2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2018.01.10 (Wed)

先生との相性……なのかなぁ

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年も素敵な一年になりますように。

我が家の場合、あっという間に新年になり、お正月もムスメの看病に明け暮れました(苦笑)
ご心配いただき、ありがとうございます。
ムスメは腎炎だったのですが、経過は良好で、来週くらいにはいつもどおりの生活ができそうです。

さて、ムスコです。
昨日から小学校が始まったのですが……。

1学期の終わりくらいからのことなのですが、担任の先生との相性が良くないのか、それとも息子が悪いのかわからないのですが、とにかく、いろいろ言われるようなのです。

ムスコの話の内容だけでは、「え?なんでそんなこと、言われるの?」みたいなことが多いのですよ(涙)
本当に、その場にいて、状況を確認したい!!!

言葉って、その言葉を発する人の意図を受け取る側がそのまま受け取れるとは限らないし、間違った意味合いで受け取ってしまうことがあるから、難しいですよね。

私が直接聞いているわけでも見ているわけでもなくて、子どもからのまた聞きになると、さらに信憑性が下がりますもんね。
子どもだって、自分に都合が悪いことは言わないだろうからね〜〜〜

と、そんな風に思いつつ、ムスコの言っていることはムスコが感じたこととして、そのままに叱ったりせずに聞いてはいるのですが、「先生、本当にそんなこと、言うの?」みたいな状態ではあったんですよね。

でも、今日、持参するお弁当の準備をしていた時、ムスコが言ったことには、ショックでした。

ムスコ「今日、お弁当なの?」
私「うん、そうだよ。デザートは代替持参だよ。大好きな甘酒のチョコムースにするね!」

ここでムスコがニコニコしてくれると思ったら……。

ムスコ「そうなんだ! じゃあ、うちに帰ってきてから食べようかな」
私「え、どうして?」

ムスコ「だって、先生が『普通だったら、給食では提供できないから代わりに持ってきてください、って言われても、そんなの持ってこないよね』って言ってたしさ」
私「は?『代替えを持ってこないのが普通』って先生が言ったの?」
ムスコ「うん」
私「(はらわたが煮えくり返りながらも、学校に出かけるムスコが悲しくならないように)じゃあ、今日はデザートだからうちでゆっくり食べるようにする?」
ムスコ「うんっ! おかわりも食べられるしね」


ムスコを送り出した後、考えれば考えるほど腹が立ってきました。
だから、今までも「別に持っていかなくていいよ。帰ってきてからおやつに食べる」とか言っていたのか。
ずっと知らずにいたとはいえ、かわいそうなことをしました(泣)

教師は子どもの健やかな心身の発達を促す立場にあるのに、あなたのその発言、食物アレルギーのある子の気持ちを考えての発言か!!!!

給食は学校教育の一部だし、食物アレルギーなどの健康上の理由や宗教上の理由で差別されたり区別されたりすることなく、食を通じて様々なことを学ぶのを目的としているっていうのを知ってるのか!
ふざけるなーーーーーーーー!!!!

これまでも先生が「え?」と思うようなことをムスコに言ったとは聞いていましたが、先生は良かれと思って言ってくれているんだと解釈するようにしていましたが、こればっかりは許せん!!

「普通は代替えを持ってこない」って、どういうこと?
ムスコが代替えを持っていくと、手間がかかる、ということなんでしょうか?
確かに、食物アレルギーのある子がいなければやらない仕事ができてしまって申し訳ないとは思います。
そして、確認をして安全を守ってくださっている先生に感謝しております。

でも、自分の仕事を増やしたくないから、他の子が食べているのを、ムスコが我慢して見ているだけだとしても、かわいそうだと思わない、そんなの気にしない、ってことですか!!

除去食は別な色のトレーで提供されてきて、それを担任から受け取る、という決まりはあるけど、献立と照らし合わせて持参品の確認をするのが、そんなに面倒だということなんでしょうか???
確かに先生は忙しい仕事でしょうが、さらに作業を増やしてしまって申し訳ないとは思っていますが、時間や手間を惜しんで、食物アレルギーのある子を傷つけてもいい、ってことにはならないって、思いませんか?

食物アレルギーがあって、代替えを持って行っていて、「お母さん、準備が大変ですよね」と言われたことはあるけれど、「普通は持ってこないよね」と言われたのは初めてです。

どんな意図で言ったのか問い詰めたいところですが、それをしても変わらないだろうし、むしろ、今まで以上にムスコへの風当たりが強くなることが想像されるので、我慢するしかないんでしょうかねぇ。
学校に行く用事があった時に見ていると、校長や学年主任、保護者に対しての態度は非常に腰が低くて、人当たりがいいんですけどね(苦笑)

うーん、うーん、納得いかない。
先生が悪気がなくてぽろっと言ったことを、ムスコの受け取り方が違ったのかなぁ。

先生に直接聞きたいところですが、「普通、持ってこないよね、ってどういう意味ですか?」といきなり保護者に問い詰められて、「だって、持ってこられると面倒なんですよ」とは言わないですよね(苦笑)

たぶん、「そんなこと、言ってませんよ。ムスコさん、何か勘違いしたんじゃないでしょうか?」と、ムスコが嘘でも付いているかのように言われちゃうんだろうなぁ(←個人面談などの時に言われたことをムスコに確認した時の食い違いから判断すると)

子どもが自分に都合の悪いことは言いたくないように、教師だって自分の評価が下がるようなことは言わないですよね。
ああああああああーーーーー、モヤモヤする!!!!

日常生活のことは「ムスコが良くなるための指導」と思うように努力して我慢していましたが、食物アレルギーの子への思慮のなさにはほとほと呆れました。
春に赴任してきた時には良い先生だと思っただけに、激しくがっかりです。

あまりにもモヤモヤが続くようなら、スクールカウンセラーに相談してみようかなぁ。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




























スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(4)

2017.12.02 (Sat)

ムスコの不調の原因は冷え?

時々、「ムスコが起立性調節障害で朝起きられないんです」と書いていましたが、最近、「違うのかも?」と思うようになってきました。

というのも、朝起きられないというか、朝はぼんやりしているというのは同じなのですが、目がぱっちりするまでの時間が短くなったし、何よりも「だるくて動けない。まぶたも開けられない。座っていられない」とつらそうにしていたのが、ちょっとだけ改善してきたんです!!

何をしたのかといえば、ムスコの体を温めるようにしたのです。

小学生の男の子って、なぜかものすごい薄着ですよね!?
気温が10度くらいなのに、ムスコの友達が半袖で上着も持たずに遊びにきて、「暑いんで、大丈夫です」と言ったのには、びっくりしました。
見ているだけでも寒い、寒い。

ムスコも薄手のTシャツ一枚。
トレーナーやセーターはモコモコして動きにくいから嫌だし、着ている友達なんていないよ、とのこと。
やっぱり5年生くらいになると、周りが気になるようになるんでしょうかね。
思春期の入り口だしなぁ……。

とにかく、ムスコは自分からは寒いとは言いませんが、聞くと「うん、寒いよ」と言っているので、ポカポカ体質ではないと思われる。
手足はいつも冷たいし、寝る時に「足が冷たくて眠れない」というくらいだから、かなりの冷え性だよね、うん。

そこで、ムスコに「トレーナーが嫌なら、薄手のTシャツを2枚重ねて着るのはどう?」と聞くと、「うん、それならいい」。

「温めると体が楽になるから、ズボンの下にスパッツを履いて体を冷えないようにしようよ」と提案すると、「体育の時に着替えで時間がかかるし、友達もいるから嫌だ」と言っていましたが、「体育の日ははいていかなくてもいいから」と説明すると、「わかった」。
この寒いのに、体育の時にはパンツ一枚に半袖と短パンが決まりです。

食べ物も少し変えました。

ムスコは豚肉が大好き。
喜んで食べてくれるので毎日のように出していたのですが、薬膳で考えると、豚肉は体を潤す作用があるけど、体を温める作用はありません。

ムスコの好物を色々と考えてみると、うーん、体を温めるような作用がある食材が少ない。
今まで気づかなかったけど……。

食べ物で体は作られる、というけど、ムスコの体は温まらないような食材ばかりだったから、冷えがひどくなっていたんだなぁ……。

我が家でよく使う食材を考え、ムスコは鶏肉は豚肉よりも好きではないけれど、体を温める作用があるので、使うお肉を豚肉オンリーではなく、豚肉と鶏肉を交互にしました。
いくら子どもが好きだからといっても、同じものばかりを大量に頻繁に食べていたら、薬膳じゃなくてもNGですよね(汗)

さらに、白砂糖は体を冷やすので、甘いものを食べる頻度を下げ、食べる時には、あとは寝るだけ、という夕食後ではなく、日中の活発に活動している時間に食べるように心がけました。
いつも思った通りにできるわけではないんですけど、できる範囲で(笑い)

iPadやパソコンなどの電子機器も大好きなので、寝る直前までいじっているムスコ。
いろいろな本を読んでいたら、電子機器は光も強いし、情報量も多くて、脳が大興奮しちゃうから、なかなか眠りに入れなくなってしまうようなんです。

確かに、ムスコは眠るまでにものすごく時間がかかるし、しかも眠った後もぐっすり眠れていなくて、眠りの質が悪い。
眠りの質が悪いから、いつも眠り足りず、眠いんだなぁ。

「起きなさい!」「早く寝なさい!」と叱るんじゃなくて、「湯たんぽを入れておいたから、iPadはやめて、寝る部屋に行こう」と声をかけて眠りの質をよくできるようにしないといけないんだな、と思うようになりました。

そうやって、ちょっとだけ厚着にして、食べ方にも気をつけるようにして、電子機器を寝る直前まで見ないようにしていたら、朝、2、3回声をかけると起きられるようになりました〜〜〜〜
今朝は声をかけなかったのに、自分で起きてきましたよ!!!!

ちなみに、ムスメはムスコと同じものを食べていても、朝の寝起きはいいし、手足はポカポカだから、持って生まれた体質の違いというか、代謝の良さ、というのはあるんでしょうね。

子どもは大人よりも体温が高いもの。
子どもは風の子。
そんな風に思っていましたが、それは単なる思い込みなのかも!?

一年中、快適な温度に保たれた室内で、テレビを見たりして静かに過ごすことが多い今の子は低体温の子も多いと言いますもんね。
35度なんて、私が子どもの頃は聞いたことがなかったもんなぁ。

ムスコの日常のこまごまとした不調は、もしかしたら冷えからきているのかもしれない!
冷えは万病のもと。
そんな風に思う今日このごろです。

インフルエンザや胃腸の風邪が流行っているようです。
どうぞお体にはお気をつけて。

楽しい週末をお過ごしください。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。