2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.02.01 (Thu)

ムスメの病中食

病院でムスメの精密検査の結果を聞いてきました。

腎炎で血尿とタンパクが出ていたのですが、腎臓の炎症は治っていないにせよ、さすがに血尿とタンパクは収まっているだろう、と期待していましたが……。

タンパクは出なくなっていましたが、血尿はまだ「3+」。
先生に「肉眼では赤く見えなくなっていますが、顕微鏡で検査すると、結構な量、赤血球も白血球も出ているんですよねぇ。毎月1回ずつ検査をして、経過を見ていきましょう」と言われてしまいました

血尿が出なくなるまでに、早くても半年、1年程度かかることもあるので、その間に、また鮮血が出たり、むくみがひどくなったりすることがあるようなら、大至急、病院へ、だそうです(涙)

ムスメは聞き分けのいい子で、「甘いものやしょっぱいもの、揚げ物などをいっぱい食べると腎臓がびっくりして、また真っ赤なおしっこになっちゃうから、少しにしようね」と説明すると、「うん、わかった! なおったら、いっぱいたべようね!」とニコニコして答えてくれていました。

ところが、ムスメがずっと台所にいるので、「どうしたの?」と声をかけると、「なんでもない。おさとう、みてたんだ〜」と慌てて隠す。

見るからに怪しい行動なので、行って見て見ると、甜菜糖の瓶の後ろに置いてあった水飴をスプーンですくってなめていたらしく、瓶も棚もベタベタ。

「水飴、食べてたの?」と聞くと、「たべてない。たべてないよ」と言うのですが、スプーンにもついているし、食べていないわけがない。
状況証拠が揃いすぎ(苦笑)

大泣きしながら言い訳するムスメの姿があまりにもかわいそうで、私も泣きそうになりました。

食物アレルギーとは違い、盗み食いしたからといって命にかかわるわけではないけれど、だからと言って、好き放題食べていい状態とは違う。
その辺りは、ムスメには難しくてわからないよねぇ。
今までは、いつでも食べてよかったものだったもんね(涙)

ムスメの食事は特にお医者さんから禁止されているものはないのですが、腎臓が悪いのに、腎臓に負担がかかるようなものを飲み食いしていると治るのに時間がかかるだろうと思い、和食的なもの、野菜を多めに、という感じで食べています。

ご飯と味噌汁という組み合わせにも飽きたみたいで食欲が落ちてきたので、今日は米粉パンとポタージュスープ。

180130_1317~02

米粉パンは油と甜菜糖の量を普段の3分の1くらいにしたもの。
気泡があらくなってしまいますが、これならご飯を食べるように、食べたいだけ食べさせても安心かな、と思って。

ポタージュスープのベースにはオリーブオイルで炒めたゴボウや人参、玉ねぎなどを入れてミキサーにかけ、そこに柔らかくなるまで蒸したカボチャを加えてガー、最後に缶詰のトウモロコシを加えてガー。
味付けは自然塩だけ。
ゴボウの繊維は滑らかなスープだと気になるので、わざとトウモロコシのつぶつぶを残しました。

ムスメは「うわぁ、おいしそう! これ、おかわりする!」と言って、ポタージュスープをたくさん食べてくれました。
具材だけだとけんちん汁みたいなものなんですけど、かぼちゃとトウモロコシの甘さで根菜はわからなくなります。
見た目が変わると、美味しく食べられるみたいで、ほっとしました。

まだまだ時間はかかりそうですが、食物アレルギーと付き合うように、焦らずに、急がずに、少しずつ良くなるようにと願いながら、心と体に気を配って過ごしていくことが大切ですよね。

ご心配くださっている皆さん、気にかけてくださり、ありがとうございます。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡































スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(2)

2018.01.23 (Tue)

大雪と、精密検査と

昨日は大雪でした。
皆さんのお住いの地域ではいかがでしたか?

23区で雪が積もるのは珍しいので、子どもたちは大興奮でした。
ベランダに積もった雪をバスルームに運び込み、お風呂場で雪遊びをしていましたよ〜
冷たい雪で遊んでいて、風邪をひかないのかと気になりましたが、子どもは寒くないんですね。
私は、ちょっとの雪も冷たすぎて触れませんでした(苦笑)

ムスコやムスメのことをご心配いただき、ありがとうございます。

ムスコの学校の先生とお話ししました。
高学年の男の子は親に学校のことを報告することはないようで、ムスコが事細かに私に話していることを知り、とても驚いていたようでした(笑い)
今後は、親に喋られても嫌だな、と思って、ムスコへの対応が少しでも変わっていくといいなぁ、と思っています。

ムスコの食物アレルギーですが、自宅負荷をしています。
卵が食べられると楽なので、ムスコが「食べてみたい」と言った時には、二つ返事でやることにしています。
この機を逃してなるものか、みたいな感じで。

ちょっと前のことなのですが、ムスコが「バウムクーヘン、食べてみたいなぁ」と言いだしました。
かなりハードルが高いとは思いましたが、「ごく少量ならいいかな。市販のお菓子だって、友達のお家でご馳走になることもあるだろうから」と考え、買ってきて食べさせました。

ところが、食べた直後は問題なさそうだったのに、夕方から「ちょっと調子が悪い」と言いだし、夜になると「吐きそう……」。
結局、一晩中、何度も吐き、翌日も調子が悪く、2日間、学校を休ませました。

私の悪い癖で、「もしかしたら、もっと食べられるかも?」「私が心配し過ぎなだけで、食べられるようになっているんじゃないか?」と希望的観測を持ってしまうんですよ。
実際に食べさせてみてはムスコに苦しい思いをさせてしまい、「急に食べられるようになっているわけはなかった。ごめんね」と激しく反省するのですが……(涙)

今回は、昨年12月に高熱を出して体調が本調子になっていなかったところ、学校の先生のことでメンタルが弱っていたので、余計にアレルギー反応が強く出たものと思われます。

食物アレルギーは疾病そのものだけでなく、様々な要素が複雑に絡み合ってアレルギー反応を起こすので、「一番良い状態だったら、このくらい食べられる」という最大量じゃなくて、「メンタルと体調が思わしくなくても、このくらいなら大丈夫かな」という際少量で試さないといけないですよね。
その基本ルールを忘れていました……。

今もちょっと胃の調子が悪いようですが、ムスコの体の方は落ち着きました。
食物アレルギーはいきなり改善するわけではないので、コツコツ負荷をしていくのが、回り道のように感じても、結局は最短距離を進ませてあげることになるのだなぁ、と感じました。

ムスメのほうは、というと、昨日は精密検査でした。
年末に急性腎炎ということになったのですが、尿の中に血液成分とタンパクが出ているため、その原因が何なのかを調べるために検査をしています。

ムスメを見ていると、いたって元気なのですが、朝、むくんだ顔をしていたり、尿の色が濃くなっていたりすると、「やっぱり腎臓が悪いんだなぁ」と実感します。

精密検査の結果が出揃ってから、詳しい説明を受けることになっています。

検査結果がわかるまで、心配性の私は不安だらけの生活になりそうですが、早く元気になって欲しいな。

ムスコとムスメの心配事が続いているためなのか、私は私でストレスや疲れで出やすいという帯状疱疹が出てしまい、痛痒い状態です。
いやはや、全く……病気になると「健康」のありがたさが身にしみます。

インフルエンザが大流行しているようですが、皆さん、くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスメのこと  |  コメント(2)

2018.01.10 (Wed)

先生との相性……なのかなぁ

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年も素敵な一年になりますように。

我が家の場合、あっという間に新年になり、お正月もムスメの看病に明け暮れました(苦笑)
ご心配いただき、ありがとうございます。
ムスメは腎炎だったのですが、経過は良好で、来週くらいにはいつもどおりの生活ができそうです。

さて、ムスコです。
昨日から小学校が始まったのですが……。

1学期の終わりくらいからのことなのですが、担任の先生との相性が良くないのか、それとも息子が悪いのかわからないのですが、とにかく、いろいろ言われるようなのです。

ムスコの話の内容だけでは、「え?なんでそんなこと、言われるの?」みたいなことが多いのですよ(涙)
本当に、その場にいて、状況を確認したい!!!

言葉って、その言葉を発する人の意図を受け取る側がそのまま受け取れるとは限らないし、間違った意味合いで受け取ってしまうことがあるから、難しいですよね。

私が直接聞いているわけでも見ているわけでもなくて、子どもからのまた聞きになると、さらに信憑性が下がりますもんね。
子どもだって、自分に都合が悪いことは言わないだろうからね〜〜〜

と、そんな風に思いつつ、ムスコの言っていることはムスコが感じたこととして、そのままに叱ったりせずに聞いてはいるのですが、「先生、本当にそんなこと、言うの?」みたいな状態ではあったんですよね。

でも、今日、持参するお弁当の準備をしていた時、ムスコが言ったことには、ショックでした。

ムスコ「今日、お弁当なの?」
私「うん、そうだよ。デザートは代替持参だよ。大好きな甘酒のチョコムースにするね!」

ここでムスコがニコニコしてくれると思ったら……。

ムスコ「そうなんだ! じゃあ、うちに帰ってきてから食べようかな」
私「え、どうして?」

ムスコ「だって、先生が『普通だったら、給食では提供できないから代わりに持ってきてください、って言われても、そんなの持ってこないよね』って言ってたしさ」
私「は?『代替えを持ってこないのが普通』って先生が言ったの?」
ムスコ「うん」
私「(はらわたが煮えくり返りながらも、学校に出かけるムスコが悲しくならないように)じゃあ、今日はデザートだからうちでゆっくり食べるようにする?」
ムスコ「うんっ! おかわりも食べられるしね」


ムスコを送り出した後、考えれば考えるほど腹が立ってきました。
だから、今までも「別に持っていかなくていいよ。帰ってきてからおやつに食べる」とか言っていたのか。
ずっと知らずにいたとはいえ、かわいそうなことをしました(泣)

教師は子どもの健やかな心身の発達を促す立場にあるのに、あなたのその発言、食物アレルギーのある子の気持ちを考えての発言か!!!!

給食は学校教育の一部だし、食物アレルギーなどの健康上の理由や宗教上の理由で差別されたり区別されたりすることなく、食を通じて様々なことを学ぶのを目的としているっていうのを知ってるのか!
ふざけるなーーーーーーーー!!!!

これまでも先生が「え?」と思うようなことをムスコに言ったとは聞いていましたが、先生は良かれと思って言ってくれているんだと解釈するようにしていましたが、こればっかりは許せん!!

「普通は代替えを持ってこない」って、どういうこと?
ムスコが代替えを持っていくと、手間がかかる、ということなんでしょうか?
確かに、食物アレルギーのある子がいなければやらない仕事ができてしまって申し訳ないとは思います。
そして、確認をして安全を守ってくださっている先生に感謝しております。

でも、自分の仕事を増やしたくないから、他の子が食べているのを、ムスコが我慢して見ているだけだとしても、かわいそうだと思わない、そんなの気にしない、ってことですか!!

除去食は別な色のトレーで提供されてきて、それを担任から受け取る、という決まりはあるけど、献立と照らし合わせて持参品の確認をするのが、そんなに面倒だということなんでしょうか???
確かに先生は忙しい仕事でしょうが、さらに作業を増やしてしまって申し訳ないとは思っていますが、時間や手間を惜しんで、食物アレルギーのある子を傷つけてもいい、ってことにはならないって、思いませんか?

食物アレルギーがあって、代替えを持って行っていて、「お母さん、準備が大変ですよね」と言われたことはあるけれど、「普通は持ってこないよね」と言われたのは初めてです。

どんな意図で言ったのか問い詰めたいところですが、それをしても変わらないだろうし、むしろ、今まで以上にムスコへの風当たりが強くなることが想像されるので、我慢するしかないんでしょうかねぇ。
学校に行く用事があった時に見ていると、校長や学年主任、保護者に対しての態度は非常に腰が低くて、人当たりがいいんですけどね(苦笑)

うーん、うーん、納得いかない。
先生が悪気がなくてぽろっと言ったことを、ムスコの受け取り方が違ったのかなぁ。

先生に直接聞きたいところですが、「普通、持ってこないよね、ってどういう意味ですか?」といきなり保護者に問い詰められて、「だって、持ってこられると面倒なんですよ」とは言わないですよね(苦笑)

たぶん、「そんなこと、言ってませんよ。ムスコさん、何か勘違いしたんじゃないでしょうか?」と、ムスコが嘘でも付いているかのように言われちゃうんだろうなぁ(←個人面談などの時に言われたことをムスコに確認した時の食い違いから判断すると)

子どもが自分に都合の悪いことは言いたくないように、教師だって自分の評価が下がるようなことは言わないですよね。
ああああああああーーーーー、モヤモヤする!!!!

日常生活のことは「ムスコが良くなるための指導」と思うように努力して我慢していましたが、食物アレルギーの子への思慮のなさにはほとほと呆れました。
春に赴任してきた時には良い先生だと思っただけに、激しくがっかりです。

あまりにもモヤモヤが続くようなら、スクールカウンセラーに相談してみようかなぁ。


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(4)

2018.01.01 (Mon)

年越しは病院で(涙)

あけましておめでとうございます。
なかなか更新できないのに、見にきてくださるみなさん、ありがとうございます。
気にかけてくださるみなさん、感謝しております。

2018年がスタートしましたが、みなさんはいかがおすごしでしょうか?

我が家は、年の終わりと年の始まりを病院で迎えました(涙)

冬は体調管理が難しい季節ではありますが……。
12月に入ってから、ムスメは微熱が出たり、熱が下がったりしていました。
機嫌もいいし、がっつり食べるし、水分もきちんととるし、で、ゼロゼロと痰が絡みやすくて咳がたまに出ることはありましたが、「軽い風邪かなぁ」と思い、様子を見ていました。

ムスメの熱が下がった合間にムスコも高熱をだしたりして、なかなかぐっすり眠ることができない日が続いていました。
でも、まあ、熱が出ても二人とも元気はあって、一緒に神経衰弱やオセロをやって遊んでいるので、あまり心配はしていなかったのです。

ところが、31日。
日中にムスメのおしっこの色がオレンジ色っぽくなっていて、「熱が出てるからかなぁ」なんて思っていたのですよ。

なんとなくおしっこの色が気になって、夕飯後にムスメについて行ったら「おしっこが赤い!!!!」
鮮血がかなり混じっていて、まるで生理中みたい。

4歳のムスメの尿の色としてはありえないもので、見た瞬間、血の気が引きました。

頭の中が真っ白になったものの、「母がパニックになってどうする」と言い聞かせつつ、ネットで検索。
やっぱり、血尿は尋常じゃないようなので、慌てて病院へ。

おしっこを紙コップに入れ、保険証類を持って準備。
ムスコも熱が出た後に体力が戻らなくて、あまり調子が良くなかったので、家で寝ているようにと言いましたが、「いやだ!」と言って、ついてきました。

その時には、「病院でインフルとかうつったらどうするんだ」と思って心配でしがた、最終的には、ついてきてくれたムスコに心から感謝しました。

ムスメは先生や看護師さんに質問されてもきちんと答えられるので意識ははっきりしていましたし、むくみもそれほど強くなかったのですが、簡易尿検査の結果で血液が検出されたので、尿カテーテル(おしっこを取るために管を入れます。ものすごく痛かったみたい。涙)と血液検査などなど、いくつかの精密検査を行いました。

不安が強ければ強いほど、病院の待ち時間って、永遠に続くのかと思うくらい、長く感じますよね。
ムスコが一緒にいて話しかけたりして気を紛らわせてくれていなかったら、看護師さんやスタッフの方々に片っ端から「ムスメは大丈夫なんですか? 入院ですか?」と詰め寄ってしまいそうな精神状態でした。

検査結果は、溶連菌にかかったことによる急性腎炎の疑い、とのこと。
溶連菌にかかったような明白な症状はなかったし、検査結果もよくわからなかったみたいではありますが、「血尿、尿内にタンパクが出ている。軽いむくみと高血圧がある」ということは明らかでした。
そのため、腎臓の炎症の度合いによっては点滴や入院の可能性もありました。

けれども、救急外来では、必要な検査の全てができないということで、病院の通常診察が始まる日に再度、来院することになりました。
むしろ、病院に入院させてもらった方が安心な気がしなくもないですよね……。

再診まで、尿の色、量、回数などを観察しておくこと。
万一、尿が出なくなったら腎臓が機能していないことになるので、大至急、救急外来に来ること、と指示を受けました。

「血尿はしばらく続くから」とは言われましたが、ムスメがトイレに行くたびに、赤いおしっこを見ると、不安で心臓が押しつぶされそうです。
おしっこが赤いのは怖いです。
だって、見間違うことがない血の色だけど、どこも怪我をしていないから、内臓からの出血というのはわかっているんですもん(涙)

ムスメは元気に機嫌よく遊んでいるんですけど、ムスメに何かあったら、とつい考えてしまいます。
溶連菌にかかっていた、というはっきりとした症状もなかったのに、こんなことになるなんて……感染症って、怖いですね。

12月の半ばから、ずっと子どもの体調が不安定だったこともあり、落ち着かない気持ちで過ごしていたため、お世話になっているみなさんへの新年のご挨拶が遅くなっております。
大変申し訳ありません。

みなさんにとって、今年が幸多き、素晴らしい年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。









テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

13:40  |  ムスメのこと  |  コメント(0)

2018.01.01 (Mon)

新しい記事が表示できません

新しい記事をアップしているものの、うまく表示できません。
単に、アップに時間がかかっているだけなのか、どうなのかはわかりませんが、デジタル音痴の私には解決策が見つけられず(涙)

変な順番で記事がアップされても気になさらないでください。

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

13:35  |  米粉・高野豆腐おやつ  |  コメント(0)

2017.12.02 (Sat)

ムスコの不調の原因は冷え?

時々、「ムスコが起立性調節障害で朝起きられないんです」と書いていましたが、最近、「違うのかも?」と思うようになってきました。

というのも、朝起きられないというか、朝はぼんやりしているというのは同じなのですが、目がぱっちりするまでの時間が短くなったし、何よりも「だるくて動けない。まぶたも開けられない。座っていられない」とつらそうにしていたのが、ちょっとだけ改善してきたんです!!

何をしたのかといえば、ムスコの体を温めるようにしたのです。

小学生の男の子って、なぜかものすごい薄着ですよね!?
気温が10度くらいなのに、ムスコの友達が半袖で上着も持たずに遊びにきて、「暑いんで、大丈夫です」と言ったのには、びっくりしました。
見ているだけでも寒い、寒い。

ムスコも薄手のTシャツ一枚。
トレーナーやセーターはモコモコして動きにくいから嫌だし、着ている友達なんていないよ、とのこと。
やっぱり5年生くらいになると、周りが気になるようになるんでしょうかね。
思春期の入り口だしなぁ……。

とにかく、ムスコは自分からは寒いとは言いませんが、聞くと「うん、寒いよ」と言っているので、ポカポカ体質ではないと思われる。
手足はいつも冷たいし、寝る時に「足が冷たくて眠れない」というくらいだから、かなりの冷え性だよね、うん。

そこで、ムスコに「トレーナーが嫌なら、薄手のTシャツを2枚重ねて着るのはどう?」と聞くと、「うん、それならいい」。

「温めると体が楽になるから、ズボンの下にスパッツを履いて体を冷えないようにしようよ」と提案すると、「体育の時に着替えで時間がかかるし、友達もいるから嫌だ」と言っていましたが、「体育の日ははいていかなくてもいいから」と説明すると、「わかった」。
この寒いのに、体育の時にはパンツ一枚に半袖と短パンが決まりです。

食べ物も少し変えました。

ムスコは豚肉が大好き。
喜んで食べてくれるので毎日のように出していたのですが、薬膳で考えると、豚肉は体を潤す作用があるけど、体を温める作用はありません。

ムスコの好物を色々と考えてみると、うーん、体を温めるような作用がある食材が少ない。
今まで気づかなかったけど……。

食べ物で体は作られる、というけど、ムスコの体は温まらないような食材ばかりだったから、冷えがひどくなっていたんだなぁ……。

我が家でよく使う食材を考え、ムスコは鶏肉は豚肉よりも好きではないけれど、体を温める作用があるので、使うお肉を豚肉オンリーではなく、豚肉と鶏肉を交互にしました。
いくら子どもが好きだからといっても、同じものばかりを大量に頻繁に食べていたら、薬膳じゃなくてもNGですよね(汗)

さらに、白砂糖は体を冷やすので、甘いものを食べる頻度を下げ、食べる時には、あとは寝るだけ、という夕食後ではなく、日中の活発に活動している時間に食べるように心がけました。
いつも思った通りにできるわけではないんですけど、できる範囲で(笑い)

iPadやパソコンなどの電子機器も大好きなので、寝る直前までいじっているムスコ。
いろいろな本を読んでいたら、電子機器は光も強いし、情報量も多くて、脳が大興奮しちゃうから、なかなか眠りに入れなくなってしまうようなんです。

確かに、ムスコは眠るまでにものすごく時間がかかるし、しかも眠った後もぐっすり眠れていなくて、眠りの質が悪い。
眠りの質が悪いから、いつも眠り足りず、眠いんだなぁ。

「起きなさい!」「早く寝なさい!」と叱るんじゃなくて、「湯たんぽを入れておいたから、iPadはやめて、寝る部屋に行こう」と声をかけて眠りの質をよくできるようにしないといけないんだな、と思うようになりました。

そうやって、ちょっとだけ厚着にして、食べ方にも気をつけるようにして、電子機器を寝る直前まで見ないようにしていたら、朝、2、3回声をかけると起きられるようになりました〜〜〜〜
今朝は声をかけなかったのに、自分で起きてきましたよ!!!!

ちなみに、ムスメはムスコと同じものを食べていても、朝の寝起きはいいし、手足はポカポカだから、持って生まれた体質の違いというか、代謝の良さ、というのはあるんでしょうね。

子どもは大人よりも体温が高いもの。
子どもは風の子。
そんな風に思っていましたが、それは単なる思い込みなのかも!?

一年中、快適な温度に保たれた室内で、テレビを見たりして静かに過ごすことが多い今の子は低体温の子も多いと言いますもんね。
35度なんて、私が子どもの頃は聞いたことがなかったもんなぁ。

ムスコの日常のこまごまとした不調は、もしかしたら冷えからきているのかもしれない!
冷えは万病のもと。
そんな風に思う今日このごろです。

インフルエンザや胃腸の風邪が流行っているようです。
どうぞお体にはお気をつけて。

楽しい週末をお過ごしください。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡



























テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

2017.11.23 (Thu)

やっと、やったぁ!

ブログの更新がとどこおっていて、すみません。

バタバタしているのもあるのですが、とにかくパソコンの動きが悪くて、インターネットで検索をかけてはポインターのところでクルクルクルクル。
「待機していますよ」の虹色のカーソルにうんざり。
ストレスたまる〜〜〜〜〜〜

文字の変換をしようとしても、時間がかかる。
パソコンも古くなると、文字を思い出すのに時間がかかるのかしら?な感じです。

You Tubeも動画のデータを読み込むたびに止まっちゃうし、パソコンが古くてへとへとしているのが明らかな状態でした。

しばらく前から(←数年前から。汗)パソコンを買い替えようと思っていたのですが、パソコンを買い替えるとなると、本体だけじゃなくて、使うソフトもろもろも新しくダウンロードしなくちゃいけないじゃないですか。
必要金額をざっと計算してみて、「こりゃ、無理だ」と思っていたわけです。

ところが昨日、友人から「Macには学割とかPTA役員が割引してもらえるシステムがあるみたいだよ」という噂を聞き、Appleに電話相談して真偽を聞いてみたところ……。

親切にいろいろとアドバイスしていただき、割引購入にはさまざまな基準があり、かつては対応していたことでも現在は変わっているということもあり、なかなか難しい、と教えていただきつつ……結局、話の流れで、電話でそのまま購入のお願いをしちゃいました。
買うと決めていたわけじゃないのに(苦笑)

いや〜、さすがApple!
私はずっとMacを使っているし好きなので他のメーカーのものに変える気はさらさらなかったのですが、そのあたりの心情を汲み取りつつ、徐々に購入をうながす、さじ加減がうまい。
Macユーザーの心をがっちりつかむトークというのか、無理強いは決してせず、終始、ちょっと距離をとった丁寧な対応なのです。

普通のお店だったらいきそうなところなのに、こない。
しかも、そこに親身な感じがうかがわれ、「やっぱりAppleの人が言うんだから、これがいいよね。これもご縁だよね」みたいな気持ちになっちゃうんですよ。
終わってみれば、それもセールステクニックのひとつなんでしょうけど(汗)

買い物って、恋愛みたいなものなんでしょうかねぇ。
気持ちよく相手のペースに乗せられたい、みたいな(笑い)

ということで、昨日の午後に電話でお願いしたのに、今日の午前中にもう宅急便でうちに届くんだそうです。
セットアップやらなにやらで時間がかかるかと思いますが、楽しみ、楽しみ〜〜

そんなことを書いていたら、この使いにくくて動きが悪かったパソコンがサクサク動いてる!
このところのフリーズ、くるくる、再起動かけまくりの状態がウソみたい。
なんだか笑っちゃいます。

長く使っていたパソコンだから愛着があるし、パソコンにも心があって「まだまだ頑張れるよ」って言っているみたいです。
モノにも魂が宿りますもんね。
我が家のつくも神パソコン(笑い)

まとまった金額の買い物をする時には、「えいやっ!」っていう勢いが必要なんですねぇ。
結婚する時もそうだったかも(笑い)

早く来い、来い、New Mac

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡





































テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

07:05  |  いろいろ  |  コメント(0)

2017.11.13 (Mon)

ムスコの誕生日イブ

もうすぐムスコの誕生日、というある朝。
ムスコに「朝ごはん、何にする?」と聞いたところ、ムスコは「おもち。銀の匙のおもちがいい」とのこと。

『銀の匙』というのは、我が家の場合、中勘助の小説ではなく、マンガのほうです。
マンガとはいえ、内容が深くて、素晴らしくて、ムスコも私も暗記しちゃうほど読んでいるんですけどねー

で、その『銀の匙』のおもちというのは、ちょっと変わり種のおもちなんです。
食べたことがないもの、知らない味の組み合わせなどは警戒して、まったく手をつけないムスコが珍しく「食べたい」というので作ることにしました。

作るといっても、おもちを焼いて、たれをかけるだけなのでとっても簡単です。

できたのは、コレ。

上は、ごま油と醤油を混ぜたものをかけ、刻んだネギと七味をぱらり。
ちぢみのたれのような感じというか、お酒のつまみになりそうな味です(←私はお酒が飲めないのでイメージですが。笑い)

171112_0841~01

こちらは、バターとメープルシロップをかけて、刻んだミックスナッツをかけたもの。
最近、ムスコにいろいろな食材を負荷している関係で、ちょうど発酵バターもミックナッツもあったので、負荷のステップアップということで乳とナッツのダブル使い。

171112_0844~01

ムスコは見た瞬間は、「うわぁ、おいしそう!」
その後、クンクン匂いをかいで、「すごい匂いだね……ごまじゃない匂いがする。これがごま油の匂いなんだ」と不思議そう。

とにかく、「作ってあげるけど、絶対に残さないで食べてね。もったいないから」と釘をさしておいたので、おそるおそる小さな一口で食べてみて、しばらく無言になった後、「うん、おいしいかも? うん、おいしい? うん、おいしい気がする。うん、おいしいよ! みーやん、食べる?」

あはははー、自分に言い聞かせてるし(笑い)
しかも、妹にも食べさせようとして、「いらない」と瞬時に拒否されてました。

うちでは、おもちのバリエーションはあんこ、きなこ、海苔、けんちんくらいで、たまに納豆や大根炒り(←たぶん、私の実家のほうの郷土料理だと思いますが)くらいなので、見たことがない組み合わせに興味津々でした。

新しい食べ物への警戒心が強くても、自分から言いだすと食べる、というのがわかったので、この手は使える!!!
うちのテーブルには決してのることがないような、おっしゃれ〜な料理がたくさんのっている本でも見せて、「食べてみたい」といわせたら負荷もスムーズに進むかも!?(笑い)

どんな食材の味ともケンカせずに受け止めてくれるおもちは、とっても使い勝手のいい食材だということがわかりました〜

これからの季節、おもちがおいしいですよね!
こんなこと書いていたら、おしるこが食べたくなってきました〜

ムスコもあんこが大好きだし、小豆を煮てあんこを作って、おしるこでも作ろうと思います。
相変わらず、ムスコの誕生日イブと言っても、ふつーの和のものになっちゃう我が家なのでした。

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




































テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

2017.11.10 (Fri)

「まさか!」のお菓子が出た(汗)

このところ、更新がとどこおっていて、すみません。
なんだか、いろいろありまして……。
いろいろあるとはいっても、「絶体絶命のピーンチ!」というわけではないのですが(←私の処理能力の限界を超えてるだけで。汗)

ムスコが学校の社会科見学でお菓子工場に行ってきました。
チョコ系のお菓子をたくさん出している、子どもたちの大人気のメーカーです。

だいぶ前のことになりますが、工場見学で試食に出るであろうお菓子の一覧というのをいただき、自宅負荷を行いました。
リストにあるものであれば、どれも少量ならOK!
チョコ好きなムスコは大喜びでした。

さてさて、工場見学の当日の朝。

ムスコ「おかあ、工場でさ、木の枝みたいなお菓子、出たらどうする? 食べる?」
私「試食の可能性のあるお菓子のリストになかったし、出ないんじゃない? もし、出たとしても、1〜2本なら食べたことあるし、ちょっとならいいかもよ(←心の中では「出ても食べないでよ」と念じてた。笑い)」
ムスコ「そうだよね。出ないよね。出ますよ、って書いてなかったもんね。じゃあ、いってきま〜す」

ニコニコと出かけて行きました。

そして、帰ってくるや否や……

ムスコ「おかあ、おかあ、試食なんだったと思う? 木の枝のお菓子ともうひとつだったよ!!!」
私「ええええええー、なんで? リストになかったよ? えええええー、ちゃんと教えてくれないと困る(涙) じゃあ、どうしたの? 食べなかったの?」
ムスコ「ぼく、一袋食べちゃった」
私「えええええええー、ええええー、一袋食べちゃったの? えええええー、一袋? 一袋も?(←血の気がさーっとひいていくのが自分でわかるくらい焦った)」
ムスコ「うん、一袋。普通に売っているやつの大きさじゃなくて、ちっちゃいやつだけどね(ニヤリ)」

おいおい、試食用に準備された小袋だったのかい!
私のことをわざと驚かせるように話すなんて、ムスコも大きくなったもんだ。
ほんとうに、血の気がさーっとひいたもん(苦笑)

ムスコの話を聞いていて、市販されているパッケージの大きさを想像してビックリしてしまったのですが、試食用に小さな袋に入ったお菓子があり、「食べられない人、食べたくない人は食べなくていいですよ」とアナウンスしながら配られたそうです。

チョコには目がないムスコ。
たぶん、「食べない」という選択肢はなかったハズ(笑い)
こんなに食べたことないし、全部食べたら蕁麻疹が出たり、痒くなるかもしれないけど、それでも食べたい、って思ったに違いない。
呼吸器系には出なくなっているので。

いろいろなチョコ系お菓子の負荷もしたし、家のおやつでも少量ずつ食べさせているので、木の枝のお菓子も食べたことがあるし、「この袋に入っているくらいなら大丈夫」と思ったんでしょうね。
こうやって、自分で判断しながら市販のお菓子を食べるようになっていくんだなぁ、としみじみ。

それと同時に、小さなパッケージであれ、そこそこの量のチョコ菓子(砕いたナッツ入り)を食べられたということは,「アレルギー反応が出ると怖い」と思って避けている食べ物でも食べられる可能性がある、ってことかなぁ、とふと思ったりして。

アレルギーっ子は胃腸が弱い子が多くて、それゆえにアレルゲンが体内に入って反応を起こしてしまう、ということがあるようですが、小学校の高学年になれば、それなりに大人の消化器官に近づいているだろうし、ね。

うーん、うううううーーんん……じゃあ、卵、いってみる?
マヨネーズとか、生の卵を使っているものも試してみるべきか????

フライの衣とか、鶏唐揚げとか、外で食べさせてみていますが、高温加熱調理をしたものは大丈夫っぽい。
つや出しでスイートポテトに塗ってあるのもアレルギー反応なしだったし。

まずは段階として、ゆで卵を作って、白身を食べさせる、かなぁ。
固ゆで卵の卵黄は食べられるからねー

そういえば、昔、ゆで卵を冷ますために放置しておいて、ムスコに黄身を食べさせたら蕁麻疹が出まくったのを思い出しました。
その時、私は知らなかったんですけど、ゆで卵を茹でたらすぐに殻をむいて、黄身と白身をわけておかないといけないんですってね。
そうしないと、白身のアレルゲンが黄身に移行してしまうから。

最近では、アレルギー専門医は卵の負荷の際にアドバイスしてくれるようになりましたが、ムスコが小さい時にはそういうアドバイスがなかったのですよ。
でね、「この間は卵黄OKだったのに、今回はダメだなんて、卵はなんてハードルが高いの!!!(号泣)」と嘆き悲しんだものです。

負荷するといつも思うことがあります。
食べられても、食べられなくても、それはムスコの身体が決めることで、私が焦ってもどうなるものでもないよな、って。
「食べられるようにしてあげたい」と強く願う気持ちはあるけれど、だからといって、ムスコの身体が「まだ早いですってば、お待ちくださいよ」と、拒否しているものをむりに受け入れさせることはできないし。

ただし、私のように、自己流の自宅負荷の場合、負荷の仕方が正しくなかったからアレルギー反応が出てしまった、ということも考えられるので、主治医との相談は大切ですよね。
というか、負荷する前に主治医との相談は必須ですよね!

ムスコの場合、あまり積極的に負荷していなかったんです、これまで。
なので、気になる食材をこまめに負荷して、食べられるか、食べられないか、まあまあ大丈夫かを確認していく時期にきたのかなぁ、と思います。
来年は6年生で、そのあとは中学生になるもんね。

ムスコが中学生になったら、お友だちと学校帰りに「買い食い」できるくらいになるといいなー
なので、子どもたちがよく食べているようなものは負荷していこう、と思います。

私の中では、ムスコが早く食べられるようになるといいな、と思う食材はマヨネーズとファストフード!
たぶん、「買い食い」には必須。
いきなりハードルが高いけどね(笑い)

でも、もし食べられなかったとしても、別にマヨドレとモスがあるから、日常生活では困らないし、保険があっていいかな、と。

負荷をする時には、子どもの心身にものすごく負担がかからないようにすることも大事だし、母の心が折れずに負荷できることも大事ですよね!

160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡




































テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  ムスコのこと  |  コメント(0)

2017.10.23 (Mon)

やっぱり米粉パンが好き!

みなさん、台風は大丈夫でしたか?

私が住んでいる地域でも暴風雨でとても外出できる状態ではありませんでしたが、今はすっきり青空が広がり、あの荒れた天気がまるでウソのようです……。

週末にあるはずだったムスメの運動会は悪天候のためになくなり、今日の朝はムスコの学校が登校時間を遅らせて1、2時間目の授業をナシにする、といった台風対応でした。

空を見上げながら、「土曜日にこの晴れ間だったら、ムスメの運動会をさせてあげられたのになぁ」なんて思いました。
運動会前日まで、「がんばるぞ〜、えいえいおー!」なんて小さなこぶしをふりあげて練習していたんですけどねー

週末は外出できず、子どもたちが退屈していので、お昼ごはんにおいなりさんの皮を私が煮て、子どもたちに詰めてもらいました!
子どもたちが作ってくれたおいなりさんは、とってもとってもおいしくて、幸せでした。

でもね、でもね、夫はね、「皮がやぶれてる」「ごはん粒があちこちにくっついてる」とか言っていたんですよ。
オイオイ!!!
信じられなーーーーーい!

子どもたちが一生懸命作ってくれている姿を見ていて、「この子たちの小さな手でにぎって、心を込めて作ってくれてるんだなぁ」って、幸せを感じないなんて、不思議すぎる。
私、皮がやぶれてたって、ごはん粒がつきまくってたって、ものすごくおいしそうに見えたけどなぁ。
こういうのって、父親と母親のメンタリティの違いなんでしょうかねぇ。

さてさて、米粉パンです。
このところ、ずっと米粉のご機嫌が悪く、ふんわりおいしい米粉食パンが焼けませんでした。

とはいえ、子どもたちは米粉食パンが大好きで、朝食はほとんどパンなので、うまく焼けないとか、そんなことを言ってはいられず、なにがなんでも焼かなくてはなりません(苦笑)

私は米粉パンでも、型のサイズによって使う米粉を変えています。
大きい一斤型の時には、グルテンフリ―のパン用米粉。
小さいパウンド型の時には、製菓用米粉。

私のレシピの場合、たとえば、一斤パン用のレシピでパウンド型のパンを焼いても焼けますが、味も食感もパウンド型用に作ったレシピのほうがおいしくできます。
型に合わせたレシピなので、米粉のごきげんが悪くなると、とっても困ります(涙)

夏から、なのですが、子どもたちが毎朝食べている一斤パンの気泡が大きくて食感が良くなく、焼くたびに、「今回も良くない……」と泣きそうになりながら焼いていました。

主な材料はパン用米粉とでんぷんなので、でんぷんの量を変えてみたり、発酵時間や発酵の回数を変えてみたり。
もちろん、水分量や油脂量を変えてみたりもしましたよ。
でも、焼き上がりが不安定で、イマイチ。

170826_1005~01

味はまずいわけではないのですが、一番良い食感を知っているだけに、どうにも残念でなりません……。

何キロも焼いてみては「うーん……」という状態だったので、レシピを大幅にいじってみることにしました。

焼き上がっても米粉に水分が余分に残っているような重さがあるため、それを解消すべく、パン用米粉と製菓用米粉とコーンスターチとタピオカ粉を入れてみました!
すると、パンの間に空気の層がまんべんなく入っていて、ふんわり、やわらか〜〜〜

171023_1036~01

食べてみると、「そうそう、これこれ!」という感じでした。

これが以前は、パン用米粉とでんぷんでできたのに、米粉2種類ミックスしないとうまくいかないっていうのは、どういうことなのかなぁ。
米粉自体の吸水量が変わっているっていうことなのかなぁ。

ああ、米粉の物理性などを実験・検証する研究施設がほしい(笑い)

米粉って、どんなに仲良しになったつもりでも、ちょっとしたことでうまくいかなくなってしまうことがありますよね。
でも、ちょっとくらい失敗したと思っても、それはそれでおいしいんですよねー
米粉って、すごいなぁ、って思います。

米粉で作ったものはおいしいから、子どもたちの笑顔が見られるし、やっぱり頑張っちゃいますよね!

秋はお米の収穫の時期ですね。
米粉の原料米もおいしく育っていることでしょうね。

新しい原料米を使った米粉はまだ流通していませんが、今年の米粉で作ってみる日が楽しみです。

お互いに、米粉ライフがますます楽しく、おいしくしていきたいですよね!


160225_1115~58
寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト
掲載しているレシピはすべて小麦・卵・乳・大豆・アーモンド・カシューナッツ・落花生・ゴマ・水あめ不使用のグルテンフリーのおやつ満載ですよ〜

グルテンフリーレシピ(ブログ)
家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ
料理だけでなく、グルテンフリーのパンやお菓子のレシピも掲載しています。

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります♪ 
よろしくお願いします♪

こちらもポチッとしていただけたら、嬉しいです♡

































テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

12:00  |  米粉パン/小麦除去パン  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT