難しいです……

今朝のこと。
ムスコが学校に行く間際になって、「今日の家庭科、何だと思う? ゆで卵だってさ〜」と明るく教えてくれました。

えええええー、ゆで卵?
聞いてないよ〜(涙)

ムスコが聞いたのも昨日の帰りの会の時で、担任の先生は今日は出張で不在らしい。
そうなんだ……いないんだ……。

実習やお泊まりなどの学校行事でアレルゲンを使う際には保護者と相談、ということなっていたのですが、低学年だったら間違いがあると困るけど、高学年だったら自分でわかっているから判断できる、という判断なんでしょうかねぇ。

ムスコの担任の先生は新しく転任してきた先生なのですが、ものすごくいい先生のようで、ムスコも慕っています。
保護者としても、ぜひ、先生と良い関係を築きたい!!

そう思い、一応、連絡帳に「ムスコには卵アレルギ―があっても触れるのでゆで卵は作れるけど、食べられません。アレルギーのある食材がある時には事前に教えていただければ代替などを持たせますので、どうぞよろしくお願いします、と書いてみました。

先生という職業はものすごく忙しい上、転任してきたばかりということで激務で寝るひまもないくらいなんじゃないかと推測しているので、日常的に細かい事前連絡は難しいとは思います。

家庭科実習のたびに打ち合わせとなると難しいでしょうけど、5年生になると宿泊学習があるので、そういう節目にはしっかりと事前打ち合わせをしてもらわないと、と思いまして。

ムスコに連絡帳を渡すと、「何か書いたの? 先生、忙しいのに、可哀想だよ」とムッとした顔。
でも、キミの体にかかわることだから、知っていてもらわないと(汗)

かれこれ10年以上もアレっ子をしていると、人の手をわずらわせないように我慢するということに慣れちゃうのかもしれませんね。

でも、間違ってアレルゲンを食べてしまってアレルギ―反応が起きたら、かえって学校や先生に迷惑がかかるから、必要なことは「文句」ではなくて、「お願い」しないといけないんだよ、と説明したら、やっと納得して学校に行きました。

そろそろ思春期の入口。
親の考えだけじゃなく、自分の考えを主張するようになってきたので、自己管理ができるようにしないといけないですね。

学校の行事でみんなと同じことがやりたい、とか、お友だちと遊んでいる時に出されたお菓子をいちいち親に確認せずに食べたいとか、そういう気持ちは大事だと思うのです。

しかし、それが「やってみたら失敗しちゃった」ではすまないのが食物アレルギー。
ムスコはゆで卵ならNGとわかっても、たとえば、カボチャサラダに「刻んだゆで卵が入っているかも?」とか「マヨネーズは使っているかな?」なんていう、アレルゲンの混入を想像できないと思うんですよね。
うちではマヨドレで卵抜きのカボチャサラダを食べているから。

うちで食べているものは安全でも、そとでは見た目だけでは安全かどうかわからない、ということを学習させないと、と思うのですが、どうやって食の知識をストックさせていけばいいものやら?
スーパーのお惣菜売場で「ほら、卵や乳製品が入っているようには見えないけど、○○になって入っているから注意してね」とひとつひとつ地道に教えていくしかないんでしょうかねぇ。

ムスコはなかなか自分からいろいろやろうとしなかったのに、自己主張や積極性が少しずつ芽生えてきたのは嬉しいこと。
ムスコの「やってみたい」「自分の力で頑張ってみたい」という気持ちが、間違った方向に進まないように留意しつつ、日頃からしっかりと伝えていかないと、と思った朝でした。

<追記>
ムスコが帰ってきました。
「家庭科、楽しかったよ! おいしかった〜」

ん? ん? んーーーーーー?

「あのね、みんなはゆで卵だったけど、ボクはジャガイモ茹でて食べたんだよ!」

よく聞いてみると、ムスコは卵に触れることもなく、用意されていたじゃがいもを個別の鍋で茹でらしい。
なーんだ、こんなにちゃんと準備していてくれたんだ!!
ありがたや〜

「どうせやってもらえないよね」と疑心暗鬼になりがちな私。
ムスコが家庭科の時間にぽつんとひとりで座っている姿を想像していましたが、嬉しい驚きでした。

事前に準備していてくれたなら、それはそれで、連絡帳に「ありがとうございます。今日はよろしくお願いします」ってお礼を書きたかったわぁ。

どういう経由でムスコのアレルギー対応をしてくださったのか(←だれがムスコのアレルギ―を指摘して、代替食材がじゃがいもになったのか、とか)、興味津々です。

こういう嬉しい驚きもありがたいけれど、事前に確認して、心安らかにムスコを学校に送り出せるとさらにいいな、なんて思います。



160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




























スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

お弁当箱の買い替え

昨日は冬に戻ったかのような寒さになりましたね。
一転して、今日はポカポカの陽射しが気持ちいいですね〜

近所の桜は葉桜になりかけていて、桜がキレイなのは今週一杯くらいかなぁ。

170410_1632~01

桜の花の真ん中が黄緑色のと薄紅色のものがあり、それもまたいいですね。

さてさて、ムスコは5年生になりました。
で、お弁当箱です。

実はムスコ、給食を食べるのがものすごく遅いため、遠足などがあっても「小さいお弁当箱でいい。食べるの大変だから」と言って、保育園の時に使っていた小さいお弁当箱を使っていました。

決して小食なわけではなく、うちではびっくりするほどたくさん食べるので、単に、そばにお友だちがいたり、楽しいことがあると気が散るため、食べるスピードががくんと落ちる、ということなんですけどね。

うちでもテレビをつけたままにしておくと、ごはんを食べる手がすぐに止まってしまうので(←ほっぺに食べ物を入れたまま、噛むのもやめてしまってリスみたいになっている。苦笑)、ムスメよりも食べるのが遅いんです(涙)

とはいえ、高学年になって、保育園のキャラクターが書いてあるお弁当箱を持って遠足に行くのもなんなので、新しい大きなお弁当箱を買いました!
二段になるお弁当箱ですが、収納時は入れ子式で大きいほうに小さいのが入るのでコンパクトになります。

170407_1606~01

メーカーサイトに掲載されている最新デザインのフレッシュランチボックスだと、ニ段にした時に固定できるようになっています。
でも、私が買ったのは、新製品が出たために割引になっていた前のデザインなので、ゴムで止めです。

買ってすぐ、試しにお弁当箱に詰めて、ムスコに食べさせてみたんですよ。
そうしたら、「多すぎて食べきれない」ですって。
半分近く残されてしまいました(泣)

このお弁当箱は子ども用ではなく、大人の男性用だったため、ムスコには多すぎたんでしょうね。
遠足は来週なんだけどなぁ、お弁当箱、どうしようかなぁ。

アレッ子がいるとお出かけの時もお弁当の出番が多いですよね。
給食持参用、お出かけ用など、いろいろなサイズの容器やお弁当箱を使い分けていらっしゃる方が多いと思います。

我が家でも割といろんなサイズの容器があるのですが、お弁当箱のほとんどが、ムスコとムスメのふたり分くらいのお弁当が入るサイズのもの。
ムスコとムスメのそれぞれが食べる量に合わせたいくつかのサイズのお弁当箱を買わないと、とは思うのですが、収納する場所がねぇ……。

お弁当箱や調理器具を置く場所も、米粉などの食材をしまっておく場所も、とにかくいつも「場所がない!」という悩みにぶつかります。

いやいや、どんなに悩んでみても、引っ越しをしない限り、決して解決しない悩みなんですけど。

ってことは、悩むだけ時間のムダなので、桜餅を買って最後の桜を見にでかけたほうがいいかも、ですよね!(笑い)

みなさんにとって、今日も良い日でありますように!



160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡
























theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード