10歳と3歳でお雛様飾り

ムスコとムスメのインフルエンザが治り、やっと普通のペースになりました。

インフルエンザの最中から「おひなさま かざろうよ!」とムスメがしきりに言っていたのですが、「お雛様にインフルエンザがうつっちゃうと困るから、ちゃんと治ってから出してあげようね」と先延ばしに。
もうちょっと先に飾ってもいいと思っていたのですが、子どもたちの強いリクエストで昨夜、お雛様を飾ることになりました。

「おかあはごはんの支度をしないといけないけど、お雛様の飾り、どうしよう?」と子どもたちに聞くと、「大丈夫、ぼくたちでやる!」「みーやん、ちゃんと、てぶくろして おてつだいする!」

ムスメのお雛様は、去年父が亡くなる直前に、父が自分でお店まで足を運び、選んで買ってくれたものです。
ムスメにとってはもちろんのこと、ムスコにとっても「おじいちゃんの形見」の大事にお雛様。

子どもたちに飾りを任せて大丈夫かな?と、ちらっと思いましたが、父は「子どものお雛様なんだから、道具だって触ってみたいべ。やりたがることはやらしてやれ。なくなったら、なくなったでいいんだから」と言っていたので、10歳のムスコを「鍋奉行」ならぬ、「雛」奉行にし、3歳のムスメを奉行アシスタントに認定(笑い)

大小の箱にお人形や道具が包まれて入っているため、私が押し入れから箱を出し、子どもたちに飾り付けをお願いしました。

ムスメは箱を開けたり、包みを開いたりするたび、「うわぁ、かわいいねぇ」「きれいだねぇ」とニコニコ。
どんどん出していってしまうので、「ちょっと待って! 飾る場所、作らないと飾れないから。どれがどこか、わかんなくなっちゃう」とムスコ。
細かいものをきっちり並べるのが好きなムスコは、ちゃっちゃかちゃっちゃかやってしまうムスメのペースを持て余し気味になっていました。

大事にお雛様を壊しちゃいけない&キレイに飾らなきゃという使命感に燃えるムスコは、普段は見たこともないくらい真剣な顔。
そのとなりで、箱や包みの中からお雛様や道具探しが楽しいムスメは宝探し感覚。
ふたりであーだの、こーだの言いながら飾っていました(笑い)

3段飾りの小さめのものですが、子どもたちだけで上手に飾ってくれたので、助かったやら、驚くやら。
去年一度飾るのを手伝っただけなのに、子どもたちはなんとなく手順を覚えているんですね〜
子どもの記憶力って、ほんとうにすごいですね。

お雛様を飾ったので、今日は母が見に来ます。
日帰りで来るのでせわしいですが、子どもたちは昨夜、電話をかけて、「あしたね!」と、母と会う約束をしていました。

桃の花を飾って、みんなで甘酒を飲んで、子どもたちが元気に過ごせるように願いつつ過ごしたいと思います。

余談ですが……。

お節句を祝うのは毎年の楽しみではあるのですが、みなさんのお宅では、お節句の飾り、どうなさっていますか?
とっても飾ってあげたいけれど、狭い我が家ゆえ、収納場所が悩ましいです……。
飾るのは数日で、あとはずーっと収納しっぱなしになるんですものねぇ。
ああ、場所がほしい。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。








スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

運がよかった、というべきか?

ムスコとムスメがインフルエンザAになっております。
ムスコが先になり、ムスメがうつる、という「兄妹の間で菌のもらいっこ」。
どの家庭にもありがちのパターンですよね(泣)

前回、ムスメがなった時にはムスコがうつらなかったので「よかった!」と思っていましたが、インフルエンザにはAとBがあるから、2回なることもあるんですね(号泣)

今回は2人でかかっているので、「ちょっと用事を済ませて来よう」みたいなことも不可能で、家にこもる時間も長い、長い。
ふたりとも絶不調なものだから、「おかあ〜、おかあ〜」コールでベタベタモード。
取り合いで大騒ぎ。

そんなに「母」を求めてくれるのは母冥利に尽きるけど、ひとりしかいないから!
同時に別なこと、できないから〜

ムスコのインフルエンザの検査をしてもらったら、「検査で出る線が薄いね。Aだけど、抗体ができているみたいだね」と言われました。
予防接種をしているわけではないので、体質的なものなんでしょうかねぇ。
それとも、毎年、インフルエンザにかかっていると、AかBかに関係なく、抗体ができてきて、それが影響するのでしょうか。
よくわからないのですが。

ムスコは高熱が出て2日でストンと下がったのですが、その後に咳がひどくて、ひどくて。
小さい頃は喘息の発作で救急外来にさんざんお世話になったので、そのトラウマがよみがえりました。

大きくなっても、やっぱり気管支が弱い。
咳き込みすぎて手足は真っ白で非常に冷たく、顔色も赤みがささずに青みがかったくすんだ色になっていたので、とても心配でした。
風邪でもそうですが、弱いところに症状が強くでますよね(涙)
もともと痩せていて体力がないから、病気をするガクッと体力が落ち、メンタルも弱くなるので、治りかけからが長いです。

しかもムスコは超頑固。
「体のために○○を食べて」と言っても、「なに、これ?」(←見たことがないものは食べない)、「おいしくないからいらない」(←超偏食で好きな食べ物・味じゃないと空腹でも食べない)、「食べたくない」(←もともと食欲が細い)などと言い、体に良いものを食べようとしないのも困りもの。

咳止めになるといわれるキンカンはなだめたり、おだてたりしながらなんとか食べさせましたが、心の中では「こらっ! 誰のために言っていると思ってるの! グズグズ言わずに食べるんだってば! そんなに苦しいなら、治る努力をしなさい!」と怒鳴りたい気持ちがふつふつ。

でも、叱ったらさらに食べなくなるのは目に見えているので、ひたすら「ちょっと食べられたねー、頑張ったねー、もう少しだねー」と、まるで保育園の子に言い聞かせるように接しました。
小学4年生なのに、トホホ……。

ムスメは「これを食べて」と言えば、すぐに言うことを聞いて飲んだり食べりするので、治りはじめるとぐんぐん治っていきます。
その点が兄妹でも大違いです。

ムスメは高熱が5日間続き、今は熱が下がって、鼻水と咳だけになっています。
ホッ。

ムスメは熱が出やすい体質。
今回は夜になると40度前後まで上がっていました。
40の目盛りを超すと、怖いですよね……。

ムスメは前に42度まであがって私がパニックになったことがあるのですが、そういう緊急時にそなえて手許に保険証などを置いてはいました。
でも、ムスコの体調を考えると、ムスメの症状が夜中に悪化したとしても、私ひとりで18キロあるムスメをだっこして、32キロあるムスコをおんぶしてタクシーで救急外来に行けるはずもなく……。
ムスメに「どうか、もう熱は上がらないで治って!!!」とひたすら祈る感じでした〜
熱よ、下がってくれてありがとう!

ムスコは咳、ムスメは高熱で看病が重なって大変ではありましたが、本調子になるまで、あともう少し!!かな?

ムスコが治りきってからムスメがインフルエンザにかかるのではなく、ほぼ同時期にかかってくれて、ある意味、運が良かったのかもしれません。
時期がずれてかかったら、2人が元気になるまで2週間くらいかかりますよね!?
半月かからず、1週間で終わりそうで、ほんと、助かった〜〜〜〜〜

インフルエンザA、B、まだまだ流行中みたいです(←病院でそう言っていました)
みなさんもどうぞお気をつけてお過ごしください。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。








theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

食物アレルギー対応のお菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
2月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード