2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.02.02 (Thu)

塩はおいしく、おもしろい!

先日、お部屋足湯の記事で、塩のことを書きましたが、おもしろい本を見つけました。
タイトルは『日本と世界の塩の図鑑』です。

170202_1116~02

ムスコのアレルギーがひどくて、小麦の醤油や大豆の味噌を使うことができなかった時、我が家のもっとも使う調味料は塩でした。
「いい塩があれば、食べ物はぐんとおいしくなる」ということを経験してきたので、今も塩をよく使います。

魚でも野菜でもお肉でも、おいしい塩をパッパとふりかけて焼けば、うまみがぎゅぎゅーっと凝縮されて、味わいが豊かになりますよね!

イタリア料理やスペイン料理の基本調味料は塩とオリーブオイル。
和食だって、味付けのみならず、調理でも塩が重要な役割を担っていますよね。
多種多様な調味料に頼らず、新鮮な食材にシンプルな味つけが最高だねぇ、と思う、今日この頃です。

さてさて、この本には日本と世界の塩が245種類紹介されているのですが、なんと、日本で買える塩はなんと4000種類もあるんだそうです!!!!
びっくりです〜〜〜〜〜

塩の色のイメージは「白」ですが、茶色っぽい色あり、ピンク色あり、うっすら紫色っぽいものあり、灰色あり……塩の味だけでなく、色もバリエーション豊かです。

日本の「塩の産地」は海がキレイな九州から沖縄にかけて特に集中していますが、日本各地でそれぞれの地理的特色や食文化などを反映した特色ある塩が作られており、「ほー、へー、そうなんだぁ」がいっぱい。
それだけ塩は昔から大切に使われてきた調味料なんだと感じます。

『塩の図鑑』によると、小さじ1杯の塩は、約コップ1杯の海水からできるんだそうです。
そして、赤ちゃんが育つ羊水や血液のミネラルバランスも海の水とほぼ同じということですから、私たちが「塩って、おいしい!」って感じるのは当たり前のことなんでしょうね。

最近、塩の種類が増えましたよね〜
近所のスーパーをのぞいたら、有名なメーカーのものを中心に、塩が10種類ほどありました。
丁寧に手作業で塩を作っている生産者の塩は物産館やネット通販などで入手できますし、知らなかった塩を味わう機会があると、とっても嬉しくなりますよね。

食物アレルギーがあると調味料選びの際にも原材料表示をしっかり確認しなくてはなりませんが、塩だったら、いろいろな産地や作り方で味の変化がつけられて、安心で楽しくておいしくていいですよね!


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。






スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  私の役に立った本  |  コメント(0)

2017.01.26 (Thu)

ムスメの体調不良で読書三昧

すごい寒波ですね。
大雪になった地域のみなさん、大丈夫でしょうか。
心配です。
どうぞお気をつけて。

ムスコの小学校の2年生と3年生のクラスがインフルエンザで学級閉鎖になっています。
区からもインフルエンザの流行警報基準を超えた、という連絡もありました。
そして、我が家では、ムスメが絶不調です(涙)

もともとムスメは熱が出やすいのですが、夕方から夜にかけて高熱が出て、朝になると下がったと思うとまた出て……。
ぜろぜろした咳も出ています。

鼻水が出ていると思うと、寝る頃には鼻づまりで苦しいと言いだすので、抱っこしたりして上体を起こして寝せるようにしているのですが、鼻水が外に出ないようになると喉に流れ落ちるらしく、咳がひどくなり、「あちらを立てれば、こちらが立たず」みたいな状態で。

呼吸器系の不調が大きいこともあり、呼吸困難などになると怖いので、そばで本を読んでいます。
「あー、もう、何もできない!」と思うとイライラしちゃうので、「ムスメと一緒に風邪をひかないようにゆっくり過ごそう」と気持ちを切り替えて。

ムスメが起きている時には絵本を、ムスメが寝ている時には読みたいと思って読めなかった本を。
ここ最近、読みたい本というと児童書ばかりなんですが(笑い)

170125_1409~01

この本は子どもたちの質問に学者や作家、宇宙飛行士などが答えていく、という形式をとっているのですが、子どもの質問の斬新さ、回答者の答えの深さにハッとすることも多く、とてもおもしろいです。

まだまだ『世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え』のはじめのほうを読みはじめたばかりなのですが、今、読んでいる中で「うわぁ、すごいなぁ」と思ったのは、「原子ってなあに?」という質問の回答です。

「(原子の中には原子核があり、そのまわりを電子が飛び回っていて)原子の中はスカスカなので、世界じゅうの人たちぜんぶを作りあげている原子から空間をすっかり絞りだしてしまうと、角砂糖ひとつくらいの大きさになる」だそうです!!!!(驚)

世界じゅうの人、全員の原子だけ集めたら、ものすごく重い角砂糖1個分になっちゃうって、びっくりしちゃいませんか。
今の世界人口が約78億人ですよ!?
それが、角砂糖一個分の原子にしかならない、って……。

よくよく考えてみれば、私たちは、たくさんの驚きの中で暮らしているんですねぇ。
私たちが今、存在していることだって奇跡みたいなものですものね。

ムスメは体調不良で可哀想だけど、思いがけず、本を読む時間ができて、「へぇ〜、なるほど!」がいっぱいです。

いろいろとご迷惑をおかけしており、すみません。
なかなかご連絡を差し上げられずにおりますが、落ち着きましたらゆっくりご連絡をさせていただきたいと思っております。

メールをくださっているみなさん、ありがとうございます。
嬉しく拝見しております。
お返事はもうしばらくお待ちいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

いつもありがとうございます。




テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  私の役に立った本  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT