2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.09.20 (Thu)

秋が近づくと……

少しずつ秋らしい風が吹くようになってきていますね。
空を見上げると、秋の雲が浮かんでいて、「ああ、季節は秋になっているんだなぁ」と感じます。
まだまだ暑いし、陽射しも強くて、外にいるとクラクラしますけど。

秋になると涼しくなって嬉しいし、食べ物もおいしくなるので嬉しいのですが、気になることもあります。
それは咳。

私は秋の花粉に反応するので、秋になると日によっては咳が止まりにくくなります。

去年のことですが、一晩中咳が出ていたので、ある大学病院に行きました。
その病院はいつも激混みということもあり、その時は4時間待ち。
待っているほうも疲れますが、先生も患者さんが多くて疲れていたんでしょう。
やっと私の順番になったと思ったら、聴診器も当てず診察前に記入して看護士さんに渡しておいた問診票を見ただけで「喘息ですね。ステロイドの吸入器を出しておくので半年くらい使ってください」。

えええええー?
いくらなんだって、聴診器くらい当てようよ(焦)
なぜステロイドの吸入器を使わなくちゃならないのかも説明されず、はいはいって半年も使いたくないよ、と涙目になりました。

お医者さんは、患者の信頼関係を築くためにも、薬の情報をきちんと伝え、なぜこの薬を使うのか、どのようなステップで薬を減らしていくのかといった治療方針を説明することも必要ですよね。

ムスコの主治医はこういうところ、ちゃーんとしていて、こっちが納得するまで処方した薬について説明してくれるから安心できるんだけどなぁ。
お医者さん、みんながそうなってくれたらいいのになぁ。

秋になると、もちろんムスコも咳が出やすくなります。
風邪なんてひかせちゃったら、ひどくなるのが目に見えているので、注意、注意。
早寝早起きでちゃんと食事をさせるという規則正しい生活を心がけています。

あと、気になるのは気候。
気圧の変化で咳が出やすい日と、落ち着いている日があるんですよね。

ぜんそく天気予報というのがあるのをご存じですか?
喘息が出やすい大気の状態かどうかを予測しているサイトです。
どの程度、信頼性があるかはわかりませんが、参考にはなるのかな〜、と思って時々見ています。

このサイトは喘息などの薬を開発している製薬会社が運営しているらしく、喘息の情報がいろいろと掲載されています。

私は、ムスコには、規則正しい生活と適度な運動をさせ、レンコンや梨など咳を出にくくする効果があるといわれる食材などを食事に取り入れてできるだけ薬に頼らないようにしていますが、以前は信頼できる主治医のもと、ムスコはしっかりと喘息の薬を使っていましたし、吸入もしていました。

ムスコの体力がついてきたこともあり、主治医からは「もう薬がいらないくらい快癒しましたね」と、日常的な喘息の予防薬の服用も処方されなくなりました。

お医者さんを信頼でき、いろいろな相談ができると、喘息でも、食物アレルギーでも、アトピーでも、ちゃんと前向きに向かい合っていけるようになりますよね。
前向きになると、「きっと治る」と信じられるようになりますしね。

お互いに、未来を信じて、一歩ずつ前に進んで行きたいですね♪

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  はじめまして

2011.11.18 (Fri)

れんこん粉入り本わらびスイーツ

ムスコの咳がやっと落ち着いてきました。
ふー、よかった。

私がどうしても会社に行かなくてはならなかったので夫にムスコを見ていてもらいました。
夫は咳が断続的に続くので、とても気になった様子。
私が帰ってきた途端、とても心配そうな顔で「今、マイコプラズマ肺炎とかがはやっているみたいだよ。大丈夫?」とネットで検索した情報を教えてくれました。

ムスコはもっと小さい時、マイコプラズマ肺炎もRSウイルスもムスコは感染したことがあり、病院に入院はしなかったけど、何日も点滴をしてもらうために通ったから、どれだけひどい症状になるのかは経験したことがあります。
あの時はほんとうにひどくて救急外来に行ったくらいなので、夫も覚えてるんじゃないかなぁ。
あ、でも、当時は毎週のように救急外来に行っていたから、それがなんとの時やら、わからないかも(汗)
母じゃないと、そういう細々としたことは覚えていないかもしれないですね。

それに、ムスコに必要となるかもしれない薬はほとんど主治医から渡されていますので、特に新たな薬は必要ないことが多いです。

そんなわけで、ムスコの今回は咳は明らかにそれとは違いますし、機嫌もいいし、食べてくれるし、飲み物も飲んでいるし……元気一杯な時は深刻な病気ではないと私には思われ、自宅安静にしていました。

そうしたら、咳も落ち着いてきて、さらにおしゃべりになったので、もう大丈夫そう♪
ガリガリと頭や身体を激しく引っ掻かないから、まだ本調子ではないですけどね。
ムスコは体調が悪いと痒みが減って咳や熱など他の症状が目立ってきて、回復するにしたがって、あっちをガリガリ、こっちをガリガリになります。
なので、カイカイはムスコの「完全復活」の証でもあるんです(笑い)

体調が悪い時には、食べ物のことをいつもよりも考えるようになりますよね。
高脂肪の食事が善玉菌殺す…北大グループ研究という記事を読み、アレっ子が食べているローオイル&ローシュガーの食生活はやっぱり身体にいいんだなぁ、と再認識しました♪

ムスコの病中スイーツとして本わらび餅のおやつを作りました。

本わらび餅の生地のレシピは手作り本わらびまんじゅう&本わらび餅のとおりですが、咳ににいいコーレン(蓮根粉末)を生地に入れてねりねりしました。

「なんで、咳に蓮根やコーレンが関係あるの?」という方は、このコラムをご覧になってみてくださいね。
蓮根を用いたいろいろな民間療法が書いてあります。

コーレンは香ばしい香りがして、ちょっとタンポポコーヒーや玄米コーヒーのような感じに、ほんの少し、キャロブを入れたような雰囲気です。
味は……苦いわけでもないし、甘いわけでもないし、単に、粉っぽい?(笑い)
本わらび餅に入れても、特に主張するような味があるわけではないので、違和感もないですよ~。
気管支にダメージを受けやすい秋のデザートにどうぞ♪(←ココア味のケーキに入れると合います)

こちらは中につぶあんを包んだコーレン本わらび餅。
かなり不格好なのですが、それも手づくりの愛嬌ということで(笑い)

111117_1626~01

こっちはコーレン本わらび餅に三温糖を混ぜたきなこをかけたもの。
甘さが足りない時にはメープルシロップをかけるとおいしいです♪

111117_1637~01

咳が出ている時には砂糖など身体を冷やしたり、ゆるめるものはとらないほうがいいと言われていますよね。
でも、本わらび粉のように免疫力アップになり、身体を温める力があるような食材と一緒にだったら、少しはいいかなー。

これで咳が完全におさまり、祝日に行う予定のムスコのバースディパーティができるといいな♪

心のこもったコメントをいただいているみなさま、ほんとうにすみませんが、お返事はもうしばらくお待ちいただければ嬉しいです。

ムスコの喘息で私の気持ちが落ち着かないということもあったのですが……。
それよりも何よりも、今、全身全霊をそそぎこんでやっていることがありまして……。

ホメオパシーの学校のケーステイキングという患者さんの心身の症状を見させていただく実習のため、仲良しの友人にセッションを受けていただき、その分析と検証をしている最中です。
お話くださった内容、話し方や言葉使いのクセ、ジェスチャーなど、さまざまな角度から不調の原因を読み解いていこうとしているのですが、考えれば考えるほど深みがあって、人間の中にあるエネルギーって素晴らしいなぁ、と感動しています。

レポートを提出して、熟練のホメオパスである担当教授に私が選び出したレメディを友人である患者さんに渡していいのかを検証してもらい、そこから再び、私が考察しなおす、というステップにやっと到ったところで、レメディを実際にお渡しできるのはもう少し先になりそうです。
すみませんが、もうしばらくお待ちくださいね。
せっかく貴重な時間を割いてセッションにご協力いただいているので、ぴったりと合うレメディを選び出して「ホメオパシーって、こんなふうに効くんだ」ということを実感していただきたいなー、と思っています。

もし、このブログに遊びに来てくださっている方の中で、ホメオパシーにご興味があって、どんなものなのか体験したいなぁ、と思ってらっしゃる方がおられましたら、私のセッションにご協力いただけませんか?(←私は学生なのでセッション料は無料です♪)
私たちは日常的にとても忙しくて、目の前にあることをこなしていくことで精一杯ですよね。
病院に行くような病気にはならないけれど、やる気がわかないとか、理由もないのにイライラするとか、なんだか疲れてたまらないとか、いつも頭痛がするというようなこともホメオパシーでは心のバランスの崩れによって生じる「病い」と考えます。

ホメオパシーでは、そうした「病い」の原因を患者さんのお話をうかがうことによって探してきます。
雷が恐いとか、高所恐怖症、爬虫類が怖い、果物が大好きとか……「え?そんなものが?」と思うようなことまで、レメディを決めるための大切な情報となります。
どんな小さなことでも、当たり前だと思われることであっても、患者さんの心に浮かんだことを、心にそのままに伝えてくださることをうかがわせていただくのがセッションです。
私自身もホメオパスに定期的にセッションしてもらっているのですが、話した後は、自分の心の中にあったわだかまりが溶け、軽くなる感じがします。

学校の実習の一環ということですし、私がまだまだ勉強中のホメオパスなのでまごまごしてしまうと思いますが、もしもご興味を持ってくださる方がおられましたら、とても嬉しいです。
メールや電話ではなく、実際にお目にかかってお話をうかがえればと考えております。
鍵コメントにてご連絡先などをお知らせいただければ、こちらからご連絡させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

遊びに来てくださっているみなさん、コメントを寄せてくださっているみなさん、みなさんに勇気づけていただいたり、元気をいただいているおかげで、レシピを考えるのも楽しいですし、頑張る力がどんどんわいてきます♪
いつもほんとうにありがとうございます!

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪


こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡







テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  はじめまして  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME |  NEXT