃくて、ちゃんとお米を食べようね」という本を読んでいます。

170425_1521~01

食品にどのくらい糖質が含まれているのかを細かく書いてある本を片手に読み進めていると、私が好きなものは見事に糖質ばっかり(汗)

「糖質はやめなさい」と言われたら、食べる楽しみがなくなっちゃうなぁ……。
だからよけいに、「糖質」が悪いものなのかどうか知りたいなぁ、と思いまして(苦笑)

糖質制限のお菓子ってどんなものかと思ってレシピ本も見たのですが、卵・大豆・ナッツ・乳製品が主な食材になるんですね!
これほどとは想像していませんでした。

おいしそうな写真もたくさんあったのですが、我が家ではほとんど食べられません。
1回に卵2〜3個を使うものが多いので、レシピを参考にできるレベルでもなかったのが残念です……。

ある糖質制限の専門家の方が、食物アレルギーも糖質制限をしていればよくなってくる、とおっしゃっていたのを聞いたことがあります。
でも、良くなる以前に、米粉とでんぷん不可だったら、お菓子もパンも食べられないよ、と、ものすごいストレスがかかりそうで、泣きそうになりました(涙)

糖質制限がいいというのも「なるほど!」と思うし、ごはんは大事というのも「そのとおり!」とも思うんですよ。
どっちがいいとか、どっちが悪いとかはなくて、両方いいんじゃないかと思うのですが……。
どっちもいいよね!じゃダメなんでしょうかねぇ。

食べ方というのは、生き方や考え方そのものに密接にかかわってくるため、難しいですね。
私はごはんをしっかり食べることが健康の基本だと思っていますが、お米のより健康によい食べ方というのはあるような気はしています。

「糖質と病気」という関係性の中だけでなく、さまざまな専門家たちの、さまざまな視点からの「栄養と人体」「食べることと健康」について、もっと学びたいと思っています。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT