2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.26 (Mon)

羽ばたいていきました

今年も夫がアゲハの幼虫や卵をとってきて、うちで育てています。
毎年恒例の行事になりつつあり、アゲハの幼虫がうちに来ると、「ああ、夏がもうすぐだなぁ」と思います。

近所のミカンの木にくっついているのは、ほとんどはナミアゲハという普通のアゲハ。
ところが、今年は卵からかえった1匹の幼虫が、大人の親指ほどの大きさになり、「もしかしたら、クロアゲハかも!?」とわくわく!

朝、起きてのぞいた時にはサナギだったのに、子どもたちが起きる時間になったらガサゴソ音がする!!
クロアゲハになって、飼育箱の中でぱたぱたと羽を広げて乾かしていました〜

170620_0719~01

羽が乾かず、まだ飛べないようなので、ベランダのパッションフラワーの葉っぱにとまらせました。
キレイですよね〜

昔、読んだマンガのラストシーンかなんかに、真っ青な青空にクロアゲハが黒い蔭のように羽ばたいているシーンがありました。
内容はまったく思い出せないのですが、切ないような、心がむずがゆいような気持ちを感じたことだけは覚えています。

サナギから蝶になって、どこまで飛んで行くんでしょうね。
おいしい花の蜜が見つかるといいなぁ。

そして、我が家の子どもたち。
いつもくっついて、重なり合って寝ています。

ものすっごく寝相が悪くて、ゴロゴロとイモムシみたいに一晩中動いているので、安眠できないんじゃないかと思うんですが。
どんなにふたりを離して寝かせても、朝になるとくっついてるんですよねぇ(笑い)

170619_0558~02

最近、さらに理屈っぽくなり、ちょっとイライラしているような感じが見えたり、不機嫌そうな様子が垣間見えるムスコ。
いつも上機嫌なムスメとは違います。
そろそろムスコは思春期なんでしょうかねぇ。

ある日突然、男の子っぽくなって、離れていってしまうわけではないのでしょうけれど、ちょっとずつ、ちょっとずつ距離をとるようになってきたのかもしれません。
私の言うことをすぐに聞いてくれることもあるし、4歳のムスメと張り合うくらい子どもっぽい時もあるけれど、あーだ、こーだといちゃもんをつけることもあり、この不安定さも自立への一歩ってことかなぁ、と。

親の声のかけ方、距離の取り方で、難しい思春期時代をスムーズに過ごせるか、それとも悩みまくるか違ってくるという経験談を先輩ママたちから聞き、ちょっとびくびくしています。
男の子、むずかしー

ムスコがどういう思春期に突入するのかはまだわかりませんが、せめて、ムスコが喜んで食べてくれるうちはお菓子やパンをこまめに作ろうと思っています。
恋人の胃袋をつかめ!じゃないけどね(笑い)

もっと大きくなったら、私の作ったものよりも市販品のお菓子やファストフードでフライドポテトとか、お友だちと食べることが多くなるだろうから、今のうちだけでも、体の土台を手作りの食べ物で作っておきたいな。
栄養は貯金できないけど、自分の好きな食べ物を記憶が、親の愛情のひとつのかたちとしてムスコの心に貯金みたいにたまっていくといいけれど。

子どもは「つ」がつく時までは親の庇護のもとにあり、「つ」がとれたら、親から少しずつ離れて行く、と昔から言われていますよね。
「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」「よっつ」「いつつ」「むっつ」「ここのつ」までは「つ」がつきますが、「とお」は「つ」がつきません。
ムスコはもう10歳。
考えてみれば、自分の考えを持ち、自分なりの価値観を育てるようになる年頃ですね。

これからムスコがどんな男の子に育っていくのか想像がつかないけれど、自分の夢を見つけて、それに向かって進んでいってくれるといいな。
子どもが成長していくのを感じると、嬉しいけれど、なんだか、ちょっぴり切ない気持ちになっちゃったりします。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

2017.06.21 (Wed)

忘れないうちに、復習、復習!

先日の記事でお伝えしましたが、グルテンなどさまざまなアレルゲンフリーのおいしいケーキを作っていらっしゃる木の丸洋菓子店のリエさんにレッスンをしていただきました。

教えていただいたのはカボチャのマフィン。
材料の使うのは、米粉・かぼちゃ・砂糖・油・膨張剤のみです。
私は米粉の焼き菓子を作る時にはでんぷんを加えることが多いので、リエさんが米粉だけでどうやってふんわりさせるのか興味津々でした〜

目の前でリエさんが作ってくださるのみならず、その作業にはどのような効果があるのか、なぜそうするのかを細かく教えてくださり、「なるほど! なるほど! なるほど〜」
とても勉強になりました!!!

対面式のレッスンだと、レシピを説明する言葉だけではなく、目で見て、手で触れて、耳で聞いて、鼻で匂いをかいで、できあがったものを試食し、レシピが五感をとおして理解するため、レシピを作った方の思いとともに、レシピが命を持ったもののようになって、体に入っていく感じがします。
とっても、とっても楽しい経験でした。

そして、焼き上がったマフィンの試食。
子どもたちが好きなシナモンをふりふり〜

ふわふわで、カボチャの風味がある、とてもおいしいマフィンでした!!

170612_1526~01

いつも自分で作ったのを食べているので、米粉のお菓子の味には慣れているのですが、リエさんが作ってくださったのを食べて、とても新鮮な気持ちになりました。

使う素材が似ていても、作り方や分量、材料の選び方で味も食感もまったく違ったものになるのですねぇ。
米粉のお菓子って、奥が深いです。

マフィンの画像を見ていただくと、カボチャの黄色がキレイですよね。
でも、リエさん曰く、ちょっと焼き色がつくくらいまで焼いたほうが、さらにおいしいんだそうです。

いろいろとポイントを教えていただいたので、忘れないうちに復習しなきゃ。

マフィンを気に入ったムスコに、「作ってみる?」と聞くと、「うん、やるっ! カボチャの皮をむいて裏ごしするところから全部やるから、おかあはやっちゃダメだよ。見てるだけね」とのこと。

はいはい、見てるだけにしますよ。
アレっ子男子はお料理ができるほうがいいもんね!

最後に生地の中にできた気泡をつぶさないように混ぜる、といったところは私がやり、あとはムスコに任せました。
口は出しちゃいましたけど(笑い)

ムスコは真剣な顔をして生地作りをしている合間、味見にも忙しい(笑い)

170619_1641~03

復習では、マフィン型ではなく、型を変えて。
ふんわりおいしく焼き上がり、ムスコのおかわりの手がとまりませんでした(笑い)

170614_1236~01

リエさんは今後も工房などでレッスンを行う予定だそうです。
リエさんのブログはこちらなので、レッスンにご興味のある方はこまめにチェックしていていただくとよいかと思います。

レッスンが待ちきれない方は、せひ、リエさんが作ってらっしゃる木の丸洋菓子店のお菓子を召し上がってみてください!!!
ものすっごくおいしくて、アレルギー対応のケーキへのイメージががらりと変わりますよ。
私は1ホール、ひとりでいけます(笑い)

レッスンを受けるのは楽しいし、いろいろと勉強になりますね!
レシピがあると、いつでも食べたい時に自分で作れるようになって、いいですよね!!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

2017.06.15 (Thu)

心のゆるみがありました(涙)

おとといの夜のことなのですが……。

母が用事をすませて、我が家に寄りました。
新幹線に間に合うように、早めの夕飯ということになり、時間がなかったので近所で食べることになりました。

焼き鳥屋さんなのですが、基本的に塩味の焼き鳥だし、おにぎりもあるので、子どもたちと行くことができます。
アレルギーを伝えると入っているかどうかも教えてくれるので、とても助かっていました。

あれこれ頼んでお腹いっぱい食べ、帰ってきてからお風呂タイム。

あれ、ムスコの顔に蕁麻疹がぽつぽつ出てるなー、とは思ったものの、こんなのはいつものことなので気にせずにいたら、どんどん蕁麻疹が増えて、顔だけでなく、上半身全体に蕁麻疹が出てきていました。

さすがにアレルギー反応が進んでいる、と感じ、部屋にクーラーをがんがんかけて体温が高くなりすぎないようにし、様子を見ることにしました。

そのうち、「喉がへんな感じ。風邪の時みたいにイガイガじゃないけど、痛いわけじゃないし、苦しいわけじゃないし、でも、うまく声が出せなくて小さな声になっちゃう。へんな感じ。どんなふうにへんなのか説明できないけど」とのこと。
手足にものすごく強い痒みが出てきて、急に汗が出たり、寒くなったりするということで、うっすら冷や汗もかいていました。

ムスメのアレルギー反応は軽い痒みだけだったので、さすってあげると安心して痒みが軽減するようだったので、薬は飲ませずにだっこ。

ムスコには薬を飲ませてしずかにしていたら、夜中近くになって蕁麻疹は消え、喉の違和感も多少解消したようで、ちょっとポリポリと引っ掻きながら、やっと1時くらいに眠りました。
ムスメもあっちこっち痒がりながら、眠くても眠れずにグズグズし、12時ちょっと前にやっと就寝。

ムスコのアレルギー反応が呼吸器系に進んだらどうしよう、と、ムスコが眠った後も、口元に手を当てて呼吸が正常か確認したり、心臓がリズミカルに動いているかが気になったりで、不安でたまりませんでした。
症状が変化したら、即座に病院に行けるように診察券などに加え、もし吐いちゃってもいいようにタオルやビニール袋、着替え等の病院セットも準備しつつ、様子を見ていました。

翌朝、ムスコはだるそうにはしていましたが、アレルギー反応は消えていて、一安心。
重篤なアレルギ―反応にはならずにすみました。

何が原因だったのか考えてみたのですが……。

長芋の唐揚げかなぁ???
いつもは焼き鳥とおにぎりくらいしか食べず、初めて食べたメニューです。

サクサクした長芋に色よくあがった衣がついていて、子どもたちも「おいしい!」と言いながら食べていました。
たぶん、衣に卵が入っていたのでしょうね。
それに、たぶん、加熱が甘い長芋がだめだったのかも。

煮物にしたりおまんじゅうなどのお菓子に長芋は使って食べていてノーマークでしたが、加熱が甘いため、卵とのダブルパンチでアレルギー反応が出たのかもしれません。

主治医に相談しながら自宅では卵の負荷をしていて、つなぎくらいは大丈夫だったので安心しきっていたし、長芋は大丈夫だと信じ込んでいたので、長芋の唐揚げをオーダーする時にアレルゲンの確認もしなかったので、それがいけなかったんですよね。
私のミスでした(涙)

負荷をしているからといっても、疲れていたり、季節の変わり目だったり、さまざまなアレルゲンが混在している外食だったりすると、大丈夫じゃないことがあるんですよね。
それに、加熱の度合いによってアレルゲンの強さが変わるのは、卵などだけでなく、長芋も同じですよね……。

食物アレルギーは、除去している時や負荷している時には慎重にしていますが、「大丈夫。食べられるようになってきた」と思ったがゆえに、心にゆるみが出たのだと思います。

ごくごくたまに食べる「おそとごはん」を楽しみにしている子どもたちに、可哀想なことをしてしまいました(涙)
おいしく、楽しい時間を過ごせるよう、もっと注意深く確認しつつ、「おそとごはん」を楽しませてやりたいな、と思います。

にわかに、今年の夏休みに小学校で行われるムスコの夏期学園もにわかに不安になってきてしまいました……。

3食、除去対応をしてもらい、「ほうとう」もみんなで一緒に作る、ということになっています。
今回のような心のゆるみが生じないよう、綿密に打ち合わせなどをして、ムスコが安心して楽しんでこれるように準備をしたいと思います。

食物アレルギーは慎重すぎるくらい慎重に確認しておくと、のちのち安心して楽しい時間を過ごせるので、手間や時間を気にしちゃいけないんだと、改めて反省しました。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  食物アレルギー  |  コメント(2)

2017.06.13 (Tue)

学び多い、夢のような時間

期せずして、夢のような時間を過ごすことができました。
ずっとお会いしてお話してみたいと思っていた方のおひとり、リエさんにお会いできたのです。

ご存じのとおり、リエさんは木の丸洋菓子店という食物アレルギーがある人もない人も食べられる、すばらしく美しくて、口に入れた瞬間に「うわぁ、おいしい!」と笑みがこぼれてしまう素敵なお菓子の数々を作ってらっしゃいます。

リエさんがお店をはじめた頃からのご縁と、リエさんの上のお兄ちゃんとムスコが同じ年だということもあり、さまざまな面から刺激と励ましと勇気をくださっているありがたい存在です。

今回はリエさんが東京にレッスンの講師としていらっしゃるということで、お忙しい合間、チャヤマクロビ日比谷店で卵と乳製品を使わないランチと、グルテンフリ―のケーキを食べ、いろいろなお話をしました。

170612_1121~01
170612_1153~01

このお店のランチ、私が行く時には普通にパクパク食べちゃって、「ごちそうさまでした!」となるのですが、リエさんは運ばれてきたお皿の上の盛りつけをながめ、どのような食材がどのようなバランスで入っているのかをさまざまな角度から観察してらっしゃるようでした。

食材ひとつだけの味、複数を重ねた味、ドレッシングのある部分、ない部分、そうしたパートごとの味を比べ、どういう理由で、どういう完成形を求めてその組み合わせになっているのかを読み解き、最高の味のバランスを探ろうとなさっているような感じ。
まるで、指揮者が音楽に耳を傾けながらタクトを振るように、食材が作る味のバランスを確かめるようにしながら召し上がっているような印象を受けました。

たしかに、料理やデザートは見た目は似ていても作り手によって味も食感も変わりますし、食材も季節や産地によって変わりますから、食べ物というのは、まったく同じということはなくて、一期一会なんですよね。

食べ物と全身全霊をかけて語り合うようなリエさんを拝見していて、木の丸洋菓子店のケーキの優しくて心に染み入る味わいの秘密の一旦を垣間見たような気がしました。

ランチの後、銀座界隈をぶらり。
ブランドショップが立ち並ぶ中、ふたりとも、そういうお店は素通り(笑い)
お菓子屋が並んだショーケースを見て歩きました〜

そして、その後は、なんとなんと、リエさんのプライベートレッスンを受講させていただきました!!
もう目からウロコが落ちまくり、感動、感激のレッスンでした〜

さらに、光栄なことに、私もリエさんに米粉食パンのレッスンをさせていただきました。

とってもとっても楽しく学びの多い日でしたので、また改めてご報告しますね。

日本各地にお会いした方がたくさんいらっしゃいます。
きっといつか、お目にかかれますように!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡












































テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  いろいろ  |  コメント(2)

2017.06.10 (Sat)

お弁当向きの米粉食パン

今日は暑いですね。
みなさんのお住まいの地域では、雨の日が増えていますか?

私が住んでいる関東地方も梅雨入りしたということですが、雨が降っても割と早くやむので、まだ本格的な梅雨という感じはしません。

雨が降らないと農作物の育ち方や水不足が心配ですし、かといって、大雨になってしまうと水害が心配ですし、今年は適度に梅雨らしい雨が降ってくれるといいなぁ、と思っています。

さて、6月のレッスンのお知らせです。

気温が急にあがってくると朝、あまり食欲がないことがあり、我が家では米粉パンが大活躍です。
サンドイッチにしてもおいしいですし、おかずといっしょに食べてもいいですし、トーストすると香ばしさとカリッとした感じがくわわり、また違った味わいが楽しいですよ。

そんなわけで、今月は一斤型で焼く大きめ食パンと、パウンド型で焼く小さな食パンのレッスンを行います。

「どっちのレッスンを受けたらいいの?」とよくご質問を受けますので、ここで両方のパンの特長を。

=一斤型食パン=
<嬉しい点>
・焼いた当日だけでなく、翌日もふんわりやわらか。
・糖分・油脂がかなり控えめ。
・サイズが手頃なので、サンドイッチにしてもちょうどいいサイズ。
<残念な点>
・フタ付きの一斤型が必要。
・サイズが大きめなので、焼き上がってから冷めて切れるようになるまで時間がかかる。

=パウンド型ミニ食パン=
<嬉しい点>
・ポリ袋でパン生地を作るので、ボウルや泡立てが不要。
・ふわふわに焼き上がり、湯気が上がる状態でパカッと割って焼きたての味を堪能できる。
・焼き上がってから冷ます時間が必要ない。
<残念な点>
・焼き上がった当日に食べないとぱさつくので、トーストしなくてはならない。
・糖分と油脂分を控えめにした一斤型食パンと比較すると、糖分・油脂分が多め。

どちらも味と食感としてはとってもおいしいので、「嬉しい点」「残念な点」を参考にして、お好みのほうを選んで受講していただければと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一斤型を使った食パン講座
(小麦・卵・乳・大豆・グルテン・増粘剤・ナッツ不使用)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ふんわり一斤パン(ブログ)
ポークビーンズ(ブログ)

今回のレッスンでお伝えするレシピの一斤型を使って焼く米粉食パンは、とても使い勝手のいいパンです。
一斤型の食パンは翌日でもふんわりやわらか。
お弁当のために前日にパンを焼いておきたいという方におすすめです。

また、糖分と油脂分をかなり控えめにしていますので、小さなお子さんが食べるのにもいいかな、と思います。
使うのは有機砂糖とエクストラヴァージン・オリーブオイルです。

さて、米粉食パンのやわらかさがどのくらいかというと……

焼き上げてから冷ました食パンを曲げてみました(ドキドキ)。
私の手が大きいため、パウンド型のパンのように小さく見えますが、一斤型のサイズのパンです(苦笑)

170609_1210~01

パンをおさえている指をはずすと、もとに戻りました〜
ホッとしました(笑い)

170609_1210~02[1]

パンを折り曲げてしまうとさすがに切れて真っ二つになってしまいますが、ある程度のところまでは曲がるので、それなりに柔軟さはあります。

一斤型は焼き上がってからすぐに切ろうと思うとナイフの刃について切れないので、レッスンで焼いていただいた一斤はまるごとお持ち帰りで、試食は私が焼いたパンを召し上がっていただきます。

ポークビーンズに使うのはひよこ豆です。
パンの発酵を待っている間、缶詰を使った手軽なレシピになっています。
たくさん作って、半分はポークビーンズにして、残った分はカレーにするなどすると、ムシムシする季節に頑張って台所にずっといなくても、おいしく味のバリエーションがつけられます。

ちなみに、家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピにも一斤型で焼く食パンのレシピが掲載されていますが、それとはまったく違ったレシピになります。

2017年6月15日(木曜日) 10:30〜12:30 
2017年6月16日(金曜日) 13:00〜15:00
2017年6月19日(月曜日) 11:30〜13:30 
2017年6月21日(水曜日) 10:30〜12:30
2017年6月22日(木曜日) 12:00〜14:00
2017年6月27日(火曜日) 10:30〜12:30
*所要時間2時間程度。作業の進み具合によって、多少、前後することがあります。 

<参加費>
おひとり 6000円
*お子様連れでのご参加も大歓迎です。

<持ち物>
エプロン、お持ち帰り用の袋や容器、筆記用具

<会場>
JR山手線・京浜東北線「田町駅」または、都営三田線・浅草線「三田駅」から徒歩10分ほどの場所になります。
お申し込みが確定いたしましたら、詳しい場所をお知らせいたします。

<お願い>
会場はアレルギー専用キッチンではありませんので、調理器具や食器に小麦・グルテン・卵・乳・大豆・ナッツ・甲殻類などのアレルゲンの付着があります。
食材はアレルゲンを含まないものを準備いたしますが、製造や流通過程でのアレルゲンのコンタミネーション(微量混入)の可能性もあります。
参加をご検討くださる際には、コンタミネーションがあるという点も含めてご確認をお願いいたします。

<問い合わせ・申込先>
komekomekitchen@gmail.com

お申し込みに際しては、ご希望のレッスン名と日時、お名前、ご連絡先(メールアドレス & 日中ご連絡がつくお電話番号)・参加人数・アレルゲン(あれば)をお知らせください。
日によって開催時間帯が変わりますので、再度、ご確認ののち、お申し込みをお願いいたします。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
パウンド型でふんわりミニ食パン講座
(小麦・卵・乳・大豆・グルテン・増粘剤・ナッツ不使用)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ポリ袋で作る米粉食パン(ブログ)むね肉の包み焼き(ブログ)乳不使用チョコトリュフ(ブログ)

ポリ袋を使ってパンの生地を作るので、ボウルや泡立て器は不要。
製菓用米粉を使い、パウンド型で焼き上げる小型のパンなので、フタ付きのパン型がなくても大丈夫です。
甜菜糖と一番搾り菜種油を使います。

主菜は、ハニーマスタードチキンのカルトッチョ(紙包み焼き)、サイドディッシュはメープル風味のコールスロー。
パンと一緒に焼き上げるので、時間も手間も短縮できるお手軽料理です。

デザートは乳製品を使わない小豆のベジトリュフ。
「簡単なのに、洋風の味!」「食べる罪悪感がまったくない」と好評です(笑)

個別のメニューの詳細はこちらの記事に書いてありますのでご覧になってください。

<日程>
2017年6月23日(金曜日) 10:00〜12:30
2017年6月26日(月曜日) 11:00〜13:30
2017年6月28日(水曜日) 10:30〜13:30
2017年6月30日(金曜日) 13:00〜15:30
*所要時間2時間半程度。作業の進み具合によって、多少、前後することがあります。 

<参加費>
おひとり 6000円
*お子様連れでのご参加も大歓迎です。

<持ち物>
エプロン、お持ち帰り用の袋や容器、筆記用具

<会場>
JR山手線・京浜東北線「田町駅」または、都営三田線・浅草線「三田駅」から徒歩10分ほどの場所になります。
お申し込みが確定いたしましたら、詳しい場所をお知らせいたします。

<お願い>
会場はアレルギー専用キッチンではありませんので、調理器具や食器に小麦・グルテン・卵・乳・大豆・ナッツ・甲殻類などのアレルゲンの付着があります。
食材はアレルゲンを含まないものを準備いたしますが、製造や流通過程でのアレルゲンのコンタミネーション(微量混入)の可能性もあります。
参加をご検討くださる際には、コンタミネーションがあるという点も含めてご確認をお願いいたします。

<問い合わせ・申込先>
komekomekitchen@gmail.com

お申し込みに際しては、ご希望のレッスン名と日時、お名前、ご連絡先(メールアドレス & 日中ご連絡がつくお電話番号)・参加人数・アレルゲン(あれば)をお知らせください。
日によって開催時間帯が変わりますので、再度、ご確認ののち、お申し込みをお願いいたします。



160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡







































テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  お料理教室  |  コメント(0)

2017.06.08 (Thu)

ムスメのウソ

昨夜のごはんの時のことです。
ムスメが「おなかいたい。もう、おみそしる たべられない」と言い出しました。

我が家のルールは、ごはんは残さない。
多すぎる時には、残すのではなく、食べはじめる前に減らしてもらう。
おかわりは自由だけど、自分でとった分はちゃんと食べ切る。
もし、ごはんを残したらデザートはおあずけ。

ムスメは味噌汁を残しているにもかかわらず、「おみそしる のこしたら デザート ないの? きょうのデザート なに?」と聞いてくるので、好きなものばかりおかわりして食べてお腹がいっぱいになり、味噌汁が飲みたくないのだ、と見当がつきました。

いつもだったら、食べられなくなってしまった時には、「おなかいっぱいになっちゃった」とムスメが言って、私が「じゃあ、もう一口食べて、残りはおかあが食べるから。でも、次はちゃんと残さずに食べるんだよ」みたいな流れになるのですが、今回は「おなか、いたい」。

なんで本当のことを言って、どれだけ食べてごちそうさまにすればいいかを相談しないで、「お腹が痛い」なんてウソをついているんだろう?

そういえば、このところ、ムスメのお腹の調子があまり良くなかったなぁ。
「おなか、いたい」と言ってしばらくすると、やわらかいウンチが出る、というのが続いていたのです。
なので、私はお腹が痛い時にはムリをさせず、そばで絵本を読んだりして体調が落ち着くのを待つ、という感じでした。

そんなこともあり、ムスメにしてみれば、「おなか、いたい」と言えば、私が優しくしてくれて、何でも許してもらえるような気がしたのかもしれません。

まだ4歳ですし。
バブバブ言っていた時からの人生経験なんて、まだ2〜3年のもの(笑い)
まだまだ、何が良くて、何が悪いか、なんて、理解できませんよね。

それはわかっているんです。
今回の「お腹が痛くて味噌汁が飲めない」というのも、ムスメは軽い気持ちで言ったことだということはわかるのですが、でも、食物アレルギーがある子には、軽い気持ちで言ってはいけないことがあることを、ちゃんと教えなくてはいけないと思い、スルーできませんでした。

食物アレルギーがある子が「おなかが痛い」と言ったら、まわりにいる人たちは緊急事態だと思って心配しますよね。
もしかしたら病院に連れて行く準備をするかもしれません。
本人の軽い気持ちの一言が、まわりの人たちに多大な迷惑をかけてしまいます。

たとえば、コップを割っちゃって「わってない」というウソをついても、コップは割れているかどうかを誰でも目で見て確認できます。
けれども、お腹の痛みは本人にしかわからず、本人の自己申告によって確認できるものなので、客観的に判断がつかないので、基本的に本人の言葉を信じますよね。

ムスメは「おみそしる、のこして、ごめんなしゃい」と言いながら号泣していたので、「味噌汁を残したこと、それだけではなく、味噌汁を残す理由に『お腹が痛い』とウソをついたことに対して、おかあはとても怒っている」と何度も説明したのですが、とにかく泣き止まず。

それを見ていたムスコが、私のそばに来て、「みーやんのお味噌汁、おいしそうだなぁ。ボク、もらって飲んでいい?」
目の前にある味噌汁がなくなれば、妹がこんなに叱られないで済むかもしれない、と思ったんでしょうね。
ムスコの妹思いの心がとても嬉しかったので、ふつうの時だったら褒めちぎるところですが、昨夜は心を鬼にして……。

「今日はダメ。食物アレルギーの子が食事中に『お腹が痛い』と言ったら、大変なことになることを、ちゃんと理解させないといけないから」と説明すると、ムスコは「うん、そうだよね。アレルギーの時、お腹痛くなったりするもんね」と言いながら、今度はムスメのそばに寄り添うようにしながら本を読みはじめました。

ムスメはしばらく大声で泣き続けていましたが、「おかあが言ったことがわかったんなら、もう泣き止んで」と繰り返すと、やっと泣き止み、今度は私の顔を見て、ムスメが「おかあ、こんどは、ほんとに、おなか、いたい」。

ムスメはムスコのそばで本棚の本を入れたり出したりしていたので、私のほうでも本当に痛いのかどうなのか判別がつかず。
無言のままでじーっとムスメの顔を見ていたら、ムスメもじーっと見返してきたので、今度はどうやらウンチが出たくてお腹が痛いらしい。
やましいことがあると目が泳ぐもんね(笑い)

すっきり、さっぱりした後、またムスメと話しをしました。

ムスメに「さっき、『お腹が痛い』ってウソをついたから、おかあは、今度もまた『お腹が痛い』っていうのはウソなのかな? って思っちゃったよ。本当に痛い時しか、痛いなんて言っちゃいけない。アレルギーがある子が『どうせ、あの子はウソをつくから、今度もまたお腹痛いなんて、ウソじゃないのかな?』なんて思われたら、大変なことになっちゃうんだよ。だれもみーやんの言葉を信じてくれなくなるよ。信じてもらえないっていうことは、苦しくても助けてもらえない、っていうことなんだよ」と説明すると、4歳なりに理解したようで、「ごめんなしゃい。もう、ぜったいに、おなかいたくないとき、おなかいたい、っていわない」と約束してくれました。
わかってくれて、良かった。

一方、ムスコは我慢しすぎる傾向があって、「具合が悪くて動けなくなる前に、もっと早く言いなさい!(涙)」みたいなことが多々ありました。
食物アレルギーのある兄妹でも、メンタリティはずいぶん違うものなんだと感じます。

ムスコが成長する過程で伝えてきた食物アレルギーに関することを、ムスメにもそのまま伝えてきましたが、性格が違うから、その子の考え方や行動に合わせて別な視点からも教えていかなくてはならないものなんですね。

食物アレルギーとともに歩む生活に慣れてきたつもりでいましたが、まだまだ、でした。
日々是勉強、ですね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡






























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(2)

2017.06.04 (Sun)

雨の日の楽しみ

暑くなったり、涼しくなったり、かんかん照りになったり、雨がザーザー降ったり、気候の変動が激しくて体がついていきません(涙)
もともと低気圧がきたり、気圧の変動があると体調が不安定になったりしますよねぇ。

なんとなくお腹の調子が悪くて、風邪をひいているわけでもないのにピーピーしちゃうムスメ。
朝、だるくて、食欲がなく、動けないムスコ。

大きく体調を崩すわけではないけれど、なんとなーく体調がすっきり、さっぱりしない子どもたちです。

これが「アレっ子あるある!」なのかわかりませんが、うちの子どもたちの場合、雨の日はとにかく眠いらしく、起こさない限り、いつまででも寝ています。
パソコンのスリープモードみたい(笑い)

気圧の関係なのか、湿度が高いと空気中に適度な水分があって肌も痒くならないし、喉もむずむずしないからなのか、そのあたりはわからないのですが、子どもたちは天気がいい日よりも静かに過ごす傾向があります。

中国の薬膳は季節の変化と人の体の変化は大きく関係していると考え、一年中同じものを食べるのではなく、季節に合わせて食材や食べ方を変えていきます。
考えてみれば、人間は自然の一部なんだから、季節の変化のように、人の体の中が変わっていくというのも当然といえば、当然のことですよね〜

雨が降ると外出するのが面倒になるし、洗濯物が乾かなくて困っちゃうのですが、雨の日の楽しみがあったらいいな、と思い、化学実験好きなムスコと一緒に選んで晴雨予報グラスを買ってきました。

170604_0847~01

晴れる前と雨の前では水位が変わるので天気が予測できるということなのですが、嵐の時には先っちょから水が噴き出すこともあるとか!!!!!
見てみたい!!!

気象庁の情報によると、関東地方が梅雨入りするのももうそろそろと思われますので、晴雨予報グラスがどんなふうに変化するのか楽しみです。

そうそう、湿度が高くてムシムシしやすい梅雨の時期は、はと麦茶を常備しておいて飲むといいですよ〜
はと麦は体の中にこもった熱を発散してくれるし、肌にもいいですし。

ちなみに、はと麦はイネ科の植物です。
イネ科とはいえ、アレっ子は食材が体に合うか合わないかを確認しないと心配ですので、はじめて飲む方は、主治医にご相談の上、必ず少量で試してみてから、徐々に量を増やしてくださいね!

うちでは朝、やかんではと麦茶を煮出してポットに入れておいているのですが、子どもたちが喉が渇いた時、自分で勝手に飲んでいます。
自分から積極的に飲むのですから、たぶん、うちの子どもたちの体には合っているんでしょうね。

あとは水や三年番茶もよく飲んでいるのですが、よほどのことがなければ、冷蔵庫で冷やしたり、氷を入れたものは家では飲ませていません。
キンキンに冷えたものは喉越しが良くておいしく感じますが、飲んだ後に一気に胃腸が冷えて免疫力が下がってしまうので、冷まして常温になったものを飲むくらいでちょうどいいみたいです。

暑くても、涼しくても、ムシムシしていても、じめじめしていても、お互いに元気で楽しく過ごしたいですね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

2017.05.28 (Sun)

涙もろくなりました

ムスコの運動会がありました。

我が家は、ムスコが高学年になったこともあり、前学年よりも競技数が多く、難しくなるため、運動会前の練習でヘトヘト。

しかも、「クラスで応援団に入る人が1人しかいなくて、他に誰もやるって言わなかったから、ボク、やることにした」宣言。
人の注目を浴びるのが大嫌いなのに、応援団だなんて、びっくり〜〜〜

いつも人のことを傍観しているだけのムスコが、やっとやる気になったのかーーーー!?
そうなる日を待ってたよ〜〜〜
男の子らしく、熱くなろうよ!!

親としてはちょっと嬉しいような気がしましたが、朝寝坊&体力のないムスコが応援団の練習もすることになったため、不安な気持ちもムクムク。
他の子に迷惑かけちゃいけないもんね。

そんなわけで、無理矢理起こして居間に連れてくるのですが、眠すぎて動けず(汗)
なんとかかんとか朝ごはんを食べさせて、大急ぎで学校に送り出す日々。

困ったことに、ムスコは朝と昼間はものすごく眠そうなのに、夜になると「眠れない。眠くならない」とうるさい、うるさい。。
布団に入ってからあれこれ、それこれしゃべり出すので、ムスメもつられてはしゃぎ出して眠れず。

毎晩、「早く寝なさい! また明日の朝も起きられないよ!」と叱りまくり、ムスコは「はーい」とぶっきらぼうに言うだけですが、ムスメは「はい、ごめんなしゃい」と泣きながら謝る、という切ない感じでした(涙)

運動会の前日も、「眠れない。眠れない」。
そのうち、「明日の準備、しておこうかな」なんて、言い出す始末。
そんなことはいいから、早く寝なさーーーーーーーい!!!

たぶん、緊張もあってのことなんでしょうけれどもねぇ。
私と同じでビビリなもので(苦笑)

さて、運動会当日の朝は曇り空。

よ〜し、運動会は開催されるゾ。
ムスコが頑張ってくれるといいな、と思う気持ちはありつつも、ムスコの遅寝早起きのぐだぐだの日々からも解放されるわぁ、なんて思っちゃいました(笑い)

朝、ムスコは自分で6時半に起きてきて、晴れやかな顔で起きてきて、朝ごはんをちゃんと食べ、運動会に行きました。
出かける前には「忘れ物、ないかな? 紅白帽、入ってかな? ええと、あれは……」みたいなことをやっていましたが、大丈夫だったみたい。

バタバタとお弁当を作り(←おにぎりとおかずを数種類と蒸しパン)、ムスメと一緒に応援に。
夫は写真係なので、先に行っていることになっていました。

いざ、運動会がスタートすると……。

うるうるうるうる。
ムスコの種目じゃないのに、子どたちが一生懸命走っている姿を見てはうるうる、真剣な顔でみんなの心を合わせてダンスをしている姿を見てはうるうる……。

子どもたちが頑張っている姿を見るだけで、胸がいっぱいになって、目頭が熱くなってきちゃいます。
あまりにうるうるしすぎて、となりにいるムスメに「おかあ、どうしたの? め、かゆい?」なんて心配されちゃうほど(汗)

ムスコの競技になったら、もう、子どもたちが並ぶ姿を見ているだけで、ダメでしたぁ〜
終わった時には拍手喝采!!!
さすがにムスメの目の前で泣くわけにもいかないので、涙をこらえていたら、鼻をすんすんすすりあげることになり、今度は「おかあ、くしゃみ、でそうなの? かぜかなぁ?」なんて言われちゃいました(苦笑)

ムスコの頑張りと、「やり切った」というすがすがしい顔が嬉しくて、夜はお祝い。
本人も嬉しかったようで、「来年は応援団にしようかな、それとも、小学校最後だから、他のをやろうかな」と、立候補して決まる役割にあれこれ思いを馳せていました。

そうか……来年は6年生……その次は中学生かぁ……。
いろいろあるアレルゲンの負荷、本格的にしなきゃならないなぁ。

中学校でどの程度、除去食提供してもらえるかなぁ(←もう卵や牛乳の解除なんて諦めてるけど。苦笑)

ついこの間、入学したばかりだと思っていたのに、もう中学校がすぐ目の前。
頑張んなきゃ〜
本人はもちろんだけど、私も肩の荷がどっさり、です(汗)

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡


























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(2)

2017.05.19 (Fri)

主食もおかずも里芋の親芋!

前にここでこのブログでご紹介したことがありますが、夢農家の生産者の方々の野菜は、とってもおいしいんです!!

前回、野菜セットに入ってきた里芋があまりにおいしかったので、夢農家ホームページで探してみたら、里芋の親芋があったので、喜び勇んで「ポチッ!」。

「ちょうど、お米を買わないといけないなぁ」と思っていたところだったので、岐阜県産減農薬ハツシモというお米の玄米も「ポチッ」

両方一緒に、ドーンと届きました!
おいしいものが届いて、ものすごく幸せです〜

170517_1203~01

箱に入っているのでわかりにくいですが、親芋1個は大きいものだと新生児の頭くらいの大きさです。
立派なサイズなので、「もしかしたら、ちょっと固いのかな?」と思いましたが、煮えたら、前回食べた里芋と同じようにクリーミーで、すばらしくおいしい!!

ムスメは前の時の里芋もパクパクパクパクと、あれあれ、まあまあ、というくらい食べたのですが、今回も食べるわ、食べる。
親芋の煮物がおかずで主食でした(←ほかのものは一切、食べなかった。笑い)
子どもはおいしいものは、ちゃーんとわかるんですね!

玄米ですが、商品説明に詳しく書いてありますが、「減農薬」と書いてありますが、種の時に消毒してあるだけで、育てる時には無農薬だそうです。
私はこの生産者さんが、「減農薬」と表示して販売していらっしゃることに、農業にかける志の高さを感じ、感服しました。

減農薬ハツシモは、田んぼの草むしりをし、地下水をくみ上げて、愛情をこめて大切に育てているお米。
有機認証をとっている農作物と遜色ないくらい安全なお米で、間違いなくおいしいに違いない!、と、私は説明を読んで感じました。

ちょっと話はそれますが、今回、玄米を購入して、「無農薬栽培」と書かれているお米を見かけますが、消毒した種をつかって、その後は農薬を使わずに育てている、ということもあるのかもしれないなぁ、と、はじめて気づきました。

これまで私、「無農薬栽培」と書いてあるのは、有機認証を取るのにお金がかかって大変だから、という理由なのだと思っていました。
でも、もしかしたら、それだけではないのかもしれないですね……。

種のこと、育て方のこと、そうしたことは生産者の方が教えてくださらないとわからないことですから、やはり信頼できる生産者の方のものを選びたいな、と思います。

私がこれまでに食べた夢農家の生産者の方の食べ物は、どれも鮮度がよくて、感動するほどおいしい!!

おいしいものを食べられるのはもちろんのこと、一生懸命に手をかけて自然に負担をかけないようにして育ててらっしゃる生産者の方に直接、お金というかたちで「おいしいですよ、手間と時間と愛情をかけた自然も恵みをわけてくださって、ありがとうございます!」とお伝えできるのが嬉しいです。

取り寄せした荷物が届いた時、子どもたちと一緒に箱を開けています。
そのためか、料理して夕食に出すと、「これ、今日、届いたやつ? おいしいね!」とニコニコし、私が「おいしいと言ってもりもり食べていたことを生産者の方に伝えるね」と言うと、「うんっ!!」と大きくうなづきます。

なかなか、子どもたちに、食べ物が食卓に乗るまでの間にどのようなことがあるのか、食べ物を育む自然への感謝と、作ってくださっている方への感謝の気持ちを育むのは難しいと感じていたのですが、こうして作ってくださった方と直接やり取りしているのを見せていると、食べ物のことを今までよりもさらに大切なものだと感じるようになったことも、我が家の大きな収穫です。

しかも、ムスコが急に、「夕ご飯、ボクが作る。いいでしょう?」と言い出して、家庭科の教科書を引っ張り出してきたのには驚きました!

食べ物に関心を持つことは、畑や田んぼに育つ作物の命に意識を向けることであり、作物の命をいただいて私たちが生きているということに繋がると思いますので、ムスコにもムスメにももっと食材に触れ、調理してもらおうと思います。

子どもたちのそばで、私は「あ、あぶない!」「それじゃ、ダメじゃない!」「もう、おかあがやるから、あっち行って待ってて」などなど……と言わないように、イライラしないようにする我慢の訓練もしたいと思います(笑い)

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡
























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  セルフケア  |  コメント(0)

2017.05.17 (Wed)

おにぎりと温泉と

だいぶ更新をおこたってしまいました。
すみません。

ケータイのデータを全消去しちゃった日はかなり凹んでいたのですが、翌日になると、「凹んでいるから」という言い訳をしながら、行きたいと思っていても行っていなかったカフェに行ったり、買おうかどうしようかと迷っていて買っていなかったものを買ったり……。
そんなことをしているうちに、ショックはやわらぎました。
というか、かーなーり楽しくなってきました!(笑い)

ショック期間中(笑い)に、ムスメとおでかけの計画。
もう想像がついている方もいらっしゃるかもしれませんが、ハイ、もちろん温泉です。

温泉といってもわざわざ伊豆や箱根に日帰りで行くわけにもいかず、電車でちょっと行けば入れる初めて行く天然温泉の銭湯になりました。

「お昼ごはんには何が食べたい?」と聞いたら、ムスメは「おそとごはんにする! そのあと、おんせん!」と即答。
お弁当持参で出かけようかと思っていたのですが、外食することになったので、気になっていたけれど食べたことがなかったお店へ。

お店の名前は「にぎりめし」。
JR「田町駅」/都営浅草線・三田線「三田駅」からすぐです。

座席がカウンターに4席しかないお店なので、小さな子ども連れで迷惑にならないかとドキドキ。
お店の方に「子どもがいてもいいですか?」と聞いたら、「まったく問題ないですよ」と言っていただき、ホッ。

カウンターには手作りのおそうざいが並んでいるので目移りしながらオーダーし、新潟産のつやつやお米をにぎった、おにぎりもと一緒にムスメとふたりでお腹いっぱい食べました〜

170513_1313~02
170513_1317~01

このお店はもともと北海道にあるおにぎり屋さんの支店なのだそうです。
お惣菜の味もいいし、おにぎりもおいしいし、ムスメがびっくりするほど食べました。

しかも、にぎりめしや、ありがたいことに24時間営業です!!!
おにぎり屋さんなのに24時間営業なんて、初めて聞きました。

子どもたちと外出する時のお昼ごはんに何でも食べられるわけではないので、いつでも思いついた時に行けるおにぎり屋さんがあるなんて、ありがたすぎる〜
しかも、お惣菜もあるし!

みなさん、ガックリしてため息をついたことはないですか?
インターネットで探しまくり、「大丈夫そう。これなら食べられそう!」と思ってせっかく行ったお店なのに、「本日定休日」「お昼の営業時間は終わりました」「夜の営業時間は○○時からです」の表示に。

私、「ガーン!」となったことが一度や二度じゃないです(涙)
さんざん探して行ったのに営業時間終了だなんて、道に迷っていた私が悪いのね、みたいな。

みなさんも、「困ったら、田町の駅の近所に24時間営業のおにぎり屋さんがある」とインプットしておいてくださると、何かの時にお役に立つかもしれませんよ〜

あと行ったのはですね、品川区にある天然温泉宮城湯です。

170513_1431~01
170513_1529~01

品川区や大田区には結構、温泉が出ている銭湯が結構、あるんですよ。
他にも何か所か行ったことがあるのですが、私が行った中では、宮城湯が一番きれいでした。

驚いた点というか、他の銭湯では見たことがなかったのですが、小学生くらいの女の子たちが2人連れて、何組も来ていました。
たぶん、ご近所の親御さんたちからも安心して行かせられる銭湯として信頼されているんでしょうね。

宮城湯は、大人と一緒に来る未就学児は2人まで無料なので、私が払ったのは大人1人分だけ。
宮城湯に行く前に、お台場にあるアミューズメント施設的な温泉の料金などを見ていたので、「お昼ごはんを食べて、銭湯の入湯料を払ってもまだおつりがくるわぁ」と、ちょっと得した気分になったのでした(笑い)

私とムスメが行った日には、宮城湯の3階にある露天風呂が女湯になっていましたが、週代わりで男湯になったり女湯になったりするので、もし行ってみようと思った方がいらっしゃいましたら、必ず、ホームページのお知らせを確認してくださいね。

遠出をするのも楽しいですが、近場であれこれやるのも楽しいですね!
いつもと違うことをすると、嬉しい発見がありますよね〜

追伸:
引き続き、ご連絡をとらせていただいていた方々からのメールアドレスを教えていただきたく、お待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





















テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコが食べられる市販品/レストラン  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT