好きなの、選んでいいよ!

週末、ムスメと「小さな旅」に出かけてきました。

温泉付きの宿に泊まるのがムスメのリクエストではあったのですが、それともうひとつ、私にはやりたいことがありまして。
それは、上野にある和菓子屋さん、うさぎやに行って、ムスメにお菓子を選ばせてあげることだったのですよ〜

うさぎやに行った日は、上野公園の彼岸桜の花びらが冷たい風と雨で濡れそぼって可哀想なほどで、なんと気温もは6度!
前日は17度だったので、ムスメも私も薄着でたいした荷造りもせずに泊まりに行ってしまったのですが、あまりの寒さにありったけの服を着込み、下着を着込み、傘を買い、やっとこさ、外を歩きました(涙)

ホテルからうさぎやまでは徒歩15分くらいの距離なのですが、子ども連れの上、傘をさして歩くと、時間がかかりますね。
「さむい、さむい」というムスメを「あと、もう少しで着くよ。おいしいお菓子があるよ」と励ましつつ、歩かせました。
冗談じゃなく、不忍池のあたりで、ムスメとふたりで遭難するかと思うほどの寒さでしたよ(苦笑)

ムスメは「もうあるけない。さむい」と半べそをかきながら歩いていたのですが、「あった! 和菓子屋さんだよ!」と指差すと、目がキラリン!
ムスメはお店に入った途端、ショーケースにはりつき、「えーっと、これと、これと、あれと、それと……こっちも!」。

お店の方に、ムスメには卵アレルギ―があるため、卵入りのものははずして、ムスメが指差したものをすべて1個ずつください、とお願いすると、いやな顔もせず、ニコニコと対応してくださり、とても嬉しくなりました。

ムスメが選んだのはお店に並んでいるお菓子、ほぼ全部(苦笑)
でも、そこから卵入りのものを抜いて、羊羹など日持ちがしていつでも買いに来れるものは次回に譲って、今回は季節感があり、午前中で売り切れてしまうお菓子を中心に買いました。

170326_1448~01

左上から時計回りに、「うぐいす餅」「上生菓子(若草という名前だったかと思うけど,違うかも)」「上生菓子(菜の花)」「喜作最中」「うさぎまんじゅう」「さくら餅」。
<ご注意:上の画像のお菓子には卵・乳製品は入っていませんが、さくら餅の生地には小麦粉が入っています。食物アレルギーがある場合には、必ず、原材料を確認してください。>

うさぎまんじゅうは大人気で売り切れちゃうことも。
これが買いたくて午前中にお店に行きたかったんですよ〜

うさぎやはどらやきの超有名店。
もちろん、うさぎやで一番人気があるのはどらやき(←私がこっそり食べるために買いました。笑い)
原材料は、砂糖・小麦粉・全卵・ハチミツ・水飴・膨張剤。

170327_1340~03

どらやきの賞味期限は2日間ですが、どらやきも生菓子と一緒。
作り立てを包んで売っているので、絶対に、絶対に、ぜーーーーったいに買った当日に食べるほうが格段に美味!!
買ってすぐにお店の中で、「ちょっと失礼します」と言ってかぶりついたら、それがきっと一番おいしいと思う!
次に行った時には、恥ずかしがらずにお店の中で一口、かじらせてもらおうと真剣に思っています。

ムスメは自分で選んで買ってきた和菓子を、もう食べたくて、食べたくて、食べたくて大騒ぎ。
お昼ごはんを食べたばかりだというのに、家に着いた途端、「おちゃかい、する! おやつ、たべる!」といいながら、うさぎやの包みをバリバリ、ベリベリとはずしてしまいました。
もうちょっと、楽しみながら、ゆっくりあけたかったのに……。

でも、まあ、ムスメが自分で選んで、ムスメのために買ったお菓子だし、ムスメが大歓びしてくれたんだから、目的は達成できました。
やれやれ。

ご存じの方が多いかもしれませんが、「うさぎや」というお店は、上野、日本橋、阿佐ヶ谷にあります。
チェーン店ではなく、親子で別々のお店を開いていらっしゃいます。
どの「うさびや」も、趣向を凝らしたどらやきが看板娘ならぬ「看板お菓子」になっていて、食べ比べると味わいが違い、じわじわじわ〜〜〜〜っと幸せな気持ちがわきあがってきます。

私はたまたま、昔、勤めていた会社が日本橋のうさぎやの近所、その頃に住んでいたのが阿佐ヶ谷のうさぎやの近所だったので足を運んでいましたが、上野のうさぎやだけが今回初めてでした。

どの「うさぎや」も品揃えがちょっとずつ違います。
同じ名称のお菓子があっても、形も味もお店ごとに少しずつ異なっているので、見て比べ、食べ比べるのもまた楽しいんですよ〜
阿佐ヶ谷の「うさぎや」は住宅地の中にあるからか、お団子も売っています。

「ムスメの誕生日だから」と言いつつも、自分もワクワクしながら上野の「うさぎや」に行き、とても楽しい日でした。

どらやきはアレっ子の子どもたちにとってはハードルの高いお菓子で、いつになったら食べられるかわかりませんが、いつか子どもたちと一緒に「うさぎや」のはしごをして、どらやきの食べ比べができたらいいなぁ。

ムスメとの「小さな旅」のほかの話は、また後で書きますね。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

















スポンサーサイト

theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

バースディ温泉

今日はムスメとふたりで旅に出かけます。

どこかといえば、上野の温泉のあるホテルに一泊。
近すぎて、旅と言えるのかどうか(笑い)

温泉が好きなムスメに「お泊まりしたい」と言われて探した宿。
箱根も伊豆もダメで、東京から電車を含めた移動時間が2時間程度で行ける東北・関東・甲信越あたりの宿は軒並みアウト。
やっと見つかったのは、上野に昔からある鴎外荘という森鷗外ゆかりの温泉付きホテルでした。

アレっ子ママの友人から、移動距離も短いし、食べるところも遊ぶところも検討がつきやすいし、小さな子と一緒のおでかけならナイスな選択じゃないかと思うよ、と言って共感してもらって、やっと自分の選択が良かったんだと安心できました。

そういえば、ムスコの初めての旅は3歳の時。
我が家から割と近距離にある湘南のホテルだったなぁ。
何かあっても主治医のところに行けるし、土地勘がある場所がいいと思って選んだんだっけ。
アレっ子の旅は、楽しさよりもまず、安心して過ごせるかどうかを優先するようになりがちですよね〜

さてさて、鴎外荘では、アレルギー対応はできないといわれているので、フロントの方に許可を得て、ふりかけや海苔など、ごはんを食べやすくするための「小物」を持ち込ませていただくことになりました。

実はね、ちょっと期待しつつアレルギ―対応のお問い合わせをしたのですよ。
朝ごはんには卵焼きが乗って出てくるそうなんですが、「卵焼きは取り除いてお出しすることはできます」と言うのかと思いきや、「お客様のほうで卵焼きも取り除いて召し上がらないようにしてください」と言われました、ハハハ。
宿では一切、食物アレルギーには感知せず、すべて「自己責任」ってことなんでしょうね。

テキトーなアレルギー対応されるよりも、ある意味、きっぱり、はっきりしていて、私は納得しやすかったです(笑い)

前に書きましたが、「卵、ちゃんとお子さんのお料理から抜きましたよ!」っていいながら、「ふりかけ、どうぞ」ってのりたまを子どもに笑顔で渡してくれた宿もありましたから〜

話を戻しますが、宿泊する決めてとなったのは、週末コンサート
ホテル内のお食事どころで週末はクラシックの生演奏を聴くことができるらしい。
ランチタイムとディナータイムに違った楽器の演奏が聴けるって、なかなかないですよね〜

ムスメは音楽も大好き。
温泉・お泊まり・音楽の三拍子揃ったホテルなので、ごはんのアレルギー対応をしてもらえなくても,食いしん坊ムスメもきっと機嫌良く過ごしてくれるハズ。
しかも、上野には甘味屋さんもいろいろあるし、ちょっと電車に乗ればお団子も買えるし、ホテルのごはんじゃなくても楽しみがいっぱいだよね、なーんて(笑い)

上野公園の日当りのいい場所なら、桜がほころびはじめてるかなぁ。
うえの桜まつりで屋台も出ているはずだし、出し物もあるから、ムスメを連れて見に行こうっと。
お散歩も楽しみだなぁ。

行ってきたら、どうだったかご報告しますね!

遠くに旅行に行くのはもちろん楽しいけれど、何かあったら主治医のところに駆け込める場所でお泊まりするのもいいんじゃないかなー、なんて負け惜しみみたいですけど、そう思うんですよ。

ではでは、いってきます!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




















theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

子どもたちのためのふんわりケーキ

必死にやっていた試作ですが、あれこれ、それこれ、配合を細かく変えすぎて、味見もしすぎて、どれがいいのか、さっぱりわからなくなりました(汗)

レシピを片手にケーキをずらりと並べ、悩みに悩んだ挙げ句、結局、ムスコと夫にヘルプ。
ふたりに食べてもらって、「これが一番ふんわりしてるよ!」と言われたケーキの配合にすることに。

ところがムスコと夫も、「うーん、これからなぁ」と煮え切らない。
私が「どっちなの? どっちがふんわり?」と矢継ぎ早に聞いたら、「こっちもふんわりしているし、どっちもあんまり変わんないんだけどなぁ」と言われ、喜んでいいのか、なんなのか。

ダントツ1位のふんわりケーキで子どもたちのおわかれ会にのぞみたいと思っていたのですよ、私。
でも、そういう明らかな違いがないところまで、配合に凝りすぎていたことに、ムスコと夫の反応を見て気づきました。
そういうのを、ムダな努力というか、枝葉末節にこだわる、っていうんですよね……(汗)

だってね、だってね、枝葉にこだわりたくなるのには理由があるんですよ〜
当初の予定では、おわかれ会だったんです。

でもね、ママたちが、子どもたちにはサプライズで3月生まれのムスメともうひとりの女の子のお誕生会もしてくれる、っていうんですよーーーーー(感涙)
自分たちでデコレーションしたケーキにロウソクを立てて、フーって。
どれだけ盛り上がることか!!

アレっ子母としては、ここでみんなに「ケーキ、おいしいね!」って言ってほしいですよぉ!!
だってね、「うわぁ、おめでとう! おいしそう!」と盛り上がったのはいいけれど、子どもたちみんなが一口食べて残しちゃったりしたら、ムスメもトラウマになりますよ、さすがに……。

こういうネガティブな考え方をする私も私ですね。
すみません……超びびりで……。

物事はポジティブに考えてこそ、好転していくもの!
イメージしたことが現実になる、っていうんだから、良いことだけを想像しなきゃ(←自分に言い聞かせています)

「ぜったいに大丈夫!」と自分に言い聞かせつつ、リハーサルとして、ムスコと夫に推薦してもらったレシピでケーキを焼き、アイシングでデコレーションしてみました。

170323_0959~02

私が焼いたケーキを持って行くので、子どもたちが紙コップでアイシングを作ってケーキにかけ、上に金平糖やゼリーなどを飾る予定。
工程としては難しくないので、子どもたちにもできそうです。

あとは、子どもたちに事前に見つからないようにケーキなどを持って行くにはどうしたらいいか、その方法を考えないと。

あー、怖い怖い、ドキドキする。
こんなに緊張するの、久しぶり。
子どもたちの笑顔が見られますように。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




















theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

もちもち度とふんわりさは反比例する(みたい)

ムスメのお友だちが引っ越ししたり、別な保育園に行ってしまったりするので、おわかれ会をしよう、ということになりました。

私が子どもたちの人数分、小さなシフォン型で小麦・卵・乳製品・ナッツ不使用のケーキを焼いて持って行き、子どもたちが好きなようにアイシングやシュガー、ゼリーなどで飾り付けをできるように準備をしています。

最初は、製菓用米粉100%(←でんぷんなどは加えず)に豆乳を加えて焼こうと思っていました。
だって、豆乳を使うと膨らみますからねー

でも、試作して食べているうちに、昔のトラウマが戻ってきました……。

ムスコが保育園の時、仲良しの男の子がいました。
その子も2歳くらいまでは食物アレルギーがあり、小麦や卵を避ける食生活をしていて、私が作ったクッキーやケーキをムスコと一緒に「おいしいね!」と言って食べてくれていました。

その日は、我が家で一緒にケーキを焼いて飾り付けたものをおやつの時間に食べる計画だったので、ムスコが食べられるようになったばかりの憧れの豆乳を使って生地を作りました。

ムスコと私は、「製菓用米粉+豆乳」で作るケーキは小麦・卵・乳製品に負けないおいしさだと確信していたので、お友だちがどれだけ喜んでくれるだろう、とワクワクしていたのですが……。

でも、焼き上がったケーキを1口食べて、「ボク、なんだかおなかいっぱいになっちゃった」。
そう言ってフォークを置いてしまいました。

その隣りでムスコは「おいしいね! あまいよ、おいしいよ。たべないの?」とニコニコながら聞いたら、お友だちは「うん、もういい。もちもちしていて、おなかいっぱいになったから」と。
ケーキに飾り付けるところまではとても楽しそうだったので、ケーキの食感が好きではなかったのでしょう。

ムスコのお友だちは小麦粉を食べるようになって3年間でしたが、それでも小麦粉の生み出す食感のほうがおいしく感じられるようになっていたのかなぁ、と思います。

たった3年の食の経験だけでもそうなんですから、大人になってからグルテンフリーに興味を持ち、小麦粉や小麦製品を避けた食生活をしようとしても、「小麦とは違う、もちもちした食感が苦手だなぁ」と感じる方もいらっしゃることでしょうね。

今の製菓用米粉は研究・開発が進んでいて、5〜6年前の当時の米粉とは比べ物にならないほどのクオリティの高さになっています。
それでもなお、小麦粉と同じようにお菓子に使えるか、といえば、米粉の性質は小麦粉とは違うので、完全に味と食感をコピーすることは難しいです。

小麦粉で作るお菓子には小麦粉で作るお菓子のおいしさがあり、米粉で作るものには米粉ならではのおいしさがあります。
米粉を小麦粉の代替品と考えてお菓子作りに使うと、それは小麦粉の二番煎じの味でしかなく、米粉が持つおいしさを最大限に引き出すものにはなりえない、と私は思います。

あ、こんなに熱く米粉のことを語っちゃいました。
スミマセン。

とにかく、今の課題は、米粉ケーキのもちもち感をやわらげること。
ムスメのおわかれ会の時に、その場に集まったみんなが「おなかいっぱいになっちゃった」と言ってケーキを残してしまう、ということになるのは避けたいですから。

十数種類、配合違いで焼いてみて、良さそうだったのがこの3種。
使う水分は豆乳ですが、もちもち度をなんとかおさえるべく、配合を工夫しています。

170322_1250~02

左から、製菓用米粉+コーンスターチ、製菓用米粉+ひえ粉(雑穀粉)、製菓用米粉+コーングリッツ。
高さが高いほうがふんわりしていて、低くなるとしっとり感が出てきます。

いずれも、米粉ならではのもちもち感はありますが、「こんなの、たべたことない」とびっくりするほどではなく、「ちょっともちもち感のある小麦粉のパウンドケーキみたいだな」という感じ(←かえって、わかりにくいたとえでしょうか?汗)

加える水分や糖分、油脂分なども異なるので、単純比較するわけにはいきませんが、傾向としては、コーンスターチ>ひえ粉>コーングリッツ というのはありそうです。

おわかれ会はもうすぐなので、あまり試作をしている時間がないのですが、今回はコーンスターチで攻めてみようっと(笑い)
普段は小麦粉を食べている子どもたちがぺろりと食べてくれたら、嬉しいんだけどな。
ドキドキ。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




















theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

甘酒チョコムースで締めくくり!

今日はムスコの4年生最後の給食でした。

6年生の卒業を祝って、お赤飯!
おかずもお魚や野菜でバランスがいいのですが、デザートは「カルピスゼリー」(泣)

そういえば、しばらく前の『給食だより』で、「カルピスゼリー」は子どもたちが好きなメニューのベスト3に入っていたっけ。
和食にカルピス……まあ、子どもたちが好きなんだから、いいですけど。

最後の最後くらい、「今日の給食はおかわりしていいよ!」と言ってあげたかったけど、カルピスゼリーがあるから不可。

ということで、ムスコと代替えデザートの相談をしました。
「重要なのは、味、見た目、どっち?」と聞いたら、ムスコは「見た目が白だったらどうするの? 甘酒とかココナツミルクなの?」と鋭いツッコミ。
さすが〜、だてに10年間、除去食食べてるわけじゃないのね(笑い)

私が「うん、そうだね。でも、甘酒だけ、とかココナツミルクだけ、とかいうゼリーではイマイチだから、ココア入れる? 甘酒チョコムースにする? 見た目じゃなくて、味でいい?」と言った途端、「そうする! そうする! そうする! そうする! そうする! それがいい!!!」と首がちぎれそうなほど、うなづきながら即答してくれました(爆笑)

前に100円ショップに行った時に、「何かに使えそうだなぁ」と思って買っておいたふた付きのプリンカップに入れてみました。

170322_1015~01

給食は時間が短くて食べきれないことも多いので、大好きな甘酒とココアのコンビネーションのデザートではありますが、量は少なめ。
ムスコに見せたら、「うぉぉぉぉーーーーー! これ、味見は? 味見できないの? 味見したいな〜」と変な雄叫びをあげつつ、学校へ向かいました(笑い)

明日は小学校の卒業式。
ムスコはお休みになるので、あさって1日学校に行ったら春休みに突入。

春休みが終わったら、もう5年生かぁ……早いなぁ。

入学前の給食の相談で激しく凹みましたが、その後のやりとりで、校長先生や栄養士さん、担任の先生など、たくさんの方々がムスコのアレルギ―を理解してくださり、除去食を提供してもらえるようになりました。
入学前も入学してからも不安な気持ちでいっぱいでしたが、無事に高学年になります。
長かったような、短かったような……。

あとは中学校入学が目の前なので、それに向けて、どの程度までの除去と解除が必要なのかを考え、自宅負荷なども頑張っていかなくては、と思っています。

お互いに、焦らず、凹まず、でも、ちょっとずつ、半歩でもいいから、前に進んで行きたいですね。

<材料(プリンカップ3個分)>

甘酒原液       200グラム
*私が自分で作ったものを使っています。市販の甘酒には塩や水を加えたものがありますので、米と麹だけで作られているどろりとした原液を使ってください。
水           120グラム

粉寒天        小さじ1/4

ココアパウダー   20グラム
甜菜糖        20グラム〜
*レシピの分量だとビターな味です。甘酒の甘さによっても変わりますので、お好みで甜菜糖を増やしてください。甜菜糖の量を減らしたい場合には、ココアパウダーの量も減らしてください。

<作り方>
1)小さな鍋に甘酒、水、粉寒天を入れ、木べらでよく混ぜる。
2)1の鍋を中火にかけてクツクツしてきたら、火を弱めて、絶えず木べらでかき混ぜつつ、3分ほど加熱する。
*クツクツしない状態だと寒天が溶けず、固まりにくくなります。しっかりと加熱してください。
3)2にココアパウダーと甜菜糖を加え、ハンディミキサーでよく撹拌する。ここで味見をしてココアや甜菜糖の量を調整するとよい。4)なめらかになったらプリンカップに注ぎ入れ、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。
*甘酒の風味が強い時にはココアパウダーを増やすとやわらぎます。
*ムース生地が流し入れられないくらいの固さになってしまったら、熱湯を加えて固さを調整してください。

*ハンディミキサーなどで撹拌しないと、ココアパウダーと甜菜糖はダマになって溶けにくいです。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡















theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

塩麹で老化を遅くできるか?

子どもたちが米粉食パンが大好きなので、パンを焼きながら実験しています。

米粉パンは翌日になるとぱさついたり、固くなったりしますね。
それは米の中に含まれる米でんぷんが老化(熱と水分によってα化してやわらかくなったでんぷんが冷めて固くなること)するためです。

炊きたてのごはんはしっとり&もっちりしておいしいけれど、冷めるとパサパサしておにぎりを握りたくても握れない、というのをイメージしていただくとわかりやすいですね。

米粉パンにする米粉の米でんぷんが老化するスピードを遅らせたり、老化が遅くなる米粉パンのミックス粉の開発など、メーカーの方々がさまざまな研究をしてくださっていますね。ありがたいことです。

メーカーの方がやってくださった成果を反映した商品の発売を心待ちにしつつ、家庭でも何かできないものかしら???

そう思い、塩麹を入れてみることにしました。

前に何度か甘酒を入れてみたことがあるのですが、ねっちりした焼き上がりになって、イマイチどころではなく、イマジュウ、くらいでした。
老化を遅らせるとかいう前に、食感が悪くてガックリ(汗)

考えてみれば、甘酒はもち米に麹を入れてつくるので、粘度が高く、やや粘り気がありますね。
うるち米で作るともち米を作った時よりも甘さや粘度が低くなりますが。

塩麹は麹と塩で作るため、甘酒ほど粘度が高くありません。
塩麹は塩味がしますが、パンには塩を入れるし、塩麹の塩分が入っても支障ないですもん。

それに、私がパンを焼く時には白神こだま酵母を使うのですが、酵母に他の食品の酵母を加えると発酵がよくなるような気がします。
レーズンを入れると、レーズンについている酵母の影響なのか、ふんわりするような?
まあ、主観的なものなので、実際に検査したとしても数値的に出るのかどうかはわかりませんが。

ともあれ、いつもの配合の米粉食パンに塩麹を入れて焼き上げたのが、こちら。

170311_1009~01

気泡が大きめになり、ふんわり度が多少アップしていると思うのは気のせいでしょうか。
食べてみると、塩麹にはアミノ酸が含まれるので、うまみが出ているように感じます。

塩麹の量を増やしたり、減らしたりしてみたのですが、多くするとねっちょりし、少なくすると何の効果も感じられなかったので、この写真くらいの量がいいのかなぁ、と。

老化のスピードに関しては、塩麹が多いほうが老化がやや遅くなる気がします。
水分を保持する力が強くなるからなんでしょうかね。

おおーっと思ったのは、白神こだま酵母の分量を減らしても、塩麹を入れるとちゃんと発酵してくれたこと!

白神こだま酵母は発酵力が強い酵母ですが、米粉パンの生地にはグルテンのような膜がないため、酵母が発生させる炭酸ガスをしっかりと包み込むことができません。
小麦粉だと少量の酵母でゆっくり発酵させるという方法がありますが、米粉だとゆっくり発酵させていると、生地が重いということもありますが、ふんわりと良い状態で膨らんでくれないような印象があります。
また、冷蔵庫などでゆっくりと発酵させる低温発酵もあまり米粉向きじゃないかな。
私の配合の問題もあるのでしょうけれども。

何度かやってみた結果では、米麹を入れると老化のスピードはほんの少し遅くなり、うまみがアップします(そんな気が)。
さらに、白神こだま酵母の分量は通常の私の米粉食パンのレシピよりも減らせます(たぶん)。

パン用の市販の酵母自体が悪いものだとは思わないのですが、発酵力の強い酵母を集めて培養しているもので、酵母も生き物ですし、大量に頻繁に体の中に入ると、腸内環境に影響するんじゃないのかな、と思わないでもないので、酵母をちょっとでも減らしてパンが作れるといいな、と思っています。

ムスコが小さい頃は、イーストコネクションによってカンジタ菌が増え過ぎ、腸内環境のバランスが悪くなった結果、アレルギー症状が強く出るのが心配で、特に白砂糖などの糖類を摂らないようにしていたことがあります。
それぞれの人の腸内の菌のバランスは異なるので、そこに何か特定の菌がどんどん入るといけないように感じられまして。

発酵食品を毎日、適度に食べるのはお腹にもいいことですよね。
子どもたちは塩麹を入れようが、酵母を減らそうが、「パン、おいしいね!」と言ってもりもり食べてくれているので、我が家のパンの配合には塩麹を入れる、というのが最近のブームになっています。

3月と4月には塩麹講座を行っていますが、レッスンで焼いていただくマフィンも塩麹入りです。
麹を日常的に摂取することは、腸内環境を整えるのにも役立ちます。
発酵食品はいいですよね〜

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡















theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

たくさんあるよ! グルテンフリ―ライフの強い味方

米粉のメーカーがさまざまな商品を開発してくださっていて、グルテンフリーライフがますます豊かになっていますね!
ネットショップを見ていると、「あ、こんなのものある!」「うわぁ、使ってみたい!」なんてつぶやきつつ、時が経つのも忘れてしまいます。
最近では、スーパーでも米粉だけでなく、グルテンフリーの各種ミックス粉も見かけるようになりました。
嬉しいことです!!

私の場合ですが、スーパーで遭遇率が高いのは「米粉パウダー」。
これはみたけ食品工業の製品ですが、ネットショップで見ていただくとわかるとおり、たくさんの米粉製品のラインナップがあります。

KC4A0113.jpg


「米粉天ぷら粉」と「お米で作ったからあげ粉」もよく棚に並んでいるのを見かけます。
ミックス粉があると書いてあるとおりに作ればおいしくなってくれるので、手軽に使えて便利ですよね〜

170112_1210~03
170112_1211~04


からあげを作る時に米粉と片栗粉をご自分で混ぜてらっしゃる方も多いかと思いますが、これはミックスする手間をなくした「米粉入り片栗粉」。

170112_1211~01


「大豆粉と米粉のパンケーキミックス」「大豆粉と米粉のクッキーミックス」の2種もみたけ食品工業の製品。
オレンジページと共同開発した商品です(←パッケージには卵とバターを使った作り方が書いてあります)。

170112_1210~02
170112_1211~02


もちろん、こちらもグルテンフリ―。
白玉団子は10分か15分あれば作れる、簡単でヘルシーなグルテンフリ―おやつですよね!
別にあんこがなくたって、メープルシロップをかけるだけでもおいしいですよ〜

170112_1211~03

アレッ子の家庭では米粉を常備している方が多いと思いますが、日本中の家庭に「片栗粉」や「小麦粉」と同じように、「米粉」も置いてあるようになったらいいなぁ。
「パン用米粉」と「製菓用米粉」と「和菓子用米粉」が置いてあって、それを使い分ける、とか。

米粉はグルテンフリ―ライフをさらにおいしく、便利にしてくれていますね!


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡














theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

春はおいしい!

みなさん、3連休をいかがお過ごしですか?
ポカポカと陽射しが暖かくて、春の訪れを感じますね。

ムスコは「あと3回行ったら、春休み〜」と毎日、浮かれています。

そりゃあそうです、ムスコの一大イベントが待っていますから。
春休みになったら、ムスコが乗りたい電車に乗って、電車の写真を撮るために夫と旅に出ます(←遠い場所の電車旅につき合うのは夫の担当)

小さい時のように、「新幹線に乗りたい」というだけなら、新幹線で往復すればいいので楽なのですが、最近では、地方の運行本数の少ないローカル線に乗りたがる上、「○○という車両は1両しかないんだけど、それに乗りたい」と、路線と車両まで指定しています(汗)

とにかくムスコは電車の番組を見て、電車の図鑑みたいなものやら、電車の雑誌やら、をかたっぱしから読んでは電車情報を覚えているので、頭の中は電車のことでいっぱい。
私が何かを注意したって、そんな注意が入る隙間はあるはずがありません(涙)
でも、「将来は電車を作る人になりたい」と言っているので、好きなことが仕事になったらそれはそれで幸せですよね。

ムスコが「うわぁ、この電車、いいなぁ」なんて感激しているとなりで、「じゃあ、そういう電車、作れるといいね。設計図が書けないといけないから算数の計算が大事だね。あとは、物理っていう勉強も頑張んないと、走っている間に電車が壊れちゃって大事故になっちゃうよね」なんて、なんとか電車と勉強を結びつけようと小さな努力をしてみている母なのですが(笑い)

そうそう、春と言えば、桜餅と草餅!
桜のつぼみが膨らみはじめる頃に食べたくなり、桜餅が食べたいがゆえに、桜が散るのは惜しいと感じるくらい(笑い)

嬉しいことに、小袋に入った桜餅と草餅をいただきました!
栃木県小山にある乙女屋さんのものです。
袋に入っていると手が汚れにくいし、乾燥しにくくて、いいですよね〜

170316_1354~02

この桜餅のピンク色に桜の葉がまいてあるビジュアルもいい、最高!
草餅は見ているだけで草の香りとあんの風味が口の中で混じり合って、「あああ、食べたい」って思います。

和菓子って、なんで、こんなに可愛くて、おいしそうなんでしょうね。
食べられる洋菓子を探すのは大変ですが、和菓子は和菓子屋さんに行ってあれこれ選べるのも嬉しい限り。
和菓子屋さんに並んでいて食べられないものって、どら焼きとか、そういう粉物を焼いたお菓子くらいですものね。
和菓子はアレっ子の強い味方ですよね!!

電車トークを繰り広げているムスコに「桜餅と草餅、いただいたよ! 小山の和菓子屋さんのだって」と言いながら見せたところ……
「え、小山? ボク、行ったよ! 水戸線と両毛線が走ってて、それに乗ったんだ〜」と、またまた電車の話になりました(泣)

「電車の話してるなら、桜餅も草餅もいらないの? おかあだけで食べちゃうよ」と声をかけると、ピタッと話をやめ、ニコニコして「食べるぅ〜〜〜〜〜〜〜〜」

大好きな電車も、目の前にある和菓子の魅力にはかなわないようです(笑い)

3連休中、あっちこっちお散歩に出かける予定。
行った先で和菓子屋さんを見つけ、そこでお買い物をするのも目的のひとつです。

和菓子屋さんに入ると、「ボクたちが食べられないのはどれ? それ以外だったら、全部、食べられる? じゃあ、ど・れ・に・し・よ・う・か・な?」と、ムスコとムスメがショーケースにくっつきそうになるほど顔を近づけて、目を輝かせて選ぶ姿を見るのも嬉しくて。

桜餅に草餅にお団子……春を感じさせてくれる和菓子の数々。
春はおいしい季節ですね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡












theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

グルテンフリー、増えてます!

我が家にいらしてくださったお客様から、グルテンフリ―のプレゼントをいただきました。

Virgo Baumという米粉のバウムクーヘン。
栃木県小山市にある有名な和菓子屋さん、乙女屋さんの商品ラインナップのひとつなんだそうです。

和菓子屋さんで洋菓子を扱っているというのは珍しいですが、和菓子にも上新粉などの米粉を使うし、グルテンフリーの洋菓子には米粉を使うし、「職人が米粉でおいしいものを作る」という意味では、共通項がありますよね。
ほんとうに、米粉は、和洋のお菓子のどちらに使ってもおいしいですものね!

170316_1358~01

商品パッケージに記載されていた原材料はこのようになっています。

170316_1608~02

材料を吟味して作っていることがうかがわれるシンプルな材料。
原材料に目を通しただけでも、間違いのないおいしさだろうと確信しちゃうくらい。

卵と乳製品は使われていますが、小麦は含まれておらず、グルテンフリ―です。

同封されていたリーフレットを読んでいたら、米粉と卵をものすごく吟味して使っていると書いてありました。
なるほど、おいしそうな焼き色はこだわりの卵、見るからにしっとり&ふんわりした印象だったのは米粉のおかげなのね〜

米粉のバウムクーヘンに使われている米粉は「ル・マロニエ」という製品。
ネットで調べてみたら、ル・マロニエ洋菓子用米の粉が180グラムの小さな袋でメーカーサイトで販売中。
タイやアメリカの米で作られる米粉もありますが、ル・マロニエ洋菓子用米の粉は、栃木県で育てられたお米から作られているそうです。
内容量が180グラムだとすると、ケーキや蒸しパンを作るなら2回分くらいでしょうかね。
「お試し」で使うのに、ちょうどいい量ですね。

ル・マロニエのレシピもありました。
レシピもグルテンフリ―です!

グルテンフリー、じわじわと一部の人たちの間で浸透している感じでしたが、このところ、急激に広がってきている気がしますね。
米粉の製粉技術がものすごく進歩して、非常に粒子が細かく、そして扱いやすい米粉ができているおかげなんでしょうね。

ムスコが生まれた10年前は、こんなに素晴らしい米粉はほとんどなかったですよ〜
上新粉みたいな粒子が大きめのものだったり、製品ロットによって水分量が変わってしまったりしたけれど、今は安定した高品質の製菓用米粉になっていますもんね。
幸せな時代だわぁ。

今度はどんなグルテンフリ―製品に出合えるか、とっても楽しみです。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡










theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご確認をお願いします!

今朝、ひつじさんおちょこさん大変なことを知りました。

エピペンに作動不良で針の出ない恐れのある製品があるそうです。

海外では2件、不具合で作動しなかったという報告があったとのことで、日本でも起こりうることとしてファイザーが自主回収しています。
エピペン自主回収の詳細をご覧になり、エピペンをお持ちの方は製造確認をご確認ください。

「万一」は起こってほしくないことではありますが、万一必要になった時に使えなかったら大変なので、できるだけお早めにお手元のエピペンの製造番号をご覧になってください。

エピペンは持っていないけれど、持っている人を知っている、持っていそうな人がいる、という場合には、そうした方への情報共有をしていただければと思います。







theme : アレルギー・アトピー
genre : 育児

ご注意ください
このブログでは食物アレルギーの除去レシピを紹介していますが、すべてムスコの症状に合わせています。
プロフィール

えららん

Author:えららん
東京都在住。
アトピー&食物アレルギー(小麦・乳・卵・ゴマ・たら・甲殻類・ナッツ類等々)&喘息持ちだったムスコですが、10歳になり、食べられるものが増えて、さらに食べることが好きになりました。
3歳のムスメは食物アレルギー疑惑有りですが、母譲りの食いしん坊です。
おいしいものを食べるのが好きな夫と子どもたちの4人家族です。

グルテン・小麦・乳・卵などを使わない、お菓子やパン、料理を作るレッスンも行っています。
3月〜4月のレッスンの内容とスケジュールはこちらでご確認ください。春の新しいレッスンは「米麹」、定番の「製菓用米粉の小型パン」「米粉バーガー」も開催します。

☆記事はリンクフリーです。

<お願い>ここに記載したすべてのレシピの著作権は「えららん」に帰属します。当ブログでご紹介したレシピや写真のみを抜粋し、URLの表示やリンクまたは著作権者の明記なしに掲載することはご遠慮ください。
また、商業目的や営利目的でのレシピをご使用になる場合、無断使用は固くお断りいたします。

このブログの内容や料理教室に関してのお問い合わせ等は、下記にお願いします。
komekomekitchen@gmail.com

カテゴリ
のんびり、ゆっくり進みます
無料ブログパーツ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード